« OK模型 cRESson 完成! | トップページ | cRESsonのプロポ設定 16SZ編 »

2020/02/27

F3-RES MB杯 cRESsonで参加

 完成して3時間しかたっていないcRESsonをクルマに積み込み競技会場へ向かいます。
競技会場と言ってもいつもF3Kでお世話になっているMBです。
MBではもうF3-RES大会は3回目となります。
私は過去2回ともフィンピーで参加し最新のRES機とは少し趣向の違う機体で参加してきました。
その後、Slite V2とcRESsonを手に入れるのですが当然どちらもキットで製作が必要です。
どちらを作ろうか迷いましたが話題性で断然cRESsonです。
新発売なので見たことの無い気になる機体です。
手間が掛かるのはcRESsonと分かりながらcRESsonに手を付けてしまいました。

RES機として設計されたcRESsonを持ってF3-RES大会に参加すにあたり
調整の時間が有りません・・・。
何せ完成したばかりですから。
現地に着いたのがもう競技の始まる直前。
いわいる遅刻ですね (汗
なんなら今回は空いてる時間に初飛行だけで良いかな~くらいに考えていました。
しかし、そんな雰囲気ではなく本人の思惑とは関係なしに競技が進行していきます。
私の出番をわざわざ後ろにまわしてくれていますし・・・
競技の合間にジャベリングを試し、数回ランチをさせてもらって出番です。

Dsc_2760
↑ 今回参加人数16名。
OZさんは運営に専念、実は飛ばす機体が無い。
次回は機体も出来上がっているでしょうから絶対に参加ですね!!!

Dsc_2770
↑OK模型のModerers Galleryに掲載してもらった画像です。
https://www.okmodel.co.jp/PhotoGallery/Toukou.html

この先も画像が沢山あります。
↓ ご覧ください。




Dsc_2774
↑ 御殿場チームです。ヒロ〇シさんとト〇イさん。
ヒ〇イシさんは前大会で4位の実力者。
機体は「お嫁サンバ」(古い?)じゃ「マツケンサンバ」どっちも古いか~!

Dsc_2763
↑ カ〇ロさんったらすっかりF3-RESにハマってるよ~。
カジロさんの愛機はあの高性能で有名なピメレス。
今回も好成績でした。
フ〇タさんもSlite V2が良く飛んでいました。
何よりランチが良くい上がるのにびっくり。
Slite V2でランチがあんなに良いんじゃ敵わないよ~ (汗

Dsc_2764
↑ ムギちゃんとナ〇ムラさん。
ムギちゃんにちょっと話しかけても相手にしてくれません。
か~なり真剣です

Dsc_2765
↑ 下から撮影しようとしたらプロポで遮られました・・・。

Dsc_2758
↑ 楽しそうだよね~。
わたしの定点距離を計測してくれています。
ホントはポーズだけです (笑

Dsc_2767
↑ ヨ〇ダさんのジャッジをするヒラモー。
日本チャンピオンに日本チャンピオンのジャッジってなんなんだ~!


Dsc_2762
↑ 以前私が通っていたセヤの広場でこのお二人をよく見かけました。
怖くて近寄れませんでした・・・・ (笑

Dsc_2761
↑ な~に見てんだろう?

Dsc_2768
↑ 皆でcRESson談義。
飛ばせば飛ばすだけ素性が見えてくる・・・。
cRESson製作中のタカシマンは興味津々です。

Dsc_2778
↑  ムギちゃんのPERES。
cRESsonと同じVテール。
PURESもカッコ良いよなぁ。

Dsc_2769
↑ ノ〇チさん、整備お疲れ様です!!!!

Dsc_2771
↑ バ〇さんのcRESsonとツーショット。
私のcRESsonはフィルムがクリヤなので影がカラーです (笑

Dsc_2776
↑ ト〇イさんのX-RES

Dsc_2777
↑ あれ~?
これは誰のだったのでしょう?
X-RESですね。

Dsc_2775
↑ ヒロ〇シさんのお嫁サンバ。

Dsc_2779
↑ ヤマ〇キさんのSlite V2ですかね~?

Dsc_2789
↑ お嫁サンバ、危機一髪!
早く、早く、誰か~

Dsc_2787  Dsc_2786
↑ ワタ〇ベさんのサギッタ~

Dsc_2785
↑ オ〇サコさんのSlite V2。

Dsc_2784
↑ わさわさと所定位置に移動しております。

Dsc_2783 
↑ おや?このピメンタ改はワタ〇ベさんのですか?
奥にあるサギッタがワ〇ナベさんのだからそうかも。
いつの間に・・・。

Dsc_2782
↑ とっても悪そう~なカラーリングはカ〇ロ号。
これが良く飛ぶんですよね~
今回、定点近くでとんでもない旋回を見せて周囲を驚かせました(賑やかせました) (笑
エンターテイナー健在です。
尾翼のフィルムも白黒にしたらバランスよそそうです。
張り替えてもらってはどうでしょう?(製作者に)

Dsc_2781
↑ なんと手ぶらで参加の〇リタさん。
皆の競技を観戦しに来たそうです。
そして、機体の情報収集だとか・・・。
自作するようですよ~
クリ〇さんの作る機体ってどんなでしょうね?
お披露目が楽しみです。

Dsc_2802
↑ まだRES機を持っていないタカシマン。
cRESson製作中らしいです。
cRESsonユーザーが増えたら楽しいです。

Dsc_2790
↑ サギッタを調整中のワ〇ナベさん。

Dsc_2794 
↑ ムギちゃんのピメレスとPURES。
ピメレスはこの日が納品だそうです。
飛ばさないのかな~?

Dsc_2806
↑ ピメレスが有るのにPUERSを飛ばすという事は風が無いのでしょうか?

Dsc_2808
↑ 〇ジロ号、胴体にテープ。
壊れかけてるでしょうか?
あの旋回の時かな・・・。

Dsc_2793
↑ ウミヘビ号が出てきました。
これはこれで格好良いです。

Dsc_2791
↑ 〇マザキさんのSlite V2。
今回はこれがセカンド機です。
本命は↓のサークルダンサーK2000.
もう無くなっちゃったけど「サークルK」ですね。

Dsc_2803
↑ ヤマザ〇さんのサークルKが川ポチャしたみたい。
しかし、サークルKは100g載せても浮きが良い。
空にも川にも浮きが良いサークルKです。

Dsc_2792
↑ 私の事は探さないで下さい・・・
回収できたのはサークルKだけ。
ヤ〇ザキさんはメクジリ川で流されていったとさ。

Dsc_2813_20200227211901
↑ 私のcRESson。
壊す前に撮影しときました。

Dsc_2815
↑ こちら〇バさんのおふぇらレッドのSlite V2。
ノーズに跳ね馬が貼っております。

Dsc_2816
↑ 翼端をいきなりの負傷。
踏んでしまいました。
しかし、応急処置で何の問題も無く飛んでしまうのが〇ジロマジック。

私の競技内容 ↓ 

1回目
トリムがまだ取り切れず直ぐに降りてきます。
ランチも、ディスタンスもトリムが取り切れません。
重心などこの時点では知る由もなし!

2回目
ランチはそこそこ上がるも上空でピッチングの嵐・・・。
頭上げでどうしようもなく、ひたすらダウントリムを打ちまくり。
折角の高度も下がってしまいます。
でも、必死にトリムを合わせたおかげでcRESsonが滑空し始めました。
20m辺りからサーマルを捉えるとなんとか復活。
この高度から上がっているのか~っと感心しました。
こりゃフィンピーと全然違うぞ~って当たり前か (笑
とっても操縦性の良い機体です。

過剰な程?の上反角が旋回を容易にさせてます。
一度バンクを付けると後はエレベーターを引いていれば旋回を持続してます。
旋回の径はエレベーターの引き具合で決められる感じです。
MAXの6分近くを飛べたので目指すは定点着陸。
メーカーの説明ではスポイラーに更にコード(スポイラーの奥行き)を追加出来るような物を付けると
有りますが、突貫工事の私のcRESsonにはそのような物は用意していません。
しかし、十分な幅を持ったスポイラーはしっかりその役目を果たしているようです。
スポイラーを出した時の頭下げの度合いがそれを感じさせます。
エレベーターのミキシングをアップに入れて調整を煮詰めれば良い所が出ると思います。
コードの変更をするのは必要性を感じてからでも良いかもしれないですね。
(っと言いながら直ぐに付けちゃったりして・・・www)
今回は定点もそこそこ狙えたので点数も良いはずです。

3回目
風が出てきました。
この日の予報は午後から4mです。
現地では時折5mを超えるほどの風が吹き遠くの竹やぶがなびいています。
私の機体は495gで仕上がっていますがSlite V2などより重いようです。
しかし、この風では重めのcRESsonでもバラストが必要です。
多分、前に出ないでしょう。
応急的にフィンピーでもやった単3電池をバラストにして詰め込みます。
主翼を外すと丁度、エレベーターとラダーの(Vテールだけど)リンケージの間に収まります。
1本が23gなので2本と鉛10gで56gのバラストで飛ばしました。
上手く飛ばせないくて今回はMAXとはいきませんでした。
どうも前重心になってしまったようです。

4回目
まだ風は強くバラストはそのままでテールに1gの鉛を巻き付けます。
これが良かったようで重心が良くなりました。
バラストを入れても何のその!
そのまま上昇しまたまたMAXまで飛んで高得点です。
定点もちゃんと加点がもらえる着陸です。
エアブレーキの操縦性も悪くないです。

5回目
風が収まってきました。
単3電池を1本抜いてテールの錘も外して33gのバラストで飛ばします。
だんだんと重心位置が解って機体の性能も上がってきた気がします。
ただ、現地で急に載せているため重心位置は数値として計れておらず不明です・・・。
言えることはノンバラで指定の78mmは飛ぶという事です。
そこを基準にバラストを載せて行ったらベストが見つかると思われます。
私はこの時のバラストを再現して重心を確かめておこうと思います。
そして5回目も
MAX近く飛んで高得点でした。

今回の急な参加にもかかわらず好成績が残せたのは奇跡です。
だってテスト飛行より競技で飛ばした方が多いのですから。

飛ばせばいろいろなところが見えてきます。
手を加えたい部分として、
・フックの位置でしょうか
周りからフックが前過ぎると言われています。
もう少し頭を上げてランチ出来ないと高度が取れないそうです。
操縦しながら上がって行く機体を似ている分には結構真上に上がっているように感じていますが
それじゃ足りないそうです。
なのでフック位置を後ろに下げてベストを探りたいと思います。

・そして、バラストを用意せねば。
乾電池じゃ比重が足りな過ぎて大きさのわりに重さが稼げません。
やっぱりタングステンですかね!

・主翼結合部分の養生。
透明美色で抜け防止を行っています。
折角のカラーリングを遮るのが嫌なので透明なテープを使います。
しかし、粘着が良すぎてフィルムが剥がれてしまいます。
防止策として貼り付ける部分にあらかじめテープを貼っておこうと思います。
接合部に一周貼っても良いですね。

・主翼取り付けネジを後ろもネジに変えたいです。

今の所そんな感じです。
今後、cRESsonユーザーが増えれば有益な情報が入手できるようになると思います。
皆でどんどん成長して行けたらと思います。



Mb_20200226214301
↑ 上位が崩れた中cRESson、2位です。頑張りました!

好き勝手書かせてもらい申し訳ないです。
また次回よろしくお願いいたします。
次回は4/19でしたかね~。



|

« OK模型 cRESson 完成! | トップページ | cRESsonのプロポ設定 16SZ編 »

OK模型 cRESson」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« OK模型 cRESson 完成! | トップページ | cRESsonのプロポ設定 16SZ編 »