« フィンピー15にスポイラー | トップページ | 第25回 GTRCミーティング »

2019/12/15

F3-RES MB杯

 行って参りました~!
初、RES (笑
RESは昨日も説明した通り、R(ラダー)、E(エレベーター)、S(スポイラー)
因みにF3のFは模型飛行機で3はラジオコントロールれらしいです。

私のフィンピーがラダーとエレベーターのみなのでREという事から「レ」と呼ばれていました。
っで、前日突貫工事でスポイラーを追加してRESに出世です。

Dsc_1929 
↑ スポイラーを装備したフィンピー。

前日にblogにアップしておいたけど誰も見ていなかったようで
私の機体はREなんでしょと皆から言われました。
まぁ、その方が見せた時のリアクションが楽しみなので良いのですが (笑
スポイラーを付けて来た事に対し数名からお褒めの言葉を頂けたのでやった甲斐が有りましたね (笑
褒められると嬉しいけど、ちゃんと競技で定点着陸を狙いたくて付けたのですから
きっちり機能してくれないと目標は達成できません。

いきなりゴムで引っ張るのは怖いので手投げでトリムとスポイラーの効きを見ます。
ん~、ビミョウ・・・。
きちんと飛ばしてみないと何とも言えない。
ならばと、ゴムで引っぱっちゃう事になり、初ゴム体験。
っと思ったら、実は尾島でフクロウさんと2~3回やったことが有るのを思い出しました。
でも、1年以上前だしやった内に入らない回数だし忘れてます。

私がゴムで飛ばす時には御殿場チームの人達が皆でサポートしてくれました。
全然、要領が解らないので助かります。
皆さんの言うにはフィンピーのフックの位置が悪いらしいです。
確かにゴムで引っ張ると、上昇していくのにアップが必要です。

Dsc_1927 Dsc_1926 Dsc_1925
そこへ、ナカムラさんがフックを持って来てくれたのです。
その取り付けもお願いしちゃって、トリイさんに加工して頂きました。
フックの補強用にベニヤまで裏打ちして頂きました。
クラハシさんも後ろから覗き込んでアドバイスしてくれています。
あっという間にフックの取り付けが完了です。

フックを重心位置に付けてから、真っすぐ上昇するようになり高度が稼げるようになりました。
やはり、経験のある方達のノウハウは素晴らしいですね。

さて、フィンピーは飛んだのでしょうか?
飛ぶことは飛びます。
しかし、他のバリバリなF3-RES機と比べるとカテゴリーが違う気がします。
スパンが1500と言うだけで小振りで頼りない感じ・・・。
HRTさんには玩具だとからかわれるし (笑
確かに誰が見てもそんな感じですよね。

生憎、この日は風が強く3~4mってところでしょうか。
本来F3-RESの持ち味であるフンワリフライトは無理な状況で
皆さん100g近いバラストを入れてのフライトみたいです。
それに合わせてフィンピーも前が軽そうなのでノーズに単4電池を仕込みます。
バラストは使い切りのアルカリ電池です。
それで、バランスが良くなって飛ぶようになってはきましたがイマイチ飛ばし切れません。
翼厚が多い分一切走る感じが無いのです。
なのでサーマルに乗って風下へ行っても戻りを考えると早めのリターンとなりタイムが稼げません。

午前中は一度だけ1000点が取れて浮かれていましたが下から2番目の順位でした (汗
それには問題が有るのです。
定点着陸というF3Kには無いシステム。
1000点が取れた時は2m以内で加点出来ましたが、それ以外は10m以上で0点だったり・・・。
風が強い時の前に出ない機体は定点着陸が難しいです。

そうそう、簡単に点数の付け方を書いておきます。

フライト時間は点数にして倍になります。
6分=360→720点

定点着陸は1m以内は100点。
2m以内→90点
3m以内→80点
4m以内→70点
5m以内→60点
6m以内→50点
7m以内→40点
8m以内→30点
9m以内→20点
10m以内→10点
10m超えは0点

よって、6分MAXなので720点+100点が満点って事ですね。

これを、グループ内トップに対して1000分率で表示します。

折角スポイラーを付けたのに風が強くて使わなくても充分速度が殺せます。
また、フィンピーは良く速度が落とせるんです。

このままではいけないと思い、お昼休みにセッティングです。
重心位置に単3電池3本と、ノーズに単4電池2本仕込んでみたら、なかなかいい感じです。
午後からの競技に期待が持てそう。

しかし、午後からの競技では昼休みとは全然違う動きをします。
原因は解らないのですがランチからしておかしいのです。
ピッチングが激し過ぎ!
滑空時間は短いけど定点着陸はドンピシャの10㎝くらいにおりました!

戻ってからバッテリーのハッチを開けてみたらノーズに突っ込んでおいた単4電池が後ろに移動していました。
頭上げの原因はこれだったのですね。
お昼休みの感じで飛ばしたかったけど、これが最終ラウンドで消化不良~。

順位は定点着陸を決めたおかげでしょうか、一つ上がって下から3番目をゲット。
って、いくら何でも酷すぎだぁ (笑
フィンピーだからってもう少し行けると思っていたのに~
でも、現実はそんなに甘くは無いですね。

フィンピーにこだわるならフィンピーの薄翼版を作ってみたくなりました。
そうそう、ナカムラさんが次回もフィンピーでねって言うのですよ。
それは、何を意味するのか?
下位にいてね、という事でしょうね 。
そう言われるとリベンジしたくなる気も無くは無いです (笑

ちょっと考えたのが「スカイウオーク」にスポイラーを付けるのも面白そう。
安価で、作り易くて気軽に出来そうな気がします。
それにスポイラーの追加は苦になりません (笑
場合によってはスカイウオーククラスなんて別枠であったら面白そうですよ。
まぁ、それだと2Mの翼長で優雅に飛ぶRES機の雰囲気は無くなってしまいますけどねぇ。

Dsc_1938
↑ タカちゃんランチ。
誰よりも引っ張っていたような (笑
後ろでフクロウさんが飛ばしてます。

Dsc_1940
Dsc_1935
↑ 定点狙ってアプローチしてきました。
Dsc_1936
↑手前のサッカーボールの座布団みたいなのが定点です。
これだと5mってところでしょうか?

Dsc_1939 
↑ 風はあったけど寒くてしょうがないって程じゃなく
リトリブ?するのにフックを拾って走ると体が温まります。

Dsc_1937
↑いつも見慣れているF3Kの機体より大きいので優雅に見えます。
先週、F3Kやったばかりですから尚更そう感じるのかも。

Dsc_1941 
↑ OZさんの定点狙い。

Dsc_1944
↑ OZさんのSLITE V2。
初めて組んだバルサキットだと言っていましたがとっても丁寧に作られていて
流石です。
っで、その機体ですが変な格好していますね???

Dsc_1945
↑  刺さっています (笑
規則で刺さると定点着陸は0点らしいです。
刺さっても10秒以内にテールが地面に触ればOK。

Dsc_1933
↑ ジャッジの人がランチをするのも有りの様です。
慣れないうちはやってもらえると助かります。

Dsc_1934
↑ ワタナベさんの力強いランチ・・・っとF3Kなら書くところですが
角度を合わせ手を離すだけでスルスルっと上昇していきます。

Dsc_1931
↑こちらは誰の機体だろう?オオサコさんかな?
SLITEの使用率高いです。

Dsc_1928
↑ タカちゃんもSLITEです。
なんと、練習タイムに川ポチャのおまけ付き。
大事に至らなくて良かったですね。

Dsc_1942
↑ サーマルも出始めて気持ちよさそうにサークリングしています。

Dsc_1954
↑ こちらはナカムラさんのSAMBA。
参加中1機だけでした。
翼面積が一番広そうに見えました。

Dsc_1953
↑カラーリングが素敵なナカモトさんのサギッタ。

Dsc_1952
↑ フライングテールなんです。

Dsc_1951
↑ PURES はVテール。
抵抗が少なそうですが、ラダーの方が良く曲がるらしい。
これはナカモトさんの機体ですね。

Dsc_1949
↑ これもSLITE。
ヨシダさんの機体だと思います。
ヨシダさんが優勝なのですが5ラウンド中4ラウンド1000点と手が付けられない状態です。
次戦、止めることが出来るのでしょうか?

Dsc_1948
↑ ヨシダさんのピメンタ改ですね。
胴体はバルサで作られています。
モーターが付いているので、これでF5Jも参加しているのでしょうかねぇ?

Dsc_1947
↑ ワタナベさんのサギッタです。

Dsc_1946 
↑ ワタナベさんの機体ですが、なんと遊我の主翼が使われています。
2mまで翼端を延長しているそうです。
遊我ってピュアグライダーとして仕上げるとF3-RESにピッタリなんですね。
それはそれでやってみたい気がします。

Dsc_1950
↑ SLITEですが誰のか解らな~い? (汗
ごめんなさい。
これはタカちゃんのでした。

Dsc_1959
↑ PURES・・・これも誰のか解りません。
こちらはヒラモトさんのだと解りました。

Dsc_1960
↑ ヒラモトさんのSLITE。
SLITEって書かなくても機体に解りやすく書かれてる。
周りがクリヤなフィルムなのに対してソリッドな色使いで威圧しています。
毒々しい配色はウミヘビを思わせる。

ブレーキの設定が上手くいかなくて定点着陸に苦労していたみたいです。
競技終了後に調整し直したら良くなっていましたね。
ちょっと、変なくらいが良いんですけど~ (笑

Dsc_1961
↑フクロウさんのPURES。
この機体を飛ばさせてもらいました。
困ったな~
フィンピーと全然違うんですけど~。
翼長2mは全然いいです。
空気の捉え方が良い。
なのでディスタンスがとても良いんです。
ゴムだとヒラモトさんのSLITEと遊べるのは良いですね~。
これがF3-RESの面白い所なんでしょうね。

Dsc_1958
↑ MUGIちゃんのPURESです。

Dsc_1957
↑ これもMUGIちゃんの機体らしいけど、機体名が解らない・・・。
翼端細いですね。

Dsc_1956
↑ ヤマザキさんのSLITE。

Dsc_1955
↑ 御殿場チームの誰かのSLITEですね。
SLITEの使用率高いですね~。
ヒロイシさんのX-RESでした。

Dsc_1962
↑ 私のフィンピーはフック位置を付け直すことになりましたが
SLITEは可変式なのです。
バラストを入れたり多少重心をいじった時なのフック位置の調整が必要になります。
そんな時、可変式はありがたいですね。
これが付いていないと、穴の開け直しになるのでしょうか?
SLITE良いなぁ。

F3-RESに参加してみて・・・。
一番、気に成るところですね (笑
正直に言うと・・・

 





面白いです。

ランチはゴムで引っ張るからみんな一緒。
御殿場チームの躍進は素晴らしかったです。
タスクは滞空勝負だけ、それに定点着陸のおまけ付き。
滞空と着陸で競えるのは面白かったです。
機体も、洗練されたスタイルでかっこう良い。
華奢の様でゴムのランチに耐えるギリギリの強度が繊細さを醸し出してます。
ゴムで引っ張れる場所があればお手軽なピュアグライダーだと思います。

今回、一人だけカテゴリーの違うような機体で参加したので蚊帳の外でしたが
もっと、中間あたりで競えたら楽しいでしょうね。
さて、それでは機体を選定しないと。
これがまた難しい。
今回、多く見かけたのがSLITEとPURESでした。
他にもRES機は有るのですが、基本的に性能はかなりな水準に達していると思われ
どれを手に入れても充分飛ぶのだろうと思います。
後は、普段の扱いやすさや作り易さなども考えたらいいかと思います。
まだまだ、F3-RESは創成期なので他の主翼を使ったりするのは面白いです。
ピメンタと遊我の主翼再利用かな? (笑

さぁ、私は何を買おう~
(次回もフィンピー?)

F3res

|

« フィンピー15にスポイラー | トップページ | 第25回 GTRCミーティング »

飛行日誌」カテゴリの記事

コメント

フィンビー突貫工事でのご参加ありがとうございました。
10秒以内でテールが、、、、は正式ルールではありません。思いつきで出たローカルルールです。(汗)
独自路線を貫いた完全オリジナル機でも、最新鋭のRES機でも、次回までに余裕を持って準備お願いしまーす!

投稿: OZ | 2019/12/16 09:20

10秒ルールはちゃんとローカルと書いておけば良かったですね。
本ルールにしたら計測に困ります(笑
機体の選定をしているときが楽しいときですね。
でも、手軽に購入出来ないのが残念ですね。
早く国産メーカーより発売されないでしょうかね~。
待ちきれなくて変なことになりそうな予感がします。
(変なこと?海外より数種類まとめ買いwww)

投稿: なっかー | 2019/12/16 18:58

面白そうですね~
しかも皆さん機体がカッコいいです。まだ国産メーカーの機体は無いのですね。
中学生の時に、ジミーとかいう機体(確かOK模型)をショックコードで飛ばしましたが、当時はメカが重くてそんなに飛びませんでしたね。メカは1セットしかないので、すぐ別の機体に積み替えてしまいました。
ちょっとやってみたいですね~

投稿: Taka | 2019/12/17 18:39

Takaさん

中学生の頃に飛ばしたというショックコードとは
全然違う上がり方すると思いますよ。
ラインの長さにもよりますけどラインの長さ以上に
上がっているはずです。
まだ、数回しか上げていませんが、上空でフックの外し方が上手くいくとそこからまたひと伸び上がるのです。
多分上手く行った時は10mは上がっていると思います。
滑空も2mで今時の機体ですから軽量で微風用って感じですが
それはそれは優雅に飛びます。
機体もカッコ良くて観賞用にも向いています。
私も買うつもりなのでTakaさんも1機いかがですか (笑

投稿: なっかー | 2019/12/17 20:31

ピメンタの主翼を使うのもアリなんですね?
でも、プランク無しの機体がやたらカッコよく見えますね~
1機いっちゃいますか?

投稿: Taka | 2019/12/17 21:27

ピメンタの主翼はスポイラーなので胴体さえ木製で自作できれば使えますね。
YUGAもスポイラーなので使えます。
そう思うと手持ちでなんとか使い回しができそうなんですが
専用機はそれなりにカッコいいですね。
そのうちOK模型からも専用機が出てくると思うのですが。
待ちきれなかったら買うしかないかも(笑

投稿: なっかー | 2019/12/18 07:42

何名か問い合わせがあるけど、何を薦めて良いやら😅
でも、F3-RESは注目されていますね。
今後、発展する兆しが有ります。

投稿: なっかー | 2019/12/18 14:20

なんかOK模型からRES機出るみたいですね!
誰か作んないかな〜(^O^☆♪

投稿: mamu | 2019/12/21 20:36

OK模型から出そうですね。
OK模型のblogで書かれていますが、いつ頃発売か未定のままの様です。
上反角が特徴的でセンター部分が短く全体的に弓なりが
綺麗な半円になっているように見えます。
ラダー機なので上反角が大事でその部分は拘りがあるのでしょうね。
発売が楽しみです。
噂ではスカイモデリングからもリリースされるとか。
これから流行りそうですね。
是非、mamuも1機!(笑

投稿: なっかー | 2019/12/22 06:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フィンピー15にスポイラー | トップページ | 第25回 GTRCミーティング »