ULTRA SPORT 46(Great Planes)

2020/01/02

あけましておめでとうございます。

昨年中は皆々様より大変お世話になりました。

楽しいラジコンが出来るのも一緒に遊んでもらえる人がいての事だと
感謝しております。
どうぞ、今年もよろしくお願いいたします。

正月も元日が過ぎたら私は結構フリーです。
以前は三が日は何かと行事が有りましたが子供も大人になり各自好き放題やっているので
私の出番は無くなりました♡

4日はARFにて新年の飛ばし初めの予定です。
それまで時間が有ります。
やっちゃいたい事として、ULTRA SPORTの修理から。
引き込み脚を壊してしまったのでそれを直さないといけません。
もともと付いていた引き込み脚はGreat Planesのキットに入っていたのもなので
国内では同じものが手に入りません。
ならば似たような物をと方々足を運んで・・・(PCで各WEBショップを転々と)
たどり着いたのがKKホビーのフェニックス機です。
大まかな外形が同じなのが良いのと、今までのシャフトが使えるのです。
これはかなり決め手になりまして、ULTRA SPORTのシャフトの太さは2インチの5.08mmもありかなり堅牢な作りなのです。
出来たらこの脚を使いまわしたいと思うのです。
っで、おあつらい向きなのが↓の

https://www.kkhobby.com/SHOP/PN003.html

シャフトの取付穴に約5mmと書いてあったので5mmより大きいのか小さいのか問合せしちゃいました (笑
だって小さい方だと手持ちのシャフトを入れるのに加工が必要になりますし~。

Dsc_2082
↑ シャフトがピッタリ入りました。
ベースはベニヤ材で強化済み。

Dsc_2080
↑ これでまた飛ばせます。
って今度はいつ飛ばせるのでしょう?
なかなか飛ばせる環境って無いのですよね~。

Dsc_2084
↑ 先日、飛ばし終わって燃料抜こうと思ったらニップルがカウルの中で抜き差しできませんでした。
一度カウルの外に持って来てそこで抜き差し出来るようにする必要が発生です。
それには燃料パイプを中継ぎしないと・・・
出来合いのニップルを買うのも良いのですが、それ程大袈裟な物で無くていいから
パイプを曲げる専用工具が欲しくなります。
パイプは単に曲げると管がつぶれてしまうのでベンダーで曲げなくてはいなりません。
そういう時の為の専用のベンダーが有るのですね~
3~3.2φ用です。

Dsc_2086
↑ つぶれないで180度行ってこいのパイプが作れました。
このベンダーは結構役に立ちそうです。

これでULTRA SPORTの改良は終わり
出来たら飛ばしたい!
でも、尾島に行かないと飛ばせない・・・。
ヒラノさんどうしましょう~

さて次は何をしましょう?
Cubのエルロンサーボ2個化?
それともFlitz 2を作る?

| | コメント (6)

2019/12/07

ULTRA SPORT 46(Great Planes)

 まだまだ、GP熱は収まらない感じ。
多分、GTRCメンバーは誰もがそんな感じかと思います。
暇さえあれば、ネットで面白そうな物を探ってます。
私が良いなぁって思った機体をおせっかいにもヒラノさんに斡旋したら
しっかりお買い上げしてくれました (笑
それが今回、メカ積みしたULTRA SPORT 46です。
購入先はRC DEPO。
私も欲しいなぁって思ったけど1機しか在庫が無かったそうです。

この機体、スケール機じゃないしスタント機でもなさそう。
名前の通り、SPORT機?
何となく、肩ひじ張らずビュンビュン飛ばして楽しんじゃお!的な機体に感じます。
スタイルからしてそんな感じで、主翼はただの矩形型ではなく、テーパー翼です。
そう、katoさんのバレリーナがテーパー翼で格好良かったですがそれに似ています。
 そして、極め付けが引き込み脚。
私の子供の頃のラジコンと言えば引き込み脚が多かったのです。
かのブルーエンゼルも3輪の引き込みでしたね。

Dsc_1774
↑ まずはサーボ選びから。
動翼用はカブで使ったサーボを選びました。
S3073HVを5個。
S-BUSで使おうと思ったけど便利に思えるのは主翼と胴体の接続の時だと思ったので
それ以外は従来型の接続方法で使います。

問題は引き込み脚用のサーボ。
組説ではFUTABAのS3170Gが指定です。
このサーボは引き込み専用で、動作量も180度近く有るし60度以上動いて尚且つ30秒間
信号を受けないと動作が止まっているそうです。
変にエンドポイントでモーターを酷使しないで良いようになっています。
この事が解ってから、引き込み用はこれしかないって思ったのですが
このサーボ、S-BUSが無いんです・・・。
今回、主翼にはエルロン2本と引き込み用1本の計3本のコードが存在することになります。
この3本をヒラノさんに繋がせるのはちょっと酷かと思い、S-BUS1本で済まさせてあげたいのです。

それには引き込みサーボもS-BUSが必要なんです。

Dsc_1777
↑ 候補に上がったのがS3176SV。
標準サイズで高さが低く主翼に収まります。
何より、このサイズでS-BUS装備で一番安いサーボなのです。
引き込みと言っても180度動く必要は無いだろうと安易に考え、このサーボに決定しました。
実際に動作させてみると170度くらいは動いているので、引き込み用に使うのに
何ら問題はなさそうです。

Dsc_1779
↑ ピッタリ収まります。
穴の中にターミナルBOXを取り付けS-BUS接続で受信機へ1本で接続します。

Dsc_1805
↑ 最近、知ったプッシュ式のスイッチです。
今迄、スイッチと言えばプロポに付属のスライド式しか知らなかったのです。
そうしたら、何気に大きな機体達はこの手のスイッチを使っているじゃないですか。
mamuさんのキャバリエ、ポルコさんの飛燕などなど・・・。
確かにエンジン機なんて排気の油で接点をダメにしちゃいそうだし、水上機は
水しぶきで壊してしまいそう。
その為の物なのか解らないけどスイッチを胴体内に仕込んでしまえば壊れる心配がなくなります。
今回は付けてみたかったのでプッシュ式にしたというだけです (笑
スイッチについてmamuさんにいろいろ教えて頂きまして、お世話になりました。
折角教えて頂いたにもかかわらず今回、使ってみたのはDUBROの製品です。

Dsc_1803
↑ エンジンの固定に困りました。
ヒラノさんからエンジンと一緒にマウントも持ち込まれたのですが
OS純正のアルミマウント。
エンジンはヤフオクでマウントはオマケだったようです。
でも、ネジ径に困ります。
3.5mmくらいなんです。
マウントにネジは付いてこなかったのでお手上げ。
ネジだけ通販で買うのもね~。
それにエンジンの取り付け位置が決まってしまうのでカウルとの関係が簡単じゃない。
それならキット付属の樹脂製マウントで好きな位置に載せられた方が融通が利きます。
この機体のネジって全てインチなんです・・・・。
組説には樹脂マウントにタップを立ててネジを入れると書かれていますが
(多分・・・。英語なので確かな事は言えず)
そのタップもインチのタップなんです。
困ったのでM3のタッピングで固定しました。
めちゃくちゃしっかり止まったと思います。

Dsc_1804 
↑ エンジンが固定できたら次はカウルのカット。
カットラインや穴位置を割り出すのが難しく思えます。
ポルコさんから紙を使ってカットする部分をマーキングする方法を教えて貰いました。
でも、この機体はエンジンが45度ほど傾いており素直にマーキングさせてくれません (汗

もう、最後は目検と根性で位置を出して行きます。

Dsc_1806
↑ 位置決めが出来たらいよいよカッティング。
しかし、私は玩具のようなリューターしか持っておらず、FRPのカウルを綺麗にカットする
自信が有りません。
どうせだから、ちゃんとした物買うか?
中国製のアタッチメントてんこ盛りの製品に目を奪われながら、リューターと言えばこれだろうの
プロクソンを選びます。
後々、考えたら安心ですし。

一緒に専用のドリルチャックとFRPがカット出来そうな切断砥石セットを購入しときます。

Dsc_1811
↑ プロクソンすげ~~~!
FRPのカウルなんて全然歯ごたえないっす (笑
削るの楽し過ぎ!
多少、余裕があった方が良いという事で広めに削って、スピンナーの位置も
ドンピシャ!
見た目最高です。

Dsc_1856
↑ エンコーンサーボ。
右端に有るのはプッシュスイッチです。
スライドスイッチをマウントするパーツが一体になってるスイッチなんです。
(暗くて見えないですねw)

Dsc_1857
↑ 受信機が珍しいです。
持ち込まれたのはR2008SB。
FHSSのS-BUSモデル。
ヒラノさん、何に使うつもりだったのでしょう。

Dsc_1859
↑ ここからが面倒な作業です。
ウレタンなんて使った事ありません。
ミニッツのボディは仕上げにウレタンを塗ると聞かされていました。
ミニッツのボディがとっても光沢が出て綺麗に仕上がります。
私はボディペイントは一切やらずにいつもお願いするだけだったので
この辺のノウハウが皆無なのです。
今回はカシオペアのフィルムウレタンセットで凌ごうと思い、全部入りの商品を選んでみました。
しかし、説明文があまりに簡素・・・。
またまた夜な夜なポルコさんに教えを請います。
言われたとおりに塗り始めると、

くっせ~~~~~!

シンナー臭が半端ない。
マイクロSALのラッカー塗装を思い出します。
エンジンマウント周りを濃いめに塗り込み、フィルムの外周を刷毛塗りします。
これで、剥がれにくくなるはず・・・はず・・・はず。

Dsc_1863
↑ ウレタンでテカってます。
ウレタン処理が済んだら、エンジンを載せて完成です。

Dsc_1870
↑ パイロットがいかついです。
いつもの優しい江原さんじゃないんです。
フェニックスのアニメパイロットより数倍かっこいいです。

完成かと思って撮影もしたのに忘れものです。↓

Dsc_1872
↑ デカールを忘れていました。
これを貼るとこまでヒラノさんと約束していたのです。

Great Planesのデカールって既に切り抜かれていてびっくり。
水に中性洗剤を垂らし、貼りたい所へ載せ位置決めは洗剤が滑って微調整します。

もしかしてデカール貼ったら剥がれ防止処理するの?
連日のウレタンかぁ。

Dsc_1876
↑ 主翼と胴体の結合部を隠すパーツを取り付けましたが、これが良い具合に取りくけられます。
こういう部分って意外と酷い形で上手く着かないのにGreat Planese大したものです。

Dsc_1873_20191207220901
Dsc_1874 Dsc_1877 Dsc_1876_20191207220901
↑裏面はシンプルで格好いいです。

| | コメント (16)

その他のカテゴリー

12K (FUTABA) 14SG(Futaba) 16SZ Aigis (sky-modeling) Air Camper (Hobby king) AirFlowラダー機 (JR) alula TREK alula コピーのsimula Angel S30E ARFミーティング ASW 28(EPO) AURI BAMF DG-1000(FLYFLYHOBBY) ELF F-15 Blue camo F4U コルセア (フェニックスモデル) Fire Blade2.5 Fire works miniS Flitz Flitz2 FMS OLYMPUS GTRCミーティング K・S・F・Cオフ会 Mini DLG(HK製) mini SAL 1000mm(自作) mini SAL800(自作) Musette MythoS 30E Mythos 50 New Acuracy OK模型 cRESson OK模型 サフラン2 OK模型 パイパーカブ OK模型 ピメンタ2m P51 ムスタング (フェニックスモデル) SALPetra SALグライダー ソフィア SBD DAUNTLESS(フェニックスモデル) SERA DS SLITE V2 (F3-RES) snipe Snipe 2 SPITFIRE Mk2(フェニックスモデル) STAR RIGHT F3A 50 Stark Pro STOBEL DLG Stream NXT SUN RISE ULTRA SPORT 46(Great Planes) Voodoo YF-16 70mmEDF (Freewing) yokomoGT500 いろいろな機体製作記事 つぶやき アトランティス6 カルマートαスポーツ サーマル工房 CROSS EPO サーマル工房 YUGA シルキーウインド・パンサー テトラ エクストラ300S デコパネ スタント1号機(自作) デコパネ スタント2号機(自作) デコパネ スタント3号機(自作) デコパネ スタント4号機(自作) デコパネ スタント5号機(自作)カネゴンSPL デコパネ プッシャー機(自作) バレリーナ20(テトラ) ピメンタRES仕様 ピーナッツスケール機 フィンピー15 フォルクスプレーン600(自作) ブラスター3 ブラスター3.5 ポンコツ号 アイちゃん マイクロSAL(自作) ムサシノ スバル09号 ムサシノ ホリディ ラジコン ヨット 耐久レース 自作小型スタント機(ゴールデン) 電動バギー 電動ヘリ 電動ボート 飛行日誌 飛行機ネタいろいろ