« OK模型 cRESson 胴体の組み立て | トップページ | OK模型cRESson尾翼の作成。 »

2020/02/17

スポーツマンの練習会

Dsc_2634
↑  先週、グリーンへスポーツマンの練習会に行って参りました。
私としては待ってましたの練習会なのです。
どうしても自己流になりがちで、周りにはスポーツマンを教えて貰える人がいないのです。
mamuさんは教えてくれるけどそうそうご一緒出来るわけではありません。
前回のカシオペア大会に参加してから電動機をちゃんと飛ばしたいという気持ちが強くなって
グリーンへ入会させて頂いた次第です。
グリーンではスタントを飛ばす人が多く正に憧れていた環境です。
そして、今回の練習会。
冒頭からスポーツマンの全行程の基本を教えて貰います。
知らなかった事があったり、聞けてよかった~的な事が沢山有りました。
この画像では説明後のNGWさんの模範飛行が始まる所。
NGWさんの機体コントロールは素晴らしいです。
線が綺麗なんですよね~
あの線を出すのにどれだけ舵打っているのか私には全然解りません (汗
あんな風に飛ばしてみたいと思うばかりです。

Dsc_2632 
↑ 今回、困ったことが発生しました。
今迄設定していなかった最スローでのモーターを若干回してブレーキにするという設定。
これを入れ込んだらいろんな所に支障をきたし、一時はモーターが回らない窮地に・・・。
皆さんに教えて頂き飛ばせる事にはなりましたが、まだ少しバグが残っています。
今度、飛ばすまでに克服しておかないと・・・。

練習飛行ではHYKさん、NGWさん、HDさんが選手権レベルのジャッジとアドバイスを頂けます。
特にHDさんの判定はとっても細かく、今まで気にしなかったレベルを求められます。
それでもまだ甘いのだと思いますが私としては充分ハイレベルな精度を要求されました。
少しでも教えて頂きた事が実践できるとなんとな~く形になった気がします。
いろんな部分で忠実に図形を描こうと思ったら勢いだけじゃどうにもならないのです。


各演技には10点ずつ持ち点として与えられており、そこからの減点法らしいです。
正確に出来て6点、出来栄え点が2点、後なんだっけ?  (汗
マジ忘れた~。
出来栄え点を気にしたらそれはもうとんでもなくコントロールできないと稼げない点数です。
舵の切るタイミングから切る速さ、戻すタイミングから戻す速さなど、それに機体の速度のコントロール等
莫大な要素が絡み合って綺麗な演技になるのでしょう。

自分が気持ちよく飛ばせるようになった時初めて綺麗に見えるのでしょう。
四苦八苦飛ばしているうちは点数なんて気にしちゃいけないです。

実際に飛ばして見るとロールをするにも軸が通るようにするには小舵が各所に必要だったり
ストールターンですらエルロンが必要らしい。
細かなところでちょこちょこ技が有るようです。
図形の描写の仕方は教えて貰っても舵の打ち方は自分で探りながらやってます。
これがなかなか難しい。
そんな事を考えなら飛ばすのはとっても楽しいのです。

3/29のカシオペア大会に参加するのでそれまでの間やれることはやってみようと思います。

|

« OK模型 cRESson 胴体の組み立て | トップページ | OK模型cRESson尾翼の作成。 »

飛行日誌」カテゴリの記事

コメント

おお〜!!
私もそういう練習会行ってみたい。
今度ある時呼んでね(^.^)

投稿: mamu | 2020/02/17 23:59

モーターをアイドリングで回す件、ESCは何を使ってますか?ESCの仕様によっては回ったり、起動できなくなったりするものもありますので。

投稿: mamu | 2020/02/18 05:29

mamuさん

スポーツマン練習会は年1回はやるかも?ってお話でした。
もっと沢山やって頂いても良いのですが (笑

ESCはOSのようですがすみません見えるところに付いていなくて直ぐに確認できません。
(カウルを外せば良いのですが・・・)

起動しなくなった時AFRでロー側を少し上げていた時です。
これを100%に戻したら起動するようになりました。
それからバッテリーの繋ぐタイミングも関係してきました。
今迄、バッテリーを繋いで電源スイッチを入れるやり方をしていましたが、今は電源スイッチは入れて次にバッテリーを繋ぐと起動する状態です。
それだとコンディションで作ったAFRのアイドルアップが使えてます。
それが普通なのか解らなくなっちゃいました・・・。
もう一つは、飛ばした後にコンディションでアイドルアップを設定していない通常の状態に切り替えてもアイドルアップしっぱなしになります。
止める時はバッテリーを外すしかなかったのですが
後から変な事が分かりました。
エルロンを動かすと止まったのです???
ミキシングが変なところで入っているのかと探しましたが見つからず。
本来はどうやるのか解っておりません。

投稿: なっかー | 2020/02/18 07:03

ESCは電源投入した時に自動的にロー位置をメモリーするものがありますし、最初にハイローをメモリーさせるタイプのものがあります。前者はスロットルカーブがおかしくなりますし、スロットルを煽るような動きをすると再起動しなくなったりします。後者は当初メモリーさせた位置より高いスロットル位置だと認識するため、アームしません。必ず送信機の電源投入してアイドルアップが解除されていることを確認してから電源を繋ぐ必要があります。また、万が一モーターが回る事故を防ぐために、送信機の電源を入れない状態でモーター電源を繋ぐことの無いように注意してください。着陸したら送信機の電源を切る前に電池を外す必要がありますし、受信機が別電源をとっている場合でも、モーターの電源を繋がないようにしてください。電動機の基本中の基本ですので、周りの方にも教えてあげてくださいね。

投稿: mamu | 2020/02/18 13:49

なっかーさん

はじめまして。
「ふる」と申します。
16,7年くらい前に多摩川のグランドでSAL飛ばしていました。
たまたまネットでなっかーさんのブログを拝見し懐かしくなりました。

マイクロSAL面白そうですね。
十何年ぶりかでまた飛ばしたくなりました。
今は道具も機体もない状態なので一から始めようか考えております。

そこでご相談なのですが、
これからはじめるにあたり送信機はなにがおすすめでしょうか。
あまり高価なものは難しいので、
10J、12K、14SGあたりを考えています。
(フタバでなくてもいいのですが。)

ご教授いただけたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

投稿: ふる | 2020/02/18 17:53

mamuさん

ご返答ありがとうございます。
私のESCは初めにハイ・ローを認識するものの様です。
アイドルアップを下げると起動しましたから。
それとバッテリーの繋ぐ順番ですね。
プロポが先でバッテリーが後と言うのは重々承知していますが久しぶりなんです。
動力バッテリー以外にスイッチが付いている物が。
なのでちょっと困惑したようです。
なまじスイッチが有るからややこしくなるのですね。
クルマの時ってESCにスイッチが付属していてバッテリーは繋いでおいて走る前にスイッチを入れる手順でした。
クルマと飛行機は別物なので同じ手順が当てはまることは無いですね。
必ずバッテリーを最後に繋、最初に外すように心がけます。
???それってスイッチが無い時と同じにすれば良いだけですね・・・。
アドバイスありがとうございました。

投稿: なっかー | 2020/02/18 22:24

ふるさん

初めましてよろしくお願いいたします。
私のblogに興味を持っていただきありがとうございます。

16、7年前にSALをやられていたという事で大先輩ですね!
16,7年の間にメカ類が一番進歩しているのではと思います。
ご質問のプロポについてです。
blogにもいろいろ書かせて頂いています。
ハンドランチをやられていたという事なので当時からコンピュータープロポをお使いになられていたと思います。
コンディションの必要性とかをご理解いただいているとするなら10Jは汎用性が低くハンドランチには向きません。
12K、14SGがハンドランチで使用できる最安値かと思います。
面白い事にこの2機種はプログラムがほぼ同じです。
そして、どちらもハンドランチに十分対応しております。
12KはFASSTの電波方式が使用できないため海外製の安い受信機の使用に「制限が出てしまいます。
また、ダイヤル式でデータを入力できるのですがこのダイヤル(エンコーダ)が壊れるのに1年くらいです。
Futabaに修理を依頼すれば済む事ですが。
良い点はハンドランチに嬉しい軽量版です。
もう一つの14SGは登場してからかなり時間が経っています。
しかし、FUTABAの現行のプロポのデザインは14SGから継続しておりあまり古さを感じさせません。
電波方式もFASST、FHSSが使えるので汎用の受信機でも多く選べます。
操作性は全てタッチパネルなので好き嫌いは分かれるところですが、メカ的な部分が無いので壊れる事は無いようです。(私も今まで壊れたことは有りません)
お安いものを探すのであれば12Kかと思いますが
中古品なら14SGは品数も多いのではないでしょうか?

投稿: なっかー | 2020/02/18 22:58

なっかーさん

早速のご返答ありがとうございます。
ながく使うのであればやはり14SGですね。
大変参考になります。
今度はARFにて見学させていただければと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: ふる | 2020/02/19 07:30

ARFへの見学は大歓迎です。
是非ハンドランチの再開をして下さい。
これからも宜しくお願い致します。

投稿: なっかー | 2020/02/19 10:14

横からすみません。
プロポを永く使うのであれば、出来るだけ型の新しいものが宜しいかと思います。故障の時メーカー対応ができないと泣けちゃいます(泣)私の8FGどうしてくれよう〜

投稿: mamu | 2020/02/19 11:07

8FGまで古いとメーカーサポート終わりますね。
14SGで7年くらいたちますから
怪しいと言えば怪しい(笑
私は14SGが出たときから使っていますから
一番長く使えることになりますね。
何年でサポート終了するか聞いてみる必要があるかもしれませんね。

投稿: なっかー | 2020/02/19 12:39

mamuさん
なっかーさん


ありがとうございます。
お財布と相談してみます。

投稿: ふる | 2020/02/19 13:51

フタバに電話で確認してみました。

14SGは現行機種であるため、サポート終了の時期は全く決まっておらず、まだ当分サポートは大丈夫ですよ。との回答でした。

これは14SGできまりかなー

ご報告まで。

投稿: ふる | 2020/02/19 14:01

素早い!
もう確認されたのですね。
私の周りにも14SGユーザーが沢山いるので
安心しました。
こちらとしても助かりました。
有難うございます。
良いラジコンライフが送れると良いですね👍

投稿: なっかー | 2020/02/19 15:17

わたしもブレーキ付きのESCでうまく設定できなかったことがあります。その時はあきらめましたが、飛行機のブレーキは一度試してみたかったです。

投稿: まー | 2020/02/19 23:17

パターン機のブレーキ設定は私もよく知りません (汗
ブレーキ設定使ったのはモグラくらいですね (笑

投稿: なっかー | 2020/02/20 00:36

なっかーさん、
「正確に出来て6点、出来栄え点が2点、後なんだっけ?」
ジャッジングについてですが、ちょっと違うので、今度またお会いした時にでもご説明しますね。ご迷惑でなければ(笑)

投稿: mamu | 2020/02/23 09:40

mamuさん

採点の割合違かったですか?
きちんと教えて貰ったつもりが直ぐに忘れちゃって・・・。
今度お会いした時に教えて下さい。
お願いいたします。
他にも聞いてみたい事ありますし (笑

投稿: なっかー | 2020/02/23 18:24

分かりづらいんですけど、審査原則の重要度の割合を、採点の割合と置き換えちゃってるようなので、それは違うんです。その辺のところはFAIスポーティングコードって言う、いわゆるルールブックに確り書いてあるので、今度お見せしますね(^_^)v審査員講習会では真っ先にレクチャーされるところです、

投稿: mamu | 2020/02/23 18:41

わ~
ちょっと難しい話ですね (汗
その節はよろしくお願いいたします。

投稿: なっかー | 2020/02/23 23:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« OK模型 cRESson 胴体の組み立て | トップページ | OK模型cRESson尾翼の作成。 »