2016/11/05

Air Camper (Hobby king)

Dsc_5282

 いつだったか忘れましたがヒラノさんに、この機体良いんじゃないですか?って
言ったことがあるらしい。
ちょいレトロなビルダー機が好みのヒラノさんへ薦めたようです。
まぁ、私も嫌いじゃないカテゴリーだけどラジコンとしては今はそれほど興味の対象じゃないです。

だって、飛ばすことに関してこの手の機体に面白みを感じなくなっていますから。

まぁ、組むだけだし時間が有る時ならそんなに手間もかからず終わるだろうと。

この後、簡単に考えていたことをとても後悔することになります。
相変わらず、組上げる前の修理が大変なんです。

Dsc_5315

↑エレベーターは左右分割をピアノ線でつなぐ方式。
一般的と言えば一般的です。
でも、精度よく仕上げるにはそこそこ神経使います。

ピアノ線が水平でも、エレベーターに取り付ける時斜めに入ったら水平は出なくなります。
その後、ピアノ線をねじって水平を出すのもいいけど
真っすぐに開けられないなら、大きめの穴にして左右動翼を平台に置き、ピアノ線挿入後エポキシで固める方がきっちり出来そうです。

Dsc_5316

↑シートヒンジ。
初めて見ました丸タイプ・・・。
接着面より折れ曲がる部分が多いだけ?
単に固い動きになりそうです。

OK模型のような形状(何処のメーカーも似たような形)に切ってから使いました。
Dsc_5317

↑最近作った機体はヒンジラインにスロットが初めから開けてあるものばかり、久しぶりにカッターで切れ込みを入れました。
バルサが5mmとフィルムの厚みを足した分です。
2.5mmのベニヤ板が有ったのでそれを台座にカッターで切れ込みを入れます。
サクサクっと刃も入り、それなりのセンターが出たと思います。

Dsc_5319

↑機体の設計ミスが発覚。

ラダーの長さが足りません。
そうなった理由は簡単。
水平安定板の上にラダーを取り付けるので、水平安定板5mm分ラダーが持ち上がったんです。

自分で機体を設計していると良くあるチョンボです。
なのにこのメーカーは解っていながら製品化しています。
さすがですね、全てにおいて・・・。

Dsc_5321

↑ここをこのままにしておくと後で尾輪を付けるのに困ります。
下面を合わせるためにここを現物合わせで約5mmカットします。

Dsc_5318


↑胴体底面とラダーが揃いました。

Dsc_5323

↑垂直尾翼の先端にこんなに隙間。
さっき切ったせいじゃないです。
この画像は切る前の物。
フィルムがあったら修正するけど、あいにく同色の物が手持ちにありませんでした。

Dsc_5324

↑水平尾翼の接着剤塗布の部分はフィルムをカット。
胴体に取り付け位置決めしたらマスキングテープでマーキング。
その1mm程度内側をカットします。

水平尾翼の位置決めは水平出しもしないといけません。
それには主翼が必要です。

この機体の特徴である主翼を支える支柱を使い仮組みします。↓

Dsc_5325

↑支柱を胴体と固定する部分はベニヤに爪付きナット(鬼目ナット)を埋め込んだ物を支柱に貼り付けています。

しかし、この工作が上手く出来ないようです。
ベニヤと支柱に隙間が出来ています。
これだとネジが入らないです・・・。

Dsc_5326

↑支柱とナット面を揃うように調整です。
この領域は組み立て以前の修理ですね。

支柱は4か所になりますが、3本に同じ現象が有り修理ました。

Dsc_5338_2

↑モーターは組み立て説明書に書かれていたものと同スペックを入手。
FSD FC3546 890KV
取り付けてみました。

Dsc_5339

↑カウルと胴体に隙間ができます・・・(泣)

Dsc_5340
↑モーターがカウルに当たってこれ以上奥まで被せません。
こりゃ、モーターの選定ミスだ!っと言うか、同スペックを購入しても合わないなんて・・・

それなら防火壁からカウルまでの長さを表示しといて欲しい。
KKホビーの商品説明欄にはそういう表記があるので素晴らしいと思います。

ヒラノさんにモーターをもう一つ買って貰おうと、他のモーターを物色するも、丁度良いものが見当たらない。
折角買ったモーターが無駄になるしなぁ

やるか。
やるしかない。
やっっちゃおう。

Dsc_5341

↑長い分切り落としました。
約6mm。

Dsc_5342


↑切り落とした部分から防火壁を取り出そうとしたら、ぽろぽろと崩れ落ちます。
四辺が崩壊しました・・・

全然、接着出来ていないじゃないですか・・・。
他の部分も怪しいなぁ
Dsc_5346

↑切断後に防火壁を肉抜きされた部分に接着。
スラスト面は変わらないのでそのまま使います。
4辺に5×5ヒノキ棒で補強を入れときました。

これは修理じゃなく、製作の領域ですね・・・

Dsc_5345

↑カウルの穴位置。
胴体側に基準点を設けて取り付け位置を測っておけばカウルを被せてからマーキングが簡単です。

解りにくい~(笑)

Dsc_5347

↑カウルが隙間なく被りました。
モーターを無駄にせず済みましたよ。

Dsc_5348
↑ランディングギヤの支柱というかピアノ線で組んだアングルです。
この機体の一番優れていたのがこれです(笑)

寸法もピッタリで胴体取り付けのキリ掻き位置もピッタリでした。
ここ担当の方、相当腕がいいか、良い治具をお持ちなのでしょう。
Dsc_5354

↑さて、困りました。
胴体と主翼を固定する支柱の長さが違います。
どっちが前だろう・・・

この長さの違いは主翼の取り付け角に覿面(てきめん)に現れます。
機体の性格からして高翼でふわふわ飛ばすから前が上がっていていいのかな?

でも飛ばしにくいよな~

決めました。
前を下げます。
って言うかそれが機体の設定かも知れないし。

おかしなことに組み立て説明書にはその事が触れられていないのです。
まぁ、英語の説明書なので私の理解度も限界がありますし(笑)

Dsc_5356

↑ナカオさんがら頂いたパイロットを載せました。
オープンコックピットでパイロット無しは無人飛行みたいで気味悪いです。

後で外したくなったらベースごと外れるようにネジ止めにしています。
商品の画像には風防が付いていませんが、ダンデム用に2個付いてきました。

実は画像から来るカッコ良さって、風防がない事にかなり影響されていると思っています。
無い方がかっこいいな~

風防も外せるように両面テープで貼り付けておきます。
パイロットも風防も外したくなったら外してください。

Dsc_5359

↑最後の段階になってまた難題です。
バッテリーを載せるのに困りました。

奥の方なんです、標準はマジックテープで固定。
でも、奥の方じゃきっちり止められない。
悩んだ挙句、面倒だけどバーでネジ止めにしました。

ネジを緩めてバーをスライドさせればすぐにバッテリーの出し入れが出来ます。
工作は面倒だけどやるしかないです。
夜はもうやる気が失せているので、気分の変わる早朝に勢いで仕上げます。

Dsc_5361

↑なんだかんだ手間は掛かりましたがそれなりの見栄えです。
Dsc_5362

↑デカールはデカ過ぎ!

中性洗剤を混ぜた水に浸して位置決めしたらティッシュでドライヤーを当てながら水抜きと気泡抜き。そして乾燥です。
ヒートガンでも良いのですが、あまり高熱は必要なく、場合によってはフィルムに影響が出ます。
なんていう私はヒートガンの弱めで作業しましたけど・・・。

でかいデカールですが綺麗に貼れました。
Dsc_5363

↑ナカオさんに頂いたパイロット。
髪型修正と口周りにリアル感を出しました(笑)

Dsc_5364

↑このアングルはなかなかごちゃごちゃして実機を感じます。
タイヤがでかいです。
どこでも離陸できそう。

Dsc_5369

↑機体を組上げて思ったのがエルロンコードです。

支柱からサーボコードの3色が見えるのは興ざめ。
サーボコネクターのケースを外して黒の収縮チューブを被せました。

一応スケール機のでちょっとだけ気にしてあげます。

Dsc_5365

↑主翼のくみ上げ記事が無かったことに気付きました。
画像を残さなかったのです。
それほど、面倒なことは起きなかったとだけ言っておきましょう。

Dsc_5375

↑やっぱり飛行機は外が似合いますね。

Dsc_5376

↑めでたくヒラノさんに引き渡し完了。

ついでにロールアウトも済ませました。

飛ばした感じは思った通りの高安定の高翼機。
エルロンは機体を回転させるものに非ず。
旋回の手段の一つと考えるべき効き方です。

着陸も容易だし、狭い場所でも降ろせそうです。

でも、ヒラノさんには1パックしか飛ばさせてあげませんでした。
あまりにこの機体を組むのが面倒だったので、この日はしっかり持ち帰ってもらいたかったのです。

この機体はMusette組み上げの7倍の時間を要しました。

出来ればしばらく家で眺めてもらいたいなぁ。

| | コメント (1)

その他のカテゴリー

14SG(Futaba) | Air Camper (Hobby king) | AirFlowラダー機 (JR) | ASW 28(EPO) | DG-1000(FLYFLYHOBBY) | ELF | F-15 Blue camo | F4U コルセア (フェニックスモデル) | Fire works miniS | Flitz | FMS OLYMPUS | GTRCミーティング | Mini DLG(HK製) | mini SAL 1000mm(自作) | mini SAL800(自作) | Musette | MythoS 30E | Mythos 50 | OK模型 サフラン2 | OK模型 パイパーカブ | OK模型 ピメンタ2m | P51 ムスタング (フェニックスモデル) | SALグライダー ソフィア | SBD DAUNTLESS(フェニックスモデル) | snipe | SPITFIRE Mk2(フェニックスモデル) | STOBEL DLG | Stream NXT | SUN RISE | Voodoo | YF-16 70mmEDF (Freewing) | yokomoGT500 | いろいろな機体製作記事 | たわごと | アトランティス6 | カルマートαスポーツ | サーマル工房 CROSS EPO | サーマル工房 YUGA | テトラ エクストラ300S | デコパネ スタント1号機(自作) | デコパネ スタント2号機(自作) | デコパネ スタント3号機(自作) | デコパネ スタント4号機(自作) | デコパネ スタント5号機(自作)カネゴンSPL | デコパネ プッシャー機(自作) | ピーナッツスケール機 | フォルクスプレーン600(自作) | ブラスター3 | ブラスター3.5 | マイクロSAL(自作) | ムサシノ スバル09号 | ムサシノ ホリディ | ラジコン ヨット | 耐久レース | 自作小型スタント機(ゴールデン) | 電動バギー | 電動ヘリ | 電動ボート | 飛行日誌 | 飛行機ネタいろいろ