2017/06/18

GTRC のTシャツ

以前からインクジェットのアイロン用シールでTシャツを作ろうと思っていました。
そんな話をちょろっとしたらkatoさんから

「早くしないと夏が終わっちゃう」と言われ
重い腰を上げることになったのです。

勢いでデザインは任せてもらっちゃっていい?
なんて言ったら皆さん
どーぞどーぞ!的なノリで、なんか失敗しちゃったかな? なんて思いました。 (笑

自分の物なら自己満足で良いけど複数の人が良いと思えるようなものを決めるのは大変な作業です。

それも有るものから選ぶならいいけど自分で作らないといけないのは尚大変。

CADで作ろうと思ったけどイマイチ上手くいかず、イラレは使えないし・・・
HPで使っていた簡単なアプリでデザインしました。
影付けたり手間かかった~。

次にTシャツのカラーを選ぶのですがこれがまた難儀です。

一緒に飛ばしている人たちの顔を思い浮かべならそれぞれに似合うカラーを想像してみます。
そこそこ年配の方もいるし若い人は一人もいないので渋めの色が無難に感じます。
あまり派手だとラジコン以外着れないのも勿体ない。
ファミレスや、地元の買い物位は着て歩きたいし。
Dsc_0322
Dsc_0320

上はネイビーと言うのですが紺色ですね (笑
下はグレーです。
どちらも綿じゃなくスポーツウエアでポリエステルのサラッとした生地です。
夏は着心地良いです。

尾島に行くとき着ていこっと。

| | コメント (5)

XT30

Dsc_0317_3

ヒラノさんのYUGAに使ってみました。

XT60ばかり手にしていたので妙に小さいです。
これでディーンズ2Pと同じ電流容量なら軽量化はもちろん大きさも小さくてよろしいと思います。

真ん中に移っているのがXT60.。
XT30の小さが良く解ります。

| | コメント (4)

2017/06/01

OK模型VIPアイロンType-F (追記あり)

昨晩、YUGAにフィルムを張ろうとしたのですが上手くできないのです。
YUGAの尾翼ってハニカムメッシュで穴加工がされているのですが、どうにもシワが発生します。
こんなに苦労した覚えないんだけどなぁ・・・

しかし、上手くできない。

前回作ったkato機は勢いで乗り切ったけど今回はなかなか調子が上がりません。

どうも作業しにくいと思いながらアイロン自体上手く使いこなせていない気がしてきました。
1年前に新しくしてからあまりキットを作ることが無くこのアイロンに慣れていない事も有ります。

その時に購入したのがこちら↓

http://nakker.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/ok-vip-type-r-0.html

タイプRなのでシュー(加熱面)が湾曲しているタイプです。
湾曲型は使ったことがないのでさぞ作業しやすいのだろうと期待しての購入でした。

実際に使ってみると以前使っていたEアイロンとの違和感に苦しみます。
湾曲している分が目標物を捉えにくいのです。

フラットなタイプは上から見て見えてる端から加熱出来ていることが分かりますが湾曲面はその判断が難しいのです。
また上から押さえたときのシューの面積もフラットタイプの方が広くYUGAの尾翼などには向いていると思われます。

結論としては適材適所って事で作業箇所に合わせて使い分けるのが一番かと思われます。
個人的にはフラットタイプが好みって事で。

Dsc_0220

↑Type-F(フラット)が今回購入したアイロン。
まさかVIPアイロンを2個揃えることになるとは思ってもいませんでした(汗

Dsc_0217

↑手前がF、奥がR
シューの形が違うだけにしては柄の部分からアイロン上部の形状がゴツクなってます。
ちょっと大きめの木製の柄は熱対策でしょうか???

Dsc_0218

↑シューの形状。
全然違います。
手前のFは隅々までピシッと角か立ってます。
先端も尖がってます。
R の方は一度張りあがったフィルムの調整用などに良さそうです。

Dsc_0219

↑何をどうしたいのか、フラットの方はエンブレムが「匠」入りです???
Rと同じ「VIP」で良かったのに・・・
担当者の遊び心が感じられますね。

ちょっと調べたみたらシューの部分と言うかボディ自体Eアイロンの使いまわしでした。
E.アイロンの匠のエンブレムには温度調整のダイヤルが有ったのです。
それを隠すのにデカいエンブレムが必要になったみたい。
私としては以前使っていたEアイロンと同じシューなら使いやすいので好都合です。

=追記=

上記の記事は買ってきて使いだす前の記事です。
その後、使ってみての印象を書いておこうと思います。

YUGAをFタイプで一通り張り上げました。
小手先まで接触感を感じる使い心地はEアイロンのころを思い出します。
まぁ、悪くないです。

この感じだよな~なんてつぶやきながら使っていました。
しかし、ここでちょっとした不都合が生じます。

胴体を張り上げているとき、逆アールの曲面に差し掛かった時、FタイプではRが合わないのです。
ここはRタイプならすんなりなぞれるはず。
試しにRタイプを引っ張り出してきて使ってみると、メッチャ使いやすい。

あれ?
Fタイプを使った後のRタイプ悪い印象がないのです。
かえってRタイプが使いやすい・・・

ん~~~、これってもしかして2本有ると最高って事????
いつしかテーブルにアイロンが2個常備されてしまいました・・・。

結局、FもRも良いところが有るんですよ。

もし、1本しか買わないと言うなら使いまわしの利くRタイプが良いと思うようになりました。
なんか、冒頭の勢いは何処へやらって感じですね (笑
私なんてそんなものですよ。。

既に2本持ちの私は両刀使いで行かせていただきます !

| | コメント (4)

2017/04/30

ロールゲージ(ロールバー)

Dsc_0265
前々から付けたいと思っていたGOLF GTIにロールゲージを組み込みました。

なんて言いうのは冗談です。
そんなの言うまでもないか? (笑

いささか2ボックスの車では機体が入りきれなくなってきています。
ここ最近尾島に行くたび荷室はてんこ盛り。
機体に重なるようにF15が乗っていたりと。(^^;

尾島から帰宅して片づけているとあっちこちに凹みや傷が・・・
その度悲しくなるので何とかしたかったのです。

ラジコン好きの方々が良くやっているように荷室を2段構造にするしか手はないようです。
しかし、2ボックスの車でそうしているのはあまり見かけませんね。
2段構造にしているのは皆さん1ボックスベースで、もう現場仕事の車と変わらない豪華仕様。

確かハムちゃんも組み込んでいたっけ。

このような品物は既製品など無いのでワンオフで作るしかありません。
まずはドイト(ホームセンター)で塩ビの水道管を買ってきました。
その時にジョイントパーツも一緒に購入。

なるべく安く上げたいので、剛性はぎりぎりと思える18mmをチョイス。
確か部品代1000円ちょいでした。

その他に100均一で空調用の断熱パイプをクッション用に購入。
あと前足のキャップは適当なものが見つからず、店内をうろうろしていたらステッキ用のキャップが目に留まりす。
サイズが16mmと書かれていましたがゴム製なので18mmくらい入るだろうと購入。

本当は椅子一脚分の商品で100円を期待していましたがステッキ用は1個で100円。
よって2個買ったので200円になってしまいました。
思った価格の倍です・・・ (泣

それでも合計2000円以下で完成です。
時間?
2時間くらいやっていたと思います。
現物合わせでサイズを決めて手書きのメモ程度の図面を頼りに組みました。
途中幾度となく仕様変更を迫られる場面も (笑
現場合わせで設計が甘いんですよ。

何に手間かかったかって言うとダイソーで余計な品物観ていた時間の方が長かったような気もします (笑
だって見るそばから買わないといけなかったものが目白押しなんですもん。

組み立てはジョイント部分の要所要所はすべてネジで固定してます。
ってことは・・・?
簡単にはバラせません (汗

家族が乗車するときはいちいち降ろさないといけないんです。
まぁ今じゃほとんど家族で出かけることもないし後部座席に誰かを座らせる事も無くなったから平気かな。
って言いながら、昨日嫁さんと息子を載せる必要が有り後部部座席を使いました~ (笑


Dsc_0266

こんな感じに乗りました。

主翼なんて平積ですからね、まだ余裕ありますよ。
F15載せてないけど、今回はその分コルセア飛ばします。
引き込み脚のサーボ交換したし!
タキシングもばっちりな予定です。

なんて書いていたら、たった今とんでもない電話が・・・・
嫁さん出かけていたんだけど人身事故で電車が3つ手前の駅で立ち往生しているらしい。
お迎え要請なんだけど、一人ならナビシートに座るだけで何て事無い。
ナント、友達も一緒だって!!!!!!!!

さっき積み終わったばかりでしばらく後部座席に人なんて乗せないって思ったばかりなのに!!!
積み込んで30分で降ろしました。


Dsc_0271

↑しょうがない降ろしましたよ。
電車動くのに1時間かかるって言われちゃ迎えに行かないわけにいかないです。
Dsc_0273

↑玄関に仮置き。
小一時間後にまた同じように積み込みです・・・(´;ω;`)ウゥゥ

でもロールゲージのおかげで(名前がロールゲージになってる)多少は積み下ろしが楽な気がします。
芸術的に入り組んで積み込まなくていいので。
明日、一日使ってみてどんな印象になりますやら
長旅で壊れないことを祈ります (笑

| | コメント (0)

送信機トレイ

Dsc_0261_2

DENKADOの送信機トレイです。

katoさんばMusette買ったとき一緒に買ったものです。

ちょっとだけネジ止めとか有るので機体と一緒に置いていきました (笑

さほど手間ではなかったのですが、14SGのハンドルの幅が少し狭かったのでローラーキャッチと言う部品をオフセットして取り付けることにしました。

左右ともに2mmのベニヤを介して固定です。

Dsc_0262_2

送信機トレイを使ったときの操縦スタイルが気になります。
オンボードタイプのって事で良いのですよね?
だとするとスティックは摘まんで操縦するのかな???

katoさんがどう使うか楽しみです。

| | コメント (2)

2017/03/17

MICRO BATTERY CHARGER コネクター交換

20170313120800

↑katoさんの充電器が壊れていました。
先日、尾島でお借りしようとしたらコネクターが陥没していました。
それでも使おうとしていたので、危険だから使用禁止(笑

その日に預かってきました。

直すのは簡単です。
以前私が交換したコネクターですから・・・
そうなんです、この充電器に付けられているコネクターがイマイチでここにバッテリーを挿して充電するとコネクターのピンが開いてしまうのです。
一度開かせると接触不良になります。

っで、ピン形状の違うものと交換しているのです。
単にホビキンで買うmicroJSTのコネクターが悪いだけかも知れませんけどね。

Dsc_0200

↑交換終了です。


| | コメント (0)

2017/03/13

1セル用充電器

Dsc_0203
↑マイクロSAL用リポの充電中

私はハンドランチで使うバッテリーって1セルが多いのです。
マイクロ、ELFは初めから1セルでした。
そして、1年前からフルサイズのSnipeもSNT、SNは1セルです。

今まで1セルの充電はハイテックのマイクロバッテリーチャージャーを使っていました。
この充電器は充電回路がきっちり4回路独立しているので、なんにでも対応できるのが売りでした。
また、充電もしっかり仕上がるので信頼性も高い品物です。
1セル充電器ならこれが最高だと思えるほどです。

ネットを徘徊していると一度開いたサイトから関連商品が続々表示されるようになりますよね。
他の作業をしていても自分の興味の有るものが表示されるので気になってしょうがない(笑

私の場合は今回話題にする1セル用充電器が表示されたのです。

ハイテックの充電器を持っていますから当然必要のない物です。
でも、値段を見て驚き!

164円です。
なんと、送料無料・・・(笑

> 4 IN 1 X4 バッテリー 充電器 for HUBSAN X4 WLTOYS UDI JXD SYMA クワッドコプター 並行輸入品

なんでしょうねこの安さ・・・(^^;

あまりに安いので話のネタに1個注文してみました。
無駄使いですが、安いですものね!

届いた品物は、想像通りのコンパクトで簡素なものです。
本来、おもちゃのドローン用充電器なのでしょう。

この充電器を使うには私の日ごろ使っているコネクターに交換しないといけません。
変換コネクターでもいいのですが・・・。

4回路あるうちの2回路だけ交換しておきました。

バッテリーをつなぐと充電中は赤いLEDが点灯します。
終わると消灯。
どうやら普通に使えるようです(笑
充電後の電圧も悪くなさそう。
直接テスターで測っていませんが、リポチェッカーで95%は表示されます。

この充電器で充電して実際にSnipeSNTを飛ばしましたが問題ありませんでした。
95%と表示されていたのですから平気でしょう。
320mAのリポです多分30%の残量くらい。
充電k時間はきっちり図っていませんが休憩している間に満充電となりました。

良いところは値段もさる事ながらコンパクトで軽量というのが素晴らしい。

Dsc_0201
あと親電源がUSBから供給です。
なのでいつも親電源に使う3セル2200のリポではなくモバイルバッテリー(予備電源)を使います。
リポより扱いが楽なので便利です。
この外形で6600mAだし。
モバイルバッテリーはスマホを充電する要領でマイクロコネクターを差し込むだけで手軽です。

Dsc_0166

↑USBポートがあればPCからでも充電出来ちゃいます。

この充電器、お勧めかと言われるとコネクターの合う合わないが有るので少し微妙です。

でもそれ以外のメリットは多くあると思うのです。
飛ばしに行くのに荷物を減らしたい人などは軽量化出来てよろしいのではないでしょうか。

私はしばらく使ってみようと思います。

| | コメント (0)

2017/02/19

重心測定器ポルコ式

Dsc_1034

以前よりお約束していた重心測定器が届きました。
ポルコさん自ら納品です(笑)
お代は物々交換で・・・・。
彩湖でボートを楽しんでください。

何故に重心測定器かと言いますと、デカイ機体用の重心測定器って良い物が無いんです。
少ないと書こうと思ったけど、全然見たことが無い。

グライダー用としてサーマル工房の測定器はシステムが完成されており使いやすいです。

しかし、翼根近くの測定ポイントにくぼみができます(汗)

スカイモデリングの重心測定器は同じシステムですがサーマル工房のネガティブな部分を改良したものです。
機体を載せる部分はフラットな線で受け、前後の視点はベアリング支持です。
機体も傷まないし、測定中の前後動もスムーズです。

現在、私の使っている測定器の中では完璧です。
しいて言えばアクリルで掘られた文字が透明で読みにくいくらい。

しかし、その測定器もグライダー用です。
スパン1000mmあたりになると電動機では胴体の幅も広くなり測定器にかけられなくなります。
大きな機体用にヒラノさんから預かっているホビキン製測定器を持っています。
これはグレートプレーンと酷似したタイプ。
支点がピロポール支持となり前後どころか左右にも振れます・・・。
ハッキリ言って使いにくい・・・(笑)
※ヒラノさんごめんなさい。

っでそんな話をポルコさんにしていたら、そのうちちゃんとした物を作ってくれると言うじゃないですか。
時間はかかってもOK。
手のあいた時にとお願いしました。

そうしたらいつの間にかレーザーカッターを手に入れ高精度な切断を武器に素晴らしい物を作っていただけました。
いままでグライダー以外は指定の重心位置にあらかじめマークを記し指で重心を探りバランスの出たところで位置を確認していました。

指の腹って1cmくらいしかないのにクニクニ動かすと端から端まで支点として使えちゃうんですよね。
そんなもので重心なんて測れるわけがない・・・。

試しにMusetteを載せてみました。
とても量り易い、バッチリです。
ただ、さんざん指測定をバカにしていたのに、そこそこ合っていました(笑)

この測定器、差し金のようなスケールまでもレザーで書かれているんです。
カッコイイ。
両脇の支柱にブランド名でも書きこんだら格好良くなりそうですよ。

その時はブランド名私が考えてあげたいなぁ。
今まで数々のあだ名を付けてきましたからね・・・(爆)

これからは電動機もきちんと重心の管理ができるぞっと!

※非売品につき画像転用禁止・・・です。


| | コメント (2)

2017/02/03

PicaSim

1

 Picasimっていうスマホで遊べるシミュレーターです。
以前にでーびーさんから聞いていたアプリです。
ただ当時は無料版で遊んでいたのでハンドランチは選択できませんでした。

今回有料版を購入しハンドランチもプレイ出来るようになったのでご紹介です。

デフォルトのままではそこそこ飛びますが本物を飛ばしている者としては少し物足りません。
実際の動きとギャップを埋めたくなります。
それほどPicaSimの出来が良かったのです。

かなりリアルな飛び方をします。
本当に飛ばしているような気分にもなれます。
サーマルで吸い上げられた時は気持ちいいですよ(笑)

っで、私なりに設定をしてみたのでお試しにどうぞ。

 
2

↑初めにやる事。
赤マルの数字を「3」に合わせます。
何を意味するかと言うとフライトモードが3個作れるようになります。

ランチ、クルーズ、サーマルが設定できます。
名称は違くなりますけどね。

そして、細かな設定ができるように右下の「Advanced」を選びます。


「settings for configuration 1: Normal」の設定
実質、クルーズになります。
3

↑エルロンの設定

数値はなかなかピッタリになりません。
なので近い数値で良いでしょう。
私は1.000と0.650を入れるつもりでした。
4

↑エレベーターの設定

Screenshot_20170203210936

↑ラダーの設定

Screenshot_20170203210944

↑キャンバーの設定

「Constant」の「Trim」がキャンバー量です。
「0」はキャンバーフラットです。
Screenshot_20170203210958

↑ミキシングは使用しませんでした。
ラジコンでも私はミキシング使っていないので・・・




「settings for configuration 2: Thermal」の設定
これはそのままサーマルとして使います。
ここからは↑と同じように作業して行きます。

Screenshot_20170203211008

Screenshot_20170203211017

↑Trimは0.1設定します。
Screenshot_20170203211025

Screenshot_20170203211034

↑Trimは0⇒1でキャンバーが多く付きます。
(エルロンが下がる)


「settings for configuration 3: Control 2」の設定
これはランチモードに使います。


Screenshot_20170203211044

Screenshot_20170203211053

↑Scaleは「2」

Screenshot_20170203211101

Screenshot_20170203211109

↑Trimがマイナス1エルロンが跳ね上がります。
ランチモードです。
Screenshot_20170203211153

あとはFile名を決めてSaveして終了。

Fileを呼び出すときは上のタブのControllerを選んでからLoadを選んで下の方に出てくる保存したFileを選びます。

フライトモードの切り替えは画面左上に文字が出るのでタッチして切り替えます。

ランチは「Control 2」
クルーズは 「Normal」
サーマルは 「Thermal」

いくら良いアプリと言っても限界はあります。
とりあえず遊べるレベルに合わせたつもりです。
あとはご自分で調整してください。

| | コメント (0)

2017/01/01

あけましておめでとうございます

無事、新年が迎えられたことが何よりの喜びであります。
昨年は私事ながら、体調不良などから皆様にご心配かけてしまいました。

今年はなるべくそのような事が無いよう心がけて生活していきたいと思っております。

どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

皆様にとって良い年で有りますよう、心からお祈りいたします。

※この新年のご挨拶がアップされている頃、私は町会のお役目で地元の神社で「おたき上げ」をしております。
そして、境内にて初詣のお客様のお出迎え・・・。
寒いだろうな~。

って、容量の無いブログに記事アップできたのかな。。。

| | コメント (4)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

14SG(Futaba) | Air Camper (Hobby king) | AirFlowラダー機 (JR) | ASW 28(EPO) | DG-1000(FLYFLYHOBBY) | ELF | F-15 Blue camo | F4U コルセア (フェニックスモデル) | Fire works miniS | Flitz | FMS OLYMPUS | GTRCミーティング | Mini DLG(HK製) | mini SAL 1000mm(自作) | mini SAL800(自作) | Musette | MythoS 30E | Mythos 50 | OK模型 サフラン2 | OK模型 パイパーカブ | OK模型 ピメンタ2m | P51 ムスタング (フェニックスモデル) | SALグライダー ソフィア | SBD DAUNTLESS(フェニックスモデル) | snipe | SPITFIRE Mk2(フェニックスモデル) | STAR RIGHT F3A 50 | Stark Pro | STOBEL DLG | Stream NXT | SUN RISE | Voodoo | YF-16 70mmEDF (Freewing) | yokomoGT500 | いろいろな機体製作記事 | たわごと | アトランティス6 | カルマートαスポーツ | サーマル工房 CROSS EPO | サーマル工房 YUGA | テトラ エクストラ300S | デコパネ スタント1号機(自作) | デコパネ スタント2号機(自作) | デコパネ スタント3号機(自作) | デコパネ スタント4号機(自作) | デコパネ スタント5号機(自作)カネゴンSPL | デコパネ プッシャー機(自作) | ピーナッツスケール機 | フォルクスプレーン600(自作) | ブラスター3 | ブラスター3.5 | マイクロSAL(自作) | ムサシノ スバル09号 | ムサシノ ホリディ | ラジコン ヨット | 耐久レース | 自作小型スタント機(ゴールデン) | 電動バギー | 電動ヘリ | 電動ボート | 飛行日誌 | 飛行機ネタいろいろ