« ピメンタRES機のカッティング | トップページ | ピメンタRES »

2020/06/06

16SZ Ver3.9J

 先ほど16SZの新しいファームが出ているとOZさんから(おじさん?)から教えて貰いました。
そう言えば購入してから一度もチェックしていなかったです。
今回のは何が何でも更新したい内容です!!!
なんと、FUTABAも遂にもモデルセレクトが合っていないとリンクしないようになりました。
受信機ごとにプロポでIDが振られるようです。
Futabaユーザーでモデル違いで壊した人がどれほどいるか・・・。
この機能だけでJRに変えたくなった事あります。
過去に脇に置いていた機体を同時に離陸させてしまった猛者もいましたね。
エンジン機、電動機がモデル違いで壊れる事が無くなるのは嬉しい事です。

なので安全面での功績は多大な物が有ります。
このシステムを導入することで純正の受信機がバカ売れするのではと思っているのですが
16SZ以上のプロポしか対応していないのでそんな事もないのかなぁ・・・。

しかし、残念な事も有ります。
ハンドランチやRESを楽しもうという人には一点買いになるであろうR3004SBが唯一対象外なんです!

なんだそりゃ!!!!!

私にとって一番必要な受信機が対象外ってfutabaさんどういう事?
R3004SBはテレメトリー使えて小型?軽量?低下価格?まぁ他の互換商品と比べると厳しいですがFutaba製品の中では
とても魅力的な商品です。
100歩譲ってR3004SBが対象外でも良いです。
その代り同じ外形で今回のシステムに対応した4CH受信機発売してください。
純正で他にハンドランチに使えそうな小型受信機を探してもどれもがオーバークオリティ。
ハンドランチとRES用の受信機、そろそろ本気で売ってもらえないでしょうか。

FASSTestとT-FHSSのみID機能が使えます。 

Dsc_3785
↑ 3.9Jになりました。

アップデートのファイルは ↓
https://www.rc.futaba.co.jp/dl/propo/t16sz.html

アップデートのマニュアルは ↓

https://www.rc.futaba.co.jp/dl_manual/index.html

|

« ピメンタRES機のカッティング | トップページ | ピメンタRES »

16SZ」カテゴリの記事

コメント

ついに来た〜!
って思ったのも束の間、、、
主力のR3004SBが対象外っ判明した時のショックは忘れられません(笑)
しかもマニュアルには記載されていない手順も発覚!
即サポートに電話して修正依頼をしました〜
修正してくれるかな?

そもそもR3004SBだってリンクしたら受信機ID(シリアルNo)がプロポに表示されるんだから個体認識できるはず!
もう少し頑張って欲しかったです。

また、T-FHSSはSBUS2接続でテレメトリーセンサーが接続できるのでランチ高度を測るため高度センサーを付けてますが、R3004SBは受信間隔が1秒固定なのでランチ頂点が正確に計測できていないことがわかりました。
FASSTestでは0.1〜.2.0秒の範囲でプロポ 側から設定できますが、、、

以上より、FASSTestのR7004SBなる製品の発売を熱望せざるを得ませんです!

投稿: OZ | 2020/06/06 19:57

OZさん

アップデートの件教えて頂きありがとうございました。
今回はホントR3004SBの件が無ければ大喜びでしたね。
まったく、なんてことだ!ですよ。
ハンドランチ始めた頃、7008使っていましたね。
ただひたすら高度が知りたくて。
今は高度より電圧が知りたいです。
それにはテレメトリーですよね。
Futaba純正でないと機能しないし・・・。
R7004SBが出てきたら最高です。

いや、値段を考えたらR3004SBでも良いですよ。
そして、ID管理出来たら最高です。

投稿: なっかー | 2020/06/06 23:17

モデル間違えが起きなくなって、いいアップデートですね。
なんで今までこの機能がフタバにはなかったのかがずっと不思議でした。

JR用の互換受信機のDM4Fは受信機電圧のテレメトリが使えますが、フタバ用はないですかね。でも、1セルで使うとテレメトリ出ないのが残念です。

投稿: まー | 2020/06/06 23:36

まーさん

モデルのID管理はやっとという感じです。
フタバユーザーなら誰もが怖い思いを経験していることと思います。
今までも採用されていなかったのにはJRが特許を持っていたとかいないとか?
私も確かな筋から聞いた話じゃないので解りませんが今のJRの状況を察すると何となく解禁になったのかなとも想像できます(笑
あくまでも私の想像ですけどね(笑
製品が良くなっていくのは歓迎することなのでこれからも使いやすくなるアップデートを期待したいと思います。

投稿: なっかー | 2020/06/07 06:26

18SZと16SZ、両方アップデートしましたが、クラブの方から「リンクが全部切れた」との報告。
早速調べたら、FASSTはそのままOKでしたが、FASSTestとT-FHSSはリンクのやり直しが必要でした。
私の場合、これらはF5J機やF3J機なので何の問題もありませんでした。 FASSTが含まれていたら、機体から受信機を引っ張り出さないといけないところでした。

投稿: きむら | 2020/06/08 18:46

きむらさん

私も昨日T-FHSSを現地でリンクし直しました。
現地で受信機を引きずり出したりはやりたくないので、それ以外の機体も家でリンクや動作確認をしておいた方が良いですね。

投稿: なっかー | 2020/06/09 07:34

受信機買い替えなくても機能するのがいいですね。

ヒューマンエラーを少なくする補助アイデアって、失敗あるあるから思いつきそうな気がします。警告アラーム鳴ってくれるだけでも・・・と思います。

投稿: SOMA | 2020/06/12 03:20

SOMAさん

ヒューマンエラーなら数知れず・・・。
若い頃はそんな事絶対やらないなんて思っていたことが当たり前のように起きています😅
これから歳を重ねる事で不安しかないですね。
もし、機械が予防してくれるとなると
沢山アラーム設定してもらわないといけなさそうです(汗

投稿: なっかー | 2020/06/12 10:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ピメンタRES機のカッティング | トップページ | ピメンタRES »