AURI

2019/04/25

AURI バラスト 2

Dsc_0064_1

Dsc_0063

Dsc_0065

Dsc_0074

Dsc_0077

今回はHRNさんのAURIにバラストを用意しました。
HRNさんはレギュラーとライトを持ているので1セット用意しておけば両方に使えますね。
前回、HRKさんに用意した時は20,30,40,50gです。
今回は20,30まで同じで50,70gに変更です。

先日のMH杯でSnipe2の全備重量290gがとても調子良く、明らかに270gでは足りなかったのです。
それを踏まえて今回は70gまで用意して全備重量280辺りを目指しました。
前回作った上限50gでは260gにしかならないのでちょっと足りなそうなのでした。

20,30gは微風時にチョコチョコベストを探るのに重宝しそうなので敢えて10gで刻んでみました。
その辺は後から幾らでも変更できるので暫定って事で良いと思ってます。

Dsc_0075 

↑70gを仕込んだ時の全備重量は281.5g
これで飛ばしてみたいですね。
どうなりますか・・・
ただ、依頼人のHRNさんがここまで載せて飛ばすかって事です。
5mの風になったら飛ばさないと思われます。
だとしたら使う事無くしまわれてしまう事が予想できます。
危ないけど一度は飛ばして貰いたいな~。

前回、バラストチューブの固定方法は説明しにくいからと割愛しましたが今回は簡単だけど書いておきます。

Dsc_0067

↑重心位置と思われるところにバラストチューブを固定したいので重心辺りにおもりを付けます。
オモリは均等にバラストチューブに乗るように同じ大きさの物とします。
右のサーボホーンはバラストチューブを固定の位置に留めるための治具です。
ホーンを上部方向へロッドに軽く接着しておきます。

Dsc_0068_1

↑バラストチューブを被せます。
バラストチューブと重りは隙間がありスカスカに動きますのでサーボホーンで抜け落ちてこないように抑えています。

Dsc_0072_1

↑胴体後方を上に持ち上げバラストチューブがホーンに引っかかった状態で挿入していきます。

Dsc_0071_1

↑分かりにくいので角度を変えてもう1枚載せます。

間違っても尾翼側を下にしない事。
バラストチューブがすスルっとブームの奥に落ちていちゃいます。

バラストチューブは挿入前に接着面をサンディングしてエポキシ接着剤を塗布しておきます。
塗布する部分は接着される部分となる下部です。
挿入時多少バラストチューブが回ってしまう事が想定できるので90度くらいの範囲にエポキシ接着剤を塗布しておくと失敗が防げます。

バラストを取り付けの穴に挿し実際に使う状態にセットします。
セット後オモリの自重でバラストチューブが胴体に押し付けられ接着されます。
硬化したらバラストを引き抜くとバラストチューブがブーム内に接着されているはずです。

今回はピアノ線も長さに余裕が有るので、後ろ目重心も設定出来ます。
出来たら飛ばしたいですね。

Dsc_0078

↑バラスト取り付け状態

| | コメント (0)

2019/04/08

AURIのバラスト

先日、HKさんのAURI Lightと私のSnipe SNで飛ばす機会が有りました。
風の中、AURI LightはノンバラでSnipe SNは50g入り。

バラスト入りはランチも風に乗ると高度が高くなるし、行動範囲も微風時と変わりません。
しかし、軽量機は帰還を考えたらそう遠くまで飛ばすわけにもいかないし、何より機体が暴れて飛ばし難いのです。
そうなるとAURI Lightが劣勢となります。
そのAURI Lightには組み上げ時バラストを設定していません。
いつも依頼人の方たちは風の中飛ばす事が無いからです。
大会に出る訳じゃないので強風の中そんなにせっついて飛ばす必要もないのです。
でも、今回は私個人の興味としてバラスト積んだAURI Lightを見てみたいのです。
自分のSnipe SNのように飛ぶのでしょうか?

HKさんから依頼されたわけじゃなく、私が言い出してバラスト積むことが決定です (笑
後日、私の元へAURI Lightが持ち込まれました・・・。

バラストはSnipe意外作ったことが有りません。
なのでAURI用を先に作っているNOさんに画像見せてもらったりバラストチューブにするカーボンパイプ貰ったりと情報と材料を収集しました。
オモリは釣具屋さんで安いものを買って、そのオモリをピアノ線に通してロッドストッパーで留めます。
残念だったのが1mmのピアノ線がスーラジで売り切れだった事。
なんで売り切れか?この前私が全部買っちゃったから (笑
それから補充されていないみたいです・・・ (汗

買い占めた私なら持っているだろうと思ったら大間違い。
AURIのエルロンリンケージに使っちゃって半端な長さしか残っていません。
今回はそれで間に合わせましょう。

バラストの固定方法は胴体の重心位置付近に長さ40mm内径12mmのカーボンパイプを固定し
ここにバラストを通して動かないようにします。
どうやってカーボンパイプを良い位置に固定しようか悩みましたが、文章じゃ上手く説明できないので割愛します (笑
ピアノ線の固定はサーボベッドに穴を開けて差し込み、脱落防止はハッチを閉めて行います。

作る重さは20g、30g、40g、50gの4セット。
風速2~3mで30gが重い時20gは良い仕事します。
そこから10gステップなら十分風に対応できると思います。
それこそ大会に出ないのであれば50gまであれば用は足りそうです。

Dsc_1450

Dsc_1447

Dsc_1448

Dsc_1449

↑使ったオモリは釣具屋さんで〇号と書かれています。
この〇号の意味はどうやら3号が10gらしいです。
表記が半分の1.5号は5g、2号は7.5g。
そんな感じです。
バラストを組むのに正確に組む必要は無いと思いますがピアノ線とロッドストッパーを含めた総重量で
作りました。
1.5号と2号を組み合わせると総重量で良い所に当たります。
4組作ってどれも1gもズレませんでした。
30gの30.08gは驚異的な数値 (笑

Dsc_1452

↑4セット完成どれも同じ重心位置に合わせてあります。
ただ問題が発生しました。
余り物の1mmピアノ線の長さが足りないのです。
40gは0.5mm前寄りになっちゃったけど50gは3mmも前重心になっちゃいました。
同じ長さのピアノ線におもりの数を増やすと前にしか増やせませんからしょうがないです。
有り合わせのピアノ線で重心が合わせられただけでも奇跡だと思います。
50gは飛ばして良くなかったら作り直すか、その時だけテールにオモリ貼りますかね。

Dsc_1451

↑取り付け状態。
ハッチが閉まれば抜けない仕組み。
サーボベットの取付穴は2か所設けましたが重心位置付近でこの程度の距離はたいして効果有りません。

何グラム載せたか分かるように重さの表記を見える所したのはHKさんへのサービスです (笑
ハッチを外せば直ぐに分かっていいでしょ?

Dsc_1459

↑早速、HKさんがバラスト仕込んでます。
風の無い時に全数チェックしてました。
その時UDさんがいろいろ面倒見てくれていましたね。
私はホリディαのセッティングに夢中です (笑

朝は微風、正午前くらいから風が強くなってくる予報です。
なのでこの日のメニューは朝にホリディαの調整、風が出てきたらAURI Lightのバラスト調整。
私のホリディ調整がひと段落してホリディαとAURI Lightで321をやってから徐々に風が出てきました。
丁度いいタイミングです。
風の強さに合わせて、バラストを増やしていくような最高のコンディション (笑

20gからやらせてもらったら本当に風が強くなり、30g、40g、50gと段階ごとに飛ばす事に。
先日自分のSnipe SNで調子良かったセッティングを織り交ぜながらAURI Lightのセッティングを詰めていきます。
前にも書いたけどなんてことは無い、私好みに合わせているだけ? (笑
でも、私の好みは楽に飛ぶような感じだからそれで良いんじゃないか?(爆

40g辺りからランチ高度も良い感じになって私のやりたかったシチュエーションがやって来ました。
この辺の飛びを見たかったんです。
風速5mくらいでどうなっちゃうか?
調整をして行くとどんどん私の好みに近づいてく (笑

おおっ!
来たか!?

自分のSnipe SNより飛んじゃってんじゃないの?
40gでギュインギュイン飛び始めました。
失速感の無い飛びはSnipe SNをしのいだかも。
反対に今度はSnipe SNをAURI Lightみたいに飛ぶセッティングをしないと。
こういう風の時に比較して何処まで追い込めるかで初めて風の強い日の評価が出来るのでしょうね。
今の所、私のSNよりAURI Lightが先行っちゃった気がしてます。
そう思えるのは私の機体とHKさんのAURI Lightとの関係です。
絶対的な評価ではないという事です。

さて自分の機体より良い感じになったのはセッティングした者としては嬉しいような悔しいようなビミョウ~~~~~!

もっと風が強くなって8mくらいになっってきました。
ランチ前のセットポジションでは機体が煽られて始動できません。
たまらず・・・

HKさん50g入れて~!

↑の画像がその時ですね。
40gと50gでしっかり違いが出ます。

ランチも良い風が当たってギュインって伸びます。
軽量、無風じゃ味わえない感覚。
とりあえず用意した50gまで無難に飛ばせました。
あっそう言えば50gは重心が前重だったけどそのままにしちゃった。

飛ばさないだろうなぁと思ったけどHKさんに飛ばして見る?って聞いたらやる気です!
いつもだったら飛ばさないくらいの風。
でも、50g入れたAURI LightはHKさんを裏切らなかったようです。
もともと力のあるHKさんですが自分でも未体験ゾーンのランチ高度に到達してるはず。
そして、飛ばし方も微風のフンワリじゃなくビュンビュン飛ばす感覚は初体験だったでしょう。
HKさん楽しくなっちゃったみたいでしばらくフィールドから戻って来ませんでした。
あんな飛び方したら楽しいですよね。

遠くから見ていても良い感じに飛ばしていました。

| | コメント (0)

2019/03/21

AURI Light その後

Dsc_1287_1

初飛行の後、がんがん飛ばしているHKさん。
かなりなお気に入りの様でこればかり飛ばしてます。
何でもそうですが新しいものは良く思える効果って有るしね (笑

好評のAURIですが、端で見ていると初飛行の時ほど良さそうに見えないのは何出でしょう?
一緒に飛ばすとSnipeに分が有ります。

そう言えば引き渡しした時って風が強かったっけ・・・
忘れちゃったけど、今度またセッティングやらないとって思っていたような?

飛ばさせてもらったらやはり風の強かった時とは全然セッティングが合わず
風速2~3mのコンディションの中やり直しました。

各コンディションでのディファレンシャルをチマチマやったりD/Rも飛ばし易い範囲に収めました。
ランチの設定は強風時に合わせていたので今回のコンディションではロスだらけ。

各所見直したらだいぶ満足いくレベルになりました。
自分のSnipeと比べても似たようなレベル。
そして一緒に飛ばしてみるとまた風が・・・

早々に私はSnipeに40gのバラスト入れて270g。
風の中そこそこ飛びます。
ランチもバラスト効果で数メートアップ。
それと215gのAURIでは別世界の設定をしているようなものです。

HKさんはあまり風の強い日は飛ばさないだろうとバラストの用意はしていません。
だけど私がAURIにバラストを入れて飛ばしたくなりました。
個人的な興味でバラストチューブを仕込ませてもらってバラストも用意しようと思います。
3m超えたらバラストが欲しくなるのは確かなので付けられるようにして損は無いでしょう。

20g30g40g50gの予定です。
それ以上は競技会レベルの話なので必要ないかな・・・

AURIの他の機体との違いって・・・
まだ良く分かりません。

私のやるセッティングってSnipeに似せてるだけな気がします。
いや、自分の飛ばし易いと思う状態にしているだけ?
個人の持ち物って全部その人の雰囲気が有るものです。
ラジコンもまったくそうなんです。
ハンドランチ機の違いってその辺の雰囲気はどうでもよくて実際の飛びに関しての性能なんですね。
脚があるとか、反応が良いと。
自分判断の評価なんて自分のレベルから超えられるものではないです。
こればかりはもっと経験を積まないと分かりにくいし、そういう場面で比較しないと(戦わないと)分からない部分なんです。
もっと客観的にインプレが出来ないといけないが、今のレベルじゃ機体の性格を位置付けるほどの知識が足りな過ぎ。
もっと自分が飛ばせるようにならないと機体の評価なんて出来ないと思ってます。

違いの分かる男になりたい・・・・

| | コメント (2)

2019/03/20

AURI Lightロールアウト

BAMFは組み上がった翌日にロールアウトです。
まぁAURI2機もほぼ同じ時期に出来上がっているので完成直後にロールアウトです。

先ずはAURIから始めます。
ちょんとメーカーの設定を見て各種データを入れ込んできました。
っと言いたいけど半信半疑な数値も載っていたので結局自分の想像の範囲で設定して見ます。
かと言って全然ダメなわけじゃなくそこそこの経験を元に設定を施します。

AURI Regularは難無く飛んでしまったのでAURII Lightも手こずることなく飛んでしまいました。
210g台の機体はやはり軽いです。
そして今回はペグがSnipe用なので尚更投げやすいし。

重心はメーカー推奨の63~64mmに納めてあります。
そう思うとこの重心が適正に感じます。
これってプラシーボ的な感じがしますが確かにグライドも良いし旋回のバランス良いです。
これはこれで少し頭を軽くしたがる私のデフォルトを打破してくれる良い機会かもしれません。
驚いちゃうのが少し風が有っても前に出るんです。
私のSnipe SNは向かい風に弱く帰って来るのにハラハラします。
(実際帰れない事もしばしば・・・)
ペネトレーションが良いと言うらしいです。
翼端の絞り込んだ部分がそうさせているのか微妙ですが、
とにかく前に出ます。

コストパフォーマンスで言ったら一押しの機体かも知れないです。
でも、まだどんなポテンシャルを持っているか私には良く分かりません。
もう少し他の機体と比較してみたいと思います。

Dsc_1240_2

↑AURI lightが3機です。
手前のはNOさんの機体。
NOさんはご自分で組まれております。

HNさんのAURI Regularが有れば壮観だったと思います。
3機でも一か所に有るのは凄いと思いますが (笑

Dsc_1242_2

↑2機目のAURIを手にするHNさん。
その性能に笑みが・・・

Pokky_2

↑風の中びゅんびゅん飛ばしたHKさん(ホビキンじゃないです)
やはり気に入ったようで、HKさんのデモ飛行で欲しくなった人がいるかも知れませんよ。

プロポの設定は2機ともまるっきり同じ。
私が組むからそうなりますね。
皆さん疑いもせず設定をそのまま使っていただけるので私も気軽に中を見れてやり易いです。

| | コメント (0)

2019/03/15

AURI lightをもう一機組みました。

もう一機AURI light.verを組むことになっていました。
こちらはコスモテックさんからの入手品。
前回のがHyperflightからの海外通販。

同じlight.verですが今回のモデルはエルロンがチェッカーカーボンです。
同じ手法の機体にFlitzがありました。
以前、ハンドランチ上級者の方からエルロンだけを硬質の物にするのはフラッターに効果があると教えられました。
ならば今回の機体は良い方向位に仕上がっていると言えそうです。

Dsc_1161
Dsc_1162
Dsc_1163

前回の機体と見分け付かないけど結構カラーが違います (笑

Dsc_1158

↑2機並べるとロゴの入っている位置が違うし翼端のラインの数も違います。
因みに左が今回機体です。
エルロンで識別できますね。

諸元

機体重量197.2g
全備重量 214.5g (バッテリー10.5g、ウエイト6.79g含む)
CG 63.5mm (63~64mm)
サーボ         KST x08 4個
バッテリー    380mA(1セル)
受信機         corona R4FA

前作より若干ケツ重になったのでウエイトが増えてしまいました。
その分重くなりましたがほとんど同じような重量で仕上がりました。
組み方がまるっきり同じと言う事も有りますけどね・・・。

ほぼ半日で完成してしまいました・・・
(手抜きなのかな???)

| | コメント (1)

2019/03/14

AURI lightを組みます。その5

Dsc_1137Dsc_1138Dsc_1139
Dsc_1140_2 Dsc_1231

あれよあれよと完成です。
一度組んだことのある機体なので早いのでしょうね。

ただリンケージは毎回模索しながら組むのでその部分は時間がかかります。
果たしてどんな飛びをするのか楽しみです。
(自分の機体じゃないですけどね・・・)


諸元

機体重量197g
全備重量 212.3g (バッテリー10.5g、ウエイト4.8g含む)
CG 63.5mm (63~64mm)
サーボ         KST x08 4個
バッテリー    380mA(1セル)
受信機         corona R4FA

CGに関しては飛ばしながら合わせるようになると思います。
Regular.verは70mmで飛んでいましたからこの数値はどうなのか???です。

何はともあれ飛ばしてみないと。

| | コメント (4)

AURI lightを組みます。その4

Dsc_1172

↑純正のペグが右側。
前作は純正をそのまま付けました。
形状は指に掛かる部分もカーブしています。
それ程問題ないだろうと使ってみたけどやっぱり投げにくい。
一応、段付きです。

っで、今回は(左側)指に掛かる部分を削って持ちやすくしてみました。
(自分の指に合わせてもしょうがないけど・・・)
持った感じは実にフィットします。
でも、力の入る部分がセンター寄りにずれてしまいました。
ハンドランチだと円運動で翼端を持って投げるのでペグの位置が前だと左に巻き込む心配が有ります。
だとしたらこのペグはあまり使いたくないですね。

Dsc_1123

↑結局、付けたのはSnipe用ペグ。
投げ慣れたペグは安心です。
多分、前作より力入れやすいと思います。

Dsc_1127

↑バイロンの取り付け。
今回も水平尾翼はブームの下側になりました。
前作も下で違和感がなかったので下にしました。
本当は上にしたい気も有りましたが依頼人が下でと言うのでご希望に合わせます。

バイロンの接着は瞬間接着剤です。
主翼を取り付け左手で水平尾翼をブームに押し当て後ろから水平を見ながら右手に瞬間接着剤を持ってここだ!と言う時にほんの少し仮止め的に接着します。
ずれが生じていない事を確認しながらどんどん接着していきます。

この辺はほとんど自分の目と感覚の気合一発的な作業です (笑

Dsc_1126

↑垂直尾翼は水平尾翼より平和に付けられます。
あらかじめブームに挿せる様差し込み口が取り付けられています。
前後の傾きは気にすることなく左右のずれだけ気にすれば良いのでかなり楽です。
それは水平尾翼も同じですが垂直尾翼は挿してしまえば落ちないですから。
Snipeの垂直尾翼を付けるより簡単です。

この部分の接着はエポキシを使ってます。
挿し込んだ後も垂直を微妙に修正するためです。
しかし、水平尾翼を気合一発で接着するなら垂直尾翼も出来そうです (笑
Dsc_1128

↑画像では解り難いが「太刀魚のハリス」が足りないです。
ボビンに巻かれた残り全部で足りると思ったのに・・・・
後3㎝あればなぁ。
先にサーボ側をカシメてしまったのでどうにもなりません。
そんな話をNさんにしたら「途中でつぎ足せば良い」と言われました。
その発想は無かったです!
でも、ハリスは沢山あるので通し直しました。


| | コメント (0)

2019/03/13

AURI lightを組みます。その3

Dsc_1113

↑サーボホーンの高さ調整にシャフトの入る部分にOリングを入れました。
このパーツはピーナッツスケールの機体に使ったような・・・?

Dsc_1109

↑テトラの製品でした。
3.5×1.5だそうです。
これがx08のシャフトにジャストです。

Dsc_1117

↑こんな感じにサーボとの間にクリアランスが生まれます。
この隙間にリンケージの折り返した部分の逃げとなります。
ブレーキを下した時サーボの上を1mmのピアノ線が行き来する感じです。

Dsc_1119

↑リンケージのガイドが今回はポリミドチューブに変わっていました。
前作はPPパイプのような物が付属されていました。

このエルロンリンケージってかなり古いシステムですがこれって結構扱いやすいのです。
工具使わず簡単に付け外しが出来ます。
この後組み立てるBAMFも同じ方式ですね。

Dsc_1122
↑ビルドマニュアルだと28mm下れば良いようですが、今回のMAX設定でバサッと35mm降りてます。
十分すぎなので多分減らすことになりそうです。

| | コメント (0)

AURI lightを組みます。その2

エルロンホーンが付いたらリンケージです。
その前にサーボの位置が決まらないと胴体に穴が開けられません。
メカプレート?サーボマウント?はStark proと同じ物です。 これってあの忌々しいヤツじゃ?(笑
ハンドランチでは異例のサーボ横向き搭載。 幅広なノーズは省スペースが多い中では大判振舞いです。
その材質はFRPですがこれがまた分厚くて重量級。
本来なら軽量化したいところですが、ハンドランチの「あるある」でほとんどの場合前が軽くなります。

この機体も例外ではなく前が軽くなるのでサーボマウントを軽くしてもウエイトを入れることになり意味がないのです。
軽量化するどころか見栄えを重視し、カーボンキュアシートでドレスアップの方向へ走ります  (笑

Dsc_1095

↑キュアシートを貼り付ける前にサーボ取り付け用穴を瞬間接着剤で埋めておきます。
穴がデカすぎてKSTx08に付属のネジが使えません。
サーボを載せたら1.2mmのキリで下穴を開けてネジで固定です。

Dsc_1096

↑サーボのホーンは全て2個目の穴(軸から7.5mm)
左からラダー、エレベーター、エルロンL、エルロンR。
エルロンは背の低いタイプを使用。

サーボコードはマウントしてからだとコネクターの処理が面倒になるのでこの時点でカットし付け替えておきます。

Dsc_1100

↑サーボコネクターはどちらで購入してもオスメスセット売りでメス側が余ります。
オスのコネクターが17個有るのでピンだけAmazonで入手予定。
注文したけどまだ届かないです・・・。

待ってられないのでKKホビーから10セット入りを5袋買ってしまいました。
またメスが沢山余りますが、Amazonからピンが届けばそれらも使えるようになります。

Dsc_1105

↑サーボベットも固定しました。
コードが短いので受信機を中に入れてからコネクターを挿します。

前の軽い事を最小限に抑える為、サーボを出来る限り前に寄せています。
そのお陰で受信機とバッテリーのスペースが狭くなります。

| | コメント (0)

2019/03/12

AURI light を組みます。

手元に来てからひと月位放置・・・いや、作る暇がなかったのですがやっと時間ができて作業開始です。
ハンドランチの一番緊張する作業と言えばエルロンホーンの取り付け。
これはどの方式でも難関です。
ここをヘマると性能に大きく影響するし、見栄えが悪くもなります。
私の場合依頼品が多いので見栄えの方はかなり気にします。
(精度もある程度は気にしてますよ(笑)
エルロンの翼根はチェッカーカーボンなのでスリットの加工がやりにくいです。
色々な工具を駆使してやるようですが私はカッターで何度もなぞりながら切り込んで行きます。
ホーンの取り付けは低粘度の瞬間接着剤を使います。 ロハセルに染み込んでホーンの周囲を硬化させることが目的です。
今回のエルロンホーンはエルロン裏面(ヒンジライン)から穴位置までを10mmにしました。 これにサーボホーンの穴位置を7.5mmに設定すればブレーキは十分に降りるようです。
エルロンホーンに対して75%のサーボホーンの穴位置って事ですね。

Dsc_1094

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

12K (FUTABA) 14SG(Futaba) 16SZ Aigis (sky-modeling) Air Camper (Hobby king) AirFlowラダー機 (JR) alula TREK alula コピーのsimula Angel S30E ARFミーティング ASW 28(EPO) AURI BAMF DG-1000(FLYFLYHOBBY) ELF F-15 Blue camo F4U コルセア (フェニックスモデル) Fire Blade2.5 Fire works miniS Flitz Flitz2 FMS OLYMPUS GTRCミーティング K・S・F・Cオフ会 Mini DLG(HK製) mini SAL 1000mm(自作) mini SAL800(自作) Musette MythoS 30E Mythos 50 New Acuracy OK模型 サフラン2 OK模型 パイパーカブ OK模型 ピメンタ2m P51 ムスタング (フェニックスモデル) SALPetra SALグライダー ソフィア SBD DAUNTLESS(フェニックスモデル) SERA DS snipe Snipe 2 SPITFIRE Mk2(フェニックスモデル) STAR RIGHT F3A 50 Stark Pro STOBEL DLG Stream NXT SUN RISE Voodoo YF-16 70mmEDF (Freewing) yokomoGT500 いろいろな機体製作記事 つぶやき アトランティス6 カルマートαスポーツ サーマル工房 CROSS EPO サーマル工房 YUGA シルキーウインド・パンサー テトラ エクストラ300S デコパネ スタント1号機(自作) デコパネ スタント2号機(自作) デコパネ スタント3号機(自作) デコパネ スタント4号機(自作) デコパネ スタント5号機(自作)カネゴンSPL デコパネ プッシャー機(自作) バレリーナ20(テトラ) ピーナッツスケール機 フィンピー15 フォルクスプレーン600(自作) ブラスター3 ブラスター3.5 ポンコツ号 アイちゃん マイクロSAL(自作) ムサシノ スバル09号 ムサシノ ホリディ ラジコン ヨット 耐久レース 自作小型スタント機(ゴールデン) 電動バギー 電動ヘリ 電動ボート 飛行日誌 飛行機ネタいろいろ