2018/07/21

KST X08N

Dsc_4870

今や世界のハンドランチ標準みたいなKST X08。
大きさ、スピード、トルクで必要性能を満たしているサーボです。

しかし、登場した時からクオリティの問題で評価はいろいろ。
他のサーボがそれ程不良品が無いだけに目立ってしまうのかも?
あっ、MKSも壊れやすい印象ではあったかな・・・

KST X08は使っていても壊れちゃう事がしばしば。
サーボは消耗品だと言うけれど、これは他の物より壊れやすいかも。
ただ、ハンドランチに使う事に問題が有るのかも?
実際、飛行機用として使われる用途の中でもハンドランチは過酷です。

ラダー、エレベーター用はトーションバーで常にテンションが掛かっているし、エルロンのサーボはブレーキで目いっぱい下げて着陸の時地面から衝撃を受けたり。
4個のサーボ全てが危うい状態に晒されている。

そうなると故意に壊してるんじゃないかと云う話も無くはない・・・。

そんなX08にまたまた面倒な話。
サーボホーン固定用のネジ穴が仕様変更?なのか大きくなった。

しかし、付属のネジセットには以前の細い物しか入っておらず固定することが出来ない。
ただ、このサーボはヤフオクで入手したもので出品者もそれを分かって出品しているのかもしれずオークションで買った物に対して正規の製品の仕様を求めてもね・・・

そして、本日私の手元に届いたKST X08N を開封してみるとサーボにはネジが取り付けられた状態でした。
そして、ホーンの詰め袋には以前の細いネジと今回の太い黒ネジが1本ずつ入っています。

結局、これが今のKST X08の正規品なのだろうか?

これでひとまずネジ騒動は終止符を打つことになりそう。

今回、購入したショップはROSA’sさんでした。

http://rosa-hp.sakura.ne.jp/

| | コメント (3)

2018/05/15

CG SCALE

Dsc_4235

まーさんから試作機が届きました。
ヘリの部品じゃないです・・・。

重量と重心が同時に計れるというという優れもの。
それも今迄のシーソーの様にバランスを取って「ここだっ!」ってやる必要が無く
固定された馬に(ヘリのスキッド)載せるだけで良いのです。

2個のロードセルを使い、前後の重量差から重心の位置を計算します。
プログラムはまーさんが設定してくれています。
まーさんこういうの得意だったんですね。
尊敬しちゃいます。

Dsc_4236

↑オープニング画面に「GTRC」の文字が表示されます。
この後自動でリセット入ってすぐに計測出来ます。

Dsc_4241

↑使っているところはこんな感じ。
試作品でパーツむき出なので何か良い筐体に組み込みたいですね。

かなり手軽に重心が測れます。
何よりデジタル表示で読み取れるのは楽です。
3種類持っているバラストもきっちり合わせることが出来ました。

もうしばらく使い込んでみようと思います。

| | コメント (4)

2018/01/01

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

なんとな~く枕詞の様に「明けまして~」って書いちゃいますが、また一つ歳を重ねるわけでめでたいのかどうか微妙な自分です。

もう歳は取りたくないもんな~wobbly
良い年の取り方?
そんなの後から思う事でこれからどうしようなんて日々の事に追われて考えられないです。

そんな事で年明けからぼやくのも暗くなるのでもっと前向きに・・・

今年は○○に挑戦するぞ~!

なんて・・・・・・・・・無いな (笑

いままでそういう計画って立てた事が無いですね。
実行できないから?
いや立てようなんて思った事もない無いわ。
だから何とな~く年月が過ぎて行くのでしょうか・・・

1年の節目には何かをやり遂げたという事実があるといいかもですね。

因みに去年はどうだったでしょう???

思い出そうと思っても????何も覚えて無い (汗

そんなんじゃいけない気がしてとっても焦ります。

気を紛らわすというか目先の事をこなすことで多少充実感を得ようとするのは只の逃げ口上かな・・・
って、分けで現実逃避の依頼品です。

あっ、因みに元日からラジコン触っていたわけじゃなく
12月30日の夜に作業してました。
今日はちゃんと家族と共に過ごしていましたよ (*^.^*)

Dsc_2465_2

↑今月のスピード機祭りに合わせていつもの依頼人にARF(ハンドランチの飛行場)で手渡されました。

この機体はほとんど出来上がっているので受信機を載せるだけのはず。
自分で組んでも良いと思うのですがなかなか手を出さないんですね。
組んで設定するのは自信が無いらしいです。

Dsc_2467_2

↑とっても良く出来たホビキンの機体ですが翼端板は接着が剥がれ外れた状態で梱包されていました。
それも両翼です。

Dsc_2472_2

↑サーボホーンのカバーは別部品です。
大き目にカットされているので翼面の取り付部のくぼみに合わせてカットします。
なんと貼り付け用の両面テープは初めから貼られていました。
そんな細かな配慮がしてあるなんて、ホビキン製も良くなったのかな?

ハンドランチのトップドライブはサーボホーンが下向きでエルロン上面のホーンへ接続します。
この機体はホーンも上面側に付いていました。
薄型のサーボじゃないと翼下面に出っ張っちゃうのでしょう。
もともと脚の無い機体ですから胴体着陸を見据えて機体の下面に突起物を出したくないのだと思います。

Dsc_2468_2

↑アルミ製のスピンナーが標準です。
しかし、胴体との隙間が多いです。
いつもだと格好悪いからピッタリにしがちだけど、今回は発熱が予想されるので冷却口の意味も兼ねてそのままにしておきます。

8×6が3セル用、7×6.5が4セル用。
どちらもバランス取りして回してみましたが、7×6.5がどうも綺麗に回りません。
って言うかあまり効率良くないようです。
このペラ自体がイマイチなのでしょうか?
その辺は飛ばしてから判断しちゃいましょう。

Dsc_2470_2

↑なかなかの出来だと思って組んでいたら、やはりありましたホビキンクオリティ。
エレベーターのピロボールがガタガタです。
速い機体だけにフラッターが起きると嫌なのですが、実際に動翼を手で触ってみると思いのほかガタが無いです。
抜ける事ないのでこのまま飛ばして問題ありなら他の物に交換しましょう。

Dsc_2473

↑受信機がサーボの間に縦に入ります。
なのでコネクター横刺しの受信機でないと収まりません。
受信機はまだ手元に無いので画像には映っていません。

受信機に毎回差し込むのはやり難いので。
エルロン用に短い延長コードを用意しておきました。

Dsc_2469

Dsc_2466

形はこんな感じです。
なかなかレーシーなデザインで私は良いと思います。

尾島の前に一度テスト飛行したいところです。
飛ばす日があるか!

| | コメント (7)

2017/11/15

カッターマット

とうとうネタ切れか?
本当はSERA DSを作る状況なのは分っているけど、どうもやる気が・・・。

「~ロス」みたいなそんな感じでしょうか。

何も失っていないはずだけど、ココロにぽっかり穴が開いた気分。

その穴埋めにyoutubeで邦画を観たり、ドラマを観たり、手っ取り早く楽しめるものに走ってしまいました。

いくらでも時間を奪われてしまうので負のスパイラルになりかねないのです。
自制しないと。


今日、ダイソーでカッターマットを買いました。
SERAを作り出せと自分にハッパかけたわけじゃないけど。

マットは2年に一度くらい交換してます。

飛行機始めた頃、グリーンの品物があったのですがそれ以降水色の子供向けしかなくなりました。

マットの端に「なまえ」と書いた升が有っていかにも小学生が学校で使いますって感じの品物です。

今日買って来たものはグリーンで、「なまえ」の升も無く3㎜と厚手です。
今までの物は1㎜くらい。

その代り200円だって・・・。
ダイソーなのに。

バルサの長いものを切ったりするので、A4サイズを6枚貼り合わせて使ってます。
なので今回は200円が6枚で1200円になってしまった。

もしかしてちゃんとしたマットが買えた?

Dsc_0016

↑右の品物はロータリーカッターって言うそうです。
フィルムをカットする時、曲線も切り出せそうなので買ってみました。
使い心地はどうでしょうね。

Dsc_0020_1

↑6枚貼り合わせた状態。

| | コメント (0)

2017/10/31

ハサミ研ぎ器

Dsc_2056

飛行機作るときって何かとハサミの出番、多くないですか?
それ程拘りがあるわけじゃ有りませんが、切れないのは作業になりません。

10年前くらいに刃のカーブしたものを見つけ、両面テープを切るのに重宝しました。
セラミック処理したハサミより切れ味が持続し愛用しています。

このハサミだとフィルムもマイクログラスもシャキシャキ切れます。

調子に乗っていろんな物切るものだからだんだんと刃が痛んできます。
代わりのハサミを買いに行ったところ、以前は珍しかったカーブした刃のハサミが当たり前のように陳列しています。
それも当時の1/3ほどの値段です。
210円で一つ購入しました。

その横に小さなハサミが並んでいてとても使い勝手の良さっそうに見えます。
でも700円近くして、購入を決めているハサミの3倍です。

ん~~~って、悩んでいるとその横にハサミ研ぎ器なるものを発見。
家には使い物にならなくなったハサミが何個かあります。
その研ぎ器が400円。
何とも良いところを突いてくるじゃないですか (笑

研ぎ器でダメなハサミが使えるようになるなら400円はメッチャ安い!

ハサミ1個と研ぎ器を購入して帰宅です。

さぁ、試してみましょう。

パッケージの画の様にハサミを差し込んで前後に動かすだけ。
これで研げてる?
真ん中にはセラミック棒が仕込まれています。

先日、Aigisのフィルム貼りで使った残骸が有るのでそれを切ってみます。
切れの悪いハサミはフィルムは大の苦手。

刃を入れて行くとサク、サクっと切れ込めます。
新品の時と同じ切れ味です。

それじゃこっちは?
100均で買ったハサミ達。
100均のハサミは正直どれも初めから切れ味は良く有りませんでした。

しかし、この研ぎ器を通したらあの切れ難いフィルムがサクサク切れるじゃないですか。

この研ぎ器、素晴らしいです。
この商品の発売元は京セラです。
流石セラミックの大手!

私は、以前京セラのケータイで良い思いしていないので、印象悪かったのですが、この研ぎ器で一気に逆転! (笑

そうそう、復活しないハサミもありました。
TAMIYAの曲線ハサミ。
刃が湾曲しており上手くセラミックに擦れません。
擦れても角度が合わないのか切れるようにならないのです。
まぁ、なかには例外もあるってことで・・・

後から思った事。
こんなに良く切れるようになるならハサミ買わなかったのにな・・・

たった210円のハサミを買ったくらい良いじゃんって我ながら思います・・・ (汗
でも工具入れが溢れてしまうのです。

| | コメント (2)

2017/10/12

プロポのストラップ

ハンドランチ用に付けているストラップの金具が壊れました。
先日、ARFでランチするとき思いっきりプロポを振り回していたら

ブチッ!

っとアルミ製の金具が切れました。

Dsc_1862

↑こんな感じに切れました。
今の私にはこのストラップが必要不可欠で、これが無いとプロポを放り投げてしまう事間違え有りません。

ストラップの製作者はナカオさんで、今回もナカオさんに作っていただきました。

Dsc_1877

↑新しい金具とストラップです。
ストラップも汚れていたので新調しました。
今度はダークグレー・・・、画像だと同じ色にみえますね。

これでまた思いっきり振り回せます。

| | コメント (0)

2017/10/11

プロポケース

何年も使い続けたプロポケースに見切りを付けました。

今までFUTABAのソフトケースをリュックに入れて持ち歩いていましたが、これだとスティックをぐいぐい押してしまうのです。
以前からそれが気になってご飯ものどを通らないほど・・・(嘘です)

スティックを押していることへの心配は本当で、肝心金目なところを壊しちゃうんじゃないかと心配していたのです。

っで、ちゃんとしたハードケースを買おうと思いましたが根がケチなので、専用品の高級品はどうも・・・

だから安価なソフトケースだったんですけど (笑)

Dsc_1865

↑左がホームセンターで良く売られている安物ケース。
真ん中の仕切りで挟むようにプロポを入れると軽く固定されてスティックのクリアランスもあるし最高です。
両サイドには手回り品や工具、バッテリーを入れてみようと思います。

お値段3500円くらいでした。

右が今まで使用していたFUTABAのケースとリュック。
リュックはフライト場所が駐車場から離れている時は重宝するのですが
最近そういう所行かないからそれほど必要なくなりました。

| | コメント (0)

2017/09/06

ワイヤーストリッパー

Dsc_1201

偶然ネット徘徊中に見つけました。
いつか手に入れたいと思っていたらラジコン店で見かけました。
すぐに手に取りお買い上げです (笑

サーボコードの皮むきに特化した製品で、なんと3本まとめて剥けます。
同じ長さに剥けるのでコネクターにピンを差し込んだ後、コードの長さ違いで変にダブついたりしません。
Dsc_1202_2

↑剥きたい長さにつまんで
Dsc_1204_4

↑握ると剥けます。

Dsc_1206

↑3本まとめて剥けてます。
1本1本割くときは、縦にカッターで切れ目を入れるとやり易いです。

コード沢山作る人にはよろしいかと思います。

| | コメント (2)

2017/06/18

GTRC のTシャツ

以前からインクジェットのアイロン用シールでTシャツを作ろうと思っていました。
そんな話をちょろっとしたらkatoさんから

「早くしないと夏が終わっちゃう」と言われ
重い腰を上げることになったのです。

勢いでデザインは任せてもらっちゃっていい?
なんて言ったら皆さん
どーぞどーぞ!的なノリで、なんか失敗しちゃったかな? なんて思いました。 (笑

自分の物なら自己満足で良いけど複数の人が良いと思えるようなものを決めるのは大変な作業です。

それも有るものから選ぶならいいけど自分で作らないといけないのは尚大変。

CADで作ろうと思ったけどイマイチ上手くいかず、イラレは使えないし・・・
HPで使っていた簡単なアプリでデザインしました。
影付けたり手間かかった~。

次にTシャツのカラーを選ぶのですがこれがまた難儀です。

一緒に飛ばしている人たちの顔を思い浮かべならそれぞれに似合うカラーを想像してみます。
そこそこ年配の方もいるし若い人は一人もいないので渋めの色が無難に感じます。
あまり派手だとラジコン以外着れないのも勿体ない。
ファミレスや、地元の買い物位は着て歩きたいし。
Dsc_0322
Dsc_0320

上はネイビーと言うのですが紺色ですね (笑
下はグレーです。
どちらも綿じゃなくスポーツウエアでポリエステルのサラッとした生地です。
夏は着心地良いです。

尾島に行くとき着ていこっと。

| | コメント (5)

XT30

Dsc_0317_3

ヒラノさんのYUGAに使ってみました。

XT60ばかり手にしていたので妙に小さいです。
これでディーンズ2Pと同じ電流容量なら軽量化はもちろん大きさも小さくてよろしいと思います。

真ん中に移っているのがXT60.。
XT30の小さが良く解ります。

| | コメント (4)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

14SG(Futaba) | Aigis (sky-modeling) | Air Camper (Hobby king) | AirFlowラダー機 (JR) | alula TREK | alula コピーのsimula | Angel S30E | ARFミーティング | ASW 28(EPO) | DG-1000(FLYFLYHOBBY) | ELF | F-15 Blue camo | F4U コルセア (フェニックスモデル) | Fire works miniS | Flitz | Flitz2 | FMS OLYMPUS | GTRCミーティング | K・S・F・Cオフ会 | Mini DLG(HK製) | mini SAL 1000mm(自作) | mini SAL800(自作) | Musette | MythoS 30E | Mythos 50 | OK模型 サフラン2 | OK模型 パイパーカブ | OK模型 ピメンタ2m | P51 ムスタング (フェニックスモデル) | SALPetra | SALグライダー ソフィア | SBD DAUNTLESS(フェニックスモデル) | SERA DS | snipe | Snipe 2 | SPITFIRE Mk2(フェニックスモデル) | STAR RIGHT F3A 50 | Stark Pro | STOBEL DLG | Stream NXT | SUN RISE | Voodoo | YF-16 70mmEDF (Freewing) | yokomoGT500 | いろいろな機体製作記事 | たわごと | アトランティス6 | カルマートαスポーツ | サーマル工房 CROSS EPO | サーマル工房 YUGA | シルキーウインド・パンサー | テトラ エクストラ300S | デコパネ スタント1号機(自作) | デコパネ スタント2号機(自作) | デコパネ スタント3号機(自作) | デコパネ スタント4号機(自作) | デコパネ スタント5号機(自作)カネゴンSPL | デコパネ プッシャー機(自作) | ピーナッツスケール機 | フィンピー15 | フォルクスプレーン600(自作) | ブラスター3 | ブラスター3.5 | マイクロSAL(自作) | ムサシノ スバル09号 | ムサシノ ホリディ | ラジコン ヨット | 耐久レース | 自作小型スタント機(ゴールデン) | 電動バギー | 電動ヘリ | 電動ボート | 飛行日誌 | 飛行機ネタいろいろ