« F3-RES MB杯 | トップページ | 第15回 F3K MB杯に参加 »

2019/12/22

第25回 GTRCミーティング

 秋の3か月連続開催の勢いで12月も開催しちゃいました。
なので4か月連続です。
何がそれを後押ししているかと言えば、やはりエンジン機ではないでしょうか!

今回は、年の瀬、年末と忙しい時期なので参加者少な目。
過去最低だったと思います。

しかし、飛ばしだしたらいつもの感じ。
最後は「面白かったね~」で締めくくるのでした。

R1305
 日没後の記念撮影。
これでもまだ17時前。
次回は2月を予定しております。

R1280 
↑ 遂にULTRA SPORTを飛ばす日が来ました。
私も楽しみだったのです。
まーさんからマフラーの延長パイプを頂き取り付け完了!
ホイルカップが無いので排気をどうしようって思いましたが
思い切って主翼の上を抜けるようにしちゃいました (笑

R1279
↑ ヒラノさんに引き渡し。
機体の持ち方が変ですね (笑
もっと格好良く持ってもらえばよかったです・・・。

R1281
↑ はたして中古OS46エンジンは掛かるのでしょうか?
エンジン係りのポッキーさんが始動してくれています。
プロペラ回しても当たりが無い・・・だそうです。
変だな~って言いながらスターター当てたら一発でかかっちゃった。
パワーは新品と比べてどうか解りませんが、必要にして十分な感じです。

R1282
↑ 離陸は思いのほか簡単です。
直ぐにテールが浮き出し離陸体制に。
一つ目のターンをした時点でこの機体の素性の良さを感じました。
とても安定しており、飛ばしていて一切不安感の無い飛びっぷり。
これは良い機体だ~。
この日は風が強くて小型機には厳しい条件でしたがスパン1500mmの機体には
それ程影響を感じません。
Great Planesってちゃんとしているんだな~。
今後はお勧めブランドになりそうです。

R1283
↑ 安定しているなんて言いながら着陸で風に煽られました。
滑走路に入っていたはずがそのまま流されて草地へ・・・。

Dsc_1998
↑ 初飛行で脚をやっちゃいました。
寒いので樹脂が割れやすくなっていたのでしょうか。
引き込み脚のベースが折れてしまいました。
それも両脚。
ここはOK模型の引き込み脚に交換しようと思います。

折角、引き渡せると思ったのにまた修理で持ち帰り・・・
ヒラノさん、ごめんなさい。

Dsc_1997
↑ ヒラノさんが持ち込んだ機体達。
発砲のモグラはこんな風の強い日には丁度いいです。
後はベビーノイスとフェアリス。
すっかりエンジン機に染まってしまいましたね。

Dsc_1990
↑ 前々回、ウイングボルトを失くし飛ばせなかったのですが今回はネジを
調達し飛ばせそうです。
しかし、風が強いので飛ばさずじまい・・・残念ですがコンディションの良い時に飛ばしましょう。

R1296
 ↑ 発砲モグラを飛ばすヒラノさん。

Dsc_1987 
↑ ポッキーさんのバレリーナです。
これはポッキーさんが「うん十年前」に自分で作られた機体です。
ポッキーさん、製作上手なのです。

R1277
↑ 「エンジン係り」だし自分の機体なので当然エンジン始動はポッキーさん。
しかし、ここで事件です。
エンジンが掛りません。
致命的な事が解りました。
4stエンジンの、プッシュロッドの片側が固着して動かないのです。
カムカバー開けて潤滑するものを入れれば動くかと思いましたが
現地で油系の物を持っておらずとりあえず燃料を流し込んでみました。
まーさんが暫くクランクしてくれたおかげでプッシュロッドが蘇りました !
しかし、いくらプッシュロッドが動くようになったと言っても「うん10年前」のエンジンが掛るのか?
エンジン係長(係長?)、ポッキーさんの手により見事お目覚めです。
4stサウンドが心地よく鳴り響きます。

R1278 
↑ エンジンが掛かって直ぐに機体を滑走路へ運んで行ったので、ちょっと待って! (笑
初めて飛ばす機体は飛ばす前の舵チェックとニュートラルチェックが必要です。
前回、カブがチェックしなかったせいでで墜落したばかり (汗

さぁ、舵の確認が出来たところでテイクオ~~~~フ!
古い蔵出しの機体の”あるある”で、やっぱりニュートラルがズレてます。
エレベーターがあまりにダウンで一人でトリムを取り切れない。
横でポッキーさんにトリム操作をお願いするほど。
そろそろ、初飛行の時だけでもクロストリムが必要かもしれませんね。

一通りのトリムが取れたらいつものバレリーナがそこに現れました。
ん~~~~、良いじゃないですか!
非常~~~に良いです。(ドラマ、”同期のさくら”風)

この機体は先日私が手に入れたバレリーナと同じ名前でも4st 20用のバレリーナで小振りな方です。
しかし、さんのエンジンは4st 26なのです。
なので、katoさんの4st 20バレリーナより力が有ります。
20だと非力に感じていたので、この26がベストマッチな気がしました。
しかし、この26はもう生産中止で入手不可能。
ヤフオクで探しましょうか・・・。

R1284
↑ こちらはケイゾウさんのんアストロ10にエンヤのCX11。
もっとペラを小さくすれば回るそうですが、安全な燃調で飛ばしております。

R1285
↑ よって、排気も濃いめです。
レトロな雰囲気が良いです。

Dsc_2001
↑ケイゾウさんのサーカス。
こちらも何度か飛ばしているので問題ない機体です。
でも、エルロンのニュートラルがズレてます。
何となく不安だと言うので私が飛ばしてみました。
どうやらニュートラルはズレた状態が真っすぐ飛ぶ状態の様です。
だとすると主翼が捻じれているのかな?
確か一度直していると言っていたような・・・
この機体は練習機なので飛べばOKでしょう。

R1295
R1294
↑ 3輪で綺麗に離陸できます。

R1299
↑ シュミレーター練習でかなり上達したケイゾウさん。
もう、ソロフライトも安心です。

Dsc_1988
↑ 前回、ポルコさんの飛燕スポーツ70と編隊飛行で盛り上がった疾風。
今回も飛ばしました。
この機体、飛んでいるとエレベーターがダウントリムなので離陸の時はニュートラルにしないといけません。
ダウントリムのままだとお尻が持ち上がってペラを叩くんです。
前回からその対策で脚が出ている間はニュートラルになるようコンディションを設定しました。
しかし、それだと着陸の時アップトリムで降ろし難いのです。
いろいろ考えてみたけど、結局離陸の時は手動でエレベーターアップを引いていた方が良いのかなって
結論です。
それと、疾風の飛ばし方が少し解ってきました。
このところスポーツマンをやったりして、グングン引っ張るような機体を飛ばしていたので
スロットルは7割程度しか使いません。
なので、疾風もついパワーを掛けずに飛ばしていました。
今回は動翼に空気が流れるようにパワーを掛けてあげたら舵の効きも良いし姿勢も安定するように。
飛ばすのがちょっと心地よくなってきました。
次回も絶対持って行こう~。

R1287
↑ 脚を引っ込めて飛行する姿は良いです。

R1288
↑ 疾風の着陸です。
アップトリムで降ろすの難しい~ (汗

Dsc_1994 Dsc_1995
↑ 前回、エルロンのリバースで離陸して早々落としたカブです。
もう直さないよ!って言いながら、一度も飛ばさないのは悔しいので
修理しました。
ウイングボルトねじ込みにツメ付きナットの取り付け。
本来は5mmの硬めの木材にタップが立ててあり樹脂ネジを締め込むだけでした。
あまりにチープな構造なので今回ツメ付きナットを埋め込み6角ネジで止められるようにしました。
主翼の脱着がかなりしっかりしましたね。
主翼の破損も修理もしたし、フロントウイ様です。ドウも生成したし。

回るかな~?って、こっそり物置でエンジン掛けてみたし (笑
もう、飛ぶ準備は万端です。

R1289
↑強風で1800mmのカブは風に弱いです。
離陸でなんとか持ちこたえてる。

R1302 R1303
↑ 青空にイエローがとても綺麗でした。
まーさん、撮影上手いです。
R1301
↑ 高翼の1800mmはとても飛ばし易いです。
安定感抜群、おまけに4st 40のサウンドはカブにぴったり。
少しパワーが足りないけどこの機体には合っていると思います。
皆に飛ばしてみて~って声掛けたけど誰も手を挙げてくれませんでした。
多分、風が強かったせいだと思うけど・・・。
この機体はエンジン機体験には良いと思うのです・・・。

Dsc_1996
↑ サイドスラストを増やしたので飛ばしたかったエクストラ。
おかげで大分、改善されてきました。
微調整は必要だけど、左に向かって上がって行く癖は収まりつつあります。
しかし、風が強かったので今度は風の弱い日にしっかり見定めたいと思います。R1291
↑ 遠くでまーさんがエンジンヘリを飛ばしてます。

Dsc_2000
↑ それがこの京商製コンセプト。
ポッキーさんからの提供品。
皆で飛ばそうって事でヘリ部長のまーさんが製作から調整まで請け負ってくれました。
しかし、エンジンが掛らない・・・ (汗
クランクするだけで燃料ガバガバ飲んじゃいます。
ニードル絞っても飲んじゃいます。
ポッキーさんがちょっと触ったら燃調が変わりました。
神の手を持つ男ですね (笑
エンジンが掛った~

R1292
↑ 前回、浮くことのできなかったコンセプトが飛びました。
しかし、まだまだ自由自在に飛べるわけじゃなくホバリングがやっと。
徐々に煮詰めて行けたら良いですね。

Dsc_1993
↑ こちらはまーさんの本番用。
もう、ビュンビュン飛びます (笑

Dsc_1992
↑ まーさんのEDGE。
調子が良ければ飛ばさせてもらおうと思ったけどそんな次元ではなかったです  (汗
どうやらエレベータートリムが合っていなかったようで、上空でもんどりうちながら
暴れまくり。
誰もがもうダメかと思ったはず・・・。
しかし、上手く姿勢を立て直し不時着です。
無事生還できたのが奇跡。
あの状態から復帰したのだから、この機体は落ちる気しないですね~。

次回は飛ばさせてもらおっと!

Dsc_1991
↑まーさんのミニエクセレンス。
今回は飛ばさずに終わってしまいました。

終わってみればいつもの通り時間の過ぎるのがあっという間!
尾島に行くと、いつもそう思うのです。
1日の早さを比べたら一番は尾島にいる時ですかね~。

次回は私の秘密兵器が披露できるでしょうか・・・。
皆に言っていない機体が有るんですね~ (笑

|

« F3-RES MB杯 | トップページ | 第15回 F3K MB杯に参加 »

GTRCミーティング」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
今年色々お世話になりました。
最後の尾島フライト面白かったでーす❗
エンジン機ハマりました☺。
宜しく😃✌です。

投稿: のっさん | 2019/12/23 15:43

ヒラノさん

お疲れ様でした。
ULTRA SPORTの脚を壊してしまって済みませんでした。
折角のフライトチャンスを奪ってしまう形になっちゃいました。
また、直しますので尾島で飛ばしましょう。
今年もわずかになっりました。
お体労わってお過ごしくださいませ。

投稿: なっかー | 2019/12/23 20:32

今回も1日楽しめました。ありがとうございました。

人数が少ないとか風が強いとかは関係なくいつもと同じように楽しめました。

30ヘリのエンジンがポッキーさんの手によってニードルがしまらない状態はなおったのでこれから調整が進むはずです。みんなで飛ばす日も近いです。

人数が少ないので燃料多めに持っていったのですが、バッテリーの変換コネクタ忘れてEDGE540は飛ばせなくなりました。今回こそなっかーさんに飛ばしてもらおうと思ってたのに残念です。
また、次回よろしくお願いします。

投稿: まー | 2019/12/23 23:27

まーさん

お疲れ様でした。
結局、いつものテンションで声枯れ気味な自分でした (笑
レシーバーのバッテリーならLifeが有りましたよ。
声を掛ければ誰かしら持っていると思います。
次回はEDGEのフライトを楽しみにしておきます。
エンジン、ほんと楽しいですね。
今が面白い時なのでしょうね~

投稿: なっかー | 2019/12/24 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« F3-RES MB杯 | トップページ | 第15回 F3K MB杯に参加 »