2016/07/26

F15が~!

F15が~!
シーウインドのセイルを片していたら積んであったF15にぶつかりまして、見事に落下。
呆気なく左エレベーターがもげました(T_T)
スケール機なのに繋ぎ目が有ったらカッコ悪い。
そんなこと言ってもワサビで着けるしかやりようないです。

あぁ、ショックだ~!

| | コメント (6)

2016/03/26

F-15 Blue camo 64mm(Freewing)

EDF機、いわいるダクト機です。
(ダクト機と入力すると「抱くとき」と変換されるのは笑えます)
私にとって鬼門のカテゴリー(笑)
以前、F15 EDFの70mmサイズの機体を持っていましたが満足に飛ばす事が出来なかったのです。
あまりに手探りなメカ選択が災いしてローパワーだったようです。
その時の記事は↓。
http://nakker.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/f-15eagle.html

http://nakker.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/f-15eagle2-2727.html

http://nakker.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/f-15-7f82.html

http://nakker.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/f-15-4-4c17.html

発砲機一機でかなり盛り上がって書いてましたね(笑)
初めてのダクト機なので分からなくもないですが。
今回選んだ機体はF-15リベンジ版としてこちらを↓を選びました。
http://www.radicon1.com/item/F8002C/

スペック
ウイングスパン:740mm
レングス:1100mm
ESC:45A
モーター:3500kv アウターランナーモーター
EDF :64mm
サーボ:9g*5個
飛行重量:700g
推力:約900g

別途必要品:
バッテリー: Lipo 4S 2200mAh

もうF-15は嫌だと思っていたのですが一度くらいはまともに飛ばしたいという気持ちがあったり、F-15に少しだけ愛着が湧いている気がします(笑)
スケール機とか戦闘機とかあまり興味の無い私ですがF-15だけは別なんでしょうか。

Dsc_3397
↑箱から出すと奇麗な塗装が施された機体がお目見えです。

Dsc_3399
↑綺麗な塗装を保護する処理も立派。
各パーツはビニール袋で梱包されているのは勿論ですが、2個入っているパーツにはパーツ同士がこすれない様に柔らかいシートが挟まれていました。
発砲機でありながらどこも塗装が剝げていないのは驚きです。

Dsc_3400
↑機体組み上げ様に付属していたドライバー。
0番と1番のビット装着できます。
こんなゴージャスなドライバーが入ったキットは初めてです。
FREEWINGやるな・・・
それともこけ脅しか?(笑)

Dsc_3401
↑こちらはエポキシ。
日本製の接着剤をメインに使用してきた自分としてはどうも信用ならない(笑)
って言うか、混ぜるのが面倒なんです。それに5分硬化型。
使いやすいかどうがか気になるところ。
とりあえず実績のあるワサビを使いました。

Dsc_3402
↑モーターも自社ブランド。
2836-3500KV、これを4Sで回します。
ダクトも64mmと小振りだし、甲高く良い音しそうな予感です。

Dsc_3403
↑何しているか分からないですよね。
デカールが水転写なんです。
以前持っていたF-15は見事にデカールが剝がれましたからね。
水転写の方が耐久性良いのかな?
貼るのに面倒でしたけど・・・

Dsc_3419Dsc_3421Dsc_3424Dsc_3426
↑完成です。
以前のF-15なんて比較にならない程のクオリティです。
カッコいいんですけど、パイロットが欲しかったですね~。
キャノピー透けていると気になります。
あと今回、ミサイル等ギミックは取り付けしない事にします。
有害抵抗の何物でもない気がするんです。
ロールアウトの出来次第で取り付けしようと思います。

=プロポ設定=

この機体で一番心配していたことは動翼の小ささ。
エルロンもエレベーターも小さいんです。
そして、ラダーレス。
って事は尾翼はエレボン設定?
試しにいろいろ設定してみました。
何と14SGの「モデルタイプ」設定に聞きなれない「エルベーター」なるものを発見???
なんだこりゃって各数値を入れてみると、エレベーターはエレベーターとして動作しエルロンを動かすとエレベーターがエルロンのように左右個別に動作します。
これはすごいって言うレベルじゃなく、どんな機体に必要な機能なんでしょう?
この機体でこの設定はキリモミしそうだ(笑)
ドリルそのものになりかねない。
この設定は却下。
次に行ったのはVテールの設定法。
これは以前のF-15で使っています。
以前のF-15って、フライングテールのエレボン(水平尾翼の)仕様だったんです。
なんか割り切り感の強い設定です(笑)
Vテール設定を行ってみると、エレベーターとラダーのミキシングが入った時の動作領域確保で各舵の動作量が少な目んなんです。
上に書いたように動翼が小さい事が心配で動作量が少ないとダメかもって思うんです。
結局選んだ設定は、スタンダードなタイプです。
エレベーターのラダー的動作はプログラムミキシングから行いました。
これならエレベーターはエンドポイントまでガッツリ動作させられます。
ノーズギヤは単独でサーボが付いているのでラダーと連動にしています。
ただ、ノーズギヤだけでトリムが取れるように「LD」にチャンネルを割り振ってあります。
真っすぐ走らないとテイクオフで慌てます。
実際にそれが原因でzippoさんのF-15を離陸直後に落としてます。
あの時はごめんなさい。

=飛行インプレッション=

もう飛ばしています。
尾島スカイポートでロールアウトとなりました。
予想通りのEDFの快音です。
目の前を通過するときに機体から発生する風切り音が共鳴してキーンって音とシュルルルルーって音がします。
このシュルルルルーは飛ばしてる私にしか聞こえないのかも。
フルパワーでローパスは快感でした。
エルロンの動作量は多過ぎでコロコロする機体を抑え込みながらのフライト。
旋回時に頭が下がってくる症状に負けないように速度維持と当て舵。
なんでこんなに忙しい?(笑)
絶えて1フライト終わった後にエルロンの動作量を減らして再度飛行開始。
この時、初飛行は2200mAでしたが残りの4Sは1800mAなので少し重心が後ろになります。
それも効いたのか、今度は飛ばし易くなりました。
ダクト機、なかなか楽しいです。
何よりスケール感の高さがローパスの時に伝わります。
やっとまともにダクト機を飛ばす事が出来ました。

Dsc_3452

| | コメント (6)

その他のカテゴリー

14SG(Futaba) | Aigis (sky-modeling) | Air Camper (Hobby king) | AirFlowラダー機 (JR) | Angel S30E | ASW 28(EPO) | DG-1000(FLYFLYHOBBY) | ELF | F-15 Blue camo | F4U コルセア (フェニックスモデル) | Fire works miniS | Flitz | FMS OLYMPUS | GTRCミーティング | Mini DLG(HK製) | mini SAL 1000mm(自作) | mini SAL800(自作) | Musette | MythoS 30E | Mythos 50 | OK模型 サフラン2 | OK模型 パイパーカブ | OK模型 ピメンタ2m | P51 ムスタング (フェニックスモデル) | SALグライダー ソフィア | SBD DAUNTLESS(フェニックスモデル) | snipe | SPITFIRE Mk2(フェニックスモデル) | STAR RIGHT F3A 50 | Stark Pro | STOBEL DLG | Stream NXT | SUN RISE | Voodoo | YF-16 70mmEDF (Freewing) | yokomoGT500 | いろいろな機体製作記事 | たわごと | アトランティス6 | カルマートαスポーツ | サーマル工房 CROSS EPO | サーマル工房 YUGA | テトラ エクストラ300S | デコパネ スタント1号機(自作) | デコパネ スタント2号機(自作) | デコパネ スタント3号機(自作) | デコパネ スタント4号機(自作) | デコパネ スタント5号機(自作)カネゴンSPL | デコパネ プッシャー機(自作) | ピーナッツスケール機 | フォルクスプレーン600(自作) | ブラスター3 | ブラスター3.5 | マイクロSAL(自作) | ムサシノ スバル09号 | ムサシノ ホリディ | ラジコン ヨット | 耐久レース | 自作小型スタント機(ゴールデン) | 電動バギー | 電動ヘリ | 電動ボート | 飛行日誌 | 飛行機ネタいろいろ