« ULTRA SPORT 46(Great Planes) | トップページ | フィンピー15にスポイラー »

2019/12/09

ARF 2019年 第2回 F3Kミーティング

Dsc01534

飛行機飛ばしたり、ハンドランチ飛ばしたりの私です。
今回はARFの大会です。
最近は飛行機熱が高く、ハンドランチが疎かです。
2週間前のミツバチで壊したSnipe SNTは修理もせずそのまま。
はっきり言って飛ばす機体が無い・・・

腰を痛める前までエース機だったSnipe SNはラダーサーボ不調で戦力外。
でも、この機体を復活させるのが一番手っ取り早い。
って事で、サーボを調べる事に。
どうせポテメが逝かれたんでしょ?って事でX08のケースを開けて226をひと吹き (笑
これでバッチリ!

じゃ、なかった・・・ (汗

更にギヤを外しバラバラにしていくとサーボモーターが回ったり回らなかったり。
原因はこれです。
他に壊れたX08が有るのでニ個一にしようかと思ったけどそんな半端な事するなら新しい物に交換しちゃえ。
手持ちを使ってしまった~
Flitz用に買っておいたサーボなのに・・・
Snipe SNに着いていたサーボはなんとVer.3.0でした (汗
結構、古かったのね。
一つだけVer.5.0で気を吐くラダーサーボ。
これが良い仕事してくれると良いのだけど。

サーボを取り変えたし、最近、飛ばしていない機体だしどんな飛びをするか不安です。
早めに行ってトリム調整くらいしておこうと一番乗りを目指しましたが既にTSさんとUDさんが
飛ばしていました・・・この時点で負けてる (笑

Dsc_1879
↑ 続々と集まりだしました。
今回は総勢21名で、まずまずの盛況ぶり。
普段飛ばさないフィールドへ来ていただきありがとうございます。

Dsc_1880
↑  運営の方々。
AYさんENさんSZさんAKRさんお疲れ様でした。

朝からサトケンさんがいつもの感じで話しかけていました。
この日もかなりネガティブな発言が・・・。
ダメダメと言われますがいつも私が負けてます。
今日の目標はサトケンさんより上に行く事。
それに前回、ランチが低いサトケンさんに負けてる様じゃって横羽さんに言われていたので
尚更、勝ちたいと思うのでした。

今回は、最終結果だけでなく、ラウンド毎の結果もアップしちゃいます。
それの方が競技している人の心境が良く分かると思うのです。
また参加されていた方も自分の順位の変動が分かるので楽しいかと思います。

・第1ラウンド タスクA(作業時間7分5分MAX)
いきなり前年度日本チャンピオンのSKさんがジャッジに着いてくれました(嬉
もうね、めちゃくちゃ親切にアドバイスしてくれるのです。
その通り飛ばしていたら、もう少しで5分に届きそうってところまで飛べました。
やはりチャンピオンのアドバイスは流石ですね~
競技前に「NOTは助手に着くとこえーからな」ってKJRさんが言うもんだから
めちゃくちゃ親切にしてもらいましたよ~
好感度UP!

Raund1
↑ ゲゲゲ~!いきなりサトケンさん1000点だ(悲
それでも、私は7位で飛べなかった中では上位にいます。

・第2ラウンド タスクB(特別ルール作業時間7分MAX3分ラスト2)
3分、一回しか飛べませんでした。
なかなか1000点が取れません。

Raund2
↑ え~~~、サトケンさんまた1000点!満点4人の中に入ってます。
私は一つ落として8位。
サトケンさんが、どんどん遠くなります・・・。

・第3ラウンド タスクC(同時投げ3投)
またロングフライトのタスクです・・・ 
はっきり言ってこの手のタスク苦手です。
粘ることが出来ないのです・・・。

3分2回飛びますが1回は90秒くらいで落下・・・
直ぐに降りたので落下と言わせてもらいます (汗

Raund3
↑サトケンさんに 5点だけ近づきました (笑
フクロウさんが上がって来た~。
1ラウンド目、悪かったみたいですね。
でも、その後は流石です。
どうせ悪くても捨てられるし影響はないです。

・第4ラウンド タスクE(ポーカー)
やっとロングフライトから解放されたと思ったらポーカーだって。
でも、嫌いじゃないので頑張ります。
風が出て来たので30gのバラスト入れてスタート。
バラストのせいでエレベーターが少し重い。
ジャッジのHRKさんにもっとアップ引いてって言われたけどこれ以上ないくらい思いっきり引いていたのですが (汗
2分がクリアできず再アタックが1度ありましたがタイムはそれほど良くないです。
HRKさんのアドバイスのもと好タイムが残せました。
残念だったのが途中でNKMさんと接触しちゃった事。
空中ではお互いさまと言いながら出来たら事故は無い方が良いでよね。
私よりNKMさんの方が被害が大きく申し訳ないです。

Raund4
↑ サトケンさんがまさかの大ブレーキ。
私は、900点台となりなんと同点!
密かに盛り上がります。
しかし、捨てタスクのマジックが隠されています。
この時点で捨てるラウンドを視野に入れて計算すると
サトケンさん728、私853その差125点
実質125点も負けている事になるのです。
最終ラウンドで同点だとしても125点差で負けです。
捨てタスクを取り入れる時は2ラウンド目から捨てタスクを入れた点数が知りたい気もします。
結局、自分で「捨てタスクが有るから~これが無くなって・・・?」なんて計算していますからね。
それもかなり計算難しいし (笑
その辺の前後関係が分かると最終ラウンドへの意気込みが変わると思います。
結果を見て「そうだったのか~」って言うより「これで挽回すれば」とか思いながら競技をした方が
わくわくしそうです。

第5ラウンド タスクF (作業時間10分6投の内3投有効3分MAX)
またまたロングフライト系。
風が無くなりまた無風に近いコンディション。
しかし、バラスト入れたまま出て行ったら全然飛ばない・・・。
3分MAXなんて到底無理な感じ。
6投全部使ってもまだ1分余るってどういう事?
本当はここでしっかり得点稼がないといけない所だったのに。
結局、最終ラウンドはヘマっちゃいけないと思う気持ちが焦りに繋がり
上手くいきませんでした。

Photo_20191209102401
↑ なんとサトケンさん、最終ラウンドに968点!!!!
実力の差がはっきり分かれました。
もう、届かない存在なのか! (泣

最終結果を見て思った事は「捨てタスク」いらないんじゃない?って事。
私もスケベ根性で自分のミスをなかった事にしてくれる捨てタスクは嬉しかったのですが
最後まで順位が解り難く、素点の順位とあまり変わらないのが見てとれます。
平等な評価をするため1000分率でグループごとに点数を出しているわけだし
尚且つ自分のミスを一つ無しにするってそこまでしなくてもいいように思えてきました。
上位の人達って、捨てタスクで順位が決まるような戦い方はしていなくて
皆さん1秒単位での争いをしているわけでそれが捨てタスクでひっくり返るような事は
ルールとは言えスポーツっぽくないかなと思ったりします。(個人的な感想ですから)
また、上位以外では(自分の事)捨てたいタスクが一つじゃ収まらない事から
一つ捨てたところで・・・って感じでしょうか。
何より得点が解りやすい方が良いかなって思います。

このことに関しては私が思っている事を書いたにすぎません。
あしからず・・・

っとまぁ、競技後も暗くなるまでKJRさん指揮の元321が繰り返されるのはいつもの事 (笑
しっかりお付き合いしますよ~!

最後は夕飯食べて解散。
みなさん、遠い所有難うございました。
また、運営スタッフの皆様お疲れ様でした。

来週はどうすっかな~

|

« ULTRA SPORT 46(Great Planes) | トップページ | フィンピー15にスポイラー »

飛行日誌」カテゴリの記事

コメント

おつかれさま&お世話になりました〜
来週はニューカテゴリーですよ!
布教活動にご協力お願いしまーす。

投稿: OZ | 2019/12/09 19:52

OZさん
お疲れ様でした。
今回も残念ながらARFらしくない穏やかな天気の中
競技が行われてしまいました。
ARFと言えば絶えず悲鳴が聞こえるような風が吹くのですけどね!
そのうち味わってください(笑

布教活動に乗せられてしむいました。
多分、参加してblogに書いて布教活動の協力することになっちゃうんでしょうね~。
それには面白いかどうかにかかっていると思います!
ちゃんと楽しませてよ~

投稿: なっかー | 2019/12/09 20:25

門外漢の私が言うのもなんですが、一位が3人?
F3Aで同じパターンを数ラウンドやって捨てラウンドてのは分かるんですが、タスクの違うラウンドをやって、捨てラウンドが出るってのには違和感がありますねぇ。何のために異なるタスクをこなすのか?意味が無いような気がします。
一位が3人って、競技としてはいかがなものかとも思います(^_^;)

投稿: mamu | 2019/12/12 07:30

mamuさん

異なるタスクをやって捨てラウンドがあると言うのは私も意味が無い気がします。
各種タスクをやってその合計の結果で競っているはずですからね。
その中には得意不得意もありますしそれら全体でその日の成績と言えるでしょう。
トライアスロンを例に取ると、「自転車苦手だから捨てでお願いします」とはできないわけで
苦手なところを克服するために練習しますよね。
ハンドランチの捨てタスクは参加者救済処置みたいなイメージかと思っております。
1ラウンド目にヘマっちゃうとその後、やる気なくなっちゃうからかも(汗
そうならない為のもののようにも感じます。
F3A50000の
演技の採点なら点数のバラツキを押さえるために上下切った得点が有効になるのは解りますけどね~。

今回の1位が3人と言うのも素点を元にすれば順位は付きます。
しかし、今回はそうしなかった様です。
理由は解りませんが・・・。
まだ、競技参加の日が浅いので良く解りません(汗

投稿: なっかー | 2019/12/12 16:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ULTRA SPORT 46(Great Planes) | トップページ | フィンピー15にスポイラー »