飛行機ネタいろいろ

2020/06/04

ピメンタRES機のカッティング

 先日のミツバチ早帰りの理由はポルコ工房に寄るためでした。
そこで、兼ねてから描いていたピメンタRES機の図面からレーザーカットしてもらうのです。
私のCAD図からレーザー用のソフトを介してカッティングしてもらいます。

CADではハナから手で切るつもりだったので切りやすいようにアレンジしていました。
でも、レーザーで切ってもらえるなら多少無理しても(攻めても)ジグソーパズルの様に切れるから問題ない。
そう思ったら、大急ぎで図面の修正です。
翌日はミツバチに行かないといけないのに。

Biyoku
↑ 修正したのがこれです。
リブを嵌め込めるようにしました。
これならリブの間隔が合うし、接着面も多くなるので強度も上がります。
ダメならまた作るって言うのが自作の良い所です。

Dsc_3736
↑ こんな感じで切ってもらってます。
mamuさん、手で切らなくてごめんね~!

Dsc_3737
↑ 2mmバルサなんてチョチョイのチョイでした。

Dsc_3738
↑ 一番やりたくなかった1.5mmの側板補強板。
楽させて頂きました (笑

Dsc_3741
↑ まるでキットみたいだ。

Dsc_3742_20200604211701
↑ 切り出して貰ったバルサシートとベニヤ。

かなり良い感じには出来ました。
想像以上です。
ポルコさんありがとう~!

| | コメント (2)

2020/05/26

クランプ?クリップ?洗濯ハサミ?

Dsc_3546

ラジコン工作に欠かせないのがこれです。
ちょっとした接着に使います。
同じ様な物を飛行機始めた頃ダイソーで買った覚えが有りますが今は扱っていないのですね。
いつの間にか手持ちが少なくなり (どこ行ったんだろう)先端が無くなったりで使える物が減ってきました。
そろそろ補充(バッテリーにつづき)しないとっと思いまたまたAmazonで物色。
20個で999円。
安いかどうか解らないけど表示されている中では一番安いのでこれに決定です。
100均の物よりバネが強い。
強すぎるくらいですがしっかり挟めるという事でいいかな。
バルサ直は凹むのであて木してから使わないと。

 

| | コメント (2)

2020/05/23

バッテリーの補充

・マイクロSAL用1セルLipo
使えているとそのままにしてしまうのがバッテリーですね。
そこそこ使い込んだら交換した方が良いのは分っているのですけど・・・
先日、シリコンコードの中で芯線が切れてしまった事も有り全種類全数が心配になってきました。

Dsc_3022_20200523090501
↑  マイクロSAL用のコネクターに1.25ピッチを使っているのですがなかなか品物が無く困っていたらAmazonで発見しました。
それも大量に入って格安!
これで暫くコネクターに困る事は無さそう。

Dsc_3511
↑  1S70mAを基本使っていますがこちらも在庫が無くなってきました。
丁度ヒラノさんが見つけてくれて購入するというので便乗します。
しかし、少しサイズが大きい気が・・・。
ポッドに入るかなぁ?
コネクターを付けて準備万端。
いつもの様に4人分です (汗

・RES用 2セルLipo
ハンドランチは1セル専門ですが何故かRES機は2セルです。
今更自分でも不思議に感じていたところ思い出しました。
cRESsonの受信機にFutabaを使った事が原因です。
Futabaは1セルをサポートしていないので2セルにしたのでした。
しかし、その後皆へ作った機体はR4FA-Sなので1セルOKです。
でも2セル仕様にしちゃいました。
もう、2セルで重心合わせたので2セルで行きましょうね。

Dsc_3545
↑ 新調したバッテリーですが同じ銘柄の物を同じショップで買ったとは思えないほど大きさが違います。
大きさが違うという事は重量も違います。
重量は重心に影響するので同じであって欲しい所です。
その為に同じ銘柄を購入しているのにな・・・。

このバッテリーは相変わらずグライダー使いではコードが長いです。
出力用コードもさることながらバランスコードも長い。
何かと狭いグライダーのメカ室では持て余します。
それにバッテリーの保護パーツも少し間引きさせてもらいます。
外形が大きくて入らないんですよ。
これに関しては自己責任です。

Dsc_3546_20200523091401
↑ 左が今迄使っていた2セルバッテリー、右が今回新調分。
1セルの厚みからして違います。
同じ容量でサイズが違うって内部構造が変わったのかな?

ダイエットしても旧タイプの1g増がやっとでした。
これ以外に300mAの1セルも新規購入しています。
全て一新できたので暫くは安心ですね。

| | コメント (0)

2020/05/22

高出力の充電器

  充電器ネタが続きます。
今まで使っていたハイペリオンの充電器を壊してしまいました。
3セルを直列で6セル充電なんて変な事したのがいけませんでした。
バランスボードに挿し間違えて4セル目だけいつも充電がおかしいのです。

よって、バランスが取れずいつになっても充電が終わらない始末。

飛ばしても力無くフライトタイム短めって感じです。
最初は原因が分からなかったのですが段々と充電器を壊してしまった事が解りました。

これは充電器を買い直さないとこれから一生懸命やろうとしていたスポマン の練習に支障をきたします。
信頼性を重んじれば最新のハイペリオンのDUOでも良かったのですが
ハイペリオンの充電器ってデザイン変わらないんですよね  (汗
もう10年も同じパネルを見て来たので時代の進歩を知りたくて怪しい道へ踏み入れてしまいました。
聞いた事もないHOTAというメーカーの充電器。
出力が大きく2本同時充電できる事、バッテリー容量を%表示する事が条件で探していたらそれを満たしたものが
HOTA D6+ Smart Charger でした。
日本では扱っているところが無く海外から購入です。
海外って中国しか無いんじゃないかってくらい出品元は中国ですね。

Dsc_3157_20200521084101
↑ 日本語対応です。
なんだかんだ言って日本表示が直感的ですね。
私は好きです。
Dsc_3150
↑  充電待機状態
上がCH1、下がCH2。
カラー液晶が綺麗です。
このディスプレイとグラフィックが気に入って買ったようなものです (笑

Dsc_3151
↑ CHセレクトで充電電流と出力が扇方のメーターで表示されます。

Dsc_3138
↑ 充電中は黄色の背景。CH2は待機中なのでブルーのまま。

Dsc_3139
↑  CH1の充電中。
下には各セルの電圧が表示。

Dsc_3141
↑  同時充電中。
とても見やすいです。

Dsc_3143
↑  ストレージモードは背景がパープル。
これも良い色です(機能とは関係ないけど)

Dsc_3144
↑  バランス充電はグリーンです。
この色も良いです。

Dsc_3142
↑ ディスチャージ・・・
なんでこんなピンクなんでしょう?
ステキです (笑

Dsc_3158_20200521084101
↑  購入するまで知らない事が有りました。
ナント Bluetoothでスマホと繋がるんです。
それでSmart Chargerって言うのかな?
外箱のQRコードを読み取ってアプリをダウンロードして怪しい雰囲気のアプリが立ち上がります。
何で外箱にQRコード何でしょう?って考えてみたら
外でダウンロードしたくなった時外箱持っていればQRコードが使えるから?

スマホで動作もちゃんとするのでまたびっくり。
放電特性が保存できたりするのでしょうか?
それは昔だったら夢のような機能ですよ。

こんな感じで今の所はハイペリオンの後釜としてドッシリ居座っています。
操作性は悪くないし操作感も良いです。
ボタンは物理キーを使用するのではなくタッチセンサーなんですね。
反応も良く節度のある動作感が気持ち良いです。

このままトラブルなく使えると良いなぁ (笑

Dsc_3155_20200521084101
↑ 明らかに、電子デバイスチームとデザインチームは違うだろうと思える外形の酷さ  (汗
もう少しカッコ良くても良いのに。
バッテリーの接続が左サイドで使いにくいです。
XT60が埋め込まれていますがバッテリーのコードが短いと尚使いにくい。
バランスボードも付属しないのでそのまま充電器に挿し込みます。

Dsc_3153
↑ この充電器の利点がもう一つ有りました。
AC/DC共用なんです。
別電源を用意しなくてもハイパワーな充電が出来るのは有難い。
DC用のコネクターはXT60で、ここにバッテリーを接続して飛行機用のバッテリーを放電した場合こちらにリサイクルする設定が有ります。
それって面白いですよね。
USBは普通にタイプAの出力です。
何かしら使えますね スマホの充電かな? (笑
マイクロUSBはファームアップ用です。

Dsc_3156_20200521084101  
↑  右サイドは大型なファンが2個付いています。
しかし、まだ一つしか動いているのを見たことが有りません。
ガンガンに放電したら回るかな?

Dsc_2821_20200521084101
↑  インレット型のACコードが付属してきて、やった~!って思ったらプラグが・・・。
日本にはこんなの差さりませんね (汗

Dsc_2823_20200521084001
↑  前記事で紹介した小型充電器。
それでも機能は豊富で大きな充電器は必要ないくらいです。

Dsc_2824
↑  この柄を見せたかったのです。
実はこの充電器は間違って送られてきたものです。
本当は一つランクの低い充電器を注文していたのですが届いたのはこれでした。
間違えたというより品物が無くて強引に上位機種なら文句ないだろうって送って来た感じです。
私も事を荒立てることなく先方の思惑通りそのまま使わせてもらう事にしました (笑

Dsc_2817_20200521084101
↑ 遥か遠くの国から送られてくるにはあまりにも軽装な装備です。
緩衝材らしきものは無く、ビニールの袋に2重にして入って来ただけ。
そう言えば、まーさんがヘリのキャノピー割れて届いたって言うのはこういう事なんですね。
こりゃ、輸送中に割れますわ (汗

Dsc_3149
↑  充電設備強化の一環で鉛バッテリーを一つ買ってみました。
密閉型です。
今、5S 5000mAを4本持っていてこのバッテリーで2.5本充電できるので???
2.5本ってなんだよ!
半端です。
足りない時は予備のLipoから充電して7本飛ばせます。
それだけあれば1日のフライト数としては充分かな。

あ ぁ、mamuさんには負けるわ・・・。

| | コメント (2)

2020/05/21

2セル用 充電器

 フィールドで充電するのはどうも面倒なのです。
屋外の雰囲気で小さなスイッチ、ダイヤルに触れるのはどうも苦手。
飛行機始めた頃からE-SKYの付属充電器を使っていましたが
これは親電源に2セルを繋、充電するバッテリーを繋ぐだけと実にシンプルな物でした。
しかし、その充電器も壊れてしまいそれに代わるものを手に入れました。

Dsc_2823
↑ 今時の充電器は、放電すると親電源に充電できるなんて機能も備えています。
何故これにしたかというと最近エンジン機も飛ばすようになりバッテリーにLifeを使っているのです。
そうなるとそこそこちゃんとした充電器でないと充電が出来ません。
しかし、実際はエンジン機で使うよりグライダーやヨットで使うケースの方が多いのです。
この充電器で頻繁に充電を繰り返すのですが満充電で放っておくとずっとアラームが鳴っているのです。
充電器から離れてしまって止められないと周りの人に迷惑だし、気が気じゃないのです。
私の用途ではもっとシンプルな充電器で充分なんです。

Dsc_0000_burst20200516123309647

 
↑ そして見つけたのがGFORCEの2セル専用充電器。
電源はモバイルバッテリーとUSBで接続。
なんて今時何でしょう? (笑
ハンドランチの1セル用充電器は以前よりモバイルバッテリーを親電源にしていたので同じ電源が使えるのは有難い。
2種類の親バッテリーを用意しなくていいのは前日の準備が減ります。
この充電器の使い方は何の操作もいりません。

Dsc_3632
↑ 繋ぐだけで充電スタート。
REDで充電中、Greenで充電完了。
全くシンプルで屋外の慌ただしい時に充電するのに手軽です。
そして、外形もかなり小さく持ち運びに一切気を使いません。
充電している画像のバッテリーは2セルの250mAの小さなバッテリーです。
比較すると同じ位なのでその小ささが解りますね。

先日、既にフィールドで使ってみました。
飛ばしたり人と会話する傍ら苦も無く充電を行うことが出来ました。
そのうちヨットでも使ってみようと思います。

屋外ではシンプルな方が使い勝手が良いです。

 

| | コメント (2)

2020/05/12

RES機のサーボ

 先日、スペックが気に入り購入したサーボ。
BLUE ARROW D0474HTですが、まぁ無難に動作しています。
ただ、スペックが反映されているかというと細かなところはお値段相当ってところです。
Facebookで見かけたサーボの良し悪しの比較法を参考にこのサーボもテストしてみました。
なんと、ニュートラルに戻る時、にじり寄ります。
しっかりダメサーボの動きをするじゃないですか。
そして、トリムの反応もイマイチ。
パターンを行うにはそれでは使えないようです。
家に有ったFutabaのS30734という各安の標準サーボをテストしてみます。
こちらは格安と言えどメーカー品だし標準サイズなのでいろんな意味で有利です。
そして、テスト結果は・・・。
2科目とも合格です。
私のアキュラシーにはFutabaの高いサーボが付いているので平気かな?って勝手に良い方に考えています。
まぁ、それは置いといて。
cRESsonに使っているTS1002はニュートラル特性はOKです。
ただ、無負荷での話。
通電していてもホーンを触れば簡単にガタつかせることが出来ます。
トリムの動きにもちょっと反応が悪かったです。
ここでトリムの反応と言うのが気になります。
トリム1コマずつに反応するとか、ロールアウトでトリム何コマでニュートラルが出たって文字を目にすることがあります。
Futaba 14SGのトリムのデフォルトは1ステップが「4」になっています。
皆さんこの4を基準にしているのでしょうか?
またプロポメーカーによって違うと思えるし。
14SGの場合ここは0~200まで変えることが出来るので文字にするなら1ステップ動作量4と表示しないと
データの共有が出来ません。
なので、何処までサーボの分解能が発揮されているかを表すならこの動作量で表記すると他のサーボとの比較が出来ると思うのです。
今迄、私はこの動作量は弄った事が無く、常にデフォルトでした。
クルマをやっていた時はデフォルトの半分くらいにしていたのですが、クルマのサーボは高性能な物を使っていたので充分追従していたのだと思います。
飛行機ではそれ程良いサーボを使っていなかったせいもあり無頓着だったと言えます。
しかし、飛行機もだんだんとやり込んでくると細かなところまで目が利くようになります (笑
良い物を使ってしまうとどうしてもそれが基準になってしまうのです。
S30734は1ステップ動作量2できっちり動作をします。
D0474HTは1ステップ動作量7でやっとです。
TS1002が1ステップ動作量6です。
マイクロサーボで一番優等生だったのがKST X08でした。
ニュートラルへの帰還も瞬時だし、保持力も高くサーボギヤのバックラッシュも皆無です。
1ステップの動作量も4は確保されています。
結局、このクラスのサーボが全ての条件を満たしているのだと改めて痛感致しました。
今回気付いたこととして使うサーボの分解能に合わせて1ステップ動作量を設定する必要が有るという事。
飛ばしながらトリム1コマ動かして変わらないトリムなんて意味が無いです。
手持ちの機体にいろんなサーボが入っているので気付いたら合わせてみようと思います。

ハンドランチは全ての機体にX08を載せていますから問題ないです。
今やハンドランチの標準サーボみたいなものですね。
問題はこれから増えていくであろうRES機のサーボです。

ラダー機にどこまでのスペックが必要なのか今の所計り知れないでいます。

私の求めているスペックは10g以下で長さ20mm幅8mmくらいのハイボルテージタイプです。あと2000円以下?(笑

cRESsonはTS1002で問題なく飛んでいると思われますがX08の方が明らかに保持力は高いので操縦に影響は有ると思うのです。
もしかしたら今までにない気持ちの良いフライトが出来たりして?
なんて事も頭をよぎるのでした・・・。

| | コメント (3)

2020/05/10

電子はかり

F3-RESで遊んでいるとシリコンゴムの引きの強さに驚かされます。
私なんて力が無いため発射地点まで引いて来るのが大変です。
2本同時に引っ張って来るなんてそれはもうスポーツジムかと思えるくらい辛い。
ハンドランチより確実に体を動かしている気がします。
40mの策を使った場合、往復で150mくらい歩きます。
これを何度もやりますから良い運動です。
ゴムは15mの物を3倍の長さまで引っ張って4㎏と定められています。
とりあえずゴムは規格品を買っているので4㎏まで引っ張って45m以内だと信用しておきます。
じゃ、4㎏ってどれくらい?って事です。
適当に引っ張って大体の強さで飛ばしてると感覚が解らなくなります。
気持ち良く打ち上げていたら本当は4㎏越えていてもっと緩くと引かないといけないとか有りそうです。
普段からその辺の感覚を身に付けていたくてちゃんと4㎏地点が解るように「はかり」を購入しました。

Amazonで購入。
下記の名称で品物が見れます。

SHANJE荷物 旅行 電子はかり 携帯式デジタル スケール 最大50kgまで量れる 風袋引き機能 LEDディスプレイ LCC用 ラゲッジチェッカー 小型軽量 ステンレス仕上げ トラベル/ホームに最適(シルバー)

Dsc_3487 Dsc_3486_20200510133801
↑ 本来は旅行カバンやスーツケースを量る物らしいです。
でも、丁度フックも付いているしグリップもしやすい。
策を引っ張って来て引っかけるには好都合です。
使い方も簡単で電源入れるだけで0㎏から始められます。
そして値段も素晴らしい。
仲間内で誰か一人が持っていれば十分だと思います。

使い慣れたフィールドなら一度測定してしまえば大体の場所がわあかるので毎回測定する必要は有りませんね。
初めての場所や策を張り替えた時など重宝してます。


| | コメント (3)

2019/11/02

NEW アイテム

Dsc_1538
↑  以前から必要性を感じていたインシデンスメータ―を手に入れました。
水準器が付いているものではなく、スマホをセットして使うタイプです。
スマホにはあらかじめGoogle playから好きなアプリをダウンロードしておく必要があります。
ただ、これを使う前に機体の水平を出すことになっていますがその基準が難しいです。
主翼とスタビの関係は簡単に測定できるのは確かです。
でも、機体の水平基準も知りたいです。

モーター、エンジンのダウンスラストの0度が分かるとスタートが解りやすいです。

機体の水平を図面などから割り出せば出来なくないですがARFの機体には図面など付いていないので迷宮に入りそうです。

まだ使っていないのでインプレは後日・・・(あるのか?)

Dsc_1544
↑  もう一つがサーボテスター~
これも、前から欲しかったアイテムです。
サーボの動作確認とニュートラル位置を確認できるのは機体を組むのに重宝します。
早速使ってみたら良いじゃないですか! (笑
400円なんてコストパフォーマンス高いな~。

| | コメント (0)

2019/07/03

マイクロ用バルサ比重表

 もう7年も前になるけどマイクロSALを始めた頃に作った比重表を更新します。
そうそう軽い物は手に入らないのでもう少し比重の幅を広げました。
あとバルサの厚みも6mm~10mmとしました。

未だにホームセンターに行くとバルサ売り場で重さ気にしちゃうんですよね (笑

Hijuu

ダウンロード - hijuu2.xls

 

| | コメント (0)

2019/05/14

マイクロSALのポッド

尾島でノーズコーンがランチの時すっ飛んで行き行方不明になりました。
早速作ろうと思っていたらNKOさんから製作依頼です。
丁度いいタイミグなのでまとめて作りました。
手慣れた作業なので直ぐに出来ちゃいますね。

Dsc_0196

↑ 直ぐに出来ちゃうためにはある程度の準備も必要です。
ポッドの型から作っていたら1時間くらいかかるので作り置きしたものを使います。
後はやる気だけでしょうか (笑

Dsc_0193

↑ 型から3ピースで抜き取ります。
先端、ノーズコーン、ボディ本体。
 Dsc_0194

↑各パーツの両端をハサミで整えたらス―パーⅩでノーズコーンに先端を接着します。
このままでも良いのですが色が無いと飛んでいる時ディテールがボケるのでカラーリングします。

Dsc_0195

↑TAMIYAのアクリル系スプレー「スモーク」で塗装しました。
少し濃くし過ぎましたね・・・ (汗

透けている塗料の方が雰囲気があって私は好きです。

| | コメント (6)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

12K (FUTABA) 14SG(Futaba) 16SZ Aigis (sky-modeling) Air Camper (Hobby king) AirFlowラダー機 (JR) alula TREK alula コピーのsimula Angel S30E ARFミーティング ASW 28(EPO) AURI BAMF DG-1000(FLYFLYHOBBY) ELF F-15 Blue camo F4U コルセア (フェニックスモデル) Fire Blade2.5 Fire works miniS Flitz Flitz2 FMS OLYMPUS GTRCミーティング K・S・F・Cオフ会 Mini DLG(HK製) mini SAL 1000mm(自作) mini SAL800(自作) Musette MythoS 30E Mythos 50 New Acuracy OK模型 cRESson OK模型 サフラン2 OK模型 パイパーカブ OK模型 ピメンタ2m P51 ムスタング (フェニックスモデル) SALPetra SALグライダー ソフィア SBD DAUNTLESS(フェニックスモデル) SERA DS SLITE V2 (F3-RES) snipe Snipe 2 SPITFIRE Mk2(フェニックスモデル) STAR RIGHT F3A 50 Stark Pro STOBEL DLG Stream NXT SUN RISE ULTRA SPORT 46(Great Planes) Voodoo YF-16 70mmEDF (Freewing) yokomoGT500 いろいろな機体製作記事 つぶやき アトランティス6 カルマートαスポーツ サーマル工房 CROSS EPO サーマル工房 YUGA シルキーウインド・パンサー テトラ エクストラ300S デコパネ スタント1号機(自作) デコパネ スタント2号機(自作) デコパネ スタント3号機(自作) デコパネ スタント4号機(自作) デコパネ スタント5号機(自作)カネゴンSPL デコパネ プッシャー機(自作) バレリーナ20(テトラ) ピメンタRES仕様 ピーナッツスケール機 フィンピー15 フォルクスプレーン600(自作) ブラスター3 ブラスター3.5 ポンコツ号 アイちゃん マイクロSAL(自作) ムサシノ スバル09号 ムサシノ ホリディ ラジコン ヨット 耐久レース 自作小型スタント機(ゴールデン) 電動バギー 電動ヘリ 電動ボート 飛行日誌 飛行機ネタいろいろ