FMS OLYMPUS

2019/10/08

OLYMPUSを飛ばして

  先日、尾島でOLYMPUSを飛ばしてきました。
結果は・・・・
思ったより飛ばせませんでした。
もう少し飛ばせるかと思ったのですが前回フライトから数日でリセットされたようです。
尾島の記事でも書きましたが、OLYMPUSを飛ばす時はよっつさんがいろいろアドバイスしてくれます。

一番困った事は距離感です。
演技を行うにはどの辺が適切か分からないのです。
その都度よっつさんが近すぎ~と教えてくれます。
飛行エリアは中央から左右60度ずつ。
80m前方で演技を行い高度100m強まで使います。
いつもは1.2mクラスのMusetteを飛ばしているのでつい近場を飛ばしてしまいがち。
OLYMPUSだとワンサイズ大きな機体になるからもう少し遠目の80m先を飛ばさないといけないようです。
幾ら機体が大きくなったからと言って慣れない距離が怖くてしょうがないのです。

何が怖いかって機体が見えないのです。
機体の傾き加減が分からない。
すっごく見えていないと修正が出来ないと思っているので。
視力はメガネで何とか補えていると思うが端の方へ行った時、多少歪んで見えていそうな気もしてます。
ここがちゃんと解っていないと機体がどっかに向いて行っちゃいうところです。
80mも先を平面で飛ばす人の凄い事に改めて敬意をはらいます。

Pターンからして機体が遠くて不安になるのですが(そこから?)
その後水平飛行に移るも真横に飛んでいるのか解り難い・・・。
ハーフキュ―バンエイトのハーフロールも何処で止めて良いのか姿勢が解らない。
スクエアループの昇る姿勢が向こう向きすぎなのか手前に向いているのか、はたまた上昇進路が向こうなのか
手前なのかこれも解り難い・・・
もうこれ以上書いてもダメな事ばかりなので割愛します (汗

あまりに出来ない失意と裏腹に悔しいです (笑
ここまで下手クソかってくらいダメだから。

何かヒントをもらいたく角倉さんのスポーツマンの記事を読んでいたら
ハーフキューバンエイトの高さは角宙より低かったんだ!
フレームアウトしないためのヒントかも。

OLYMPUSをチェックしていたらいろいろ気になるところが有ります。
先ずはバッテリーホルダー。
これはスライド式で重心を調整出来るようになっているが軽くスライドしてしまう。
飛ばした後に見るとスライドしまくって重心がかなり後ろにずれていたので
ズレないようにネジ止めしました。
こんなのも手の内に入らない要因かも知れませんね。

Dsc_1327
↑  水平尾翼の翼端がフニャフニャになっていたのでカーボンスパーで補強しました。
EPOなので折れたり割れたりしないのですが腰が無くなってしまいます。
酷いと風圧で負けているかも。
飛ばない要因がここにも・・・。

風圧の影響を心配したら今度はカナライザーが気になりだします。
こちらも意外と柔らかい。
多分、この手のクラスでは複葉機を除いてダントツにデカいカナライザーだと思います。
このカナライザーは複葉機の利点も兼ねていそうですが如何せん柔らかいのです。
柔らかいからどう影響が出るかと言われても分かりませんが自分の意思に少しでもそぐわない動きをするとしたらそれはダメでしょう。

Dsc_1351
↑  たまたま自分の壊してしまったOLYMPUSのカナライザーを取っておいたので試しにそれをカットしてみました。
かなり小さくしたつもりでもアキュラシーの小ささには敵いません・・・。
小さくしたことで浮きが悪くなるかもしれないし、曖昧な飛びが変わるかもしれないし。
それは飛ばしてみて初めて分かる事ですね。

Dsc_1342
↑  キャノピーが透明なのでディテールがぼやけてるなってずっと思っていました。
いつか着色してやろうと思っていたので昨晩シュー!っとひと吹きしてやりました。
スモークグレーと、ピンクとブルーの中で何色にしようか迷いましたが
無難にブルーです。

Dsc_1343
↑  前から気に入っていなかったパイロット。
え~~~い!っとばかりマッキーでいたずらしてやりました。
後からこんな変なヤツ乗せなきゃ良かったと思ったりしてます・・。

Dsc_1341
↑  カナライザー小さくしてキャノピーがブルーになったら多少格好良くなった?
自画自賛ですね・・・はい。

| | コメント (16)

2019/09/26

早速OLYMPUS

 昨晩、OLYMPUS用に変換コード作ったので早速飛ばしに行ってきました。

Dsc_1175
↑  画像にすると発砲機とは思えないクオリティです。
セブアートの請負をしている関係からMythoSとカラーリングが同じです。
ちょっとカナライザーが大きいかなって感じですが。

到着して勢い勇んで組み上げてGTRCのLINEにもこれから飛ばすなんてコメント入れたのに
肝心な物が無いんです。
バッテリーが無いんです。
また忘れものだ・・・
そう、先日はSnipe の主翼を忘れました。
ヤバイなぁ、どんどんアホになっている・・・。
バッテリーを取りに帰ったら往復2時間弱。
せっかく朝一番に来たんだから一人貸し切りで飛ばしちゃお。

Dsc_1176
↑ 久しぶりのSNT。
昨晩、16SZで調整済み。
14SGからのコンバートを使ってデータを移行したけど、ビミョウに反映されていない部分もあるんです。

ブレーキ(バタフライ)のエレベーターミキシングのレート位置が違います。

空戦フラップは16SZの方がコンディション毎にスイッチが割り振れるので便利です。

14SGだとズームの時はプログラムミキシングを使い、それ以外はエレベーター→キャンバを使っていました。

すべて同じスイッチだと他のコンディションでスイッチOFFなするとズームでキャンバコントロールが出来ないのです。ズームはいつも入れておかないと。

Snipe SNTは良い感じなんですが、どうも良く走るしランチも重い。
暫く飛ばしてから重心を変えようとノーズコーンを外したら30gのバラストが入っていました。
走る原因はこれでした。
飛ばす前に確認しないから・・・・
何やっても怪しい行動が自分で心配になります。

Dsc_1177
↑  ひとしきりSnipeで遊んだ次はFire Blade の番。
こちらも昨晩16SZで設定を作り込んであります。

暫くハンドランチから遠ざかっていたのでFire Blade の雰囲気を忘れていましたが
これは良い機体です。
とっても良く飛ぶ。
翼面積の功でしょうか?
浮きが良いです。

ハンドランチを再開て直ぐにポッキーさんのAURIを飛ばさせてもらった時新たな発見が有りました。
それは以前もやっていたのですが忘れてしまったのですね~ (笑
まだまだ分からない事が沢山あってこれからも遊べるハンドランチです。

コンディションも良かったので2機とも気持ちよく昇天連発。

電動機は飛ばせないし
まだ腰が心配なのでハンドランチもそこそこに帰る事にします。

Dsc_1184
↑  帰ってから屋上に上がりF接栓が腐食し受信できなくなったBSアンテナの修理です。
7Cケーブル用F接栓をAmazonで購入し交換します。
作業終了してもまだ昼を過ぎたばかり。
頭の中でOLYMPUSの事がよぎります。
OLYMPUSの状態が知りたくて仕方がないのです。
この日を逃すと次いつ飛ばせるか分からない。
今朝、飛ばす気満々だったので飛ばせないのは辛いというか我慢できなくなってきます。
かる~くLINEでポルコさんに煽られるし (笑

う~~~もうっ!
行っちゃえ!
バッテリーを車に積み込み再度MDへ発車~ (汗

Dsc_1187_20190926055201
↑ SKIさんのピュアグライダー。 
30万円だそうです。
飛ばすのにドキドキらしい。
奥に陣取っている人の機体も30万円ですって。
それが何機も並んでます・・・
一瞬ハンドランチが安く感じたけど皆さん金銭感覚おかしくなってますよ~  (笑

Dsc_1188_20190926055201
↑  朝の画像ではありません。
再度、OLYMPUSを組み上げたのです。
OLYMPUSの主翼固定に4mmの長いネジを使います。
手が疲れちゃうので電動ドライバーが欲しい。

Dsc_1190_20190926055201 
↑ 前日に作った変換ケーブルを使っているところ。

OLYMPUSインプレ
ミラクルは起きなかった・・・・です。
思ったより簡単に飛ぶわけじゃなかったって事 (笑
自分の腕前以上に飛ぶわけないんですよ。
確かに重量が有る分ドッシリしている感は有ります。
でも、風の影響は受けるし姿勢の確認を間違えると何処か行っちゃうし
やっている事はMusetteと一緒。
それを思うとあのサイズで練習できるMusetteって凄いんだな。
F3A練習機としたら充分ローコストなMusetteだけど
コストに関してはOLYMPUSに軍配がが上がります(笑
メカ付きで3万円だもん、70クラスじゃ敵なし (笑
どれくらいポテンシャルが有るかですが私がちゃんとした70クラスを飛ばしした事無いので
比べようが無い。
でもサイズと重さで似たような雰囲気は出ているものと思うのですが。
後は自分が飛ばし切れるかどうか・・・それは練習次第かと思うのです。
少しだけ不安なのがサーボ。
FMSのデジタルサーボが付いているけどKSTx08程のリニアさが無い気がします。
FUTABAに交換かな~
でもこのサーボが付いていてOLYMPUSなんだよな~ (汗

発砲機なので主翼の取り付け角を疑う必要は無さそうで一応信じます。
離陸もエレベーターを必要以上に引く感じ。
旋回も貼り付き感が薄い。
そう言えばこの機体を組んだ頃指定重心にならなくてバッテリーを前に寄せていたんでした。
とりあえず舵角とエキスポの再調整しながら飛ばしてみます。
上げたり降ろしたりがちょっと面倒・・・
この時点で既に2パックを消費。
結局何を基準にしたかと言うとMusetteっぽくしただけな気がしまいます (笑
だってそれしか比べる対象が無いんです。

機体の重さもさることながら飛びも重くてレスポンス悪!
逆宙返りで引き起こせないのが怖くてしょうがない。
舵角ちょい増やして見るもスティック倒しているほどリニアに反応する訳じゃない。
もう~重心変えちゃおう!
もともと良く分かっていないんだし好みになればそれでいい (笑
安易な気持ちで少しずつ試します。
だんだんと好みな感じになって来た、と言うかMusetteぽっくなって来た (笑
Pターンも貼り付くように旋回してくるし、引き起こしもリニアに感じます。
重心変える度舵角調整が必要になるのが微妙に面倒 (笑
でも飛ばし難いから避けては通れない部分。

Dsc_1193_20190926055201
↑ マスキングテープに赤い線が最初のバッテリー位置。
飛ばしながら良いと思えたのがこの位置。
20mmくらい後ろになちゃった。
おかげで固定用のベロクロが1っか所しか掛からなくなりました。

Dsc_1192_20190926055201
↑  時間が無いので(夕方から出張)大急ぎで連続飛行によるOLYMPUSのセッティング。
6パック飛ばしてなんとか格好付いてきたけど、調整なんて毎回やりたくなるんだろうな。
ハンドランチも常に弄ってるし。
そんな簡単にベストなんて出る訳無いのは重々承知してます。
まぁ飛ばせるレベルになったって事で今回は十分だしOLYMPUSの雰囲気も多少分かったつもりです。

Dsc_1194_20190926055201
↑  最後にしようと飛ばしていたらキャノピーがヒラヒラと・・・。

バッテリーを後ろにずらして本来2本掛けだったベロクロが1本しか掛かっていないせいで
バッテリーがズレてキャノピーを押したようです。
キャノピーはマグネットで付いているから外れちゃいますね。
似たような事、カルマートでもやったなぁ。
学習してないです。

落ちたところが川の上。
パイロットがこっちを向いて助けを呼んでます。
クルマに通線棒(ケーブルキャッチャー)が有るので思ったより短時間で回収出来ました。

Dsc_1195_20190926055201
↑  回収したキャノピーは内部まで浸水。
天気が良いので直ぐに乾いちゃいましけど。
パイロットが「勘弁してくれ」と言っていたような。

これにてこの日のOLYMPUSは終了。
まずまずの成果で、後は自分が練習するだけです。
練習するならMusetteで十分な気もするけど機体に慣れるにはOLYMPUSを飛ばさないとダメです。
時間が有る時はOLYMPUSを飛ばしますか~

Dsc_1196_20190926055201
↑ 最後はいつものマイクロでクールダウンして終了 (笑

| | コメント (6)

2019/09/24

OLIMPUS(FMS)再び・・・

 何年かぶりのOLIMPUSです。
katoさんがガレージ整理の為、置かせといてと私の家に来た機体。
それじゃー容赦なく飛ばさせてもらいましょう (笑

先日、ポルコさんからカシオペアのスポーツマン大会に誘われたのですが
70クラスの機体が無いから躊躇しまして、お断りしちゃったのです。
別に70大会じゃないから機体は何でもいいらしくMussetでもOKらしいです。
じゃ問題ないかと言うと私の飛ばすMussetは毎回違うラインを通るという
かなりな気まぐれなんです。
なのでまだまだ大会なんて無理~って事なんです。
そんな話をポルコさんとしていたら「Mussetで練習したら70クラスが楽に感じるよ」って言うのです。
んん?何やら聞き捨てならない話。
っで、思い出したのがkatoさんのOLYMPUSな訳です。
しかし、バッテリーが2本しかないんです。
それもかなり怪しくなったバッテリー。
っとそこで閃きました!
手元にMusette用に使う3セル3300mAが10本あります。
これをシリーズにしちゃえば3300mAの6セルが出来上がります。
早速、変換ケーブルを作りました。

Dsc_1171
↑ 3300mAはXT60なのですが、機体のESCは2Pです。
ちょっと心もとないけどFMSさんがそう言うならしょうがない・・・
本来ならXT90で良いくら。
手元にコネクターは有るのですが交換が面倒で・・・。
おいおい変換ケーブル作るんならそっちも変えちゃえばいいのに!
ですよね (笑
手間を惜しんでいます。
とりあえず2Pは挿したままにしますので火花は出さないで済みそう。

このまま6セルとして充電したら時間短縮になるんじゃない?って喜んだのもつかの間。
6セル用のスロットに3セルのバランスコネクターが2個も収まりません。
バランスボード改造しちゃおうかなぁ~。

Dsc_1174
↑  手前が3300mAの6セル、奥が3300mAの3セルを2個重ねた疑似6セル。
大きさはピッタリ同じです。

これでOLYMPUSがシャキーン!って飛んだらカシオペア大会行っちゃう?
あっ、京都だった・・・なんて遠いんだ。

| | コメント (20)

2015/04/28

FMS OLYMPUS

ひょんな事から手に入れる事になりました・・・。
以前よりこの機体は興味があったのですが、たまたまkatoさんが食指を動かし
皆を誘ってきたので何の抵抗もせずkatoさんポッキーさんの3人で同じ機体を購入(笑)
只、注文してからちょっと後悔もしました。
FMSの製品と言えばですよ!
そう、F4U コルセアじゃありませんか。
昔から強く熱望していたコルセアを買わずして他の機体に行ってしまうなんて。
コルセアはまた手に入れるチャンスがあることを願って待ちますか。

OLYMPUSの出来はとっても良くて何機か組んだ事の有る発泡機の中では最高に組みやすいです。
何でか考えたらメカが全部載っていたからですね~(笑)
まぁ、それ以外にも主翼の取り付けとか思ったよりしっくり出来るので好印象です。

っで、早速飛ばしちゃいました。
そうそう、電動機・・・あまり飛ばしていません。
ここ何度かテトラのエクストラ300を飛ばしたくらいです。
じゃ、全然ダメだろうってその通り(笑)
人が飛ばしているときに指が震えているのをからかっていたけど
自分も震えてた(笑)
だって、こんなにデカイ機体飛ばした事無いのですから。
katoさんのSEA STARとか1400mmだったかもしれないけど、OLYMPUSは胴体が長いのでもっと大きな機体に感じます。
自分の指が震えているのが可笑しくて、
皆に、見て見てーー!
って、震えているところを見てもらいました(笑)
なんか、かっこ悪いところをさらけ出すのも気負わなくていい感じです。

トリム合わせの1パック目。
アップ方向にちょっと足して飛ばせる感じ。
私の知らない世界がちょっと見えてます(笑)
OLYMPUSが、しゅわ~~~んって飛んでいきます。
でも、これと言って何も出来ません(笑)
これから練習するんだからいいですよね。
仲間内で楽しく練習するのが面白そう。

DLGと二足のわらじは上手くいくかな~。

Dsc_0111
これを離陸する場所まで持って行くだけで重いです。
直射日光の当たる場所においておいたらキャノピーの中が溶け出してしまいました。
でも搭乗しているパイロットは問題なし。
このパイロット汗ひとつかいていないけどめちゃくちゃ暑かっただろうな・・・。
今度の尾島には持って行くつもりだけど、上手く飛ばせないから無用の長物ですかね(笑)
だって本当に長物なんですよ、GOLFにギリギリ入るくらい。
F15が入らないと困るな~。

はぁ、また飛ばしたい・・・。

| | コメント (11)

その他のカテゴリー

12K (FUTABA) 14SG(Futaba) 16SZ Aigis (sky-modeling) Air Camper (Hobby king) AirFlowラダー機 (JR) alula TREK alula コピーのsimula Angel S30E ARFミーティング ASW 28(EPO) AURI BAMF DG-1000(FLYFLYHOBBY) ELF F-15 Blue camo F4U コルセア (フェニックスモデル) Fire Blade2.5 Fire works miniS Flitz Flitz2 FMS OLYMPUS GTRCミーティング K・S・F・Cオフ会 Mini DLG(HK製) mini SAL 1000mm(自作) mini SAL800(自作) Musette MythoS 30E Mythos 50 New Acuracy OK模型 サフラン2 OK模型 パイパーカブ OK模型 ピメンタ2m P51 ムスタング (フェニックスモデル) SALPetra SALグライダー ソフィア SBD DAUNTLESS(フェニックスモデル) SERA DS snipe Snipe 2 SPITFIRE Mk2(フェニックスモデル) STAR RIGHT F3A 50 Stark Pro STOBEL DLG Stream NXT SUN RISE Voodoo YF-16 70mmEDF (Freewing) yokomoGT500 いろいろな機体製作記事 つぶやき アトランティス6 カルマートαスポーツ サーマル工房 CROSS EPO サーマル工房 YUGA シルキーウインド・パンサー テトラ エクストラ300S デコパネ スタント1号機(自作) デコパネ スタント2号機(自作) デコパネ スタント3号機(自作) デコパネ スタント4号機(自作) デコパネ スタント5号機(自作)カネゴンSPL デコパネ プッシャー機(自作) バレリーナ20(テトラ) ピーナッツスケール機 フィンピー15 フォルクスプレーン600(自作) ブラスター3 ブラスター3.5 ポンコツ号 アイちゃん マイクロSAL(自作) ムサシノ スバル09号 ムサシノ ホリディ ラジコン ヨット 耐久レース 自作小型スタント機(ゴールデン) 電動バギー 電動ヘリ 電動ボート 飛行日誌 飛行機ネタいろいろ