2016/05/24

Stream NXT ロールアウト

依頼人のポッキーさんとスケジュールが合ったのでロールアウトが出来ました。
手順はいつもの通りです。
私の14SGからデータをコピーしてトリムの再調整をして(実際にはほとんどいじりません)
重心だけ72mmだったのを2g追加で70mmにしました。
そうそう、このNXTはカミングアウトする事があったんです。
実は水平尾翼をブームの下に着けちゃったんです。
でーびーさんより指摘を受け、驚いたと言う次第です。
実際下だと何かまずい事が有るのか?
snipeなどは明らかに水平尾翼にも翼型あって表裏じゃダメだろうって思われますが
このNXTはラッキーな事に表裏が無さそうなんです。
定規を表と裏に当てて尾翼を挟むようにして翼型を検証しますがほぼ一緒なんです。
それを見てちょっと胸を撫で下ろしました(笑)
下に着けちゃったのにはそれなりの理由がありまして
最近組んだ機体が全て下だったこと(笑)
それと、参考にさせていただいたこちらのページ↓
http://olgol.com/StreamNXT/build.html

こちらでも下に着けているのです。
しかし、良く見ると水平尾翼は裏返しにはしていないんですね。
ん~~~紛らわしい。
もし、不都合があるようだったら剥がして付け直しする覚悟です。

先ずはグライドテストから。
ふんわか飛んで一周して戻ってきます。
トリムも悪く無さそう。

最近、この辺の感じが妙にドンピシャで、たいして調整しなくてもいけるんです。
ランチしてD/Rとデファレンシャルを調整します。
なんか簡単に書いちゃってますがそんな短時間に合わせられるものじゃありませんよね。
でもロールアウトなので早く飛ばしてみたいのです(笑)

全備重量は220g。

私のSNTを除くと最近組んだ機体の中では最軽量です。

ランチの感触はその軽さと相まって薄翼というのもあるのか振り抜きの軽いものでした。
ランチ高度も50mちょいちょいってところ(笑)
私にしたら限界なんでそれがStream NXTのランチ高度だと思わないでください。

反対に私が投げて50m行かないとなればちょっと上がらないんじゃないの?って事ですよね。

最近のミラクルグライダーのFlitzも同じような印象なんですがいろんな部分が違うのに何故かFlitzは振り抜きも軽いしランチが上がります。
何かとFlitzを引き合いに出すけど比べても意味がないように思えてきました。
それぞれ違うコンセプトで成り立っているものですし。

ランチの次は滑空ですね。 これはFlitzよりと言うよりかなりSnipe寄りです。
薄翼のせいか風によるところのピッチングが目立ちました。 風の上、下に行きたがる感じがします。

上手く風に乗ってしまえばあっという間に舞い上がっていきます。

旋回の感じはどうなのか?
まだロールアウトでそんな細かなことまで分からないのですが、敢えていうなら普通(笑)
少し回しにくいのですがラダーがとっても効きます。 風下に向けたいときなどラダーが高度ロスせずテールを振ってくれます。

これが旋回の物足りなさをカバーしてくれてる気がします。 そこいくと私のSnipeはラダーにあまり依存出来ず旋回はしどろもどろです(笑)

220gと言うのもあるし進入の良さも手伝って上空を自由に飛び回ってどんどん吸い込まれていくのは気持ちの良いものです。

何より私としては尾翼が下でも飛んでくれたことが一番嬉しかった(笑)

Stream NXTは欲しくなっちゃう機体です。



S1464008174560_2
↑調整中
Nxt
↑ポッキーさんが飛ばしてます。

| | コメント (2)

2016/05/15

Stream NXT 完成

そろそろ小ネタも尽きてきましたね(笑)
Stream NXT完成ということで。

Dsc_4139Dsc_4147_2
↑主翼はワックスを掛けてあります。
どうしても製作中に指紋が着いてしまうので仕上げにふき取りたいのです。
どうせならピカピカにしたいのでワックスです。
(自分のSNTは掛けなかったなぁ・・・)

Dsc_4159
↑裏面はこんな感じ。

Dsc_4149
↑ラダーの糸は太刀魚用のワイヤーハリス

Dsc_4158

↑サーボのカバーはカーボンの折り目がはっきりしたタイプ。
ホーンの逃げはティアドロップ型。
空力的にも良さそうです。

Dsc_4141
↑Boom用のペグ。
完成した~って思ってから取り付けたのですが、これが一番大変でした。

Dsc_4152
↑メカの搭載。
コネクターを接続してみました。
とにかくノーズは細いです。
snipe、Blasterと比べたら半分くらいな容積。
強度はどんな物?

Dsc_4153

↑前縁がポッドの延長線上にあります。

Dsc_4154
↑後縁はブームと同化してます。

Dsc_4155
↑高翼機じゃなく肩翼機って感じです。

Dsc_4156
↑この画像が一番好きなところ(笑)
楕円につぶれた様なブームが先端まで伸びています。

仕上がり状態。

レシーバー  FUTABA  R7006SB
サーボ       KST-X08N(ALE)、TS-1002(RUD、ELE)
高度計       FUTABA SBS-01A
バッテリー   300mA2S1P(16.16g)
全備重量    218g
重心          72mm

重心は飛ばしながら決めたいと思います。
この全備重量にウエイトが2~5gほど乗るようになるのだと思います。

今回のStream NXTはポッキーさんの機体です。
出来たら飛ばしたいけど、今度いつ会えるでしょうかねぇ?
早く飛ばしたいのはオーナーさんですよね(笑)

| | コメント (2)

2016/05/14

Stream NXT その8

Stream NXT その8
ペグの取り付け。
以前記事にしたBoomのペグを使いました。
画像をみると上下で指のかかる位置が違うことが良く分かります。

しかし、Stream NXTにTペグを差し込むのに大変苦労しました。
もともとは板ペグ仕様で翼単から15mm位のところに取り付ける設計です。
板ペグを入れた時の強度確保のためか単に薄翼のせいかわかりませんが翼単の厚みが極めて薄く堅いのです。
上下のスキンがくっついている程で隙間からロハセルをほじり出すような事は殆ど無く
かなり掘り進んでやっとロハセルに当たる感じです。
それまで1mmのキリで張り合わせの中央を突き進みます。
FlitzもTペグ指定じゃないけどここまで苦労はしませんでした。
何だかんだ言ってもSnipeはTペグ仕様なだけあってほじるのも楽だしサクッと刺さりますね。
作業時間1/3ですかね(笑)

硬化してから手に持ってみると噂通り良い感じです。
指の長さの違いをちゃんと段付が吸収しています。
実際に投げたらどんな感じなのでしょう?
あっそう言えばノグチさんのBoomを投げた事あったっけ。
どうでしたっけ・・・
新たな気持ちで投げてみましょう(^_^;)

| | コメント (0)

Stream NXT その7

Stream NXT その7
Stream NXT その7

ノーズにメカを載せていきます。
サーボトレイはデービーさんから分けていただいたオリジナル品。
デービーさんが図面を書いてスカイモデリングでFRP板から切り出してもらったそうです。
サーボが斜めに取り付けられてホーンを長く使えるのが特長ですね。
多少スペースも少なく済んでいると思います。

ぱつと見サーボしか見えませんが、ノーズの先端にレシーバーと高度計が入っておりその次にバッテリーが入ります。
なるべく前に重量物を持ってこようと思ったのですが選んだサーボがTS-1002なのでこの時点で軽すぎな感が有ります。
その分容量のあるバッテリーが載せられるってことですね。

先端からサーボの後ろまで延びている4芯のコードはエルロン1、2のコードです。

まぁ全体的にスッキリしたので満足です(笑)

もう一枚の画像はメカハッチと言うのでしょうか?
グリーンのポッドに白の蓋が着いてきました。
キャノピーっぽく見せるには横向きなので無理があります。
ここはグリーンにして同色のほうがスッキリして良いと思うのですが。
見慣れたら変じゃないのかなぁ?
場合によっては塗っちゃう?

| | コメント (0)

Stream NXT その6

Stream NXT その6
Stream NXT その6

尾翼の製作。
水平尾翼はバイロンをブームに接着しないといけません。
Flitzもそうでしたけど主翼と水平を合わせるのに神経使います。
主翼をブームに固定して後ろから見ながら

えい!やぁっ!

瞬間接着剤で固定です。
ビルディグインストラクションドだと機体を逆さに置いて水平尾翼に下駄を噛ませていますね。
それだとピッチ方向が決めにくそうです。

垂直尾翼はブームが刺さるよう筒状に作り込まれているのでエポキシを塗って差し込むだけです。

リンケージはトーションバーの片引きです。
もう、当たり前のようなシステムです。
今回、リンケージにPEラインを使わず太刀魚のワイヤーハリスという物を使ってみました。
PEラインより伸びないし軽いということです。

デービーさんに教えてもらっ上にワイヤーハリスまで分けてもらっちゃいました。
結びはとても小さいスリーブで行います。
見た目はPEラインより格好良いですよ。

| | コメント (0)

2016/05/13

Stream NXT その5

Stream NXT その5

メカはエルロン用のKST X08Nしか用意できていなかったのでそれ以外のメカを買に行きました。
レシーバーは先日歳三さんのブラスターに使用したR7006SBを選びました。
ハンドランチでテレメトリー使いたかったら今はこのレシーバーが一番良いですね。
R7008SBは大きすぎるしチャンネルも余っちゃいます。
かと言ってR7003SBでは1チャンネル足りませんからね(^_^;)

これに高度計を付ければランチ高度が計れます。

エレベーター、ラダーのサーボはFlitzからの流れでTS-1002を選びました。
このサーボでは非力かなって思っていましたが以前はハンドランチの定番的なサーボだったようですし最近何機かに使っていますがトルク不足を感じることはありません。
何より軽いのは利点です。

全備重量、どれくらいで仕上がるかなぁ?

| | コメント (1)

Stream NXT その4

Stream NXT その4
Stream NXT その4

エルロンコードの取り出し口。
過去最高の仕上がりです(笑)
棒ヤスリによるフリーハンドですが良い感じに削れました。

ここにコードを差し込んで主翼のネジ止めです。
コードを通すとこんな感じにポッド内に飛び出します。

| | コメント (0)

2016/05/12

Stream NXT その3

Stream NXT その3

コードの取り回し。
Streamは初代からトップドライブでありエルロンサーボのコネクターは主翼と胴体に埋め込み主翼を固定と同時に接続するという方式です。

しかし、この製法はやったことの無い者にはハードルが高いですね。
私もその口です(^_^;)
それに主翼を付け外ししている時にピンを曲げてしまいそうです。
風の吹いている日の組み上げて、ばらしの時は気を使うでしょう。

っで、既にやり慣れたFlitzの方式をそのまま使わせてもらいました。
Stream NXTを製作した人達には邪道だと言われそうですが今回はこれで勘弁していただきます。

| | コメント (0)

Stream NXT その2

Stream NXT その2
エルロンサーボのカバーにホーン避けが付いていました。
これとは別にフラットなタイプも付属していたのでサーボに合わせて選べば良いようです。

KST X08N付属のホーンで一番軸に近い穴を使ってもフラットなカバーでは収まりません。
このもっこりしたカバーのおかげでワンオフ物を作らないで済みました。

| | コメント (0)

Stream NXT その1

Stream NXT
Flitz以来のDLG機製作。
いや、自分のSNTを作ってました。(^_^;)
なんか存在感の無いSNTですが大事にし過ぎてまだ一度しか飛ばしてません(笑)

今回のStream NXTはまたまたトップドライブです。
相変わらずヘンテコなシステムというか作りにくさこの上無いのですが、システム的には単純で、マスの集中化やリンケージのタワミなどに有利に思えます。

Stream NXTのエルロンサーボスロットは既に掘られておりFlitzの時の緊張を味合わなくて済みます。
そのスロットはKST X08N用に設計されているようなサイズです。
0,5mmのFRP板を添えてマスキングテープを一周巻くと丁度良い幅になりました。
エルロンのリンケージロッドがFlitzの1,2mmに対して1,5mmと太い設定です。
かなり曲げるのが大変です。
万力にくわえて何とか曲げました。
トップドライブの不利な点としてホーンやロッドが露出している事が挙げられます。
Snipe等は胴体に内蔵してます。
この露出している部分を極力少なくする事が製作者の腕の見せどころのようです。
しかし、物理的にもう無理って有りますよね。
私の出来るのはここまでですね。
これでもホーンのハイトは0,5mm以上落としてあります。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

14SG(Futaba) | Aigis (sky-modeling) | Air Camper (Hobby king) | AirFlowラダー機 (JR) | Angel S30E | ASW 28(EPO) | DG-1000(FLYFLYHOBBY) | ELF | F-15 Blue camo | F4U コルセア (フェニックスモデル) | Fire works miniS | Flitz | FMS OLYMPUS | GTRCミーティング | Mini DLG(HK製) | mini SAL 1000mm(自作) | mini SAL800(自作) | Musette | MythoS 30E | Mythos 50 | OK模型 サフラン2 | OK模型 パイパーカブ | OK模型 ピメンタ2m | P51 ムスタング (フェニックスモデル) | SALグライダー ソフィア | SBD DAUNTLESS(フェニックスモデル) | snipe | SPITFIRE Mk2(フェニックスモデル) | STAR RIGHT F3A 50 | Stark Pro | STOBEL DLG | Stream NXT | SUN RISE | Voodoo | YF-16 70mmEDF (Freewing) | yokomoGT500 | いろいろな機体製作記事 | たわごと | アトランティス6 | カルマートαスポーツ | サーマル工房 CROSS EPO | サーマル工房 YUGA | テトラ エクストラ300S | デコパネ スタント1号機(自作) | デコパネ スタント2号機(自作) | デコパネ スタント3号機(自作) | デコパネ スタント4号機(自作) | デコパネ スタント5号機(自作)カネゴンSPL | デコパネ プッシャー機(自作) | ピーナッツスケール機 | フォルクスプレーン600(自作) | ブラスター3 | ブラスター3.5 | マイクロSAL(自作) | ムサシノ スバル09号 | ムサシノ ホリディ | ラジコン ヨット | 耐久レース | 自作小型スタント機(ゴールデン) | 電動バギー | 電動ヘリ | 電動ボート | 飛行日誌 | 飛行機ネタいろいろ