2012/10/13

久々ゴールデンネタ

Sdsc_2423
明日は楽しみにしているプチオフ会。

最近はグライダーばかりなので
たまにはゴールデンを飛ばしたい。
グライダーとはまた違った楽しさがあるから。
あっ、ペパーミントはグライダーでも背面、ロール、他いろいろ出来たっけ。
もう無いけど(汗)

その、ゴールデンだがいつも飛ばす度表裏が解らなくなる。
そのせいで2回は落としてる。
それを回避するべく、裏が解るようにカラーを変えてみた。
胴体の下も赤くなり引き締まった感じになった。
皆さんよくやる色使いなだけあって
飛行機には良く似合う。

裏面は主翼にこれでもかって感じのラインを入れた。

Sdsc_2421

まだ、間違えるようだったらどうしょう(笑)

それから重心位置も見直した。
フィルムを張ったりしたので後ろが重くなっていないか心配だったから。
そして今回改めて25%にした。
(今まで30%)
やり易い方向に向いてくれると良いが。

| | コメント (0)

2012/09/15

さて、飛行機

この所ラジコンカーにどっぷりだったので飛行機は全然上の空(うわのそら)でした。
(飛行機は上の空・・・・ってその通りだ)
でも、なんとなく一段落した感じなのでまた飛行機です。


どの部分か解らないだろうけど、これYUGAの主翼の連結部分です。
カンザシが入るところなんですが、そのカンザシホルダー?を受け止めている
バルサが壊れていました。
廃材を添え木にしてエポキシ接着剤でがっちり固定しました。
これで、飛行中もガルウイングの形を維持できるはず。

こちらはゴールデンの修理。
前に表と裏が解らなくなり低空でしたが落としてしまいました。
その時、テールがポッキリ。
瞬間接着剤で固定した後、パテを盛って硬化待ち。
明日サンディングしてフィルムを貼ろうと思う。
ペラも6030から5043に変更したので飛ばしやすくなるのではと思っています。
ただ、ちょっと振動が発生している。
飛行機が振動を発生している時ってパワーを食われちゃうみたいで
飛ばしにくいんだよな~。


明日は午前中に仕事が終わるはずだから、マイクロSALを作れるかも。
久しぶりだ~。



| | コメント (0)

2012/06/08

6/8 朝練(近所にて)

今朝は天気がいい。
季節としてもハイシーズンと言えそうだ。

もう直ぐで梅雨になるだろうしそのあとは猛暑。
外遊びには辛くなる。

今日もゴールデンを飛ばしてきた。
特に変えたところも無く
強いて言えばまたペラのGWS6030を試した事くらい。

何でまたGWS6030なのかと言うと取り付け状態に関係がある。
このペラは穴が3mmで使っているアダプターは5mmシャフト。
よって穴を広げないといけない。
本来はストレートリーマーを使うのだろうがどれも大変高価だ。
先日はドリルで「えい!やっ!」的に開けてしまったが
芯がぶれてしまい、使ってみると微振動は免れない状態。
実は5セット入りの袋、全部に同じ加工をしてしまい全て失敗作となっていた。
本当は5043を使いたいが品切なのでお店で買えるのは6030で、また一袋買ってきた。
今回は慎重に作業をした。
先ずはリューターで芯を出しながら穴を広げそれから5mmのキリで仕上げた。
その甲斐あって、今までで一番のバランスが取れた。
小さい飛行機にはGWSのペラは相性が良さそうだ。
軽量でバランスもいい。
ただ、強度は無く、地面と接触するだけで曲がるか折れてしまう。
安いのでその辺は使い捨て感覚でドンドン新品に変えた方が良いのだろう。
加工に手間を掛けるだけで性能が改善されるのなら手間を惜しんではダメだと
改めて実感した。

只今、ゴールデンは調子が良い。

| | コメント (2)

2012/06/05

6/5 朝練(近所にて)

 またまた、朝練。
朝練というか、朝テスト?というのが合っているか?
でも朝テストとは中学の頃にやった嫌な思い出しかないな・・・。

テストが必要なのはもちろんゴールデン。
なにが物足りないかというと、

1)滑空性能

2)スロットルを上げた時の機首下げ

3)モーターの振動(機体の振動)

大まかには以上の3点だ。

1)の滑空性能は、悪くなったことに多少の覚えはある。
スタント機の尾翼の後縁の処理について。
あえて走り過ぎないように、尖らせないようなのだ。
これをそのまま真に受けて、新しく作り直した胴体では尾翼を切り落としたまま
にしてある。
もしかしてこれが予想よりも影響しているのかと思っている。
そう、思うようになったのもYUGAのスポイラーが事の外効果あるからだ。

2)これはダウンスラストで解決すると思っている。
実は既にその対策をしてテストする直前まで行きながら、元に戻してしまい
重心位置のテストに切り替えてしまった。
なのでまだはっきりしていない。

3)これが一番問題であり、今回のテーマだ。
胴体を作り直してから一向に納まらない。
モーターが壊れてしまったのかと思えるくらい振動が機体に響き渡る。
違うモーターを載せてもやはり振動は出るので機体に問題があるのは
解った。
この、問題が解決できないまま数日が経ち原因が解らずにいた。
それにより今回の機体は半分諦めかかけていた。
しかし、胴体のフロント周りを修理する必要が出てしまい、モーターマウントを
外したりしていくうちに側板に張った補強用の1.5mmバルサが半分くらい
接着されていなかった。

ここを接着しモーターを回してみると見事に振動は止まった。
今まで耐えられないくらいの振動と音を発していたので
とっても嬉しく思った。

1)以外の項目については対処済みとしてテスト飛行を行った。
結果はなんと過去最高といえるくらいの調子よさ。
ゴールデンの本来の飛びが戻ってきた。

飛行機にとって振動はかなりいけないことだったのだろうか?
機体の浮きも良くなったように思うし、舵の効きも素直になったように感じる。
久しぶりに気持ち良く飛ばす事が出来た。
これからは振動が出たら何がなんでも直してから飛ばそうと思う。

後残るは尾翼の後縁の処理を尖らせるかどうか。
ゴールデンでテストするのは良い事だと思う。
1機でいろんなテストをした方が違いが解り易くて良いと思う。

| | コメント (0)

2012/06/02

6/2 朝練(近所にて)

今週末は土、日と仕事だ。
明日の怪獣公園へは残念ながら行けない。
カネゴンのSALが主翼を作り直して飛ばすはずだけど見れない。
でも、雨かも?

私はゴールデンを持って仕事前にひとっ飛び。
今日はペラを変えてみた。
この、クラスのモーターってなかなか上手く回せるペラがない。
今のところお気に入りはGWS5045だ。
華奢なペラなので着地などて地面に触れると折れてしまう。
一袋5本入りだが残り2本になっなので補充しにラジコンショップに行くが
同じ物が見当たらない。
2件回っても無かった。
あるのは6030だ。
んー?なんとも微妙なサイズだ。
5045と比べるとダイヤは大きくピッチは小さめ。
試しに使ってみることにした。

今朝、飛ばした感じ。
低速で引っ張るが上は回りきってしまう。
ループをしても力なーい飛び方だ。
回転音は良い音してるのに前に進まない感じだ。
やっぱり5045がいいんだなぁ。

今回、胴体を作り直したゴールデンだが
どうもモーターの取り付け角度がイマイチでダウンスラストが強いようだ。
スロットルを入れていくと機首が下がる。
また、サイドスラストは0で左旋回で高度が下がる気がする。
どうせなので一気に両方とも修正した。
モーターマウントにワッシャーをかませただけだが。

なんか、シャキッとしないゴールデンがこれで良くなるといいのだが。

無事故の時のゴールデンが一番素直で良く飛んだと思う。
上手く修理が出来ないのはちょっとつまらない感じだ。
悪いところを探しながら改善させていこう。

また、テスト飛行しなくては。
明日、起きられるかな~。

※さっきカネゴンからメールが来て、どうやら体調を崩してしまったらしい。
明日のプチオフ会は不参加らしい。
私が行けない時にカネゴンも行けないなんて、なんか気が合うな(笑)

ホント付き合い良いです。

| | コメント (0)

2012/05/31

5/31 朝練(近所にて)

↑見納めになってしまうかもしれないので飛行前に記念撮影。(笑)

復活したばかりのゴールデンを持って近所の飛行場所に行って来た。
本当は出来上がったばかりで墜落させるのがいやなので躊躇していたのだが
やはり飛ばしてナンボの軽ラジコン機なので墜落を恐れていては
意味が無い。
というわけで、近所のグランドでロールアウト。
離陸も無難にこなし、多少左に傾くのでエルロンのトリムで調整した。
その後はもう、いつものゴールデンと何ら変わりの無い飛行特性だった。

懸念されていた重心位置だがさほど影響が無いようで
エレベータートリムを水平より弱下降気味に合わせて背面とのバランスをとる。
(焔さんに教えてもらったニュートラル)
重心が後になると表面、背面の水平度の差が少なくなると認識していたが
その効果はあまり感じられなかった。
ただ、エレベーターの動作量は減った気がする。

5g増しの重量だがなんとなく重くなった気がするのは多分錯覚だろう(笑)
それにはモーターの異音が関係する。
このモーターは自分で巻き直したものだが立て続けに2回の墜落を経験している。
2度とも直接のダメージを受けており2mmのシャフトは曲がってしまったと思われた。
今回の飛行に合わせてシャフトを打ち直してみたが、振動が消えない。
アウターケースが歪んでしまってはシャフトを打ち直しても直りはしない。
他のモーターと比較する必要がありそうだ。

ナイフエッジは右と左で癖が出てしまった。
前はエルロンへのミキシング量は同じで良かったのに今回は右の方が倒れこみが
大きい。
手で合わせればいいのだが手放しで出来るように設定してしまいたい。(笑)

低速での飛行特性はそのままだし、舵の効き具合も同じだった。
ある意味、再現性が高いのは良い事だと思う。
4パック連続で飛行させて、残り2パック。
でも、ここから注意力が散漫になると思われるので本日の飛行は終了とした。
持ち帰ることが出来てほっとした・・・。


↑飛行を終えたゴールデン。

| | コメント (2)

2012/05/30

ゴールデン復活!

ゴールデン復活!
やっと、ゴールデンが復活した。
主翼は前作を流用だから作らなくて良かったけど
主翼があったにもかかわらず作るのに時間がかかった。
胴体とメカ積みは結構な作業量だと解った。

完成したらまずは重さを量らないと。
全備重量 177g
前作より約5g重くなってしまった。
重心合わせに付けていた5gのウエイトを外したのに増えてしまった。
原因はフタバからFrskyの受信機への交換と(多分Frskyの方が重い)
尾翼の厚さ変更と(1.5mm→2.0mm)、フロント周りの強化によるものだと思う。
あとはE-ライトとオラライト(少しオラライトの方が重そう)の違い。
この5gの増加が決して無駄にならない事を信じたい。

今回の改良点に重心位置の改良がある。
今までの重心位置はテキトーに書いたもので前重心になるようにだけ気をつけて
設定しておき、あとからテールにオモリを積んで適正な重心位置にする予定だった。
テールにオモリを積む方が軽量で済むからだ。
そして、テールに5gのオモリをつけ重心位置は23%だった。

オモリをつけずにもう少し重心を後ろに設定するためにメカの搭載位置を変更した。
これにより27.1%となった。
想定外の4.1%増しだ。
30%以下だから問題は無さそうたが
私にとって後ろ寄りの重心は大変危険だ。
後ろよりは苦手だから。

明日、テスト飛行に行こうと思えば行けるが
今日、完成で翌日墜落は嫌だなぁと密かにビビってはいる(笑)

この間は修理して5時間後に大破だったし・・・。

明日の日記に注目だ(笑)

| | コメント (0)

フィルム張り完了(ゴールデン復活版)

フィルム張り完了
手間取りながら何とかフィルム張りまで出来た。
途中睡魔に教われ1時間ほど空白の時間が有ったりと
ロスってしまったが。

今回は胴体の白いフィルムにオラライトを試してみた。
オラライトは軽量級フィルムの中ではスタンダードな製品だ。
サーマル工房でも「主翼はオラライト、胴体はオラカバ使用」と言っているくらい。

このフィルムを知らずして他のフィルムを語るべからずなのだ。
各社のフィルムの性質は使ってみなければ解らない。
あえて、同一銘柄でない製品を使って行こうと思う。

オラライトの使用感について
この所、E-ライトばかり使っていたので裏紙があるのがちょっと面倒。
ただ、剥がすのは簡単で本当に紙なのでホビキンの薄いビニールより楽に剥がせた。
あと、温度域が接着と収縮が同じくらいなので、アイロンの温度設定待ちが無い。
Eライトは接着は130度なのだが収縮は180度と高温設定。
アイロンでこの不たるの作業を行おうとすると温度の設定が面倒だ。
ヒートガンを併用すればその負担は軽減されるけど。

肝心の厚みはどうだろう。
触った感じでしか言えないが、オラライトの方が若干厚いように感じる。
それと色は白だがE-ライトの様に透けてしまう。
軽量タイプはやはり透けるのだろうか?
張り易さはどっちも同じくらいだった。
引っ張ればコーナーも上手く延びる。
丈夫さはオラライトの方が厚く感じるぶん上のようだ。
これは実際に着陸とかさせて接触させないと判断できないかもしれない。

さて、オラライトとE-ライトどっちが良さそうか。
私はE-ライトを選んでしまいそうだ。
値段も安く光沢感も素晴らしい。
作業性は慣れてきたら結構扱い良く感じてきた。
一番のネックは耐久性だと思う。
引っかき傷には弱い。

先日、オラライトを試す前だがもうチャンプでE-ライトのフィルムを全色注文してしまった。
私としては透明オレンジが早く欲しい。
パーソナルカラーとして長年愛用してきたオレンジは何か気持ち「燃える」物が
あるから。

※ホビキンフィルムの裏紙はがし。

カネゴンやふかふかさんも困っていたホビキンの裏紙?(紙じゃないビニールだ)
ピッタリ付いていて剥がしにくい。
3cm位のマスキングテープを2枚用意してフィルムの端の表、裏に貼り付ける。
後は引き離す様に引っ張るだけ。
指でピコピコ弾いていたのが嘘のように剥がすことが出来るはず。
お試しあれ。

| | コメント (2)

2012/05/29

復活に向けて着々と(ゴールデン復活版)

復活に向けて着々と
何事もなく進行しているようなタイトルを付けたが
結構、難航してたりする(笑) 
「胴体だけだから簡単に出来る」なんて思っているのがいけないらしく
作業の前後を間違えてやり直したりと手間取っている。
当初1日で完成させて翌日にはテスト飛行か?なんて思っていたが全然甘かった・・・。
アンダーカウルの作り直しも発生したので明日は何処まで出来るか。

| | コメント (2)

2012/05/28

さぁ、復活に向けて(ゴールデン復活版)

さぁ、復活に向けて
昨日、プチオフ会にYUGAとフォルクスプレーンを持って行ったけどなんか物足りなかった。
やっぱり、ゴールデンがいないと今は楽しくないかも。
カネゴンのSAL機か無かったら私は
かなり退屈してしまったかも知れない。

やっぱり、ゴールデンを復活させよう! 

胴体だけ作れば良いのだから少しは楽だし。

ゴールデンが復活したらSAL機の製作に入ります。
おっと、その前に紹介しないといけない機体があるのだ。

それは後程・・・。

ゴールデンのパーツは切り出した。
多少前作をリファインしてはある。
でも、ほんの少しだ。
少しづつ良くなっていけばいい。
それだけ前作を気に入っていたと言うのもある。
(既に何ヵ所かは改良されてるし)

帰って、続きをやろう。
独り言を言いながら(笑)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

14SG(Futaba) | Aigis (sky-modeling) | Air Camper (Hobby king) | AirFlowラダー機 (JR) | Angel S30E | ASW 28(EPO) | DG-1000(FLYFLYHOBBY) | ELF | F-15 Blue camo | F4U コルセア (フェニックスモデル) | Fire works miniS | Flitz | FMS OLYMPUS | GTRCミーティング | Mini DLG(HK製) | mini SAL 1000mm(自作) | mini SAL800(自作) | Musette | MythoS 30E | Mythos 50 | OK模型 サフラン2 | OK模型 パイパーカブ | OK模型 ピメンタ2m | P51 ムスタング (フェニックスモデル) | SALグライダー ソフィア | SBD DAUNTLESS(フェニックスモデル) | snipe | SPITFIRE Mk2(フェニックスモデル) | STAR RIGHT F3A 50 | Stark Pro | STOBEL DLG | Stream NXT | SUN RISE | Voodoo | YF-16 70mmEDF (Freewing) | yokomoGT500 | いろいろな機体製作記事 | たわごと | アトランティス6 | カルマートαスポーツ | サーマル工房 CROSS EPO | サーマル工房 YUGA | テトラ エクストラ300S | デコパネ スタント1号機(自作) | デコパネ スタント2号機(自作) | デコパネ スタント3号機(自作) | デコパネ スタント4号機(自作) | デコパネ スタント5号機(自作)カネゴンSPL | デコパネ プッシャー機(自作) | ピーナッツスケール機 | フォルクスプレーン600(自作) | ブラスター3 | ブラスター3.5 | マイクロSAL(自作) | ムサシノ スバル09号 | ムサシノ ホリディ | ラジコン ヨット | 耐久レース | 自作小型スタント機(ゴールデン) | 電動バギー | 電動ヘリ | 電動ボート | 飛行日誌 | 飛行機ネタいろいろ