2016/05/07

ピーナッツ無尾翼機

カネゴンに作ってもらったピーナッツサイズの無尾翼機。
以前何機か自作した機体の小型版。
33cmなんだけど、なかなか言う事を聞きません。(汗)
何が原因かまだ解らないけど満足する飛びにはなっていないのは明らか。
作ってもらってそんな事言うのも申し訳ないけど、事実だからしょうがないです。
それは本人も気にしているところだし・・・
でも、それはそれで良く飛ぶようにして行くのは面白いものです。
カネゴンも同じ考えだと思うから一緒にああだこうだしながら煮詰めて行きたいのです。
既にLINEでウイングレットについての考察を引き合いに話が盛り上がってます。

満足できない飛びの症状とは
失速しやすい、パワーを入れると急に頭が下がる、旋回時の落ち込み。

この対策は何をしたら???
EPPで製作されていて全てが軽量だがフニャフニャです。
とりあえずPPテープで補強してみました。
翼端板は下にも伸びていた物を切り取り無理やり上に貼り付けました。
少し旋回時の落ち込みが減りました。
その代わり変わった形状のウイングレットになっちゃいました。
また元の位置に戻せるようにして一切成形していないのです。
この機体のウイングレットはウイングレットと言うより垂直尾翼の代わりのようです。
ウイングレットが本来の機能を全うする程度の大きさではこの機体には小さ過ぎるようで飛ばしにくくていけません。
やはり無尾翼機には垂直尾翼の役目としての方が大きいようです。
後はモーターを下向きにスラスト付けて見ようかと思います。
それは強度を増した状態で一度飛ばしてから試そうと思います。

Dsc_4009

| | コメント (0)

2012/08/11

デコパネ プッシャー機 (初めての自作機)

 昨日のデコパネスタント機に続き、初めての自作機とその後のプッシャー機。
プッシャー機は部品点数が少なくて製作時間も少なく完成する
かなりお手軽な飛行機だ?

Sdsc_0130
<1号機>

これが初めて作った自作機だが、既に改造しまくられて飛ばない?状態に
なってしまっている。
何故飛ばなくなってしまったかというと、ウイングレットにラダーを付けてしまったから。
何を血迷ったか、こうすれば曲がると思ったのだ。
考えてみたら垂直尾翼とは着いてる場所が違うので平行移動しようとするだけで、
全然曲がろうとはしなかった。
それどころか落ちそうになった。
それでもラダーをつける前はとっても良く飛んでくれて、かなり楽しませてくれた。
これがその後の自作にはまっていく要因になってしまったのだと思う。

Sdsc_0165
<2号機>

1号機がスパン500mm位だったのに対し、2号機は900mmくらいまで大型化
させた。
大きい方が安定すると思ったからだ。
しかし、重心が取れなくて苦労した。
結局、前に50gくらいのオモリを積んでバランスする事に。
しかし、オモリを積んでからはやはりデカイだけの事はあってとっても安定して
飛ばしやすかった。
次はオモリを積まなくても重心が合うデザインを試したくなった。

Sdsc_0188
<2号機と3号機>

手前が3号機。
ガラッと姿を変えて作ってみた。
後退角も大目だし、ウイングレットも大きめで、トーイン設定にしている。
中央部のメカ類を隠す為にデコパネでキャノピーを作った。

Sdsc_0209
<3号機>

ちょっとすっきりした印象となった。
サーボも隠してしまえばもっと良いのだが・・・。

3号機は今までの中で一番良く飛んだ。
翼長800mmで、安定感はあるし、浮きも良かった。
どっしりした飛びっぷりだったのを覚えている。
この機体はいつまで飛ばしていたんだっけ・・・。
去年の8月くらいだったかなぁ?

カラーボードが沢山余っているのでまた同じのを作ってもいい気がする。
お手軽な分作るのも気楽にできそうだ。

この頃、(去年の8月)スマホに変えたばっかりで動画を撮るのが楽しく
頻繁に撮影していた。
ナレーションは、他の方がやっていたのが面白かったので
マネさせていただきました。

何より雲が綺麗です・・・・。

明日は低翼機の1号機をアップする予定。

| | コメント (0)