2016/10/07

スピットファイヤ Mk2 その3 完成

Dsc_4704
↑組みあがるとカッコいいじゃないですか。

Dsc_4707
↑凄いと思ったのがカウルの造作です。
この吸気口らしい物もカウルと一体成型なんです。
そして、とても仕上げが綺麗です。

Dsc_4708
↑コルセアとおなじパイロットが乗っています。
これだけはやめてほしいと思うのですが・・・。

Dsc_4709
↑凝っている主翼の上反角。
中央は平らで左右のこの位置で上反角を付けています。
隠れたカッコ良さがあります。

Dsc_4710Dsc_4713Dsc_4716
↑フィレットが美しい。

Dsc_4719
↑スプリット式スポイラーも装備。
出来上がってみると格好良くて配色も良くとても気に入りました。

S021
↑着陸態勢の本機。

| | コメント (3)

2016/10/06

スピットファイヤ Mk2 その2

そろそろ各サーボの位置も決まり各配線の長さが解ってきました。

Dsc_4681
↑必要な延長コードは丁度良い長さで自作です。

Dsc_4683
↑主翼にはエルロン、フラップと各2個ずつあるのでそこそこ時間かかりますね。

Dsc_4684
↑ウイングボルトは樹脂製なんです。
カルマートも同じ物でした。
ネジなのですが型で抜いているので貼り合わせのバーティンラインがあります。
バリが邪魔なのか機体側に埋まっているナットにねじ込むだけで渋いんです。
この部分が金属ネジではダメなんでしょうか?
でもピッチを見るとミリじゃなくインチ規格のようですね。

しかし、今回のスピットファイヤは穴位置がダメでしたね~。
2本の間隔が機体側と主翼側で違うのはちょっとビックリです(笑)
ダウエルは良かっただけに、残念でした。

Dsc_4693
↑尾輪を固定するネジは2本。
樹脂のベースを固定しますが、手前は難無く入ります。
しかし奥は狭くなっているのでネジの頭が邪魔して入りません。
※画像はネジを取り付けた後です。

Dsc_4689
↑しょうがないのでネジの頭をディスクグラインダーで削りました。
2.6mmくらいのタッピングネジ(mmなのか良く解りません)
尾輪はそこそこ衝撃が加わると思ったのでこの太さを使いたかったのです。
それにネジの頭の小さいのなんて持ってないですし・・・。

Dsc_4695
↑尾輪の取り付けが終わり、各リンケージも完了。
エレベーターは片側ずつ単独で引っ張ります。

Dsc_4696
↑上がラダー用、下がエレベーター用。
専用パーツでエレベーターの左右ジョイントを行います。
コルセアも同じ手法でした。

Dsc_4698
↑この戦闘機シリーズの4機中スピットファイヤが一番大きなモーターを載せます。
単にKKホビーお勧めのモーターなのですが、他の機種達はいろいろな事情がありこのモーターではないのです。

コルセアとドントーレスは推奨モーターがダミーエンジンにあたり載せられず、50㎜から42mm径のモーターを使います。

ムスタングはヒラノさんの手持ちモーターがあるのでそちらを使います。
そして、他の3機は6セル仕様ですがヒラノさんのムスタングだけ5セル仕様です。

Dsc_4699
↑このシリーズの機体はGP、EPコンパチモデルですが、付属のモーターマウントが使えません。
汎用サイズのモーターを想定して設計していないので使えないのです
その辺とっても残念ですね。
ボルトオンで載せられないなんてコンパチとは言えないと思います。
どんなGP機でも手をかければEP化できますからね。
まぁ指定のモーターを買えばいいって事になるのでしょうね。

モーターマウントはネジ4本で取りつけます。
そして、ナットの位置で上下、左右のスラストを合わせます。
防火壁にスラストが付いているので
スピンナーのセンターを合わせるのに一苦労です。

Dsc_4700
↑グラスで出来たカウルに排気口をエポキシ接着剤で取りつけました。

Dsc_4701
↑スピンナーを取りつけると、なんとか良い位置に収まりました。

Dsc_4702
↑ESCもショップお勧め品です。
80A物ですが、T型2Pを使用しているので電流値では容量不足。
T型は30A、XT60が60A、XT90が90A。
本当はXT90でないといけません。
私のコルセアもそうなんですが、FMSのオリンパスの付属ESCがT型だったんです。
そしてその時買ったバッテリーもT型が付いていました。
その流れでT型を使ってしまいました。
そのうちXT60もしくわXT90への交換が必要ですね。

| | コメント (0)

スピットファイヤ Mk2 その1

F4Uコルセアに続いて同シリーズの機体。

今度はスピットファイヤ Mk2です。
今回もフェニックスモデルです。
コルセアで苦労したのでまたも難関が待ち構えているのでしょうか?(笑)

KKホビーで購入なのですが、同シリーズ全機種価格が違います。
中でもこのスピットファイヤ Mk2が最安値です。
でも内容を見る限り他のモデルと違いが見受けられません。
それどころかこの機種にはフラップまで装備されているんです。
まぁ、安いに越した事はないですね(笑)

梱包を剥がし過剰とも思えるほどに固定されたビニールテープをはがし各パーツをチェックします。
今回のスピットファイヤはなかなか仕上げが良いです。
パーツはほとんどコルセアと同じ物が使用されております。
それでは製作開始・・・

Dsc_4663
↑早速エルロンとフラップのサーボを取りつけました。
そして、いきなり画像の状態です。
ホーンが当たってしまい動作できません。

Dsc_4664
↑サーボは今回もFUTABAS30003とごく標準的なサーボを使っています。

Dsc_4665
↑何ミリでしょう?オフセットしなければいけません。
サーボ固定用の耳を外さずネジの固定部分を2mm程そぎ落としました。

Dsc_4666
↑そして、防振用ブッシュの下側を1枚ぬきました。
これで取り出し口のセンターに近づきました。

Dsc_4668
↑サーボホーンの最先端の穴を使用してもホーンは引っ込み気味。
ロッドアジャスターは付属品をそのまま使用しています。
緩み止めのナットはネジロックを塗布してから締めこんでおきました。
でも、このネジが緩んだところで何も害は無いと思うんですけど・・・。

Dsc_4670
↑スプリット式のスポイラーを装備。
どれくらい効果あるんでしょう?楽しみですね。
そうそう、14SGにこのスポイラーを割り当てるのにどうしようかと思ったんです。
ハンドランチをやる私としては右のスライドレバーを下ろすとせり出すように設定しました。
ハンドランチのサーマルモードでフラップを増やす時に使うレバーです。
そうしたらなんと、引き渡しの時katoさんが何も違和感なくそのレバーを使いフラップを降ろしたんです。
このレバーにしといて良かったと思いました(笑)

Dsc_4671
↑引き込み脚。
コルセアは90度反転して格納でしたがスピットファイヤはスタンダードです。
しかし、変わっているのは格納する方向。
翼端側に格納していくんですね。
この機体を製作するまで知りませんでした。

Dsc_4673
↑ホイルカップの取り付けは瞬間接着剤で行いました。

Dsc_4675
↑引き込み脚を取り付け。

Dsc_4676
↑ここで、大問題!
脚のカバーが完全に閉じません。
こりゃ取り付け方間違えたかと思ったり、不良品か?って思ったり。
KKホビーの商品画像をチェックしたら背面の画像を見つけ、観てみるとこんな感じに隙間があります。
こういう仕様なんですね。
流石に実機はぴったり閉じているんだろうな???

Dsc_4678
↑初めて購入した引き込み脚用サーボ。
KKホビーの説明には「標準サーボでも脚の出し入れは出来る」とか書かれていました。
そして、メーカー指定はFutabaの180度サーボ。
Futabaのサーボは高いのでその半額相当のK-POWER製にしました。
推奨値をクリアしているのでスペックは充分満たしているはずです。

Dsc_4679
↑サーボケースの中央はアルミ製になっており放熱効果を高めています。

Dsc_4748
↑主翼は左右分割にも出来るのですが、そうすると毎回引き込み脚のリンケージを行わないと行けません。
ちょっと面倒かな~って思っていたら、katoさんから主翼接着しちゃっていいと言われましたのでためらう事無く接着しました。
接合面がぴったりなのは驚きです。
同じフェニックスモデルでも、ヒラノさんに組んだカルマートは(古いGP機)後縁側が合わず
苦労しました。

主翼の中にはカンザシとしてかなり太いアルミパイプが組み込まれています。

Dsc_4680
↑尾翼固定の為フィルムをカットしました。
以前は熱でカットしていましたが、この機種に使われているフィルム硬くて溶けた部分が綺麗にならないのです。
それなら良く切れるカッターでスパッと切り込んでいった方が綺麗にカットできます。

| | コメント (0)

その他のカテゴリー

14SG(Futaba) | Aigis (sky-modeling) | Air Camper (Hobby king) | AirFlowラダー機 (JR) | Angel S30E | ASW 28(EPO) | DG-1000(FLYFLYHOBBY) | ELF | F-15 Blue camo | F4U コルセア (フェニックスモデル) | Fire works miniS | Flitz | FMS OLYMPUS | GTRCミーティング | Mini DLG(HK製) | mini SAL 1000mm(自作) | mini SAL800(自作) | Musette | MythoS 30E | Mythos 50 | OK模型 サフラン2 | OK模型 パイパーカブ | OK模型 ピメンタ2m | P51 ムスタング (フェニックスモデル) | SALグライダー ソフィア | SBD DAUNTLESS(フェニックスモデル) | snipe | SPITFIRE Mk2(フェニックスモデル) | STAR RIGHT F3A 50 | Stark Pro | STOBEL DLG | Stream NXT | SUN RISE | Voodoo | YF-16 70mmEDF (Freewing) | yokomoGT500 | いろいろな機体製作記事 | たわごと | アトランティス6 | カルマートαスポーツ | サーマル工房 CROSS EPO | サーマル工房 YUGA | テトラ エクストラ300S | デコパネ スタント1号機(自作) | デコパネ スタント2号機(自作) | デコパネ スタント3号機(自作) | デコパネ スタント4号機(自作) | デコパネ スタント5号機(自作)カネゴンSPL | デコパネ プッシャー機(自作) | ピーナッツスケール機 | フォルクスプレーン600(自作) | ブラスター3 | ブラスター3.5 | マイクロSAL(自作) | ムサシノ スバル09号 | ムサシノ ホリディ | ラジコン ヨット | 耐久レース | 自作小型スタント機(ゴールデン) | 電動バギー | 電動ヘリ | 電動ボート | 飛行日誌 | 飛行機ネタいろいろ