2017/10/15

Aigis 2機目 胴体完成

本当なら今日はARFの練習会だったのですが雨で中止。
行きたかったような行きたくなかったような複雑な心境だったので、雨で流れちゃってちょっと安堵 (笑
だって、ARFの練習会って言っても行った事なし練習会と言いながら競技会みたいだし
その会員とはそうそうたる顔ぶれなんです。
ハンドランチで遊んではいるけどタスクって一つも知らないし~

ただ、そろそろちゃんとしたルールでやらないと先が無いように思えても来てるんです。
現状は行き詰感はぬぐえません。

そんな訳で時間はたっぷりあったので朝からAigisを作り始めました。

おっと、その前に昨晩、フクロウさん(製作依頼人さん)にモーターのネジが取れない~って悲鳴のLINEを入れといたんです。
早朝にロックタイトなので温めてみては?
とのアドバイスを頂き、瞬間接着剤でないなら取れるかも?って事でヒートガンで温めてみました。
ネジを回すと「にゅる・・・」って感触で回りました。

これでモーターは使えます。

Dsc_1914

↑ネジが外れなかった時用に私がAigisに使った物と同じモーターを用意しておきました。
ローターの長さが違います。
私のAigisは良い勢いで上昇していきます。
今回使うモーターもパワフルとか。

Dsc_1915

↑ネジが外れました。
ネジには沢山のロックタイトが。
ロックタイトを塗っておけば緩むことは無さそうです (笑

Dsc_1916

↑鯉の口じゃありません・・・
モーターマウント周りを作りつくりだしたら初めて作った時の大変だったことを思い出しました。
この状態になるまでかなり手間がかかります。

Dsc_1918

↑バイロンの整形も済みました。
ラダーのリンケージパイプも仕込み済み。
前回同様フレキパイプの半分はパテで埋めました。
これの方が仕上がりが綺麗に見えます。

Dsc_1922

↑送られてきたスピンナーを取り付けました。
私が使ったものと形状が似ています。
センターにエアー取り入れ口が開いています。
品物はVladimir製です。

スピンナーの形とノーズの整形がマッチしません。
私のtamazoの時もそうでした。
カシオペアのタイプがすっきりして合うと思います。
あっ、同じものがスカイモデリングからも出ていますね。
純正品で組みましょう・・・ (笑

ノーズ周りの絞り込みはスピンナーが30㎜ですが32㎜相当の外形で整形してあります。
これが本来の形のようです。
私の機体は細くし過ぎだったようです。

Dsc_1923

↑モーターの取り付け。
長さが短いの6㎜のスペーサーを入れて取り付けました。
本当は形違いで入ってくるモーターマウントを重ねて接着しスペーサー代わりにしようとしましたが、そうするとこのサイズのモーターしか使えなくなってしまいます。

スペーサーで嵩上げしておけば、もっとハイパワーを望むことが有ってもスペーサーを外せばワンサイズ大きなモーターが載せられます。

その辺は飛ばして見ないと何とも言えないですね。

さて一日で胴体が完成です。
時間にしたら10時間くらいは作業しています。
1日とはそれくらいの時間を費やした時に使う? (笑

この調子なら明日は片翼くらいは・・・
なんて、思われるかもしれませんが、明日から木曜日まで館山へ出張です。
今度作業できるのは週末ですね。

| | コメント (0)

Aigis 2機目 始まりました~

Dsc_1910

Aigisがやって来たとか言いながら手を付けていませんでした。
その間に、SALPetraやシルキーウインドパルサーなんてものを組み立てていました。
パルサーの初飛行も終えたのは良かったのですが、ちょっと落胆し心にポッカリ穴の開いた時間を過ごしていました。
組み立てる者として「育ての親」みたいな気持ちが芽生えるのでしょうか。
親もとへ戻ってから大切にされるだろうか、可愛がってもらえてるだろうかって気をもんでみたりします。
バルサキットともなるとその傾向がより強く感じます。

Aigisの製作記事は前回ガッツリ書いているので今回は進行状況だけ書きます。
新たに追記したい内容が発生したら書くし、前回の記事にも書き足そうと思います。

Dsc_1912

↑夜な夜な始めたのでここまでで止めときます。
明日は雨で全ての予定がキャンセルとなりました。
なので、製作を進めるつもりです。

ただ、一つ困ったことが発生。
キットと一緒に持ち込まれたモーターに十字マウントが固定されていました。
Aigisはバックマウントなのですが十字マウントを使わず、モーターに直接ネジ止めです。

必要のない十字マウントを外そうとしたらネジが外れない・・・
ネジロックレベルじゃないです。
多分瞬間接着剤で留められているみたい。

マウントを外すのは簡単でネジの頭をドリルでもんじゃえば外せます。
でも残ったネジは瞬間接着剤で着いてるはずだから抜けないでしょう。
モーターに残ってしまいます。
そうなるとこのモーター自体使えなくなってしまいます。

それなら、このモーターは十字マウントが使える機体に取っておいて新たにモーターを購入した方が良さそうです。

オーナーさんに相談してみましょう。
って事で答えが出るまで胴体の製作は中止。

???自分の機体の時もモーターが決まらず製作途中で中断したっけ (笑
Aigisはモーターが鬼門ですかね。

| | コメント (8)

2017/10/08

Aigisがやって来た???

 もう完成したはずのAigisがまたキットの状態で届きました。
依頼人はフクロウさん。
以前から手には入れていたけど放置だったそうです。
たまたま私が作る記事を載せていたら、それを見て舞い込んできました。
いつもはでーびーさんに依頼しているのですが、でーびーさん忙しいみたいだし・・・
でーびーさん作るの上手いから比較されちゃうと恥ずかしいけど
出来る範囲で作ろうと思います。

Dsc_1839

↑色の指示書も付いてます (笑
この通り貼ると思っているのでしょうか? (笑
全然違うカラーにしたら・・・・
笑える~~~っ

| | コメント (0)

2017/09/03

Aigis 初飛行

遂にAigisが完成!
そしてロールアウトです。
ロールアウトは尾島スカイポート。
この日に間に合わせるため前日まで作業をしていました。
あまり現場でドタバタしたくないので飛ばせるところまではきっちり設定していきたいのです。

R0108

モータースイッチは左肩のSEを使い手前でオン奥でオフ。
これはハンドランチのスイッチ方向に合わせています。
ハンドランチも手前でランチ、奥でクルーズです。

なぜ左肩にモータースイッチかというと、右手で機体を持つからです。
左手で持てばいいじゃないって思いますがやはり投げやすいのは右です。
あっ、私が右利きだからですよ (笑
左利きの人は反対で当たり前です。

SEスイッチでコンディションも切り替えます。
モーターONとクルーズですね。
Aigisの面白いのはこの時のトリムずれが少ないのです。
翼型のせいでしょうか大抵のモグラはモーターオンで頭上げします。
しかし、Aigisは真っすぐ飛んでいきます。
飛行機みたいにです。
もしかしたらオーターオンで飛ばしても楽しいのかもしれない!
スポーツマンが全部出来たりして (笑
F3Aのフルサイズとスパンは一緒ですしね・・・

機体はモーターオンで投げるまでもなく一気に引っ張られていきました。
今回選んだモーターはなかなかのパワーです。
感覚的にはtamoさんの機体と同じ勢いでかっ飛んでいきました。

今まで私の所有していたモグラの中では一番のパワー感。
これに慣れちゃうと他のは物足りなくなるかも・・・
まっ、お安いモーターでも十分楽しめたってことですね。
もしかしたら、本家を凌ぐパワーかもしれないです。

R0111

↑尾島でまーさんに撮影してもらいました。
表も裏も同じカラーリングですが見栄えは良好です。
遠く離れても識別可能。

この日のコンディションは微風でどちらかというとAigis向きではなかったかもしれません。
確かに滞空時間にしたら少し短いような気がします。
楽しくスイスイ走らせていると降りて来ちゃいます。

その時少しブレーキを入れてみました。
フラップ弱下げ。
ブレーキはJ2スティックでリニヤに動かせます。

おっ!
サーマルモードみたい。

一度降ろしてせっせとサーマルモードを入れ込みます。
スイッチはSFを使い、中立がクルーズ手前がサーマル、サーマル時は右のレバーも生かします。
足りなきゃ足せる仕組み。

それはハンドランチと同じ仕様。
SFの奥にいつもならスピードモードが来ますがスピードは設定できません。
フラップがニュートラル以上上がらないのです。
エルロンを少し上げてもいいけど、もともと走る機体だから必要ないかなと。

それと同時にブレーキの調整も行いました。
フラップ降ろすだけだと頭上げがひどいのです。
ミキシングでエレベーターダウンは入れていましたがスティックで追加ダウンが必要です。
ここで改めてバタフライを設定します。
バタフライにすれば多少頭上げが抑えられそうです。

2か所の設定を施し、再度上空へ。

サーマルモードはしっかり機能しています。
ラダー機じゃ出来ない芸当です。

エルロンもフラップに合わせて少し下げて設定しましたがこれはイマイチですぐにフラットに戻してしまいました。
エルロンまで下げると舵の効きは変になるし、それに浮くわけじゃないんですよね。
サーマルモードを感じるならフラップだけで十分でした。

もう一つの設定したバタフライ。
これは良い感じでした。
速度もより落ちるし、エレベーターのダウンもそのままで水平に飛んでいます。
風が弱ければ難なくハンドキャッチが出来るほどの性能です。
フラップもここまで大きければ効果あるんですね。
スポイラーとは違った効き味です。

この日のAigisの調整はここまでです。
サーマルがあれば乗ることも出来たし、走らせれば足があることも分かりました。
考えていた通りのポテンシャルを発揮していると思います。

唯一気になる部分と言えば旋回ですね。
やはり上反角少な目のエルロン機。
翼端反り上がりのラダー機とは回り方が違います。
でも2段上反角で旋回も頑張っていると思います。
良い落としどころなのかな。

A_igisDsc_1320

↑さて、まだ煮詰めが足りないと別の日に飛ばしにいきました。
家で各機能の設定を変更したこともありその確認がしたかったのです。

この日は強風です。
雨の前の気圧配置が風を呼んでいます。
ある意味Aigisのポテンシャルが分かるシチュエーションではないかと思います。

風の中組み上げるのも一苦労なのがグライダー全般です。
こんな時、主翼のコネクターを減らしターミナルボックスへ差すだけにした恩恵を受けます。
サクサクっと組み上がりました。

持って構えるのも辛いくらいの強風。
でも、フルパワーで手元から離れたAigisは一気に駆け上ります。
垂直上昇で上死点へ。
あまりに勢いがあるのでモーターカットした後もまだ上がっています  (笑

はたして、強風の中飛ぶのか?

風に向って滞空させると留まっていられます。
ならば走らせれば前に出れそう。
ダウンを打ちながら90度ターンさせます。
その時エレベーターを引いて高度が上げて行きます。
グライダー飛ばすときのこの感じたまりませんよね。
電動機じゃ無い楽しい部分。
そのまま風下へターンして高度維持、速度を殺さないように連続で走らせると楽しくなってきます。

これがAigisの狙っている特性なのかなぁ、良いじゃないですか!



ラダー機のふんわり系じゃまずこの風の中風下になんて持っていけないです。
モーター回せば帰ってくるけど、競技としては帰ってこれないのと同じです。

競技云々より今まで諦めていた風の強いフライト日もAigisなら楽しめそうです。

Dsc_1338

↑尾島ではバッテリーを主翼側のスロットに入れて飛ばしました。
2回目の風の強い日にはモーター側のスロットに入れて前重心にしました。
ESCが胴体中央に載せたおかげでこういうセッティングも出来るようになりました。

まだまだ設定を煮詰めると楽しいフライトが出来そうです。
しばらくAigisを飛ばし込もうと思います。

長い製作記事を読んでいただいた方々、ありがとうございました。
あまり褒めることが上手くない私はつい気になったところを書いてしまいがちです。
でも、全体を通してみると問題なく完成したわけですからキットとしては優秀だと思います。

興味を持たれた方、Aigis作ってみてください。

| | コメント (2)

2017/09/02

Aigis 完成

Dsc_1233Dsc_1238Dsc_1242Dsc_1245Dsc_1247Dsc_1249Dsc_1251
Dsc_1231
諸元

全備重量 840g
メーカー完成重量は790~820gでしたので20gオーバー。
でも、使ったESCが45Aで64gと重量級だったため、30A、32gの物に変更すれば810g以下になります。
今後交換予定といたします。

画像からも分かる様に前の部分がスカスカです。
ここをメカで埋めてしまうか重心セッティング用に空けておくか・・・

重心を測ろうと同社のCGバランサーに機体を入れて行くとギュギュギュ・・・
入らない(汗

tamoさんがHPに書いてあるって教えてくれました。
見たら使えませんって書いてありました・・・

全部でいくら掛ったのだろう?

キット                  18000-
モーター               2280-
ESC                     2933-
サーボ                21762-
フィルム 2本          6000-
バッテリー1000mA 3S 2本  3132-

合計                  54107円


いろいろありましたが、なんとか完成です。

初飛行の様子はまた明日・・・

| | コメント (0)

2017/09/01

Aigis メカ載せ②

Dsc_1223

↑ラダーとエレベーターのサーボを載せます。
簡単に出来そうって思っているのは自分だけ?
ただ一つだけ面倒な作業が・・・

Dsc_1226

↑クレビスをネジ込むピンをピアノ線にハンダ付け。
ピアノ線の表面はハンダが載らなかったのでヤスリで表面をならします。
そして、ハンダを盛っておきます。
ピンの小さな穴からハンダを流し込んで固定となります。
外れないように多めに盛ったら出っ張っちゃって格好悪い (笑
結局ヤスリで表面を平らにしたら全面ピカピカになっちゃってそれもなんか格好悪いです (笑

Dsc_12472
↑先にクレビスを付けてしまったのでピアノ線が引き出せずクランク状に曲げられない(汗
泣く泣くL字に曲げて被覆でストッパーにしました。
でもこれの方が外せるし良いかも。
修理する事ありそうだし。

それにしても、エレベーターのロッドの角度、厳しいですね。
たまらずぐいっと曲げてしまいました。
こちらもL字で処理です。
かなり窮屈なので絶対に外れないと思います。

水平尾翼は脱着式なのでリンケージがL字でストッパーが無いなら簡単に外せますね。Dsc_1232

↑クレビスのパーツが結構長いのでガイドパイプを胴枠ギリギリでカットしています。
キット標準パーツなので指定通り作ります。

Dsc_1229

↑ターミナルボックスを使いコネクターの抜き差しを楽にしようと思います。
今回S.BUSなのでターミナルボックスのどこに差してもサーボはきちんと動きます。
3mmのベニヤを胴枠に接着しターミナルボックスをネジで固定しています。

ターミナルボックスは4口なので

1、受信機
2、エレベーター、ラダー
3、右エルロン、フラップ
4、左エルロン、フラップ

これでもう一杯です。
当然コネクターの入る場所は何処でもOK。
それぞれ2個のサーボは見えない所でジョイントケーブルにて1本にしています。

Dsc_1311

↑ 接続状態。
ケーブルを納めるスペースが狭いので省線化は有効かと思います。
何より楽です。
ターミナルボックスに差すのも片手で出来るのが良いですよ。


| | コメント (6)

2017/08/31

Aigis メカ載せ

作業が先行してしまい製作過程の画像が少ないので端折って書いていきます(汗

Dsc_1157

↑ここにフィルムを貼るのですが、どうやってもイメージがわきません・・・。
さんざん悩んだ挙句、このような形にカットしたものを重ね貼りしていきました。

Dsc_1159

↑前後とも貼ってみましたが
ん~・・・なんか美しくない (笑
でもこれ以上はやりようないしAigis組んだ人達はどうやって処理したのでしょう?
ノグチさんは綺麗に貼ってあった気がするのですが。

あとは側面を貼れば貼れたことになりますね。

Dsc_1170

↑エルロンとフラップのサーボマウント。
JRのサーボの形状に合わせてあるようですがフタバでもサイズが同じクラスならスッポリ入ります・・・・
って思っていたのにいろんなところが当たりました。
なので形状に合わせて削ります。

Dsc_1173

↑最後の高さ調整はサーボを入れてサンディング。
この時は壊れた同型のサーボがあったのでそれを目安に使いました。
いくら壊れているとはいえケースが削れちゃうと勿体なく感じます (笑

Dsc_1172

↑両サイドの高さが有ったら固定用のパーツでネジ止め。
しっかり固定できます。

Dsc_1174

↑サーボを載せる場所は主翼上面のプランク材です。
厚みが無いので補強が必要。
キットにはそのためにグラスが入っています。
これを開口部より大きめの60×60にカットし、低粘度の瞬間接着剤をしみこませながら接着します。
化学反応で熱くなるし、目に染みるので注意が必要です。
しばらく目が開かなくなるほどでした。
(体に良くないでしょ・・・)

Dsc_1214

↑開口部の中央に来るよう瞬間接着剤で固定。
リンケージとサーボホーンの位置関係はあらかじめ合わせておく必要があります。

Dsc_1177

↑サーボを載せてみました。
S3776SBでは高さがあり過ぎ、固定用のネジが主翼面から飛び出してしまいます。
サーボの固定はフラップ、エルロン全てホットボンドを使う事にしました。
のちに交換する事もありそうですしね。

リンケージのロッドをクランク状に曲げるのが大変だったのでL字に曲げてテトラのロッドキーパーで抑える考えでいました。
実際にロッドキーパーを付けたら出っ張りが多くなりカバーが閉まらなくなったので使うのを諦めます。
あまりきれいに曲げられなかったけどクランク状に曲げることに。

Dsc_1180

↑フラップ、エルロンホーンは高粘度瞬間接着剤で固定しました。
ここまで作業してこうしとけば良かったって思ったところ。

サーボホーンの穴位置。
あまり欲張らなくても十分フラップの動作量は確保できる。
ホーンを長くするとフラップを下した時上面プランクに当たりだし、ロッドアジャスターを削る事になります。
私は試しませんでしたが、ホーンを短めにすればロッドもL字に曲げるだけでロッドキーパーも使えるかもしれません。

主翼のフィルムを張るとき欲張って動翼のヒンジもかねて主翼とフラップを一緒に貼りました。
確かに仕上がりは綺麗ですがそのおかげでクリアランスが無くなり可動範囲に制限が出来てしまったのです。
ここは欲張らず説明書通り帯状にフィルムを切ってヒンジにした方が良いでしょう。
もしくは3Mの透明美色がよろしいかと思います。

ただ、使う色によっては重ね貼りが目立つものがあります。
私はそれを嫌って一枚で仕上げてしまいました。

Dsc_1217

↑エルロン側は何も問題なく取り付け出来ました。
あっ、マウントの後縁側を削らないと飛び出しちゃうのでした。
ここはプランクに合わせて削り込みます。
そう言えばノグチさんがエルロンサーボはTS1002使ったって言っていたっけ。
そういうわけだったのですね。

Dsc_1175

↑ホーンのカバーとサーボのカバー。

寸法は自分で決めてカットします。
罫書線は在りません。
機体をイエローとパープルにしたのでこのカバーの白が目立ちそうで気になります。
一時は塗装しようかと思いましたが、手間を惜しんでそのまま取り付けます (笑
まぁ、裏だし・・・

飛んでるとき裏しか見えないじゃん(汗

| | コメント (0)

2017/08/24

Aigis フィルム張り

Aigis フィルム張り
二日前あたりに張り上がりました。
カラーは私の好きな配色でOK模型のオレガノのパクリです。
以前ピメンタにも使いましたがその機体は私のものではなかったので手元にはこのカラーは持っていないのです。

いろいろ考えたのですがやはりこのカラーで張り上げました。

全体を見せたら完成画像と見た目同じになるので今はチラ見せです(笑

| | コメント (0)

2017/08/23

Aigis S.BUS設定

Aigis S.BUS設定
S.BUSサーボって従来接続でも動く?
動くとメーカーサイトに載っていたような?
まぁ、折角なのS.BUSで使います。

そのS.BUSサーボを使うにはチャンネルの割り当てが必要でそれにはプロポの背面へ繋いでサーボとリンクさせないといけません。

USBのインターフェースを使いPCを使って設定も出来るけどお金かけないでプロポで出来るなんてなんて素晴らしいんでしょう。

14SGのディスプレイではPC版のグラフィックに負けちゃうけど16SZなんかだとまた違った表示が見れるのかも。

どちらの方式を選んでもサーボ駆動用の電源が必要です。
パラに接続で良いのですが、そんなケーブル持ってないです(汗

そもそもサーボコネクターだってフタバタイプは持ってなく、汎用タイプです。海外物や安物サーボ前提なのでそういう在庫になってます。

有り合わせのケーブルを変換したり、コネクターを付け替えたりして何とか電源供給出来るようにしました。

電源はハンドランチ用の1セルのJSTコネクターを直差しです。
ちょっと危ないけど手軽です(笑

| | コメント (5)

Aigis サーボ S3776SB

Aigis サーボ S3776SB
土曜日にサーボを買ってきました。
もう品物は決めていたので指名買い。

4個セットが安いです。
バラで買うより1個当たり1000円近く違います。
Aigisは6サーボなので4個セットが1個とバラ2個買いました。

今考えると2個余っても良いから4個セット2個買えば良かったかも。

プロポに繋いでチャンネル設定しないと使えないのは面倒だけど、繋いでいろいろ設定できるから良いわけでそんなの面倒とか言うのも変な話。

私の今回求めている事は主翼のコネクターを4個から2個にしたいと言うだけ(笑
だから、ちょっと宝の持ち腐れかも。
折角なのでパラメーター弄って遊んでみようかな。

その内、他の機体にS.BUS導入も考えているのでお試しに丁度良いかと思います。

| | コメント (3)

その他のカテゴリー

14SG(Futaba) | Aigis (sky-modeling) | Air Camper (Hobby king) | AirFlowラダー機 (JR) | Angel S30E | ASW 28(EPO) | DG-1000(FLYFLYHOBBY) | ELF | F-15 Blue camo | F4U コルセア (フェニックスモデル) | Fire works miniS | Flitz | Flitz2 | FMS OLYMPUS | GTRCミーティング | Mini DLG(HK製) | mini SAL 1000mm(自作) | mini SAL800(自作) | Musette | MythoS 30E | Mythos 50 | OK模型 サフラン2 | OK模型 パイパーカブ | OK模型 ピメンタ2m | P51 ムスタング (フェニックスモデル) | SALPetra | SALグライダー ソフィア | SBD DAUNTLESS(フェニックスモデル) | snipe | SPITFIRE Mk2(フェニックスモデル) | STAR RIGHT F3A 50 | Stark Pro | STOBEL DLG | Stream NXT | SUN RISE | Voodoo | YF-16 70mmEDF (Freewing) | yokomoGT500 | いろいろな機体製作記事 | たわごと | アトランティス6 | カルマートαスポーツ | サーマル工房 CROSS EPO | サーマル工房 YUGA | シルキーウインド・パンサー | テトラ エクストラ300S | デコパネ スタント1号機(自作) | デコパネ スタント2号機(自作) | デコパネ スタント3号機(自作) | デコパネ スタント4号機(自作) | デコパネ スタント5号機(自作)カネゴンSPL | デコパネ プッシャー機(自作) | ピーナッツスケール機 | フォルクスプレーン600(自作) | ブラスター3 | ブラスター3.5 | マイクロSAL(自作) | ムサシノ スバル09号 | ムサシノ ホリディ | ラジコン ヨット | 耐久レース | 自作小型スタント機(ゴールデン) | 電動バギー | 電動ヘリ | 電動ボート | 飛行日誌 | 飛行機ネタいろいろ