« 8月も終わりだと言うのに・・・暑い。 | トップページ | 先週の反省も兼ねて・・・ »

2020/08/31

宮原杯 F3-RES 8/30

 8月最後の日曜日。
暑い、暑いです・・・・
体力に自信の無い方、家にいた方が安全です。

暑いだけがネックで天気は良好。
朝の内は風もなく、RESには良いコンディションでした。
クルマを停めて談笑していると、もうタカシマンが飛ばしています。
風が無いコンディションなのは分かりますが、妙に沈下の無い飛びをしています。
浮きが良いです。
そして、速度も見たことの無い速さ。
遅い方向に見たことの無い程の速さなのです。
凄く浮く様に見えました。

今回の私の機体はいつもの3機。
風の弱い順に、Slite V2→cRESson→ピメンタRESです。

1ラウンド目
まだ風はさほどなく2mってところでしょうか。
選んだ機体はSlite V2。
ここから始めておけば風が強くなるにしたがい徐々に機体を変えて行けばいいと言う判断です。
ランチ後サーマルラインに乗って旋回していきますが、飛行禁止エリアに届いてしまうため航路を変更。
これがイケなくまんまとサーマルから外れました。
もっと積極的に違う場所まで探しに行けばよかったのですが迷っているうちに低空飛行。
今回の組み合わせは1グループ4名です。
私を含め3名が乗り切らず降りてきます。
全員が飛ばなきゃそれなりの点数になるのですが、そういう時でも誰かしら飛んでいるものです。
今回はタカシマンがMAX飛んでいます。
これで2分台、3分台の選手は点数だだ下がり (泣
いわゆる一人勝ちってやつです (笑
練習の時、タカシマン飛んでいたもんなぁ~。

2ラウンド目
1ラウンド目にヘマってしまったので焦るかと言うと考えようによってはまだまだ
上位進出は可能です。
5ラウンドやると誰でも一つくらいは落とすものです。
それが1ラウンド目に来ちゃったと思えば何のその!

少し、風が出て来たので本来ならcRESsonの出番です。
しかし、先日修理したcRESsonはの強力ズームでフラッターが出ます。
悩んだ挙句、ノンバラのピメンタで行く事にします。
ノンバラのピメンタはランチ高度も稼げるので戦力が有るはず。
ランチしたところにサーマルが有ったので、そのままMAXまで飛びます。
定点も決めれば1000点の可能性あり。
盤石の態勢で目前まで来て最後はスポイラーでピッタリ!
の予定がいきなり浮上して体に当たりました (汗
原因が分からなかったのですが、スポイラーが出なくてミキシングのエレベーターアップだけが利いていたようです。
サーボの故障?
そう言えば前日、最後に飛ばした時リンケージがひっくり返りスポイラーが出っ放しになったのです。
一度電源を切って再度入れたら動くように・・・。
取りあえず今回はこれでしのいじゃおう。
帰ってから交換也なんなりします。
こんなケアレスミスも、一度飛ばすなり動作テストをきっちりやればわかる事でした。
甘いです、自分。

っで、1000点は取れずUDさんに持って行かれました (泣

3ラウンド目
機体はずっとピメンタで通します。
風も強くなって来たので60g追加。
今回もランチ後にサーマル突入。
ピメンタはピッタリなセッティングだったようで、最高のフライトです。
MAXとそこそこの定点着陸で遂に1000点獲得。
この日、調子の良いOZさんに競り勝ち。
でも、この日のOZさん今迄とガラリと印象が変わりました。
見た目じゃ無いです、飛ばし方。
RES機の気持ちを心得ているって感じです。

4ラウンド目
ピメンタに60gは変わらず。
残念ながら今回は良い空気に入れませんでした。
今回の大会から脱策以外に1回のリランチが認められました。
そのルールを最大限生かそうと今大会はリランチする人が多数。
皆さん、2~3分で見切りをつけ再度ランチと言う場面が見受けられます。
今ラウンドで私もリランチを決行。
リランチの成果でサーマルを捉え、今までだったら失敗ラウンドになってしまう所を
最小限の損失で食い止めました。
ローカル大会では会場の規模などでルールが決まってきます。
宮原杯では策が2本で風下からランチをし機体が離脱してから風上がランチの順です。
その後、策を戻して3番手、4番手の選手がランチを行います。
しかし、この時の大時計は初めにスタートした時間が有効なので3番手、4番手の選手は
作業時間が30秒以上少なくなっています。
もしかしたら1分少ないかも。
今迄のリランチ無しなら9分の中のMAX6分なので残り8分から3,4番の人達がランチしても何も問題は有りません。

リランチ有になると1,2番の人達は2分半で降ろせばMAX6分は確保できます。
3、4番の人達は1分半で降ろさないとMAX6分が確保できません。
これを不公平と言うのも変な話でそこはルールなのでそれに合わせて競技をするのが当たり前です。
なので、3,4番の人達はそこを踏まえてリランチの判断が必要になります。

で、3番手から始めた私はリランチの時点でもう6分を切っていました 。
後はタイムアップまで飛ばしてそれが今ラウンドの成績になります。
折角サーマルを捉えたのにMAXを記録できないなんて・・・・。
ただ、それもこれも全て自分のせいなんです  (汗
1投目からサーマルを捉えればいい話だし、リランチするなら残りの時間を考えて降ろせば良いだけなんです。
次回に向けていい勉強になりました。
※失敗ラウンドにならなかったんだから良しとしないと

5ラウンド目
4ラウンド目までのリザルトを見ると50点先にUDさんが見えます (笑
前回のミツバチでは僅差で私が一つ上でした。
今回はその反対だ・・・
最終ラウンドはなんと同じグループ。
そう言えばミツバチの時も最終ラウンドで同じグループでした。
今回は50点差を追う立場。
自信はない事は無くて、ここまでのピメンタは全ラウンド飛び切れる性能を発揮しています。
スポイラーも動くようになったし (笑
UDさんは風が強い中PURESにバラスト入れて来ました。

私は早々に安全圏に機体を突入させることに成功です。
まるでロケットの打ち上げのような表現。
ズームはそんな感じに上昇しますね。
一方UDさんは、リランチの様です。
先ほどの説明通りリランチでも残り時間が6分確保できていれば何のデメリットにもなりません。
人の事より、ここは自分がきっちり飛ばし切ることが大事。
さぁ、今回もMAX飛び切れそうです。
後は定点を決めれば逆転の可能性が高まります。
30秒前から時間調整で旋回します。
が!風が強いのを考慮せず定点に戻ってこれません!!!!!
それも計測不能の位置に着地・・・・
何て事をしてしまったんだ~  (汗
こんな大事な場面で凡ミス。
多分、MAX飛んで油断し軽い気持ちで定点を狙ったのがイケなかったのでしょうね。

タイムアウトまで飛ばしたUDさんは5分チョイ。
私が手前で落ちた分短くて5分51秒。
そこに定点のボーナスが加算されますが、私は0点UDさんは95点
これで、私が長く飛んだことはほぼチャラです。
50点負けていたので順位はそのままでした。

Result_20200830203401
↑ 最終結果を見ると52点差でUDさんに負けてます。
まんまとミツバチの借りは返されました (笑

朝一、良い飛びしているなぁって思ったタカシマンが優勝!
機体はcRESsonのクロスでした。
そして何より嬉しいでしょうOZさんが2位、運営をしながらの片手間参加で2位ですよ!
本気で参加したら優勝も狙えます。
もう手の届かない所に行ってしまいましたね・・・。
今回の下位メンバーは多分こんなはずじゃ無かったという人達であふれています (笑
ご本人たちはどう思われているか解らないけど私からはだた運が悪かったんじゃない?
って程度です。
私の順位は5位でしたが高レベルなメンバーでの大会なので本来の位置は末尾でもおかしくないのです。
勘違いはしちゃいけないですね。
今回も沢山収穫のある大会でしたよ。

Dsc_4520
↑ 前回、ミツバチから導入されているHL-1。
今回はBBさんの機体をOZさんも飛ばします。
そして2位になるほどのポテンシャル。
これは良い機体だ~。

Dsc_4519
↑ NMTさんのSlite V2。
ピットの談笑が楽しかったです (笑
またよろしくお願いします。

Dsc_4523
↑ フクロウさんのステンドグラス風ピメンタ。

Dsc_4521
↑ KJRさんのピメレス。
これが本物のピメレスです。

Dsc_4518
↑ WTB
風に強いサギッタも登場。
ピメンタの胴体は自作です。
水平尾翼が大きいです。

Dsc_4524
↑ BBさんの快調HL-1にバラストを仕込んでいます。
収納は主翼のスパー当たり。
胴体内より効率的かも。

Dsc_4526
↑ 優勝したタカシマンのcRESsonクロス。
テープで捻じりを補正しているところが注目です。
本当にそうなのかな???

Dsc_4525
↑ K1さん所有のKIWI。
NKMさん製作でとっても綺麗に出来ています。
只今、絶賛調整中です。
いいセットアップが見つかると良いですね。

|

« 8月も終わりだと言うのに・・・暑い。 | トップページ | 先週の反省も兼ねて・・・ »

飛行日誌」カテゴリの記事

コメント

なっかーさん

いつもご参加いただきましてありがとうございます。
猛暑の中、大変、大変おつかれさまでした。

タカシマンは実力が出ただけと思いますが(おめでとー)
私は超ウルトラ級の ま・ぐ・れ でーす!

また次回もお願いします。

投稿: OZ | 2020/08/31 11:44

いつもお世話様です。
宮原杯があるからハンドランチやRES機の大会に参加出来ています。
とっても有難い事と思っております。
リザルトをみるともうレベル的には誰が優勝してもおかしくないようなメンツが揃っていますよね。
宮原の人達は切磋琢磨しながらどんどん進んで行ってます。
情報収集が出来てとても助かっております。
そして、刺激ももらっています。
今度はOZしんと勝負出来るように機体と自分を仕上げていきたいと思います👍

投稿: なっかー | 2020/08/31 13:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 8月も終わりだと言うのに・・・暑い。 | トップページ | 先週の反省も兼ねて・・・ »