飛行日誌

2020/01/20

1/19 MB杯

 暮れのMB杯から1か月でしょうか。
またまたF3Kで遊んできました。
今年になってから3回目です。
そして新タスクを交えての大会ともなります。
新タスクは何かと新しい要素が多く、どうしたら一番効率よく点数を稼げるか
未だ模索している感じです。

Dsc_2232
↑ 天気は最高です。
寒いと予想されていましたが、風も穏やかで日差しもあり日中は上着がいらない程。

Dsc_2241 Kri Dsc_2233 Dsc_2235 Dsc_2242 Dsc_2243 
Dsc_2237 Dsc_2245 Dsc_2239
Dsc_2240

Dsc_2251 Dsc_2250 Dsc_2249
↑ IZMさんの綺麗に出来上がったSlite V2。
HMTさんの作品です。

Dsc_2246 Dsc_2247
↑ SKNさんのF3K機セミナー中って感じですね。
皆さん勉強熱心で食い入るように聞いています。
はたしてその内容は???

Dsc_2244 Dsc_2252 Dsc_2236
 
今回はOZさんに完敗です。
明暗を分けたのが4ラウンド目のタスクK。
ここで1000点取られて私は撃沈。
勝負あったって感じです。
OZさん今年は本気だといっていましたから
もっと頑張らないと置いて行かれちゃいますね。
次は勝てるように練習しなくちゃ。
連敗は阻止しないと!

今回の大躍進はFTさんですね。
とうとう3位まで上がってきました。
私はFTさんがアトランティスで練習していた頃を知っているので
上手くなる人は早いなって思うのです。
競技が終わって、アーベントでひとしきり遊んだ後
HTさんが近寄ってきますよ。
60m超えのランチをしてもらって
これで3分飛ばなきゃ機体が変か腕だと言われ生懸命飛ばしたにもかかわらず、あっさり2分で降ろして見せましたよ。
参ったか!
ですが、参ったのは自分ですよね (笑
あの高度から降りて来ちゃうなんて~。
自分のランチより10m以上高くてそこから1分長く飛べば良いだけなのに。
一つ解った事もあります。
いきなりあの高度に到達してもその前触れが無いから右も左も解らない世界に置かれた感じなんですね。
自分のランチ高度からその高さに行く時って必死こいて上がって行くからそれまでの気流が解っているので
継続して良い所を飛んでいけます。
そう言えば以前KJRさんも似たような事言っていたような。
高すぎて解らなくなるって (笑
私も体験しちゃったわけですね。
ランチ高度で飛ばし方って変わってくるんだろうな~。

今回、新タスクの中で以前からあったタスクEのポーカーが
5回記録できるものが3回に変更となりました。
今回初めてなのでどうした物か見当がつかず周りに何分で宣言するの?
って聞いてみます。
でも、みんな曖昧です。
私のとった決断はコンディションも良かった事もあり3分を3回目標にしようかなってところでした。
実際、1回目の3分はクリアして2回目の挑戦中に事件がありそこで私の競技は終わってしまいます。
でも、帰りの夕食時にポーカーの話をしたら私のプランは全然有り得ない
ものだったようです。
 3回のアタック中、1回は1分30秒くらいで上空偵察をし、必要なら2回目も上空偵察を行い
サーマルの有りそうなところが解ったら長時間のコールをするのがセオリーになりそうです。
奥が深い。
もっと考えながら飛ばさないといけませんね・・・ (汗

そんなこんなで、とっても勉強になるF3K大会でした。
帰りの台湾料理店での話題も勉強になりましたね~。
さて、私はやる事ばかりで気持ちだけが焦って一向に手が進まないようです。
とりあえず定板を作業台に置くことから始めないと・・・。

Mb

 

| | コメント (2)

2020/01/13

ARF 飛行日誌 1/13

昨日、グリーン、ミツバチと渡り歩いて充分飛ばしたので
今日は機体製作の日と決めていました。
ミツバチでの夕食の後に「来週はMBで~」っとサヨナラしました。
っが、その日のblogを書き終えた瞬間、カジロさんとUDさんから「明日ARFに行こ♡」
のお誘いです。
さっき来週はMBでって言ったばかりなのに (汗
SLITE V2を作りたかったけどお誘いが来たんじゃ無下に断れません。
でも昨日、ボロボロだったから気が重かったのはナイショです・・・。

Dsc_2189
↑ 到着するともう皆さん飛ばしています。
凄いパワーを感じます。
私はもう修行の様です。
だって、飛ばさないと自分のレベルが停滞してしまい一向に上手くならないんです。
皆さんの胸を借りるつもりで飛ばします。

只今、手元に有る機体で飛行可能なのはSnipe SN 1機だけ。
後は全て壊しちゃってます・・・。
なので、この機体がつぶれたら暫くハンドランチはお休み (汗
Flitz2が有るけどなかなか手を付けられずSlite V2の製作が先に始まってしまいそうなので
暫くはお預けですね。

Snipe SNは今日も少し重心を微調整しました。
毎回、コンディションが変わると重心が気になるのは神経質すぎかな?
でも、カジロさんイワタさんもちょこちょこ変えているよな~

今日の3・2・1の戦績はまぁまぁですかね。
全然勝負にならない訳じゃないしたまに勝てるし。
負けず嫌い?の自分は毎回勝ちたいけどどう見ても自分が一番下手なのでそれは無理。
今の実力じゃたまに勝てるくらいが限界です。
皆さんのフライトを参考にしながらなんとか同じレベルで飛ばせるように努力しないと。
最近、新タスクが妙に気なるメンバーです。
以前の様に3分MAXってだけじゃなくなってます。
5分でやったり9分58秒一投勝負だったり。
9分58秒飛ぶには少しでも余裕が欲しくて高度を取りたくなります。
視界から消えそうになる機体を必死に目で追うと妙に疲れます。
このタスクはちょっと危険だな~っというのが正直な感想でした。

Dsc_2192
↑  機体が小さくなってますがARF名物「木の上フライト」実演中~
この木が無くなると印象も変わるんでしょうね。

Dsc_2199
↑ カジロさんのprogress。
この機体がスタビを調整したことにより大化けしました。
信じられないような粘りを見せるように。
良いなぁ・・・。

Dsc_2201
↑ ヒラノさんも午後から参加。
到着して、まずは腹ごしらえ 。
相変わらず飛ばすより食い気 (笑
そのヒラノさんが来る途中幕張のサービスエリアで焼き鳥を買ってきてくれました。
それがまた美味しいのです。
ご馳走様でした。

ヒラノさんが手にしているのがRegularのAURI。
凄い久しぶりと言うのでトリム調整をします。
ラインも延びちゃっているのでしょう、ランチなどあっちこっち行っちゃいます。
しかし、一度トリムが合うとAURIって良いですね。
AURIの良さを再認識です。
そうだAURIと言えばサトケンさんのメイン機でした。
この感じでサトケンさんは飛ばしているのかとちょっとヒントを貰った気がします。
浮きの良さはSnipeとは違う感覚でサーマルの中を綺麗に螺旋状に上昇出来る感じ。

次にFlitz2のスーパーライトを出してきます。
それも久しぶりでトリム調整から始まりますがこの機体は超軽くて190gくらいなのです。
しかし、この軽量感はヤバいです。
微風なのに煽られます。
バンク掛けたい方向の反対にひっくり返ります。
軽さもここまでくると行き過ぎ?
バラスト代わりに13gのオモリを重心位置に張り付けて飛ばすと危なげな強度は影を潜めます。
この機体を飛ばすならバラストをきっちり用意しないと飛ばす機会が無くなっちゃいます。
しかし、軽量過ぎて難しい割にフンワリと浮くスーパーライトは220gくらいの機体では味わえない感覚ですね。

Dsc_2191
↑ 今日の天気はとても良く日中は上着が無くても飛ばせるほど。
ハンドランチを飛ばすには絶好のコンディションでした。

Ud_20200113202601
↑ 引っかけた~
これがこの日の引っかけの始まり。
この後もっと高い所にカジロさんが引っかけて、次にヒラノさんが通称「平野木ジャンクション」
にも引っかけます。
イワタさんも低い木に引っかけていたような・・・。
みんなどうしちゃったんだろう (笑

Dsc_2203
↑ アーベントになってからもアーベント大会で盛り上がり
最後はランチ大会で盛り上がりました。
結局、何やっても面白いんですね。
ランチ大会の事の始まりはUDさんのSnipeがランチの時に風切り音がして
あまり上がっていないんじゃないかという疑問から始まりました。
そんな手負いのUDSnipeと今なら勝負できるかもと私のスケベ根性が頭ももたげ私とどっちが高い?
イワタさんに審判してもらい同時投げで高度を競います。
高度計という物が有るんだからそれで計測すればいいのに原始的な目見当で判断です (笑
これがまたビミョウ (笑
ランチ高度は何処で比べるの?とかね。
こんなことをしていてカジロさんが加わらない訳無いですよ。
そんな事を夕暮れまでやって体はボロボロ・・・。
体力の限界まで遊ばないと終わらないこのメンバーって。
でも、内容の濃い飛行会でしたね。
とても楽しかったです。
こんないい場所が有るんだから会員の人達もっと遊びに来て欲しいな。
会員じゃない人も体験で遊びに来て欲しいです。
とっても空いているので飛ばし易いですよ!
木なんてそう引っかかるものではないし。
(木に引っかけるのはギリギリを攻めてる人だけですから・・・)

帰りはお決まりのカントリーサイドで夕飯です。
私は初めてナポリタンを頂きましたが、昔風の懐かしい味のナポリタン。
とっても美味しかったです。
値段も690円でメニュー最安値かも。
次回もナポリタン食べようと思います。

| | コメント (0)

2020/01/12

グリーンとミツバチ 1/12

 グリーンの定例会に行って参りました。

ポルコさんは所要で欠席。


Dsc_2180

 スポマンの練習をしたいのでアキュラシとMusetteを持って行きます。

前回は強風でろくに飛ばせずに終わってしまい何も得るものは無し。
なのでかなり久しぶりに飛ばすのと同じ感じ。
実際、飛ばして見ると地に足が着かない感じ???
いや、空に羽ばたけない感じ??でどうにも上手く飛ばせません。
浮きと速度関係が全然マッチしないのです。
これっていつも飛ばし始めに感じる事。
どれくらいの速度で機体が貼り付きだすのか判断が難しい・・・。
どうにか3パック目に雰囲気が掴めてきたようで安定感も増してきます。
分かるようになるのに3パックも掛かるのか・・・・。
もっと頻繁に飛ばさないと機体と仲良くなれないなぁ。
自分がコントロール出来て初めてパターンの練習が出来るはずだし。
バッテリーは3パックしか持っていないので本日の練習は終わり。
Musetteを飛ばそうとしたけど出来たらアキュラシーの感触を残しておきたい。
組み上げてはみたけどまたバラしてしまいました。

3月の下旬に関東でカシオペア大会が有るらしいです。
以前、福知山に遠征に行った同大会です。
今回、関東で開催と言うならもちろん参加ですね。
それにはスポマンの練習が必要です。
そこへ、グリーンでスポマンの練習会を開いていただけるそうです。
いい機会なので、いろいろ勉強したいと思います。

Dsc_2183
↑ K泉さんの操縦風景。
ファンタジスタを飛ばしています。
前日はリーダーを飛ばしていたそうです。
既にP21を練習しているそうで、やはりベテランさんは難易度高い練習されています。
そして、本日思ったことが有ります。
降下してくるときの速度がファンタジスタはアキュラシーよりゆっくりなようです。
もしかしてベルトダウンの恩恵なのかな?
ループなど綺麗に見える気がするな~。

Dsc_2179 
↑ 大きなフラミンゴ。
OS 4st56です。
 HYKさんがテストパイロットです。
各動翼のトリム調整に苦労されていました。
私もリンケージの調整などお手伝いします。
左に傾く癖が強くエルロンのトリムが取り切れない様子。
後縁とエルロンが段違いに取り付けられており、エルロンのヒンジ用スロットがセンターに開いていないようです。
トリムずれの原因はこれだと思います。

Dsc_2185
↑ Amazonで椅子を購入しました。
スッポリ「包まれる感」の強い形状に惹かれました。
いままでの椅子の様にワンタッチで組み上がらないのがちょっと面倒かな。
でも、座ってみると全然楽だし、柄も気に入っているので暫く使っていこうと思います。

Dsc_2188
 午後からミツバチでハンドランチです。
グリーンからミツバチまで1時間以上かかりました  (汗
着すると急にポツポツ雨が・・・
皆から私が雨を連れて来たと非難ごうごうです。
何も悪いことしていないのに・・・ (汗
程なくして雨は上がりましたけどね。
そんな扱いを受けてもセキネさんちのワンコは暖かく出迎えてくれます。
どう云う訳かワンコに懐かれる私です。

Dsc_2186
なんとイズミさんもワンコ同伴。
こちらも可愛かったです。

先週、ARFで調子が良いと思っていたのに今日は酷いもんです。
既にアーベントになっておりアーベントセットにするも何の役にも立ちません。
正月明けから出張だったり土曜日も仕事だったりと疲れているのでしょうか?
ランチがとっても酷くて全然上がりません。
終いにはよろける始末。
一度転びました・・・・。
こんな事で来週のMB杯戦えるのでしょうか?
ピンチですよ~。

帰りのレストランでカジロさんから体幹を鍛えないとダメだと教えて貰いました。
体幹かぁ・・・・

あぁ、たった今明日も「ARFへ行こう」と誘いが~~~~

| | コメント (0)

2020/01/06

グリーンで初飛行 1/5

 1/5となり新年と言う気も起きなくなってきました。
初飛行も1/3に済ませているので年が明けて3回目のフライトです。
暮れから飛ばしっぱなしな気がしますが幸運な事に天気には恵まれていました。
しかし、今回はダメです。
飛行場に着くと既に風が・・・。
そして気温も低いので体感温度はかなり寒いです。
ろくに天気予報をチェックせずに出かけて行ったことを後悔です。

Dsc_2126
↑ 一緒に行く約束をしていたポルコさんが「年が明けたらスポーツマンに専念する」と言っていたので
私もアキュラシーを持っていきます。
押さえでMusetteも持って行ったので完全にスポマンやる気満々です。

Dsc_2129
↑ まず初めにポルコさんが飛燕を飛ばします。
70クラスの機体が背風で押し流されます。
ハーフキューバンエイトで上昇しながらどんどん風下に・・・。
正確には左45度前方から吹いています。
下って来る時も手前に流されてきます。
これを面で飛ばすのはかなり難しい。
1パック目のポルコさんはひたすらフレームギリギリの場所でハーフキューバンエイトを繰り返していました。
次に私が飛ばしたのですが、私もポルコさんを見習ってハーフキューバンエイトで風に対抗するような飛ばし方に慣れようとします。
風が吹いているとスピードの調整が難しいです。

タカさんはセブアートのAngel S70を飛ばします。
流石に上手いです。
風に合わせたスポマンを見せてくれました。
う~~~、あんなふうに飛ばしたい。

Dsc_2128
上手く↑ 2本目のポルコさんは風に慣れてきたようで上手く飛ばしています。
確実に私より上手く飛ばしています。
プロポカバーまでしちゃって防寒対策も万全。
ポルコさんに何から何まで完全に負けてるなぁ。

私も2本目を飛ばしますが全然イケてません。
スポマンを少しやってみましたがグチャグチャです。
何より直陸が難しい。
あんなにハンドランチで着陸ばかりしているのに難しかったですね~

Dsc_2127
↑ こちらはタカさんのフルサイズ。
画像だと解り難いですが2mの機体はホント大きい。
最近、F3-RESを見る機会が多く2mの機体は見慣れているのですがF3A機の塊感は大きく感じますね。
飛ばして貰うと、さすがの迫力!
風が吹いていないんじゃないの?って思えるような座りの良さ。
F3A機がどんどん大きくなっていったのが分かる気がします。
でもそんなド安定なフルサイズも着陸には苦労していました。
地面効果で地上2m辺りから機体がグラつきます。
何度もアプローチをやり直す程。

アキュラシーのバッテリーは3本用意しています。
しかし、風が次第に強くなり7~8mは有ろうかと言う強風。
もうMusetteは絶対に無理です。
アキュラシーも1本残っていますがここは切り上げるのが賢明と思い
勇気ある決断をしました (笑

でも、上手な人は風が好きなんですね。
NGWさんは70クラスの機体を風が吹いていないかのように飛ばします。
既にP22P21練習をしているそうです。
P22P21?
私には関係のないクラスです (笑
飛ばしている機体は譲り受けた機体だそうですが決して高価な物ではなく
どちらかと言えばARFの廉価版の機体です。
飛ばす人が上手いと機体何て関係ないのかなって思わせるほどの実力なのです。
そのNGWさんからホッカイロを頂きました。
上手くて優しいなんて・・・ (笑

でもまだ帰らないです (笑
ポルコさんとスカイホビーへ行きます。
ポルコさんは4st 30を載せる「ほのぼの系」の機体を物色です。
私は冷やかしですが・・・。
しかし、店内で真っ先に悩むことになったのは私です(笑
買おうかな~?どうしようかな~?
でも、注文したキットがもう直ぐ届くしな~・・・
何とか自分を納得させて諦めて帰ってきました。

しかし、帰宅してからスーラジへ電話です。
「クレソン、予約できます?」
今日になって返事が来て可能だと言うので予約しちゃいました。
クレソンが今月にも手に入るならSlite V2は我慢していても良かったかもですね。
多分、クレソンは半額くらいだと思うのです。
まぁ、これでSlite V2とクレソンの2機体制が完成~

ってまだ何も手元にないよ  (汗

| | コメント (7)

2020/01/05

ARF 新春顔合わせ

 ARF今年初めてのイベントは顔合わせです。

Syugou_20200105145101

前日にミツバチで飛ばしてきたのですが、全く上手く飛ばせなかったので本人的にはとてもショック。
今日は、まったり顔合わせなので機体の調整が出来るかもって事で
少し早めに行ってセッティングをする事に。
朝の内は風もなく重心やトリムの調整に役立ちます。

Dsc_2092_20200105145101
 ↑ 朝一のフィールドは靄(もや)と共に霜(しも)が凄く、全面凍っています。
それでも、みんなが来る前にセッティングをしちゃおうとそいそと飛ばし始めます。
やはり昨日の重心は後ろ過ぎたようで速度が低く翼型が活し切れず沈んでしまいます。
だいたいの目星がついていたのでノーズにおもりを小まめにセットして良い所を探ります。
これってセオリーがあるようでないですよね。
飛行機始めた頃グライドさせてじんわり上昇してくるくらいと教わりましたが
主翼とスタビの取り付け角でニュートラルが決まるからこのグライドも重心だけで語れない難しさが
有ります。
最近はグライドでピッチングせず旋回で機首を下げ難い辺りに重心を持って行くようにしています。
しかし、慌てているとしっかり旋回で頭下げるし風下から帰ってくるときはピッチングしちゃいます (笑

数か月前に軽いバッテリーを新調してからきっちり重心を合わせた事が無くいい加減にやっていたのが飛ばない原因だったようです。
以前はあんなに細かくやっていたのに最近ちょっと手を抜きでしたね。
それが解ったらならFire Bladeもきちんとやれば飛ぶようになるかな?

Dsc_2095_20200105145101
↑ ARFへ初詣の会員が集まったところでAKさんからの提案です。
新タスクを含めたF3K競技をやるとアナウンスが・・・。
前夜にミツバチで新タスクをやって来た話をしたのですが
その話の後、夜遅くまでジャッジペーパーを作ってくれたそうです。
F3Kに関わる者として新しいタスクに興味は湧きますね。
今年から採用されるわけですから年が明けたら切り替えるのは必然でしょうか・・・。

タスクは前日やった新タスクD、L、M、とFを行いました。
前日も書いたのですが新タスクは恐ろしいタスクなのです。
上位の人と得点差があからさまに出てしまうものばかりです。

Dsc_2099_20200105145101
↑ お付き合いの良いカジロさんとイワタさんです。
このコンビのハンドランチはレベル高いです。
イワタさんのセッティング能力とカジロさんの飛行技術でいろんな機体が化けます。
今はprogressがお気に入りの様です。

Dsc_2118_20200105145101
↑ 最近、ラジコン熱が冷め気味のkatoさん (笑
ARFの顔見せのメンバーが少ないだろうと来て頂けました。
気を使わせちゃいましたね。
でも、飛ばし始めればまたやる気も起きて来るかと思うのです。

Dsc_2110_20200105145101
↑ ヒラノさんも来て頂きました。
この日の機体はAURI一本の様です。

Dsc_2109_20200105145101
↑ カジロさんの操縦スタイルがARFのバナーの様です。 (笑

Dsc_2097_20200105145101
↑ お昼前の休憩タイム。
AKさんから全員にインスタントのお汁粉が振舞われました。
寒い中のお汁粉は格別です。
ご馳走様でした。

Dsc_2098_20200105145101
↑ ウキヤさんとスズキさんとエビネさん。
スタッフとして運営ありがとうございました。

Dsc_2093_20200105145101
↑ 集計に忙しいAKさん。
ほぼ一人で切り盛りして頂きました。
ありがとうございます。

1r
↑ 1R目 5分2投。
5分は長いです・・・。
私は1投目にしくじりますがkatoさんと3秒差で1000点頂きました。

2r
↑ 2R 1投のみ最長9分59秒MAX
いきなり10分近くのロングフライトは厳しい。
ロングフライトでIWさんとHRKさんが一緒のグループ。
二人ともロングフライトを持ち味にしているくらいだから私にとってはぶ厚い壁。
でも、意外と空気が良くない。
私もサーマルを捉えかなり行けると思ったけど途中でシンクに会い、一気に下がってしまいました。
それでも、なんとか厳しいタスクを乗り越えました。
この中で光るのはヒラノさんの1000点ですね。
長時間飛ぶので皆さん、様子見でなかなか投げなかったのですが
ヒラノさんだけが開始とともに飛ばし上手くサーマルを捉えて上がって行きます。
その後に飛ばした人は既に遅かったようで取り残されてしまったようです。

3r
↑ 3,5,7分と2分増しで飛ばして行きます。
なかなかフルに飛ばせる人はいないものですね。
3分でも長いのにその先5分、7分と飛ばすのは酷です (笑
あまりにコンディションが悪く3分、5分枠を飛び切れない場合、残りタイム11分なんて事が起きました。
このタスクはトップレベル向けですね。

4r
↑ 従来のタスクF。
新タスクをやるとこれが短く感じます。
私は初めて3分を3回飛ぶことが出来ました。

Keka
↑ 私は今年の運を使い果たす勢いで上手く行っちゃいました。
こんな事はもうないでしょうね (笑

Dsc_2113_20200105145101 Dsc_2117_20200105145101

↑ 独特な操縦スタイルが機体に念を送っているかのよう。
最後の粘りは誰より凄いと思います。
だから尚更そこで勝ちたいと思うのです。

Dsc_2114_20200105145101
↑ まさかのプチF3K開催に戸惑おうkatoさんでした (笑

Dsc_2115_20200105145101
↑午後になって雲が多くなり気温も下がり風も出てきました。

Dsc_2111_20200105145101
↑ ジャッジもやるエビネさん。

Dsc_2112_20200105145101
↑ 水戸から参加のサトケンさん。
開始前の練習で、いきなりサーマルに乗せていくのを見た私は
今日もヤラレル・・・サトケンさんに負けると思うのでした。

Dsc_2120_20200105145101
↑ カジロさんのランチは高いです。
私の目標です。

Dsc_2119_20200105145101
↑ 久しぶりに投げるであろうkatoさんのランチ。
徐々に高度も取れるようになっていました。

Dsc_2116_20200105203001
↑ 御年70歳。
周りから年齢を感じさせないという声が・・・
今回、大活躍でしたね。

Top3_20200105145101
↑ 優勝しちゃったのですがこの後がたいへ~ん!
競技より長い時間と量のカジロ杯が始まるのです。
完全にロックオンされてます。
いつもなら早々に降参するのですが、この日の許してもらえません(笑
カジロさんとヒラキさんと終りの無い321が延々続きます。
日が暮れるもろにやっと終了。
今回は上手く事が運び過ぎましたね~
機体も良くなったし、ランチも勘が戻ってきました。
やっぱりやらないと忘れてしまうのですね。
さて、次は2週間後にMBでしょうか?
それまでにFlitz2が出来上がっているかな~

| | コメント (2)

2020/01/03

飛ばし初め~

 なんと、今年の飛ばし初めはミツバチでした。
本当ならARFなのですが今年は4日がARFの新年の顔合わせとなっています。
その前日にカジロ親分からメールで招集が掛かりました。
ARFも行くからね~その前にミツバチに集合~・・・。
どうも交換条件のような (笑
いやいやギブ&テイクですよね。
カジロさん来て頂けると盛り上がるし来てもらわないと!

Dsc_2090
↑ F3Kやるわけじゃないのであまり早くには出向きませんでした。
なので私が一番遅かったみたいです。

Dsc_2087
↑ もう私の飛ばせる機体はこのSnipe SNしか残っていません。
実はこの日、時間が取れそうだったからFlitz2を作ろうと思っていたところでした。
でも、それより集まりが優先ですよね~。

最近、ハンドランチをやる機会がとんと減ってしまい何が何だか分からなくなってしまいました (泣
ランチは上がらないし、機体も飛ばない気がしてならないし。
実際、酷い内容でこの日集まった中で断トツのビリです。

Dsc_2089 
↑ これだけのメンツが集まれば何もやらない訳無いですね。 (笑
2チームに分かれて今年から増えたとされる新しいタスクをやりながらのチーム戦をやりました。
同じチームになった人達にはホント申し訳ないのですが私が大ブレーキの根源です (泣
飛ばせないものはしょうがない、今度からもう少し練習します。

今年から取り入れられる新しいルールはタスクもそうですが作業時間前の練習時間も変わります。
45秒の練習時間後1分間は何もしちゃだめで、1分たったら競技開始です。
要は競技開始1分前にサーマルを探らせないためだそうです。

新しいタスクが何個増えるか知りませんが今日試したのは3個
1:作業時間10分で5分MAXを2投だけです。ロスタイムで競う訳ですね。
2:3分、5分、7分MAXの3投のみ、作業時間15分 これもロスタイムで競います。
この二つのタスクはトップクラスは”取って投げ”のロスタイムで差がつくことになります。
3:9分58秒MAX、作業時間10分
これはとんでもないタスクです。 (汗
飛ぶ人と飛ばない人の差が大きいタスクで得点差がかなり開くことになります。
9分58秒は598秒でこれを飛んだ人と90秒で降りた人の点数は150点です (汗
その他のタスクも変に飛べないことが有ると点数差がはっきり出るものばかり。
飛ばし切りのタスクが苦手な私には厳しい状況になります。
毎回下位に沈む可能性大です・・・。

Dsc_2091
↑ ミツバチでもF3-RESは注目の的。
ヒラモトさんのウミヘビ号がデモストレーションを行いました。
フック外し後の急激な上昇はフラッターを誘発するそうです。
ますます、強度の高い機体も欲しくなるところですね。
今回、お願いしてこの機体を飛ばさせてもらいました。
思ったより難しいよ~ (汗
私が購入したのはこれと同じSlite V2なんですけど・・・ (汗
コウゴさんも飛ばしましたが上手に飛ばしてました。
やっぱり腕なんだなぁ。
でも、定点着陸は1m以内に決められたので満足 (笑
だって持ち主だって挿しちゃうくらいですからね~ (爆
操縦感覚は私がフィンピーの影響を受けすぎなのか?
フィンピーは意外と普通な気がするんだけど、その時点で私の感覚がおかしいのかも?
今度は他の人の機体も飛ばさせてもらいたいな~、ね~OZさん!

さて明日は本拠地、ARFの顔合わせ会です。
まったり楽しんで来ようと思います。

| | コメント (2)

2019/12/31

F3-RES 12/31

Syugou_20191231181501
↑  人数少ないけど、この中にカテゴリー別日本選手権のチャンピオンが3名もいます。
いつも勉強させて頂いてます。

先週、七沢温泉に泊まった時、年末に最後のF3-RESをやろうなんて話が持ち上がっていました。
本当にやるかどうか半信半疑でしたが。
だって、年末も押し迫った時にラジコンやるってそうそう無いじゃないですか。
私も29日で打ち止めか?って感じだったし。
でも、開催のお誘いが来たんです (笑
それも、今流行りの(兆しの?)F3-RESって言うじゃないですか。
行けば楽しい事は解っています。
そう思うと行きたくなっちゃいますよね!
前日に、出来る限りのお大掃除をします。
それはもう身を粉にして励みましたよ。
っで、本日家族が寝静まっている時間にこっそり家を出ました。
”飛ばしに行ってきます。探さないで下さい”の書置きをして・・・。

なんなんだ!ってくらいの異常気象で暑いです。
本当に明日が正月?って程。

Dsc_0000_burst20191231101121669
↑ これ12/31の服装じゃないですよね  (驚
私なんて、短パンでも平気だと思ったくらい。
ヤマザキさんは、この時点で既に死んでます (笑
リトリブのし過ぎで声も出ない程息切れしてます。

Dsc_2062
↑ 太陽に機体が入ってプロポで太陽を覆っているヒラモトさん。

Dsc_2058 
↑ 定点着陸を行うもノーズが刺さってしまいました (笑
ヒラモトさんヘマるとなんか嬉しい~!

Dsc_2059
↑ お尻が着くのを待つヒラモトさん。
ローカルルールで10秒以内にテールが地面に着けばセーフとしていますが
待っても何も変わらず。
皆で楽しくカウントダウンしてタイムアップ! (笑

Dsc_2064
↑ ワタナベさんが厳正なジャッジを行なっています。
ジャッジと言えば私は、大チョンボしました。
大時計とジャッジを兼任したのですが頭がこんがらがって違う人をジャッジしていました (汗
ローカル大会で良かったです。
大きな大会でそんな事やったら大変です。
やり直しになったのですが幸いにも誰にも不利にはならなかったようで良かったです。
やり直すことになってしまい済みませんでした。

Dsc_2060
↑ 今日はOZさん”すげー!”って思った日でした。
ランチがとっても上手なんです。
ランチを見る目もだんだんと肥えて来た私です。
上がり方を見ているとその機体の状態が少し分かるようになってきた来ました。
OZさんの機体はSlite V2です。
良い角度で上昇し空気をはらませゴムを引きながら高度を上げて行きます。
そして、フックを外すのも上手です。
これって、ハンドランチのランチが高い人と同じようなアドバンテージが得られます。
OZさん凄いです。

Dsc_2061
↑ BBさん、遅ればせながら参加です。
2機所有で今回はSlite V2。
しかし、BBさんが来たころは徐々に風が強くなり始めた頃。
Slite V2には厳しい条件になってしまいました。

Dsc_2073
↑ 今回も私はフィンピー15。
もうSlite V2を注文しているのですが、まだ届いてもおらず私の手持ちはフィンピーだけです。
先週、ちょこっと飛ばしたら好感触だって思ったけどやはり生粋のF3-RES機に比べると見劣りします。
条件の良い時なら勝負が出来るかも知れないけど、(サーマル入れちゃえば一緒でしょ?)
それ以外では劣勢に拍車が掛かります  (汗
今回もスポイラーの出番は無し (笑
風に翻弄されて定点まで持って来れないのです。
余裕をみて近くまで持って来てから左右に振って時間稼ぎしていると
まさかの失速で10m以上離れた所に着地。
当然、定点の点数は無し・・・
今回、1000点は取れませんでした~。

Dsc_2074
風が強くなってから胴体が広いのを良い事に何でも放り込めます。
最終的にこれだけ載せました。
何gになるかな~?
わ!167gです !
驚き~。

Dsc_2069 Dsc_2072 Dsc_2071 Dsc_2070
↑ 気温も暑かったけど、南関東F3-RESも熱いです。
どんどんノウハウが蓄積されて楽しくなってきます。
まだ機体を手に入れていない状況ですが既に耳年増 (笑
Slite V2だけじゃ戦えない事が露呈して来た今日この頃。
風用にもう一機用意しなくちゃ!

F3res-mb

↑ 本日のリザルト
今回は並々ならぬ気持ちで乗り込んできたヤマザキさん。
フィンピーにリベンジするつもりだったようです。
しかし、今回も・・・・。
次回は2月なので私もF3-RES専用機が出来上がっているはず。
そうしたら同じ機体だしガチバトルになりますね。
おっと、ムギちゃんも引き込まないと。
3つ巴の戦いは面白そう~
実はOZさんも含め皆ライバルになるのがF3-RESの面白い所。
早く、Slite V2来ないかな~。

っと云う訳で今年も終わってしまいますね。
個人的には椎間板ヘルニアを再発し3か月ラジコンお休みしちゃいましたけど
皆さんから変わらぬお付き合いをして頂き感謝しております。
本年中は沢山お世話になりました。
また来年、よろしくお願いいたします。
皆さんにとって良い年になりますように!

| | コメント (7)

2019/12/30

グリーンと稲敷飛行場

12月29日、ダブルヘッターです。
このところグライダーのイベントが続いていたので、今度は飛行機を飛ばすって事で
ポルコさんと約束のグリーンへ行く事に。
一日グリーンで飛ばしていようと思ったら、2日前にUDさんよりハンドランチのお誘いです。
それは、ミツバチやARFでご一緒させて頂いた方々の地元「茨城の飛行場です」。
グリーンへ行ってから茨城の稲敷はかなり距離が有ります。
100kmくらいでしょうか。
日中の一番いい時間帯に移動になってしまいますが
それでも、行く気は満々なのでそんな予定でこの日が始まります。

前日の忘年会で帰宅が遅く(24時)バッテリーの充電が間に合わない・・・。
っで、充電しなくても飛ばせるもの?っと言えば
エンジン機ですね。 (笑
先日、尾島で無事初飛行に成功したCUBを持って行きました。

Dsc_2048
↑ 皆さんに、エンジンの調整をして頂いて、良い感じに飛ばすことが出来ました。
今回、CUBを持って行った理由はポルコさんにも飛ばさせてあげたかったのです。
何せブログのタイトルが「電動化宣言」ってくらいでエンジン機は暫く飛ばしていないはずなのです。
自分で用意するのは大変でしょうから私が持って行ってチョロっとつまみ食いさせちゃおうかと (笑
お手軽に飛ばすなら良い物でしょ?
エンジン始動もやってもらいました。
手慣れた手つきでプロペラ回してスターター当てて。
久し振りのエンジン始動だったのではないでしょうか?
飛ばしては4stサウンドを満喫しながらのローパス、スローフライト。
楽しんでもらえたでしょうかね~。
Takaさんにも飛ばして貰いましたよ。
始めは楽しそうに飛ばしていたけど、飽きちゃったみたい (笑
確かに雰囲気を味わう機体なので、その手の競技をしないと楽しみが薄いかも知れませんね。
Takaさんから指摘されたのが意外と安定しない事 (笑
確かにそうなんですロール方向に小まめな操作が必要です。
どうやらエルロンの構造に問題がありそう。
1800mmのスパンでありながら1サーボと言う凝ったリンケージが採用されているのです。
普段サーボが付く両エルロンの前側にはベルクランク(Uコン用語?)らしきものが内蔵されており
センターのサーボからリンケージされています。
驚きなのが翼の何処かで左右へのリンケージが連結されているのです。
この様に接続箇所が多いせいで、エルロンにかなりな不感帯が発生しています。
ガチャガチャ動くわけです・・・。
もっとこの機体を飛ばすのであればエルロンへ直にリンケージできるよう、サーボを取り付けてしまいたいと思うようになって来ました。
はたしてそこまでやるのか???
やらないと気が済まないような・・・。

Dsc_2047
↑ こちらはポルコさんのオリゾン10電動版。
パイロンレースに向けて作られたキットです。
パイロンレースに合わせて引き込み脚を装備!
私が勘違いしていたらしく標準で引き込み脚仕様だと思っていましたが
ポルコさん自作の引き込み脚でした。
どうりでタイトに組み込まれているわけです。
後縁は左右一直線と言っていたけど若干後退している?
オリゾンの全体のスタイルは格好良いです。
オリゾンがこんなにカッコ良かったとは・・・
テトラのパッケージのカラーリングのせいで形がが解り難いのかな。
私は一回り大きなオリゾンが欲しいかな~って思ったりして。

この機体に合わせて私もホビキンのパイロン機持って行きました。
飛行場の両サイドにポールが立っており、それを周回するらしい・・・。
間隔が狭くてスピードと旋回能力が合わない気がします。
それならスピード抑えて飛ばせば良いのですが舵の入れ方がビミョウ~ (汗
2回落としそうになりました (笑
ハヤカワさんが教えてくれたのですが直線も傾けたまま飛ばすらしいです。
それって、楕円に周るって事?
水平にしちゃいけないって言われても~~~?!
もしかして、軽くラダーをオフセットしておくのかな?
そんな小細工したらスピードが出ないか?
それにしても上手く飛ばせない・・・。
なんか最近、思うのです。
決められたことをやろうとすると上手く出来ないって。
才能ないな~、能書きタレ出したら頭打ちなんじゃないかって思うようになって来ました。
そんな事言ったら散々ブログで能書きタレてるから初めから才能無いってこと (笑
飛ばない事には何か理由があって何かしらそれのせいにして来たけど
才能まで言い出したら救いようないな (笑

グリーンの飛ばし納めも出来、次なる地へ向かいます。
約100kmを高速道路で移動しました。

Dsc_2057
↑ 14時前には到着しました。
KHRさんやMEDさんにご挨拶を済ませ遊ばせて頂いました。
そうだ、UDとコウゴさんも来ていたんです。
コウゴさんは久しぶり~なのですが、ブログ読んで頂けている様で私が思うより久しぶりな感じがしないようです。
私の行動がバレバレだ~。

コウゴさんはF3-RESの機体を既に手に入れていて現在製作中とのこと。
11月の御殿場大会に用意したそうですが多忙に付きキャンセル。
それ以降生地完の状態で放置していたようです。
ここへきてUDさんと私がキット買ったよ~って知ったので製作スピードも上がるのでは。
そのコウゴさんのキットはX-RESだそうです。
先日のMBでヒロイシさんが4位になった機体ですね。
コウゴさんが飛ばしたらどんな飛びをするんだろう。
因みにUDさんと私の機体は只今ドイツから送られている最中です。
いつ頃届くやら・・・・。

Dsc_2056
↑ 飛行機を沢山積んで行ったのでハンドランチはこれ1機。
でも、飛ぶのこれしかないからどっちにしてもこれ1機 (笑

初めて飛ばすところは新鮮です。
フライトエリヤは広範囲で見通しも良く好印象。
14時を回ってもサーマルは出ていそうです。
まぁ、飛ぶかな~って感じで早速321が始まっちゃいます。

しかし、私は戦闘力低いです (泣
相変わらずのロングフライトが下手。
一人だけ乗り遅れて蚊帳の外・・・。
こりゃ、何か違うな?
何だか分からないから厄介。
飛ばし方?機体?空気の読み?
正解が見えないです。
飛行機につづいてグライダーも才能が・・・
またカジロさんにからかわれちゃうな。
浮き沈み激しいよねって・・・・ (汗

稲敷とっても良い所だったので良かったらまたお邪魔させて頂きたいです!

これにて、本年度のラジコンは終わりかな。
皆さん、遊んで頂きありがとうございました。

| | コメント (0)

2019/12/25

第15回 F3K MB杯に参加

Mbcup

今年、最後のF3K大会に行って参りました。
前日がGTRCミーティングでしたから2日連続のラジコンです。
あまり、ラジコン好きじゃない人には良くやるなって言われそうですが
「私、ラジコン好きなので」(ドクターX”大門三知子”風)

もう、最終結果を先に載せちゃいます。
今年最後の大会としては上出来な結果でした。
そして、4ラウンドまで4位だったし (笑
後半、落ちていくのはいつもの事です。
後半のタスクはロングフライト物で苦手だし。
そんな事言って10分5投のタスク要は2分飛べば良いところ1分しか飛べなかったりしますけどね (笑

Ud_20191224184401
↑ MB杯初参加のUDさんと常連?IZさん。

Dsc_2005
↑ 12/21ともなれば寒そうですが思った程ではありませんでした。
しかし、風が強かったですね。
先週もそうでしたが最近、風が強い事が多いです。
風が強いと急に私のフライトエリアが狭まります。
過去に何度も場外を経験しているのでトラウマなのです。
サーマルを追いかけて風下に行っても皆さんより追いきれません。
返ってくることを考えたら早めに戻さないと不安なのです。

Dsc_2003_20191224003401
↑ 今回飛ばしたのはSnipe SNに30gのバラスト。
今の手持ちの中では一番修理箇所が少なく安定した機体です。
それにしても五体満足な機体が無くなってきましたね。
新調しないと競技会に出れなくなりそう。
来年は新しい機体で参加したいなぁ~
淡い夢です (笑

前回のF3-RESは下位に沈み、ほぼ全員に負けてしまった形です。
今回はなんとして半分より上に行きたい。
始める前から、YMZさんとムギちゃんにロックオン。
なのに3ラウンド終了時点で私の方が二人より順位が下です。
ムギちゃん、なんと4位ですって!
YMZさん8位で私が9位。

4ラウンド目が終わって一気に逆転。
私が4位に浮上です。

ここでまた前回からの続きの話・・・。
こんな途中経過知っても計算の遅い私には”誰の捨てタスクが何点で?”なんて
深読みするのは無理な話。
結局、自分と他の選手の順位関係が解らないまま次のラウンドを戦うわけです。
YMZさんやムギちゃんと同じグループになって”直接対決だ”って言っても
最終的な点数の差がどうなるか解りません。
とりあえず、同じ組なら1000分率の分母は同じだから素点で上回っていればひっくり返る事は有りません。
ターゲットより上回る事だけを頭に入れて飛ばせばいいのです。
なので、ジャッジさんにはYMZさんがどれくらい飛んだかだけ教えて!
なんて変な注文してみたりします (笑
しかし、滞空勝負な訳で結局は自分の技量がどれくらいかで点数は決まるのです。
なまじ、人と競っているかのような競技形態が勘違いさせるのかもしれませんね。
ラジコンカーのレースで直接順位に関わるようなバトルをしてきた経緯から
何となくそれとF3Kを被せてしまっているのかも知れません。
ただ、順位が付くという事は人と競っているはず。
それは自分の出来る事を全うした結果が順位になると考えるのが自然なのでしょうか。

 後半戦に入りムギちゃんのジャッジに2回連続で当たりました。
当たりましたとは大当たりの当たるです (笑
選手として競うのも面白いけどジャッジも面白いです。
間違ったことを言うのはダメだけどローカル大会ならではの緩い雰囲気は楽しいです。

結果、6位でしたがそれ以上はあまり望めない順位なのです。
ここ数年のF1の勢力図をご存知の方はピンとくると思いますが
メルセデス、フェラーリ、レッドブルを3強とし
歴然とした差でその下に中団グループが形成されています。
中団グループのドライバーは誰もが3強には敵わないと思い
中団グループのトップを狙ってレースをしています。
その中団グループのトップを”BEST OF THE REST”と呼び
レースに優勝できなくても中団グループのトップが称賛されます。
今回も5名が私的には突出しているので6位以下が中団だとするなら
6位はBEST OF THE RESTです。
最終戦をBEST OF THE RESTで終えられたことは悪くは無いですね。

 F3Kも大騒ぎ?で終了し、フリータイムになってから
先週のF3-RESのデモストレーションが始まりました。
もっとF3-RESを広めようと言う魂胆でしょうか?
素晴らしいYSDさんのランチが披露されて、皆さん感心しっぱなし!
ランチの時、円を描いちゃうのですから驚きです。
ムギちゃんのPURESを飛ばしたりと盛り上がって来た時に
私のフィンピーが登場ですよ! (笑
先週の不甲斐ない結果に誰もが”飛ばない機体”のレッテルを貼ったと思います。
そろそろ、アーベントに入るかなってコンディションでフィンピーを飛ばしてみました。
バラストは無しで良いようです。
良い感じに飛ぶじゃないですか!
このコンディションなら先週はもう少し良い結果になったろうか?
そんな時は他の人も良く飛ぶから一緒かな (笑
フィンピーに興味を示したのがUDさん。
飛ばして貰うと絶賛です (笑
あまりに良いと言うのでビーストが近寄ってきますよ。 (汗
”なに玩具で遊んでるんだぁ?”的な感じですが実は飛ばしたいらしい。
飛ばし出したらフィンピーに似使わない飛ばし方をするじゃないですか (汗
”バレルロールしない”とかそんなの出来なくていいんだからね・・・。
でも、滑空させたら感触は良いらしい。
そして、定点着陸を試みるも外します (笑
悔しかったようで2回も飛ばして、さすがのテクで2回目は見事1m以内。
っとそんな感じで遊んでいると今度はKRTさんが飛ばすって(驚
KRTさんまでアクロまがいな事を・・・。
挑戦しなくていいのに (笑
でも、滑空はとっても褒めてくれました。

皆に褒めてもらってフィンピーも喜んだかな。

Dsc_2009_20191224220301
↑ 今年最後の集まりという事で終わってから温泉宿で忘年会です。
”しし鍋”がメインで出て来る料理で全て美味しいと言う大満足な晩飯でした。
BBさんの漬物も美味しかったですね~
スカイツリーに行くと買えるそうなので今度行ってみようと思います。
寝床は禁煙部屋と喫煙部屋に分かれ喫煙部屋では深夜まで盛り上がってましたね~
私はお酒を少し頂き酔っぱらっちゃったので抜け出して禁煙部屋でお休みさせて頂きました。

翌日は日曜日という事で、またMBへ移動です。
これで3日連続ラジコンです。

Dsc_2012

↑ 前日より風が強く気温も低め。
ペグで指先が痛くなります。
それでも、飛ばしちゃうのです。
最近、飛ばさないFBを飛ばしてみますが、まぁほったらかしていたせいか
全然飛びませんね。
操縦性もイマイチ。
ナント3回も場外しました。
もう、精神的に参ってしまいさっさとかたずけた私です。

しかし、まだ飛ばし足りない人が数名 (笑
ここで、新ルール。
F3-RESで定点着陸が行われるのでハンドランチの321にも取り入れようと。
多分、いい練習になるのでは?

皆がクリアできるように1分半MAXで最後は定点勝負。
これがなかなか面白い。
定点の範囲は操縦位置から3歩以内。
それをオーバーしたらアウトです。
結局、最後まで飛ばしていたのは私でした。

私、ラジコン好きなので・・・

 

| | コメント (2)

2019/12/15

F3-RES MB杯

 行って参りました~!
初、RES (笑
RESは昨日も説明した通り、R(ラダー)、E(エレベーター)、S(スポイラー)
因みにF3のFは模型飛行機で3はラジオコントロールれらしいです。

私のフィンピーがラダーとエレベーターのみなのでREという事から「レ」と呼ばれていました。
っで、前日突貫工事でスポイラーを追加してRESに出世です。

Dsc_1929 
↑ スポイラーを装備したフィンピー。

前日にblogにアップしておいたけど誰も見ていなかったようで
私の機体はREなんでしょと皆から言われました。
まぁ、その方が見せた時のリアクションが楽しみなので良いのですが (笑
スポイラーを付けて来た事に対し数名からお褒めの言葉を頂けたのでやった甲斐が有りましたね (笑
褒められると嬉しいけど、ちゃんと競技で定点着陸を狙いたくて付けたのですから
きっちり機能してくれないと目標は達成できません。

いきなりゴムで引っ張るのは怖いので手投げでトリムとスポイラーの効きを見ます。
ん~、ビミョウ・・・。
きちんと飛ばしてみないと何とも言えない。
ならばと、ゴムで引っぱっちゃう事になり、初ゴム体験。
っと思ったら、実は尾島でフクロウさんと2~3回やったことが有るのを思い出しました。
でも、1年以上前だしやった内に入らない回数だし忘れてます。

私がゴムで飛ばす時には御殿場チームの人達が皆でサポートしてくれました。
全然、要領が解らないので助かります。
皆さんの言うにはフィンピーのフックの位置が悪いらしいです。
確かにゴムで引っ張ると、上昇していくのにアップが必要です。

Dsc_1927 Dsc_1926 Dsc_1925
そこへ、ナカムラさんがフックを持って来てくれたのです。
その取り付けもお願いしちゃって、トリイさんに加工して頂きました。
フックの補強用にベニヤまで裏打ちして頂きました。
クラハシさんも後ろから覗き込んでアドバイスしてくれています。
あっという間にフックの取り付けが完了です。

フックを重心位置に付けてから、真っすぐ上昇するようになり高度が稼げるようになりました。
やはり、経験のある方達のノウハウは素晴らしいですね。

さて、フィンピーは飛んだのでしょうか?
飛ぶことは飛びます。
しかし、他のバリバリなF3-RES機と比べるとカテゴリーが違う気がします。
スパンが1500と言うだけで小振りで頼りない感じ・・・。
HRTさんには玩具だとからかわれるし (笑
確かに誰が見てもそんな感じですよね。

生憎、この日は風が強く3~4mってところでしょうか。
本来F3-RESの持ち味であるフンワリフライトは無理な状況で
皆さん100g近いバラストを入れてのフライトみたいです。
それに合わせてフィンピーも前が軽そうなのでノーズに単4電池を仕込みます。
バラストは使い切りのアルカリ電池です。
それで、バランスが良くなって飛ぶようになってはきましたがイマイチ飛ばし切れません。
翼厚が多い分一切走る感じが無いのです。
なのでサーマルに乗って風下へ行っても戻りを考えると早めのリターンとなりタイムが稼げません。

午前中は一度だけ1000点が取れて浮かれていましたが下から2番目の順位でした (汗
それには問題が有るのです。
定点着陸というF3Kには無いシステム。
1000点が取れた時は2m以内で加点出来ましたが、それ以外は10m以上で0点だったり・・・。
風が強い時の前に出ない機体は定点着陸が難しいです。

そうそう、簡単に点数の付け方を書いておきます。

フライト時間は点数にして倍になります。
6分=360→720点

定点着陸は1m以内は100点。
2m以内→90点
3m以内→80点
4m以内→70点
5m以内→60点
6m以内→50点
7m以内→40点
8m以内→30点
9m以内→20点
10m以内→10点
10m超えは0点

よって、6分MAXなので720点+100点が満点って事ですね。

これを、グループ内トップに対して1000分率で表示します。

折角スポイラーを付けたのに風が強くて使わなくても充分速度が殺せます。
また、フィンピーは良く速度が落とせるんです。

このままではいけないと思い、お昼休みにセッティングです。
重心位置に単3電池3本と、ノーズに単4電池2本仕込んでみたら、なかなかいい感じです。
午後からの競技に期待が持てそう。

しかし、午後からの競技では昼休みとは全然違う動きをします。
原因は解らないのですがランチからしておかしいのです。
ピッチングが激し過ぎ!
滑空時間は短いけど定点着陸はドンピシャの10㎝くらいにおりました!

戻ってからバッテリーのハッチを開けてみたらノーズに突っ込んでおいた単4電池が後ろに移動していました。
頭上げの原因はこれだったのですね。
お昼休みの感じで飛ばしたかったけど、これが最終ラウンドで消化不良~。

順位は定点着陸を決めたおかげでしょうか、一つ上がって下から3番目をゲット。
って、いくら何でも酷すぎだぁ (笑
フィンピーだからってもう少し行けると思っていたのに~
でも、現実はそんなに甘くは無いですね。

フィンピーにこだわるならフィンピーの薄翼版を作ってみたくなりました。
そうそう、ナカムラさんが次回もフィンピーでねって言うのですよ。
それは、何を意味するのか?
下位にいてね、という事でしょうね 。
そう言われるとリベンジしたくなる気も無くは無いです (笑

ちょっと考えたのが「スカイウオーク」にスポイラーを付けるのも面白そう。
安価で、作り易くて気軽に出来そうな気がします。
それにスポイラーの追加は苦になりません (笑
場合によってはスカイウオーククラスなんて別枠であったら面白そうですよ。
まぁ、それだと2Mの翼長で優雅に飛ぶRES機の雰囲気は無くなってしまいますけどねぇ。

Dsc_1938
↑ タカちゃんランチ。
誰よりも引っ張っていたような (笑
後ろでフクロウさんが飛ばしてます。

Dsc_1940
Dsc_1935
↑ 定点狙ってアプローチしてきました。
Dsc_1936
↑手前のサッカーボールの座布団みたいなのが定点です。
これだと5mってところでしょうか?

Dsc_1939 
↑ 風はあったけど寒くてしょうがないって程じゃなく
リトリブ?するのにフックを拾って走ると体が温まります。

Dsc_1937
↑いつも見慣れているF3Kの機体より大きいので優雅に見えます。
先週、F3Kやったばかりですから尚更そう感じるのかも。

Dsc_1941 
↑ OZさんの定点狙い。

Dsc_1944
↑ OZさんのSLITE V2。
初めて組んだバルサキットだと言っていましたがとっても丁寧に作られていて
流石です。
っで、その機体ですが変な格好していますね???

Dsc_1945
↑  刺さっています (笑
規則で刺さると定点着陸は0点らしいです。
刺さっても10秒以内にテールが地面に触ればOK。

Dsc_1933
↑ ジャッジの人がランチをするのも有りの様です。
慣れないうちはやってもらえると助かります。

Dsc_1934
↑ ワタナベさんの力強いランチ・・・っとF3Kなら書くところですが
角度を合わせ手を離すだけでスルスルっと上昇していきます。

Dsc_1931
↑こちらは誰の機体だろう?オオサコさんかな?
SLITEの使用率高いです。

Dsc_1928
↑ タカちゃんもSLITEです。
なんと、練習タイムに川ポチャのおまけ付き。
大事に至らなくて良かったですね。

Dsc_1942
↑ サーマルも出始めて気持ちよさそうにサークリングしています。

Dsc_1954
↑ こちらはナカムラさんのSAMBA。
参加中1機だけでした。
翼面積が一番広そうに見えました。

Dsc_1953
↑カラーリングが素敵なナカモトさんのサギッタ。

Dsc_1952
↑ フライングテールなんです。

Dsc_1951
↑ PURES はVテール。
抵抗が少なそうですが、ラダーの方が良く曲がるらしい。
これはナカモトさんの機体ですね。

Dsc_1949
↑ これもSLITE。
ヨシダさんの機体だと思います。
ヨシダさんが優勝なのですが5ラウンド中4ラウンド1000点と手が付けられない状態です。
次戦、止めることが出来るのでしょうか?

Dsc_1948
↑ ヨシダさんのピメンタ改ですね。
胴体はバルサで作られています。
モーターが付いているので、これでF5Jも参加しているのでしょうかねぇ?

Dsc_1947
↑ ワタナベさんのサギッタです。

Dsc_1946 
↑ ワタナベさんの機体ですが、なんと遊我の主翼が使われています。
2mまで翼端を延長しているそうです。
遊我ってピュアグライダーとして仕上げるとF3-RESにピッタリなんですね。
それはそれでやってみたい気がします。

Dsc_1950
↑ SLITEですが誰のか解らな~い? (汗
ごめんなさい。
これはタカちゃんのでした。

Dsc_1959
↑ PURES・・・これも誰のか解りません。
こちらはヒラモトさんのだと解りました。

Dsc_1960
↑ ヒラモトさんのSLITE。
SLITEって書かなくても機体に解りやすく書かれてる。
周りがクリヤなフィルムなのに対してソリッドな色使いで威圧しています。
毒々しい配色はウミヘビを思わせる。

ブレーキの設定が上手くいかなくて定点着陸に苦労していたみたいです。
競技終了後に調整し直したら良くなっていましたね。
ちょっと、変なくらいが良いんですけど~ (笑

Dsc_1961
↑フクロウさんのPURES。
この機体を飛ばさせてもらいました。
困ったな~
フィンピーと全然違うんですけど~。
翼長2mは全然いいです。
空気の捉え方が良い。
なのでディスタンスがとても良いんです。
ゴムだとヒラモトさんのSLITEと遊べるのは良いですね~。
これがF3-RESの面白い所なんでしょうね。

Dsc_1958
↑ MUGIちゃんのPURESです。

Dsc_1957
↑ これもMUGIちゃんの機体らしいけど、機体名が解らない・・・。
翼端細いですね。

Dsc_1956
↑ ヤマザキさんのSLITE。

Dsc_1955
↑ 御殿場チームの誰かのSLITEですね。
SLITEの使用率高いですね~。
ヒロイシさんのX-RESでした。

Dsc_1962
↑ 私のフィンピーはフック位置を付け直すことになりましたが
SLITEは可変式なのです。
バラストを入れたり多少重心をいじった時なのフック位置の調整が必要になります。
そんな時、可変式はありがたいですね。
これが付いていないと、穴の開け直しになるのでしょうか?
SLITE良いなぁ。

F3-RESに参加してみて・・・。
一番、気に成るところですね (笑
正直に言うと・・・

 





面白いです。

ランチはゴムで引っ張るからみんな一緒。
御殿場チームの躍進は素晴らしかったです。
タスクは滞空勝負だけ、それに定点着陸のおまけ付き。
滞空と着陸で競えるのは面白かったです。
機体も、洗練されたスタイルでかっこう良い。
華奢の様でゴムのランチに耐えるギリギリの強度が繊細さを醸し出してます。
ゴムで引っ張れる場所があればお手軽なピュアグライダーだと思います。

今回、一人だけカテゴリーの違うような機体で参加したので蚊帳の外でしたが
もっと、中間あたりで競えたら楽しいでしょうね。
さて、それでは機体を選定しないと。
これがまた難しい。
今回、多く見かけたのがSLITEとPURESでした。
他にもRES機は有るのですが、基本的に性能はかなりな水準に達していると思われ
どれを手に入れても充分飛ぶのだろうと思います。
後は、普段の扱いやすさや作り易さなども考えたらいいかと思います。
まだまだ、F3-RESは創成期なので他の主翼を使ったりするのは面白いです。
ピメンタと遊我の主翼再利用かな? (笑

さぁ、私は何を買おう~
(次回もフィンピー?)

F3res

| | コメント (9)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

12K (FUTABA) 14SG(Futaba) 16SZ Aigis (sky-modeling) Air Camper (Hobby king) AirFlowラダー機 (JR) alula TREK alula コピーのsimula Angel S30E ARFミーティング ASW 28(EPO) AURI BAMF DG-1000(FLYFLYHOBBY) ELF F-15 Blue camo F4U コルセア (フェニックスモデル) Fire Blade2.5 Fire works miniS Flitz Flitz2 FMS OLYMPUS GTRCミーティング K・S・F・Cオフ会 Mini DLG(HK製) mini SAL 1000mm(自作) mini SAL800(自作) Musette MythoS 30E Mythos 50 New Acuracy OK模型 サフラン2 OK模型 パイパーカブ OK模型 ピメンタ2m P51 ムスタング (フェニックスモデル) SALPetra SALグライダー ソフィア SBD DAUNTLESS(フェニックスモデル) SERA DS SLITE V2 (F3-RES) snipe Snipe 2 SPITFIRE Mk2(フェニックスモデル) STAR RIGHT F3A 50 Stark Pro STOBEL DLG Stream NXT SUN RISE ULTRA SPORT 46(Great Planes) Voodoo YF-16 70mmEDF (Freewing) yokomoGT500 いろいろな機体製作記事 つぶやき アトランティス6 カルマートαスポーツ サーマル工房 CROSS EPO サーマル工房 YUGA シルキーウインド・パンサー テトラ エクストラ300S デコパネ スタント1号機(自作) デコパネ スタント2号機(自作) デコパネ スタント3号機(自作) デコパネ スタント4号機(自作) デコパネ スタント5号機(自作)カネゴンSPL デコパネ プッシャー機(自作) バレリーナ20(テトラ) ピーナッツスケール機 フィンピー15 フォルクスプレーン600(自作) ブラスター3 ブラスター3.5 ポンコツ号 アイちゃん マイクロSAL(自作) ムサシノ スバル09号 ムサシノ ホリディ ラジコン ヨット 耐久レース 自作小型スタント機(ゴールデン) 電動バギー 電動ヘリ 電動ボート 飛行日誌 飛行機ネタいろいろ