Musette

2018/07/23

Musette再修理

モデル違いでプロポケースに突撃したMusette。

前回修理した場所とほぼ同じところが壊れました。
前回修理では破損個所が酷く、胴体の反りなどから素直に飛ばなくなってしまいその修正に手間が掛ってます。
そんな経緯が有ったので今回もまた手間が掛かるのかと思うと直す事への意欲が失われます。

弱気な事をポルコさんにLINEしていたら注文したら3か月かかると言われ、そんなに飛ばせないのは辛いと思いそれじゃ直さないとって事で修理開始です。

Dsc_4875

壊れたのはモーターマウントとフロントカウル。
右翼をぶつけたことにより右側胴体の陥没。

モーターマウントは、新しいラバーに交換して心機一転。
フロントカウルはフィルムを貼り直さず瞬間接着剤で補修して終了。
一番問題なのは胴体。
陥没した部分を引っ張り、割れた同枠を添え木して接着。
こんな作業をするとき、胴体がフィルムだけなので手が入ってやり易い。
ここを直したら何とか形になりました。

Dsc_4879

また調整からですが飛ばせるようになればいいです。
調整も嫌いじゃないですから。

| | コメント (2)

2018/05/17

Musette フルエルロン

Dsc_4248

Musetteをフルエルロンにして飛ばしてきました。
フルエルロンの経緯はこちらで書いてます。
http://nakker.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/yn-e864.html

左翼の取り付け角もいじっちゃったのでトリム合わせからスタートです。
ピッタリ合わせたはずの取り付け角なのに機体は右に傾いていきます。
風が右後方から吹いているから風見鶏効果で右に振られるのはしょうがないです。

それに、mamuさんが「飛行機は真っすぐ飛ばない、飛んでるように見せるものだ」と言っていたので、あまり深く追求しません  (汗
問題のフルエルロンはどうなの?ですよね。


残念ながら違いが、分からない・・・・・

どうもすいませーーーーーーん!(;´▽`A``

私レベルではエルロンを動かしてみてもいつもと変わらない動きをします。

この違いが分からないんじゃ本当はダメなんじゃないの?
その日は自分がとっても残念なヤツに思えました・・・。

Musette自体は先日飛ばした時より良い感じです。
胴体の矯正が効果あったかもしれないです。
各動翼はスティックを目いっぱい使って機体が破綻しない所に設定しています。
でも、それだと自分の操縦しやすいエリアじゃない所だったりして飛び方がギクシャクします。

ピクピクなスティックは嫌だけどドヨ~ンとした操作感も苦手です。
自分の操作しやすい範囲に設定するのが一番飛ばし易そうです。
そうしたら多少飛び方が落ち着いたように感じます。

何かつかめそうでつかめない、そんな感じの電動機でした。

| | コメント (2)

2018/05/12

飛行日誌 (YN)

Dsc_4231

いきなり寝坊です。
どうやら目覚まし時計をセットしていなかったみたい。
起きたらもう、集合時間の30分前。
ポルコさんには

ごめんなさい
寝過ごしちゃいました。
今日は行けないですとLINEしました。

でも、前日バッテリーを充電してあるし飛ばす気満々だったのでこのまま家にいるのもなんかなぁって。
大急ぎで顔を洗ってMusetteをクルマに積み込み出発~です。

いつもなら下道で行くところを高速使って一直線(カーブは曲がります)

目覚めてから1時間後にはポルコさんの地元飛行場所に到着しました。
改めて高速道路は速いし楽だわ・・・ (笑

朝練再開してもう4回目くらいでしょうか。
そうそう、土手の草が綺麗に刈られていて離着陸がやり易くなっていましたね~。

早速機体を組んで飛ばします。
駆け付けの1パック目。

ヘロヘロです。
2パック目相変わらず・・・。
3パック目ポルコさんが見かねてアドバイスを・・・

分かっているつもりでも言ってもらえるとよりそこを強調して頑張れます。

全体を通して何処がどうって訳じゃないですが何となくレベルアップしています。
多分、ポルコさんには気付かない程度の些細なレベルアップ。

心の中で自分では実感してます (笑
飛ばす合間にどうもフラップの取り付け位置が気になってしょうがないんです。
機体自体かなり癖が有る気がして・・・。

そんな事も受けて帰宅後、機体の修正をしてみました。
修理した時から気になっていた主翼と胴体の隙間。
胴体が反ったから発生したはず。
その部分を強制的に矯正しました (笑
これが上手くいきまして、胴体の芯も通ったようです。

下面プランクが残っていたので芯は通っていたと思ったけど、やはり歪は有りましたね。

そしてフラップ、なんとエルロンに連結してフルエルロン仕様にしちゃいました。
これでニュートラルがズレているような嫌な気分から解放されます (笑

次に以前やった主翼や尾翼の水平の確認です。
ここまでやればバッチリ飛ぶんじゃないかと密かに期待しております (笑
後はプロポに怪しい設定を少し仕込んでみました (笑

来週飛ばすのが楽しみです。

| | コメント (6)

2018/04/28

Musette 修理 その3

  フィルムを貼るのがとっても大変で、簡単に思っていた私はカドクラさんの仕上げっぷりにとても感銘を受けました。
これが、プロの仕事なんだなと・・・・
今回、修理するにあたりいろいろ参考になるところが有りました。
これも、怪我の功名ですかね (笑

Dsc_4051

メカも全部搭載完了!
見た目は直ってる感じです (笑

どうしても胴体は少し歪んでしまったようですが。

そりゃね、あれだけぶっ壊れたらビシッとは直らないですよ。
唯一救いだったのは下面プランクがきちんと残っていた事です。
そのおかげで芯はある程度保証されているかと思われます。

モーターが回れば飛ぶことは飛ぶと思うのです。
ただ、それがどんな飛びになるかはかなり不安。
前の様に飛ぶことを願うばかり。


Dsc_4064

↑っで~~~、出来たら飛ばしたいですよね。
車に積んで出発~~~!

ほらMusetteも飛ぶ気満々じゃないですか。
お行儀よく自分のポジションに収まっていますよ。
(ワンコの散歩前みたいな・・・)

なのですが、飛行場所に到着するやウエダさんと遭遇。
一気にハンドランチモードに突入ですわ。

楽しくてああだこうだやっていたら閉門時間ギリギリ (笑
こりゃタイムアウトじゃん! (汗

結局、飛ばし損ねて終了~。

今度のフライトチャンスは日曜日の早朝。 

そうです、Musetteを壊した場所が修理後の初飛行。
なんとか無事に飛ばし、悪い流れを断ち切りたい。

よってポルコさん、行くよ~

| | コメント (0)

2018/04/27

Musette 修理 その2

  生地完まで出来たら次はフィルム貼り。

これが上手く出来ればまるで新品か!って思えるような出来になるはず (笑

しかし、そうは上手くいきません。

何故なら、使ったフィルムがOKのEライトだから。
元々使われていたのがこのフィルムなんですが(だと思ってます)
要は透けるんですよ下地が。

って事は修理した部分が見えちゃうんです。
ここはオラカバにしとけばよかったな~。

でも、重量増とかオリジナルと違っちゃうしなぁ~
まぁ、修理した時点でオリジナルとは違っちゃいますけどね。

でも、同じフィルムに拘ってEライトを使おうと思います。

Dsc_4039

↑Musetteのデザインは比較的簡素なものでそれでいて視認性を考慮したデザインだと思っています。
視認性をもっと突き詰めるなら胴体底面は赤色なんて言うのも良かったかもしれないです。
ま、今回はオリジナル再現優先なので元の通りに貼って行こうと思います。

側面のフィルムは全てCADで書き出した台紙に乗せてカットしました。
なので、ピッタリと貼れます。
水平尾翼の部分は三角材が接着されたままなので採寸して切り抜き、現物に合わせました。

結局、この作業が手こずりまして一番時間を割いたと思います。

Dsc_4045_2

!キャノピーの土台も壊れてしまいましたが部品は揃っていましたから、後はパズルでなんとかなりました。
それでも、胴体に乗せたら歪んでいて修正が必要でした。

キャノピーラッチも一度取り外してしまったので再取り付けです。
なんとか可動しているので機能は果たしています。

Dsc_4042

↑同枠の補強を済ませました。
瞬間接着剤が無かったら直すにも大変ですね。
瞬間接着剤、ありがたいアイテムです。

Dsc_4040

↑フィルムが新しいので新品の様な光沢 (笑
いきなりカナライザーも取り付けました。
まぁ、あとからメカ載せで邪魔になって外す羽目になるのですが。

一見、新しく買ったみたいなMusetteです (笑

| | コメント (2)

Musette 修理

  先日壊してしまったMusetteをどうするか???

主翼は生きているので、胴体だけでも新規に購入しよか?
そう考えていたのは壊した日の帰り道での事。
その日の夜、Musetteを前に新しく買っちゃおうかな~?とか
デコパネスピード機も作らないととか
ピュアグライダー組みださないと・・・なんて考えながら
Musetteの壊れた胴体を修正し始めていました。

こんなの無理だわ~
と言いながら、拾っておいた欠けた部品をパズルのように組み合わせて行きます。
足りないピースが有るけどそこはスクラップバルサとパテでなんとかなりそう。
あれよあれよという間に生地完の様なMusetteの胴体が目の前に (笑

これはもしかしたらフィルム貼ったらそこそこ行けるんじゃ?
ってんで、どんどん修理の方向で進めて行きました。

もう、フィルムも全部剥がしちゃって、やる気ですよ。

Dsc_3965

Dsc_3970

Dsc_3968

↑左側面を接着し、バッテリートレイも復旧です。

Dsc_3964

Dsc_3969

↑右側面は主翼が食い込んでいたところを引っ張り出し、修正です。

Dsc_3962

Dsc_3972

↑ノーズの無くなった部分はバルサのフルスクラッチで作り直し。

Dsc_3973

↑キャノピーの枠がしっくりしません。

Dsc_3967

↑それでもキャノピーを載せるとそれっぽい感じになってきました。

何となく生地完のような気分に浸ってしまいます (笑

| | コメント (2)

2018/04/24

Musette 壊しちゃた・・・

やっちゃいました・・・

大事にしていたMusetteを壊してしまった~!

原因???

恥ずかしくて言えないけど、自分への戒めの為敢えて公開しちゃいます。

機体組んだ時にエルロンのコネクターの差し間違えです。
それも、L、Rじゃなくて、コネクターの裏表の間違え。
FUTABA純正を使っていれば起こらないミスでした。

離陸して3mくらい上がってそのまま右に傾き10mくらい先に落ちました。
ホント一瞬の出来事でしたが、バルサ機のMusetteがぶっ壊れるには十分な衝撃です。

壊れた機体を見た時、すぐにまた新しいMusetteを買おうって思っちゃいました。
だけど、このMusetteは他の機体と違ってカドクラさんが自ら製作しているのを知っているので
そんな安易な解決策じゃいけない気がして・・・。

かと言って、直そうにもね・・・
被害が酷いです。

出来ればきっちりした機体でまたスポーツマンの練習したいです。
またお注文して買わせていただくのが一番良いような。

Dsc_3953
↑壊した時のMusette。
翼は奇跡的にほんの少し傷がついただけで済みました。
しかし、胴体は・・・
右翼のフラップは胴体の中までめり込んでいました (汗

Dsc_3962

↑家に持ち帰って改めて見ると・・・・
やっぱり酷い (汗

ノーズ周りが原形無いです (泣

Dsc_3965

↑胴枠も無残。
バッテリートレイも外れました。
Dsc_3964

↑翼がめり込んでしまいました。

アルミのカンザシが「くの字」になったし。
あんなに硬いのに曲がるんですね。

機体を目の前にして、茫然としています。

最近、こんな「うっかり」が多いんです。
もう歳なのかな?

今後、もっと増えるであろうから今迄以上に気持ちを引き締めて楽しみたいと思います。

この日はポルコさんが久しぶりにMusetteを飛ばす日でした。
それまでEPOでバイプレーンのコントラ仕様という奇抜な機体に挑戦していましたが
スタンダードなMusetteに戻ってきました。
やはりMusetteは良い飛びしていました。

うん、Musetteだよな。

| | コメント (8)

2017/10/13

Musetteの整備

Dsc_1901

ずっと飛ばしっぱなしのMusetteを少し整備しました。
たいそうな事をした訳じゃ有りませんが、ネタとして・・・

モーターマウントのゴムシートを交換しました。
何となくユルユルになっているような気が・・・

それに伴いプロペラも新調しました。
今まで先端がササクレ立っていましたからね。

そして、久々のカナライザー復活!
前よりMusetteを沢山飛ばしているからカナライザーの有り無しが分かるようになったかも?
なんて思いながら取り付けました。

スタイル的にはどのモデルもカナライザーは無い方が好きです。

たったそれだけの理由でAngel30は付けていません (笑

カナライザー付けちゃうとトップにネジ穴が開いちゃうんですよね~。
それもちょっと残念。
Musetteのトップにはすでに3回分、合計6箇所穴が開いています・・・
今度カナライザー外すことがあるときは一度フィルムで隠してみようか。

って事でプロペラのバランスとったり、アイロンかけ直ししたりで整備は終了。
後は飛ばして見ないと何とも言えないです。
一度モーターマウント外したのでスラストがズレてしまったのは当たり前ですよね。

| | コメント (0)

2017/08/06

Musette練習会に参加。

Dsc_0982

水上機以来の顔合わせ。
本日はMusetteによる練習会です。

参加者はmamuさん先生とポルコさん、そして私です。

先日、お二人は大会に出て素晴らしい成績を納められてきました。
そんなお二方と飛ばせるなんて私としてはいいチャンスです。

いつもはMusette、ほとんど一人で飛ばしているようなものでGTRCでは俄然ハンドランチ熱が強いのは否めません。

ポルコさんは大会前にmamuさんの集中講座を受講して良い成績に結びついたので私も一つあやかりたいと言うわけです (笑

一人だと飛ばし方に迷いが出ます。
あと、細かいところはどうすするのが当たり前なのかが分からないのです。
角倉さんのフライトテクニックは参考にさせていただいてますが、やはり一人は限界があります。

mamuさんが飛ばしてくれるので機体自体の状態も見てもらえます。
私が調整しても飛行機なので飛ぶことは飛びます。
でも、それがパターンを行う上で適正範囲なのかどうかが疑問なのです。

飛ばしてもらって「こりゃないわ!」ってなったらそれはそれで収穫ですし。
諸々の疑問、足りないところを教えていただける練習会は良い機会です。
Dsc_0983

↑mamuさん先生の模範飛行です。
そうそう何気に3名の機体ってそれぞれ仕様が違うのです。
mamuさんは2セルでエルロンにジャイロ付き。
入れたり切ったりしているようですが。

そのフライトは流石です。
私の気にしていなかったようなところをきっちり説明してもらいながら飛ばしていただけました。

Dsc_0985

↑ポルコさんの機体はギヤダウン仕様で15インチペラ付きです。
そして、エルロンにジャイロ付き。
ポルコさんの設定は私よりD/Rが多めのようです。
そして、EXP少な目?

いつの間にか私はEXP-30%だったり、D/Rもフル舵角でロール出来るくらいにしちゃってます。
多分、セッティングではダルダルに感じられるかもしれません。

私が言うのも何ですが、何度か見てきた中でポルコさんの操縦がかなり上達しているように見受けました。

なんか、良いですね・・・
私も頑張らねばと勝手に燃えてきましたよ (笑

Dsc_0984

↑私の機体は3機中、一番スタンダードだと思います。
買ったままです。
唯一カナライザーが付いています。

教えていただいたこと。
ロールを止める時は正確に止めるという事。
これは私が良いと思っていた以上の精度を要求されました。

そして、ハーフキューバンエイトの正確な形。
分かっているようでまだ要所が足りなかったです。

ストールターンのコツも教えていただきました。
なんとなくそれっぽく出来るようになったのが嬉しい・・・ (笑

風を視野に入れながらのフライトはとても難しく、一人で飛ばしていた時もひっちゃかめっちゃかになって、みんなこんなになるの?
って思っていた疑問も、全て手で抑え込むのだと分かり解決です。

たった4フライトでしたが実のあるフライトが出来て良かったと思います。

是非また呼んでいただけたらと思います。

最後はちょこっとお二人にSnipeを飛ばしていただきました。
最近のハンドランチの味見ですね (笑

| | コメント (10)

2017/04/30

Musette

 e-HARK 1500を飛ばした後にMusetteを飛ばしました。
もうMusetteを飛ばすには風が強すぎでしたが、せっかく来たのに飛ばさないで帰るのは勿体ない。
何が勿体ないのかと言われると微妙ですが、多分行と帰りの時間とガソリン代ですかね (笑

体感風速4~5m。
それくらいなら過去にもMusetteを飛ばしたことあります。

Dsc_0258

大きさの割には軽量なMusetteですが、何故か風にも結構強いのです。
そりゃ、垂直上昇とかしちゃうと明らかない傾いて上がっていくけど抑え込んでいたら何とかなるもんです。

私レベルのスポーツマンなんらなんとか最後までやり遂げられました。
1パック飛ばしてそこそこ満足したのですが、まだ私の勿体ない病は収まらない様子。

キャノピー外して2パック目の3300mAをぶち込みます。

「ちょっと遊んで飛ばしちゃお」って4ポイントロールやってると、最後の舵間違えました。
慣れない事やるものじゃないですね。
危うく落とすところでしたよ・・・ (汗

その後も飛ばしたのですが、指が震えてるんです (笑
尾島で飛ばす日も近いというのでここで落としす訳に行きません。
危なかった~。

帰ってきてからカナライザー付けてみましたよ。
どう変わるかな?

Dsc_0260

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

12K (FUTABA) 14SG(Futaba) Aigis (sky-modeling) Air Camper (Hobby king) AirFlowラダー機 (JR) alula TREK alula コピーのsimula Angel S30E ARFミーティング ASW 28(EPO) AURI BAMF DG-1000(FLYFLYHOBBY) ELF F-15 Blue camo F4U コルセア (フェニックスモデル) Fire Blade2.5 Fire works miniS Flitz Flitz2 FMS OLYMPUS GTRCミーティング K・S・F・Cオフ会 Mini DLG(HK製) mini SAL 1000mm(自作) mini SAL800(自作) Musette MythoS 30E Mythos 50 OK模型 サフラン2 OK模型 パイパーカブ OK模型 ピメンタ2m P51 ムスタング (フェニックスモデル) SALPetra SALグライダー ソフィア SBD DAUNTLESS(フェニックスモデル) SERA DS snipe Snipe 2 SPITFIRE Mk2(フェニックスモデル) STAR RIGHT F3A 50 Stark Pro STOBEL DLG Stream NXT SUN RISE Voodoo YF-16 70mmEDF (Freewing) yokomoGT500 いろいろな機体製作記事 つぶやき アトランティス6 カルマートαスポーツ サーマル工房 CROSS EPO サーマル工房 YUGA シルキーウインド・パンサー テトラ エクストラ300S デコパネ スタント1号機(自作) デコパネ スタント2号機(自作) デコパネ スタント3号機(自作) デコパネ スタント4号機(自作) デコパネ スタント5号機(自作)カネゴンSPL デコパネ プッシャー機(自作) ピーナッツスケール機 フィンピー15 フォルクスプレーン600(自作) ブラスター3 ブラスター3.5 マイクロSAL(自作) ムサシノ スバル09号 ムサシノ ホリディ ラジコン ヨット 耐久レース 自作小型スタント機(ゴールデン) 電動バギー 電動ヘリ 電動ボート 飛行日誌 飛行機ネタいろいろ