2012/08/02

夏空にSALグライダー ソフィア

久しぶりにソフィアをもって行った。
ディスカスで投げるとやっぱりズッシリ重い。
そりゃ、最近マイクロSALばかりだったからしょうがない。
でも、その重みがまた良いんだけど(笑)

今日も良い天気で、またまた立派な入道雲が夏を演出していた。
暑かったけど、気持ちの良い暑さだったなぁ。

久しぶりなソフィアは先日エルロンのサーボを交換したため
プロポのセッティングをほぼやり直すハメになり、各モードのトリム調整から
必要だったので面倒だった。

最近はマイクロSALばかり投げていたから、投げ方が変わってしまったのも
感じられて、どうにか最後の方は以前のように投げられるようになってきた。
あまり高度は上がらなかったけど、「ぬた~」って飛ぶ姿は、Yugaでもないし
ペパーミントでもない、1500mmの世界だ。

結構楽しかったので
また、近々ソフィアを飛ばしに行こう。

マイクロSAL サルベンも持って行っていったので、飛ばそうと思い
バッテリーを繋ごうとしたら、基盤からマイナスケーブルが外れていた。
半田が必要なので現地で修理は出来ず、飛ばすことなく終了。

そろそろ、新機体に移行しようかな。
サーボも1.7gがあるし。
でも、カネゴンにフライングテールの案をお願いしているからそれを
見てからでも良いか!
自分の図面でも良いけど、優れた方を採用かな(笑)

上のソフィアの背後に移っているトンビ?
(こんなカッコの鳥はみんなトンビだと思っている・・・)



すごいバンクさせている。
おおっ、Vテールが逆さだ。
ラジコンでVテールが逆さってあんのかな~。
もしかしたら、ハムちゃんのビロボー製サンセッターがそうだったかも?

なんで、わざわざ画像を切り取ってまで載せたかと言うと、この鳥の上反角は
何度だろう?って思ってしまった自分が可笑しかったのだ。
15度くらい?かな。

そして、電動バギーがお目見え。
先日、私のデットストックのデザゲパーツを差し上げました。
物置にしまい込んで、もう2度と使われることは無いと思ったので
使っていただけるなら、その方がいい。

ただ、平らな土の上をパイロン立ててオーバルで走るだけでも結構楽しい。
なんとなく、ラジコンカーの原点だなぁって思った。
私も、ちょっと借りてやらせてもらったけど、何気に楽しい。
それって、大事だわ。
しかし、相変わらず私の走りはセコイ(笑)
チャン玉のオッサンに言われても言い返せないわ。
私の次にセコイ走りは「ぴょん」だと(爆)
しょうがないよ、一緒にやっていたんだから。
しかし、そう言うオッサンだってそこそこセコイ走りするよ。



良い絵が撮れました。
こちらも夏を満載な絵となった。
ヒグチさんのバギーです。
中はDT-02でカウルはプラスチック製でした。
後はホットショットです。
みなさん、パイロンを回る練習を始めたら、熱心でした~。
なんか目標があるとまた違った楽しみ方になりますよね。
がんがん、腕磨いちゃってください。

実は昨晩から夜間作業で明け方の5時に帰って来て2時間ほど寝てから
飛ばしに行った。
流石に炎天下でのフルランチはきつかった・・・。
回りながら足がもつれるのはいつものことなのか、寝不足なのか~。(笑)

| | コメント (0)

2012/06/08

今日2度目(千葉の川沿い)

早朝はゴールデンを飛ばして、10時からソフィアを1時間飛ばしてきた。
ソフィアを飛ばす時はいつも海岸近くの芝生公園だった。
飛ばすというより、SAL初心者であり投げる練習からなので
着地しても機体の痛まない芝生の場所が必要だった。
どうにか前に投げることが出来るようになったので、
もしかしたら飛ばせるようになっているかも?
などと淡い期待を胸に、サーマルが発生するだろうと思われる
川沿いのグランドへ行ってみた。

っで、っで、っで・・・

第一投。

安全にショボく投げてみた。

何事も無かったように真っ直ぐ進んでターンして着地。(笑)

まるでサーマルを探せるような気がしない。
風は土手の方から吹いてくる。
どうやら土手から吹き降ろしてくる風に叩かれてしまうようだ。
その上に行けば土手ソアリングみたいな事が出来るのかもしれないが
私が投げるとそこまでは高度が稼げない。
しつこく叩かれても叩かれても投げていたら、サーマルにヒットした。
とんでもない早さで上空に持っていかれるのはYUGAでは味わったことが無い。
しかし100mに届かないくらいで下降してきた。
もしかしたらサーマルじゃなくて土手の吹き上げだったのかもしれない。

その後、何度投げてもサーマルにヒットすることは無かった・・・。
多少は上に投げられるようになったから、もしかしたらなんて思っていたけど
SALはそんな甘いもんじゃなかった。
飛ばし方ももっと練習しないとダメっぽい。
モーター付きの機体とは明らかに違う。

今日は厳しさを味わった。

このあと、仕事に行ったのだが疲れすぎ。
仕事前にSAL投げは控えた方がいいかもしれない(爆)

| | コメント (2)

2012/06/03

6/3 SAL練

今日も練習してきた。
5時過ぎから1時間ちょいオーバーしてしまった。
夕飯に遅刻しちゃって、家族からちょっと冷たい視線を浴びたり。

先日の日記の通り、一晩寝てまた少しレベルアップしたかも知れない。
その証拠に痛くなる部分が変わる(笑)
今日は股関節が痛い・・・。
立ったり座ったりが辛い。
でも少しづつランチ高度も上がってきていると本人的には感じているが
どうだろう。
きっちり数値で出ないところがかえって良いかとも思っている(笑)

今日の上達ポイントはコントロールが良くなってきた。
前みたいに真横にぶっ飛んでいくことが無くなった。(笑)

海からの風を受けて停止中。

6時過ぎで日も暮れてきた。



今日もがんばってくれたソフィア。

| | コメント (0)

夕方にちょっとだけ

夕方にちょっとだけ
仕事から帰宅してからどうしても投げたくて
(飛ばしたくてじゃなく、投げたくて)
日が暮れるまでの1時間、投げてきた。
昔から一晩寝ると、出来るようになると言うのは体感しているのでその効果に期待しつつ
投げてみた。
第一投目からまずまずな軌道でランチ出来た。
ヤッパリ寝ると違うなぁ。
その日の延びしろはピークを越したらもう、延びることはない。
やっても下降するだけ。
あとは、一晩寝て頭の整理をしてまたやる。
ゲームやる人なんかは経験あると思うけど、朝ゲームやると前夜クリアできなかったステージがあっさり出来たり。
そんな感じかな〜。
SALは私にとって1時間で飽和状態になるようだ。
あとは、また今度。
今日も仕事だけど夕暮れ時に間に合うかな〜?
あっ、天気が心配だった。

| | コメント (0)

2012/06/02

SAL 練習〜!

SAL 練習〜!

昨日は午前中に海岸沿いの公園にソフィアと遊んできた。
いや、遊んでもらった、ん〜遊ばれた(笑)
また、SALな訳で、投げ続けた。

この場所は紙飛行機のグループも楽しんでおられる場所で
このグループの方に自宅近所で飛ばしている時に声を掛けていただき
この、飛行場所に誘って頂いたのだ。
この日は久しぶりにその方ともお会いした。

紙飛行機と言っても厚紙?ケント紙なのかな?
それにウレタン?ラッカー?を塗り強度を上げる。
中にはバルサでつくられたものもあるようだ。
大きさは20cmくらい。
これをゴムで引っ張り飛ばすと言うもの。
風に乗って結構な距離まで飛んでいく。
今まで見た事の無いカテゴリーでやるとハマるらしい。
だから、やらない(笑)

ソフィアを投げていると紙飛行機の方が上を飛んでいる時があったりと
それを見たとき思わず吹き出してしまった(笑)

紙飛行機にも負けちゃう私のSALはかなりヘタッピと言える。
それでも懲りずに練習あるのみ。

そうこうしていると、焔さんの言っていた押し出すような感じが若干解った気がしてきた。
そして、ナカオさんが言っていた遅れて投げる感じも解ってきたかも。
体は正面に向く頃機体はまだ後ろでそこから前に押し出す感じ投げてみるとで真っ直ぐに飛んで行った。
私レベルのテニスのフォアハンドのイメージじゃないみたい。
常に体重乗せすぎ。
それによりリリースのタイミングで引っ掛かってしまう。
上手い人のフォアハンドは体が開きぎみでもエンドラインで強いポールを打つけど
どちらかと言うとそっちのイメージなのか。

そして、フォーム。
リリースする時に長島のように(長島と言えば長嶋茂雄だ)
ゴロを捌いて1塁へ送球。
この時のフォロースローを真似ると自然と押し出す形になるようだ。
長島の現役の守備を見たことが無い人には解りにくいかも?
子供の頃カッコ良かったなぁ。
SALった後にフォロースローな自分の姿がちょっと滑稽だったけど(笑)

しかし、やっぱりまだまだ下手くそだ。
この、出来なさ加減が夢中にさせるんだなぁー。

初日の到達距離20mより少し上乗せが出来たか?

| | コメント (8)

2012/05/31

ソフィアを入手


千葉の飛行場所で厚意にしていただいているナカオさんより格安で譲っていただいた。
本当はそんなつもりじゃなかったのかも?(笑)
もしかして、私の勘違いで譲っていただける運びになったのかも知れない。
もしそうだとしたら御免なさい。
場合によっては返却いたしますので。(笑)

それにしても本物のSALが手元にある。
これは大変なことだ。
だって、自作じゃ出来ない機体だし、買ったら高いし。
これからそれらしいSALを自作しようとする中で本物の飛びを体験できるのは
大変ありがたい。
本物を知らずに何を目標にすればいいのか解らないからだ。
なのである意味到達点のような機体があればやり易いと思う。

さっそく8FGのセッティングを入力していく。
各データはナカオさんに直接教えてもらってその場で入力してきたが
実際の動作量のデータは私がどこに入力するのか解らなかったので
頂かず終いだった。

その後こちらのサイトを参考にした。
http://park19.wakwak.com/~m-kimura/

こちらが8FGの設定ページhttp://www.geocities.jp/m_kimura_1962/sub9fg/sub9sf/sub9s.htm

以前はこのサイトを見てもイマイチ理解できなかったが、今はなんとなく
何を言わんとしているのか位は解るようになった。
ちょっとだけグライダーの事解ってきたかも(笑)

ペパーミントの設定の時も参考にさせていただいたが肝心のところが
良くわからずいい加減な設定のままだった。
しかし、大きく前進したのが「コンディション」の本当の使い方が昨日の晩に
解ったのだ(笑)
それも偶然。
これで、各フライトモードごとの設定もやりやすくなった。
俄然やる気も出て来る。

まだ完璧に設定できていないが、飛ばせる内容は入力できたので早めの帰宅が
出来たので千葉の芝のある飛行場所へ行って来た。

初めての本格SAL機に緊張は隠せない。
先ずはグライドテストで投げてみる。
風に煽られ飛んでいってしまう(笑)

もう投げてしまったのと変わらないので、SAL投げしてみた。
っと、その前に投げることに関しての前情報。
怪獣公園でカネゴンのマイクロSAL風やKさんのSALを投げたことはあるが
まぁ、へたくそだ(笑)

ろくに投げられない。
カネゴンの機体については投げた時点で背面飛行を始めるし(笑)
たまに上手く投げられても力の入れ所がダメなんだろう、たいして上がらない。
実はこんなことを言うのもなんだが投げたりするのは意外と得意な種目なのだ。
フォームなんかも見た目でそこそこ真似られてどんな競技も格好は良かったり
するのだ。

なのに、このSAL投げは全然勘所が解らない。
何度投げても、思うように行かずその度ぶつぶつ言っているようだ。

そんな経緯を持ちながら、本格SALを投げてしまおうというのだから
緊張しないわけが無い(笑)

手に持って上に掲げても翼の下側を引きずってしまうのはご愛嬌。

2,3歩助走して回転して

シュパッ!

右にそれていく。
でも投げられた。

ちょっと面白くなって投げまくる。

そのうち一直線に上空へ吸い込まれるようになった時
これは、たまらない。
飛ばすのが目的じゃなくて、投げるのが目的になっている私のSAL遊び。

得意なはずの投げる動作は一向に上手くならず。
上手くいったり左右にそれたりとしながらも、投げまくった(笑)
これは、健康的だ。
ひねる動作も入ってなお結構。

たいして疲れないと感じて20分の運転で帰宅。
車から降りる時右半身が筋肉痛に襲われた。

ナカオさん、このような機会を与えて頂いきありがとうございました。

↑芝の上で私の挑戦を待つソフィア(笑)
いろんな方向に投げられて大忙しなのだ。

http://model-sailplane.dialog.jp/index.html

http://model-sailplane.dialog.jp/molded%20glider1.html

| | コメント (4)