« cRESson 5 機目 胴体製作 | トップページ | cRESson 5機目 尾翼製作 »

2020/07/30

MB杯 7/26

 久しぶりの大会です。
しかし、生憎の空模様。
今回は、2日間の日程で行われる予定です。
数日前から天候が危ぶまれますが無事両日とも開催となり
運営の方々の努力の賜物かと思われます。
私は残念ながら2日目からの参加となりました。
(この部分は書こうかどうしようか迷いましたが火に油を注ぐだけなので止めておきます汗)

当日の朝はホテルのロビーでKJRさんARIさんKRTさんと待ち合わせ。
近くのコメダ珈琲でモーニングを食べ会場へ乗り込みます。

既に参加者の方々は大方集まっており、雨も上がり大会が始まります。

Dsc_4271

↑ 4round中3roundでピメンタRESを使いました。
 
朝一は風が無いので、ここは軽量機でとSlite V2を用意します。
ガーーーーン!
そう言えば未だこの機体にはスポイラー用のサーボを取り付けていなかったのです。
風が弱ければ定点を狙えなくはないけど降ろせないのは問題有り。
ここは諦めてcRESsonで行くことにします。
cRESsonも浮きは良いのでこのコンディションには合っているはず。

1round目は策の引っ張りが足りず、フラフラなランチになってしまいす。
高度が取れずサーマルも感じられない。
この日はほとんどがそんな感じで6分飛べた人が何人いたでしょう?
出来るだけ浮かせようと粘って周りを見ると皆さん同じような感じです。

2ラウンド目、若干風が出てきます。
またcRESsonで行こうとバラストを仕込みます。
しかし、折角なのでピメンタRES機(変な名前で呼ばないでね)にします。
ランチはグッドです。
ARFでやる時より早めにズームを掛けてみます。
それは、この日のハイランチを決めている人たちがそうしているからです。
こう言うい所は一人でやっていては解らない部分ですよね。
私のピメンタRESもそこそこの高度は取れている様で安心しました。
 しかし、フライトは全然ダメです。
いきなりのシンクに吸われ、あっという間に戻すことに。
このグループは6分飛んじゃう人がいたので大差が付いてしまいます。
この失敗が後々仇になります。

ここで雨が降って来て一時中断。
ついでにランチタイムです。

次第に雨も上がり、残りのラウンドを行う事に。
予定は全5ラウンド。

3ラウンド目、もっと風が吹いてピメンタRESにバラストを仕込みます。
いくつ入れよう?
結構、風が強くなって来たから100gは欲しいな・・・。
あれ?この胴体にそんなに沢山入らない (汗
そうなんです、まだバラストを積んで飛ばしたことが無いんです。
初めての事を大会でやるようじゃ結果が見えてますよね・・・。
結局50gを載せて出陣です。
前回よりランチが良くなって来ています。
良い位置でリリース出来ました。
あとはこの高度を維持して時間稼ぎ。
しかし、鼻歌交じりにHRTさんが寄ってきます。
そして、その時のジャッジはKJRさん・・・。
応援してくれるんだか野次られているんだか解らない雰囲気の中飛ばすのはとってもやり難いです (笑
風が強く思ったより風下から戻って来なくて何とか場内にたどり着いたらKRTさんと絡みます。
最後はKRTさんのMAGICに覆い被さる様にして2機とも着地。
仲良く計測外です。
しかし、このラウンドは1000点頂きました。
2ラウンド目の借りを少し返せたかな?

4ラウンド目、風が強く雨交じり。
今回一度も6分飛ばせないまま終わってしまいそう。
ランチはこの日一番の高さまで延びた気がします。
しかし、吸い上げてもらう場所が無い。
それでも、粘って飛ばさないと上位に差を付けられてしまいます。
最後の定点狙いで良い進入をしてきますがスポイラーを出しても濡れた草の上は滑るんですね。
2m以上オーバーして停止。
もっと近くに止まるはずが・・・。
それでも、また1000点頂き順位も盛り返して何とか形になりました。

F3-RESはランチ高度の違いが無くは無いけどそれは肉体的な部分から来るものじゃなく
機体と腕の問題だから虚弱体質な私でもがんばればなんとかなるって気持ちになれます。
前向きに取り組めるカテゴリーな感じです。
ルールもF3Kより解りやすく簡単すぎる気もするけど内容に迷いなく参加出来るところも良いと思います。
多少、簡単なタスクがあっても良いと思いますがどうでしょう?

Risu

↑ 結果は5位です。
2ラウンド目の点数がもう少し良かったらと思うのは誰もが一緒でしょう (笑

Dsc_4273

↑新鋭機、MAGIC。
これはTKTさんの機体です。
TKTさんはこの日が初飛行?なのかな?
そしていいなり大会です。
そう言えば私もcRESsonでそんな状況でした。
初RESで戸惑いながらでしたが楽しめたでしょうか?
帰りにARIさんにプロポの設定をしてもらっていましたね。
新しいカテゴリーの設定も楽しいです。

Dsc_4272

↑ こちら優勝のKRTさん、流石です。
前日のF3kも優勝したそうなので完全優勝です。
3roundの時この機体に私の機体が覆い被さりました (笑

Dsc_4276

↑ 綺麗に仕上げたSDさんのピメンタです。これは軽量版ですね。
ピメンタの主翼を使っているのに450g?らしいです。
私のより100g軽い。

Dsc_4277

↑ KJRさんのピメレス2機。
これはHRTさんの作品です。
ランチ高度の高さで群を抜いている機体ですね。
ランチのベンチマーク的な存在です。
順位も2位と好調です。

Dsc_4274  

↑ FRTさんのSlite V2はOZさんから譲ってもらった物。
とても良く飛んでいました。
Slite V2は浮きが良いです。
華奢だと思われていますがランチも伸びるんですよね~。
私はとっても良い機体だと思っています。
そう言えばFRTさんはcRESsonも作っていたはずなんですが一度も見れませんでした。
あまり飛ばしていないのかな?

Dsc_4275 

↑ WNBさんの機体です。
こちらもピメンタベースのRES機ですね。
やはり胴体と尾翼は自作です。
特徴↑的なのが尾翼です。
ナント水平尾翼は驚異の10d㎡。
これも浮かせる要因だそうです。
そう言えばるフリーフライトの機体も尾翼面積が関係すると聞いたことが有ります。
確か、主翼と尾翼と合わせて規定値が有ったと思います。
この機体の尖ったノーズが見事に刺さって定点ポイントを逃していましたね。
ほんの少しテールが浮いていただけですが。
加点が貰えないのは残念でした。

Dsc_4278 

↑ ビルダーのNMTさんの作品です。
機体はKIWI。
今迄に無い斬新な配色が目を引きます。
製作はとても丁寧できっちり組み上がっています。
上手な方が組んだ機体はぱっと見直ぐに分かりますね。
私もつい細かなところに目が行ってしまいますがホント良く出来ていました。

Dsc_4280

↑ プランク以外は透明無色のフィルムが使われておりバルサの生地が見れます。
バルサ機のカッコ良さを上手く表しています。

Dsc_4279

↑ KIWIのテールは特徴的です。
他の機体が水平尾翼を前に取り付けるのに対し、後ろに取り付けられています。
舵面が少なくても、より舵が利きそうです。

他にも魅力的な機体が多数あったのですが、雨が降って機体を出したりしまったりで撮影のチャンスを逸してしまいました。

OSKさんのcRESsonは主翼が通常の分割位置ではなく外翼の2/3辺りで分割できるようにされていました。
そうすると3分割した中央部分が丁度1500mmくらいでSAL機と同じになるそうです。
SAL機と一緒に収納がし易くなりますね。

FHFナカさんの機体は名機ALLEGROです。
私は良く知らないのですがドレラ博士と言うグライダーでは有名な人の設計らしいです。
その機体はフライングテールを採用しており、RES機にフライングテールは良いのではと言う声も・・・。
ちょっと興味が湧きましたがフライングテールにするにはその支柱が必要です。
FHFナカさんはカーボンからエポキシ整形で自作されていました。
これは私には無理です・・・。私も、フライングテールやってみたいけど。
既製品のユニットだけでも手に入れば使ってみたいところです。

っという感じで久しぶりの大会も雨の間髪を縫っての開催でしたが
無事????終わり(最後にいろいろあったようですが)、内容の濃いものとなりました。

私はいつもの通り反省点もちゃんと有ります。
その反省点ですが一番はフィールドに慣れていない。
いつも飛ばしている場所は木に囲まれ吹き溜まった風のリフトで上がって行くような所です。
それって、本来の気流を読んだりサーマルを感じたりするものとは違う空気です。
そして、飛ばすエリアが狭く機体をどこまで離せるか躊躇してしまいます。
これでは大会では通用しないと言うか違う飛行場に行った時にも困りますね。
いつまでたっても「ラッキーだね」と言われてしまいますのでもっと空気の読める(KY)男になりたいと思います。

|

« cRESson 5 機目 胴体製作 | トップページ | cRESson 5機目 尾翼製作 »

飛行日誌」カテゴリの記事

コメント

あいにくの天気でしたのにご参加いただきましてありがとうございました。
いつも以上にバタバタでピメンタRESを見せていただくことも忘れてました。
梅雨があけたらリベンジしたいと思います。
次回は私も出場できるかなー?

投稿: OZ | 2020/07/30 14:08

OZさん

いろいろお騒がせ致しました。
今後、OZさんは気報予報士の資格を取得したらよろしいかと思います (笑
これからはOZさんが降らないと言ったら降らない訳で迷いなく参加するようにしようと思います。 (汗

今回も運営等、お疲れ様でした。
素晴らしい計測システムも熟成してきて集計もスムーズになってきましたね。
ホント素晴らしいです。
また次回、参加させてただ来ます。
今度は選手として競えたら楽しいですね。

投稿: なっかー | 2020/07/30 18:42

はじめまして! 大宮田んぼグライダークラブの千葉と申します。最近当クラブでもF3-RES機がブームになりつつありまして、こちらのブログの情報を参考にさせていただいております。特にクレソンの上反角対策はとても参考になりまして翼端部の上反角を70mmにすることによりローリングがおさえられてとても好評です! 近場でF3-RESの大会があれば参加したい・・・という機運も盛り上がりつつりますので今後お会いする機会がありました節は宜しくお願い致します。

投稿: らんぱぱ | 2020/08/01 19:41

らんぱぱさん

初めましてよろしくお願い致します。
RES、楽しいですよね。
cRESsomを飛ばされていると云うことでとても親近感が湧きます(笑)
今後ともよろしくお願い致します。

投稿: なっかー | 2020/08/02 07:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« cRESson 5 機目 胴体製作 | トップページ | cRESson 5機目 尾翼製作 »