« cRESson 5機目 翼端製作-1 | トップページ | cRESson 5機目 中央翼製作-1 »

2020/07/16

cRESson 5機目 翼端製作-2

前回、上反角の話でどこまで減らせるかって書いて忘れていました。
昨晩はちょっとアルコールが入ったら帰宅して爆睡 (笑
何もしないで朝でした。
正確には3時頃目が覚めた。
スマホを見たらフルさんから前夜に新作完成の画像を貰っていたので返信してまた寝ちゃいました。
あとから、そんな時間まで製作していたのかと驚かれた (笑
ず~~~~っと寝ていただけです。

そうしたらOZさんからコメントです 。
どうやら、2m以内に収まる上反角を計算したようです。
それはそれはご苦労様です。
変な事言い出しちゃったばかりにお付き合いして頂きまして・・・ (汗
 そんな計算私には無理です。
多分、高校生以降とんとご無沙汰な世界です。
そう言えば学生の頃って良く言いましたよね。
こんなの勉強したって何の役に立つんだよ~って (笑
確かに中学、高校と習った事で役に立った事?っていうか出くわした事が無いものがほとんどでしたね。
もうあと僅かな人生、このまま出くわさないで終わるんでしょうね。
多分、出くわしても
そんなの解んね~とか言って過ぎていくのだと思います・・・。
でも、中学位の勉強だったらやり直しても良いような気もします。
多分、それすらおぼつかないけど (汗
Wing-dihedral 
↑ CADで書いてみました。
全体図です。
これは片翼の分でcRESsonは全幅で1986mmなのでその半分の993mmで作図しています。
翼の長さはそれぞれ中央翼が220.41mm、外翼が575.88mm、翼端が250.82mmの構成です。
Wing-dihedral2 
↑ もう少し見やすくしました。
垂直の線の一番右が全幅2mピッタリの位置です。
っで、その範囲に収まるように翼端を寝かせて行くと22.109度まで寝かせて
製作時の桁の高さは94.404mmとなるようです。
ただこれは図面に書かれた数値から計算した物なので実際は誤差が生じると思います。
上反角を減らすには擦り合わせの部分をサンディングするので多少は短めになるでしょうが

上反角はあまり多めに減らさない事ですね。

私の機体の様に15mmも切り詰める事になります (笑

ダウンロード - wing20dihedral.pdf

Dsc_4115

↑ CAD弄っていたら翼端作るの面倒になって来たけどタイトルに翼端製作と書いてしまったので

ちまちま仕上げました。
外翼と同じく前縁は放置です。
ここは最後に仕上げようと思います。
明日は中央翼に取り掛かれそうです・・・。

|

« cRESson 5機目 翼端製作-1 | トップページ | cRESson 5機目 中央翼製作-1 »

OK模型 cRESson」カテゴリの記事

コメント

急かせてしまったみたいですみません。
実はBBさんからの依頼で計算方法を試行錯誤してたとこでした。
サイン、アークサイン、、、◯△◆※@#...(笑)
お陰で関数電卓の使い方も思い出せましたー

私は製作中の翼から実寸で計算したのでかなりズレがあるようです。
ようは作り方に問題ありってことが露呈したってことですね〜(汗)

投稿: OZ | 2020/07/16 11:55

OZさん

お待たせいたしました。
これはあくまでもCAD上の物で実物とは変わると思われます。
それでも、OZさんの実寸での値は同じくらいの数値でしたね。
工作精度高いんじゃないですか~ (笑
キットを作り始めてそんなに経っていなくても素晴らしいです。
もう、一流を名乗っても良いと思います。

絶対に接合部は削って擦り合わせするだろうし短くなる要素が沢山あります。
どっちにしても片翼で7mmしか余裕が無いという事はほとんど弄れないって事ですね。
だもの私の最初の浅い上反角の翼が2020mmになったのも頷けます。
今は反対に1970mmくらいで短くなっちゃいましたけど(涙


投稿: なっかー | 2020/07/16 17:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« cRESson 5機目 翼端製作-1 | トップページ | cRESson 5機目 中央翼製作-1 »