« カシオペア スタント大会 | トップページ | プロポのバッテリー »

2019/10/31

Snipeの整理

Dsc_1518
↑  初めて買ったハンドランチのSnipe。
清水の舞台から飛び降りる思いと良く言いますが12万円の機体を買う時は正にそんな感じ。
憧れのSnipeでしたから嬉しかったですね~
そりゃもう沢山飛ばしまして、ボロボロになりながらも手荒い練習に付き合ってもらった機体です。
主翼は画像の通り中央に修理歴。
これはUDさんに直していただいた部分です。
ブームも折れていますが瞬間接着剤だけで奇跡的に壊れていません  (汗
いたるところが壊れているので修理だらけ。
でも、まだそれっぽく飛ぶ当たり元が高性能機なのでしょうね。
しかし、ここ1年以上は放置しっぱなし。
競技会に出るようになったらどうしてもかっちりした機体を使ってしまいます。
全然、飛ばしてあげないのも可哀想。
ならば、必要とされているところで飛ばして貰った方が良いはずです。

Dsc_1517 
↑ 先日バッテリーを沢山貰ったからっと云う訳じゃないですが
Snipeを飛ばして貰おうと思います。
多分、ハマるだろうから・・・ (笑
嫁ぎ先のプロポは8FGの1段ランチ使用。
16SZや14SGでモデル設定してもコピーできないのでお蔵入りしている8FGを引っ張り出してきます。
お蔵入りと言っても新品同然の8FGです。
futabaさんから新品交換してもらうも、その修理中に14SGに切り替えてしまったのでそのまま押し入れで眠っていました。
こんな程度の良い8FGってあまりないと思います。
このプロポ、ランチスイッチもノーマルなので丁度いいです。
カードでモデルコピーすればそのまま飛ばして貰えます。

電源スイッチを入れると直ぐにバッテリーアラームが・・・。
14SGからバッテリーを外して装着するとまだアラームが鳴ります。
あっと、8FGはニッカド仕様だったのです。
プロポと一緒に入っていた充電器もニッカド用。
充電しながら機体の設定を行います。
8FGと14SGは全く同じと言っていいくらOSが一緒です。
ホント当時の8FGの出来には感心します。

設定も出来たのであとはテスト飛行を行えば引き渡せます。
次の日曜、MBまで飛ばしに行く予定なのでそこでトリム調整ですね。
それはそれでなんか楽しみだ・・・。

Dsc_1506
↑ ポッド周りが酷暑の中放置したためグニャグニャに。
熱収縮チューブだからね。
この度作り直して予備のノーズコーンも作りました。
この機体もSnipeと一緒に進呈予定。
でも、マイクロは特殊なので面白いと思うかどうか・・・
欲しいと言われたらさしあげよう。
マイクロ飛ばして面白いと感じたら、かなりなハンドランチ好きと認定しましょう。

|

« カシオペア スタント大会 | トップページ | プロポのバッテリー »

snipe」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カシオペア スタント大会 | トップページ | プロポのバッテリー »