2017/09/30

Flitz2とStark pro

新品のFlitz2と手直ししたStark proを飛ばしてきました。

興味深いこの2機を同時に飛ばすのは楽しみだし、一緒にいた仲間内でも気になる事でしょう。

始めはFlitz2からとなりました。
モデルコピーでデータを移行したら少しトリムがずれてる・・・
今までそんな事なかったのに。
プロポのキャリブレーションやらないとダメかな。

とりあえずセッティング完了でロールアウトです。

いつもの仮想セットでトリム合わせ。
軽くランチして飛ばします。
トリムの様子を見ながら飛ばしていると、もう浮き出してる。
いくらコンディションが良いって言っても凄いな・・・。

差し当ってエレベーターがダウン側なので降ろしてサブトリムで調整。
それ以外は当て込んで入れた設定がドンピシャ。

見た目で合わせたD/R、デファレンシャル、コンディション。
何も変更しなくてもそれなりに飛んでます。
ここからスタートなら少しの調整で引き渡し出来ます。

クルーズで飛ばしているとどうも速度が速い。
私の設定したクルーズは翼型通り。
Flitz2の翼型を見ると下面フラットじゃなかったんです。
なので翼型通りにしておけば充分揚力出る形かと思ったのです。

実際はそんな事もなく、速いんです。
さてどうしよう。

少し(1mm程度)フラップ下げてみます。
まぁ、速度は抑えられたけど少しコケ易い?

それなら重心変えてみるのも良いかも。
今のところ70mmに合わせているからそれでも後ろ重。
なのにもっと後ろにずらそうとします。

鉛の板おもりを少し抜きましたが現場なので何グラムに相当するか分かりません。
でも、多分0.8gくらい。
1mm後ろにズレたかなってところでしょう。
そもそもショートノーズショートテール(SnipeだとSNT相当)なので重心の変更が顕著に現れます。

それでもまだ速い (笑
フラップは元に戻して翼型通り。

おもり、もっと抜きます。

フンワカ♪
操縦しにくい (笑
Flitz2の性格を反映させるなら0.8gを抜いた辺りが丁度いいかなって思いおました。
重心は71mmでしょうか?
後ろ過ぎだろう???
でもそんなのこの日のコンディションに限ったことなのでまた次飛ばす時変えたくなっちゃうのですよね。
ロールアウトだし、ちょっと理解が深まったって程度で良いのかと思います。

71mmでも充分走るし、0.8g抜いた重量は1904g(実際には量っていません)
ほとんど190gジャストな超軽量な機体です。
190gって何?
異次元の重さですが、非力な私には超嬉しい全備重量 (笑
だって投げるのにどんどん負担が減っていきますから。

ランチ高度・・・
自分のSNTと比べてもFlitz2の方が上がっている気がします。
軽くなる分には自分で修正効くので問題ないんです。
重くなる方が体力的に投げられなくなるから修正のしようがない。

上反角、Snipeより多め。
同じようなイメージで飛ばすと機体がかなり縦になります (笑
上反角が多めだから目視的にそう見えるのか?
旋回はちょっと慣れが必要に感じました。
もう、完全にSnipeに毒されていますね (笑

190gはいくら何でも風がある日はきついだろうと思うのでバラスト用意しないとダメですね。
ヒラノさん用意できるかな?
何でも良いから重くして~

Flitz2、最高でした。
久しぶりに欲しいと思える機体です。

ちょっと欲しいな、かなり欲しいな (笑



っで、次はStark proです。

先日交換したエルロンサーボKST x08N ver5.0の性能はいかに。
(すでにFlitz2で味わっておりますが・・・)
コンディションの動作を皆で見て、良い動きなのを確認しました。
このエルロンならコンディションもバッチリなはず。

早速ランチから。
いきなり水平飛行です (汗

プロポを見るとランチ1でアップがされていません (驚
完全に私のミス・・・
再設定してまたランチ。
エルロンは良いはずなのに飛ばしにくい。
っていうかさっきのFlitz2が良すぎたの?

ちょっとStark proにがっかりじゃん。
ランチの調整はそこそこにクルーズで

あれ?ラダー動いてない。
だから飛ばし難いんだ。

近くを飛ばすと
一緒に見ていた皆が

いや、動いてるよ・・・

自分でも動いていることを確認。
でも飛ばしにくいです。

あ~~~~~~~~~~~~~~~~~!

ラダーがリバースだ・・・・・・・・ (汗

まさかそんなミスをするなんて。
さっきのランチ1の設定も忘れていたし、どうしちゃったの?
設定した時お酒飲んで無かったしなぁ。
シラフで間違えたことの方がショックです。

ランチはエレベーターじゃなくエルロンでオフセットしているからラダーがリバースしても気づかなかったんですね。
ラダーにリバース掛けて再調整開始。

うわっ!
Stark pro飛ぶじゃない (笑

そりゃそうですよ、旋回するときラダーを逆に打って旋回させていたんですから
飛ばしにくいに決まってます。
って言うか、飛ばないでしょ (笑

ランチもディスタンスも初めて飛ばした時の印象のまま好感触。
設定が出来上がって来たので、みんながランチしたいって。

ナカオさんがランチした時の音が良い音していました。
ほぼ無音で、

シュ!

って感じ。

有害抵抗が少ないんでしょうね。
あぁ、そう言えばフラッター。

収まっていましたね。
やっぱりKST x08N ver5.0の威力でしょう。
その前に載せていたver3.0が不良品だったのかな・・・

テールの長さと全備重量から先に飛ばしたFlitz2とは違う性格で
どちらかというとドッシリ系。
なのにロール方向は振り子のようにゆらゆらと・・・
上反角が多い事に起因しているのか
D/Rを下げれば十分対応できるレベルなので問題なしですが。

機体自体も飛ばしやすいし、ハンドランチ入門機としてはSnipeよりお勧めかな。
安いし (笑

ペグは付属の段付きTペグです。
Snipe慣れした私にはちょっと合わないけど、普通なら良いペグなんだと思います。

Stark pro、今はコスモテックで扱っているので簡単に購入できるのが良いですね。
   
Dsc_1704

↑手前がFlitz2、奥がStark pro。

どちらも組むのは余り手間じゃない機体です。

| | コメント (3)

2017/09/28

Stark Proの手直し

Dsc_1690

↑修理後のStark pro。

6月に作ったStark proですが、持ち主の操縦ミスでわずか数フライトで
ほぼ全損。
しかし、ナカオさんの懸命な救助作業のおかげで一命を取り留め、何とかまた飛べるようになりました。

壊す前から気になっていたフラッターですがサーボの搭載方法を換え、もう一度調整したいと思っていた矢先の出来事でその後は修理がてらナカオさんがリンケージを修正して頂けたようです。

その壊れたStark proを目の前にした時はすでに修理が済んだ状態でしたがちょっと残念でした。
まだセッティングもきっちり出来ていない所でしたから・・・。

まぁ、そんな事を言っってもしょうがないです。
壊れてしまったものは戻らないし、ナカオさんに飛ぶようにして貰えただけ良かったと思わないと。

そして、再度調整開始。
主翼も胴体も真っ二つって損傷ですから、トリム調整は初めから全てやり直しみたいな感じです。
しかし、エルロンがどうにも上手く合いません。
新しくやっていただいたリンケージの渋さもありますが原因が他に有りそう。

修理した時の内容をナカオさんに教えてもらい、再度私のところへ持って来てもらい原因追及です。

エルロンリンエージの固さはどうにもならなくて、パイプとピアノ線に注油してみますが、多少良くはなりましたがスルスルとは動きません。

私が注油する前にヒラノさんも注油したらしいのです。
それもちょっとネットリ系?・・・

一気に方針を換えて、クリーナーで全部洗い流す様にしました。
それの方が効果はあったようで、一番動きが良いようです。

これでエルロンのトリムの調整を再開です。

しかし、相変わらずしっくりしません。
何度やってもコンディションの設定通りにエルロンが固定できません。

一番怪しいのは初めから見当は着いてます・・・・
ヤツですよ、ヤツ。

KST x08N ver3.0 (笑

通電されていてもホーンがスコスコ動いちゃいます。
こんなにバックラッシュが多いサーボなんてトーションバーで引っ張りっぱなしにするラダーかエレベーターにしか使えないです。

とり分け、エルロンの左に使われたサーボは酷かったようで、 全然ニュートラルが合わないのです。
ヒラノさんにお願いしてサーボ交換をさせてもらいます。
何に変えるってもう同じKST x08N ver3.0は無しですね。

先に組んでいたFlitz2にKST x08N ver5.0をつかったのですが、まるで別の品物と言えるほど調子が良いのです。
ニュートラルのバックラッシュも少なくなっていますし、その影響から全体の動きまでスムーズなんです。
このサーボならStark proのエルロンをしっかり動かしてくれると期待しちゃいます。

仕事帰りにス〇ラジへ行き、2個だけレジ横の棚で売られていた物を買ってきます。

早速、付け替えて調整です・・・



Stark proが生まれ変わりました。
サーマル、クルーズ、スピードと見事にエルロンを制御して見せたのです。
そして、ブレーキの動きもとっても滑らか。
KSTはずいぶん大幅な改善をしてきたなって印象です。
   
Dsc_1701
Dsc_1699

↑これを見ちゃうと今まで何個KST x08N ver3.0を使って来たか分かりませんが、全てver5.0に替えてしまいたくなりました。

過去にこれだけのサーボを消費しました (笑
予備のホーンですから実際にはこの半分の数が本体の数です。

再調整後のフライトはどうなりますやら・・・
楽しみです。

| | コメント (0)

2017/06/17

Stark Pro 完成

Dsc_0261

Dsc_0269_2

Stark Proがあれよあれよと言う間に完成です。
なんか思ったより早く出来ちゃいましたね。
まぁ、出来上がりの内容にもよるのでしょうがこれ以上手をかけても私的にはあまり変わらないかな?って感じです 。

依頼人の方には申し訳ないですけどね (笑

組み上げてみるとなかなかオーソドックスなスタイルに見えます。
デザイナーの遊び心が各翼の翼端に表れているかなって感じです。

ディメンションを改めてスナイプと比べてみたらほぼSNと同じでした。
なんか期待しちゃいますね。
翼面積はStark Proの方が有るのでランチはどうでしょう?
その分グライドが良いのか?

翼型は多めのアンダーキャンバ―が付いています。
ここは最近飛ぶと言われているFlitz2と異なるところ。

上反角はSnipe5.5度に対し6度。
Snipeにもう少し上反角を付けたいという声が有るなか面白いところを設定してきています。

Dsc_0266

↑先端のポッド部分がカーボン製なのでアンテナをポッドから出す必要が有ります。

出すと格好悪くなるから好きじゃないけどノーコンになるのはもっとまずいので渋々出しました。
なるべく格好悪くならないように配慮したつもり・・・ (笑

これなら何とか良いですよね?
ダイバーシティなので反対側にも同じように出ています。
本来は90度に設定するののがお決まりです。
そんなの無理!
Dsc_0264

↑段付きのペグです。
主翼はスプレッドカーボンのライトですが主翼の中央とペグの付く部分はチェッカーカーボンが使われています。
(チェッカーカーボンはハイパーフライトで使われている呼び名なので使ってみました)

翼端よりペグが出っ張っていますがStark proはその分を考慮して設計されているので1500mm以内に収まっています。

Dsc_0258

↑最終的なメカレイアウト。
各ホーンはもう一つ内側の穴でも動作量は足りたかもしれないです。
でも足りなくなると悲惨なのでこれで良しとします。

エレベーター、ラダーのラインも両脇に這わせているので中央は何もなし。
バラストが楽に積めます。
(用意してないけど・・・)

さて出来上がりはいかほど???

諸元

190.8g バッテリーなしウエイトも無し。
バッテリーを載せて200.8g 1S320mA(9.7g) CG 85mm
指定CGが 64~70mmなので

ノーズに12g追加で CG70mmとなりました。

全備重量 212g

後は飛ばしながら重心を合わせたいと思うのでもう少しウエイトが増えるかもしれないです。

やはりケツ重でしたね。
一瞬200gジャストかと思ったけど、そうは行きませんでした (笑

それでも212g(まだ重心後ろだけど)は立派だと思います。
Snipe SNと同じ重量です。

ますます、期待しちゃいます。


ドバーっと仕上げて行った総評を。

・カーボンが薄い。
つかんだところはすぐエクボになります。
・各部の仕上げが雑。
他の機体があまりに出来すぎているのでしょうか?
・ポッドが広くてメカ載せが楽。
・付属のメカプレートが使えない。

そんな感じでしょうか。

出来たら飛ばしたいなぁ。

| | コメント (2)

2017/06/16

Stark Pro ペグ

Dsc_0394

ペグは結構良いものが付いてきました。
段付きタイプです。
指の長さを吸収するために考案されたペグです。

ペグ自身は一切成形されておりません。
Snipeは面取りしてありました。

翼型に合わせて削り込むのはなかなか手間がかかります。
指の掛かる場所も丸めておかないと豆が出来ちゃうし。

慣れているSnipeのペグと比べて扱いやすさはどうでしょう?
投げてみるのが楽しみですね。

垂直尾翼のリンケージも終わったしプロポの調整も終わってます。
後はペグを付けるだけ。

おやおや?もう完成しちゃいそうですよ。

| | コメント (0)

Stark Pro 水平尾翼

stark pro 水平尾翼

悩みました…。
この機体の水平尾翼はブームの上側です。
しかし、最近の機体は殆どが下側です。

下に着けてる理由?
本当のところは知りません。
自分なりにそうだろうなぁと思うのは主翼で乱された空気を避けるため?
もう一つが二段ランチの時の一段目のアップがトーションバーだけでは負けてしまうから。

どちらも本当のところは???です。
だって上側に付いている機体だって飛ぶんですから。

っで、どちらを選んだか?

下側です…。

何となく安心するんです。
ホーンもバイロンの真後ろに取り付けました。
下側に付けたから良く飛ぶってなれば良いけど(笑

| | コメント (0)

Stark Pro エルロンリンケージ2

stark pro エルロンリンケージ2

ほぼ確定となったエルロンリンケージ。
ノーズ側の2個がエルロン用サーボ。
リンケージはポッドの端を這わせた取り回しです。
この手のパイプって接着剤で付きにくいのですが瞬間接着剤を用い思いの外良く付きました。
瞬間接着剤はOKのBW(バルサ用)です。
中粘度で使いやすいく私の定番です。
低粘度も使い分けて使用します。

リンケージはこの取り回しでスムーズに動いています。
この状態ならエレベーターとラダーのラインを繋ぐのも問題無さそうです。

| | コメント (0)

Stark Pro エルロンリンケージ

stark pro エルロンリンケージ

エルロンホーンはエポキシで接着です。
瞬間接着剤で一発勝負の固定は左右がズレると直せないので
時間に余裕のあるエポキシを使います。

最近、そんな理由からエルロンホーンにエポキシを使うことが多いです。

0.8mmロッドとパイプはSnipeの物を使います。
Snipeはカーボンロッドで直結なので余っているのです。

追加したホーンの穴位置が分かりますね。

リンケージのストッパーはL字に曲げただけ。
翼の脱着が楽です(^-^)v

| | コメント (0)

Stark Pro エルロンホーン

stark pro エルロンホーン

ホーンが胴体の外にあってトップドライブじゃないエルロンって久しぶりに作りました。
多分ブラスター以来じゃないでしょうか?

取り付け部分が見えてしまうので丁寧に作らないと格好悪くなってしまいます。

だこらと言ってうまく出来るわけでもなくいたって普通に作りました。

メカプレートと同じFRPの素材はかなり重いのです。
厚みも凄いですね。
今思えばカーボン材で作り直せばよかったかな?

主翼にまつわる軽量化は重心位置に関わらない純然たるものなので効果があります。

またリンケージの差し込み穴が支点より離れているのでもう少し近くに開け直しです。
開け直す径は0.8mm。
何故かと言うとx08のホーンの穴が0.8mmだから。

全て0.8mmのピアノ線でつじつまがあうようにしただけです。

ホーンの厚みが凄いのでホーンの前縁側をすこし削って有害抵抗の軽減に役立てようと思います。
効果あるかな?(笑

| | コメント (0)

2017/06/15

Stark Pro トーションバー

stark pro トーションバー

機体セットにトーションバーが付属していませんでした。
今まで組んできた機体は全て付いてきたのに…。

いちいち線経を測っていないので何ミリのものが良かわかりません。

たまたま手元にFlitzの余りが有ったのでラダー用に使えます。
同じ径のギター弦を持っていたのでそれでトーションバーを作り組み込んでみました。

何かバネが弱い気します。
同じ線径なのにラダーに使ったFlitzの物はレートが高く仕上がっています。

ここでFlitzの製作サイトへトーションバーの線径を調べにいきました。
そこには0.020と明記されています。
メートル法にすると0.5mmくらいです。

手持ちに0.5mmが無いので翌日スーラジへ買い出しです。

新たに0.5mmでトーションバーを作り組み込んだ感じは良さそうです。
きっちり跳ね上げています。

トーションバーにはこれからは0.5mmを使うようにしよう。

そうだサイズは両端が20mmエレベーターは50mm。

| | コメント (0)

Stark Pro メカプレート

stark pro メカプレート

右のグラスが付属のプレート。

左が自作品。
1.5mmにカーボンキュアシートを張り付けて補強したものです。

重さが全然違います。
6gと3gの違い。
なんと半分の重さで出来ました。

でも頭が軽かったらなんの意味もないんですけど。

軽いに越したことはないので良いでしょう。

カーボンキュアシートを張り付けて強度が格段に上がりました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

14SG(Futaba) | Aigis (sky-modeling) | Air Camper (Hobby king) | AirFlowラダー機 (JR) | Angel S30E | ASW 28(EPO) | DG-1000(FLYFLYHOBBY) | ELF | F-15 Blue camo | F4U コルセア (フェニックスモデル) | Fire works miniS | Flitz | Flitz2 | FMS OLYMPUS | GTRCミーティング | Mini DLG(HK製) | mini SAL 1000mm(自作) | mini SAL800(自作) | Musette | MythoS 30E | Mythos 50 | OK模型 サフラン2 | OK模型 パイパーカブ | OK模型 ピメンタ2m | P51 ムスタング (フェニックスモデル) | SALPetra | SALグライダー ソフィア | SBD DAUNTLESS(フェニックスモデル) | snipe | SPITFIRE Mk2(フェニックスモデル) | STAR RIGHT F3A 50 | Stark Pro | STOBEL DLG | Stream NXT | SUN RISE | Voodoo | YF-16 70mmEDF (Freewing) | yokomoGT500 | いろいろな機体製作記事 | たわごと | アトランティス6 | カルマートαスポーツ | サーマル工房 CROSS EPO | サーマル工房 YUGA | テトラ エクストラ300S | デコパネ スタント1号機(自作) | デコパネ スタント2号機(自作) | デコパネ スタント3号機(自作) | デコパネ スタント4号機(自作) | デコパネ スタント5号機(自作)カネゴンSPL | デコパネ プッシャー機(自作) | ピーナッツスケール機 | フォルクスプレーン600(自作) | ブラスター3 | ブラスター3.5 | マイクロSAL(自作) | ムサシノ スバル09号 | ムサシノ ホリディ | ラジコン ヨット | 耐久レース | 自作小型スタント機(ゴールデン) | 電動バギー | 電動ヘリ | 電動ボート | 飛行日誌 | 飛行機ネタいろいろ