« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019/10/31

Snipeの整理

Dsc_1518
↑  初めて買ったハンドランチのSnipe。
清水の舞台から飛び降りる思いと良く言いますが12万円の機体を買う時は正にそんな感じ。
憧れのSnipeでしたから嬉しかったですね~
そりゃもう沢山飛ばしまして、ボロボロになりながらも手荒い練習に付き合ってもらった機体です。
主翼は画像の通り中央に修理歴。
これはUDさんに直していただいた部分です。
ブームも折れていますが瞬間接着剤だけで奇跡的に壊れていません  (汗
いたるところが壊れているので修理だらけ。
でも、まだそれっぽく飛ぶ当たり元が高性能機なのでしょうね。
しかし、ここ1年以上は放置しっぱなし。
競技会に出るようになったらどうしてもかっちりした機体を使ってしまいます。
全然、飛ばしてあげないのも可哀想。
ならば、必要とされているところで飛ばして貰った方が良いはずです。

Dsc_1517 
↑ 先日バッテリーを沢山貰ったからっと云う訳じゃないですが
Snipeを飛ばして貰おうと思います。
多分、ハマるだろうから・・・ (笑
嫁ぎ先のプロポは8FGの1段ランチ使用。
16SZや14SGでモデル設定してもコピーできないのでお蔵入りしている8FGを引っ張り出してきます。
お蔵入りと言っても新品同然の8FGです。
futabaさんから新品交換してもらうも、その修理中に14SGに切り替えてしまったのでそのまま押し入れで眠っていました。
こんな程度の良い8FGってあまりないと思います。
このプロポ、ランチスイッチもノーマルなので丁度いいです。
カードでモデルコピーすればそのまま飛ばして貰えます。

電源スイッチを入れると直ぐにバッテリーアラームが・・・。
14SGからバッテリーを外して装着するとまだアラームが鳴ります。
あっと、8FGはニッカド仕様だったのです。
プロポと一緒に入っていた充電器もニッカド用。
充電しながら機体の設定を行います。
8FGと14SGは全く同じと言っていいくらOSが一緒です。
ホント当時の8FGの出来には感心します。

設定も出来たのであとはテスト飛行を行えば引き渡せます。
次の日曜、MBまで飛ばしに行く予定なのでそこでトリム調整ですね。
それはそれでなんか楽しみだ・・・。

Dsc_1506
↑ ポッド周りが酷暑の中放置したためグニャグニャに。
熱収縮チューブだからね。
この度作り直して予備のノーズコーンも作りました。
この機体もSnipeと一緒に進呈予定。
でも、マイクロは特殊なので面白いと思うかどうか・・・
欲しいと言われたらさしあげよう。
マイクロ飛ばして面白いと感じたら、かなりなハンドランチ好きと認定しましょう。

| | コメント (0)

2019/10/25

カシオペア スタント大会

 遂にラジコン飛行機の大会に参加して参りました。
去年はハンドランチの大会に何度か参加させて頂きました。
今回は飛行機です。
そう、動力付き。
どんな大会かと言うとスポーツマンクラスと言う、決められたマニューバをいかに正確に飛ばせるかを競う大会です。
ラジコン飛行機を始めた時からこの手の飛行機に憧れ、なのにハンドランチの魅力にどっぷり漬かり
ここ数年はハンドランチ一本って感じで楽しんできました。

事の始まりは、ポルコさんからのカシオペア大会のお誘い。
当然、機体はほとんどが70クラス。
70クラスと言うのはスパン1600mmくらいの大きさの機体です。
70とは4stエンジンの排気量から来ています。
1600mmの翼長と言えば私が子供の頃のフルサイズに値するのではないかと言う大きさです。
この大会に見合う機体は先日加藤さんからお嫁に来たOLYMPUSが当てはまります。
後は少し小振りですがMusetteもパターン機なので候補になる機体ですね。
ただ、大会となると参加者の方々は皆さん70サイズの機体をお持ちなんだと思うのです。
それだけで私としては尻込みしてしまいます。

っと、そこへポルコさんからLINEです。
newアキュラシーを格安で譲ってもらえる人がいるという話です。
本格的なパターン機を手に入れるチャンス。
即答で購入の意思を伝え、晴れて私の機体となるのでした。
後から思ったのですがこの話どうも怪しい・・・
私にアキュラシーを買わせて大会に出たくなるよう仕向けられたのではないか?  
実際、まんまと手中にハマり参加する事となったのですが・・・ (笑

ポルコさんK泉さんと相乗りで開催地へ乗り込みます。
大会前日は練習日。
何とか雨も止んでアキュラシーの初飛行が出来ました。
始めにアキュラシーの前所有者のK泉さんに機体の様子を見ていただきます。
そして、直ぐに上空でプロポのバトンタッチ。
ラジコンって上手い人の周りと下手な人の周りに人が集まるものです。
私の場合は後者ですね (汗
始めて飛ばす本格F3A機にビビりながら飛ばしていると、方々からアドバイスが飛び交います。
出来ない者を外野からアドバイスするのは楽しいものです。
私も大好き (笑
まぁ、飛ばしながらでも聞くことは出来るしそれに答える事もそこそこ出来ると思っています。
しかし、3人も4人もの人から一斉にご指導入ると対応しきれましぇ~ん(汗
でも、何となく「初めて飛ばす割には・・・」っと褒めてくれていたような・・・
でも、それって褒めて無いですよね (笑
上手くないけど初めてなら良いんじゃない?って意味だから。

すこーし、自分のレベルで舵が敏感かな~?って思っていたので
スマホを取り出し呼んじゃいます。

OK!mamu
この機体を私でも飛ばせるようにして!

プロポの調整をどば~っとやってくれて飛ばしながら設定を変更してくれます。
調整後に飛ばしたらいい感じです。
これなら初めて飛ばす機体でも扱えます。
スマホに
mamuアプリ入れといて良かった~。

尾島で飛ばした時に距離感が解り難いとボヤいていましたが、今回飛ばしに行って真っ先にその確認です。
人が飛ばしているのを見て近いだの遠いだの一人でぶつぶつと・・・。
自分で飛ばして距離のアドバイスをしてもらうと意外と100m辺りの距離でも飛ばせる事が解り少し安心しました。
しかし、困ったことが起きました・・・。
風が、苦手な方向なのです。
風向きに好き嫌いは余り無いのですが、演技の向きは別。
沢山練習している方向位と反対なのです。
左にテイクオフってあまりやらないので舵が間違えやすいのです。
実際、MDでも左テイクオフの時は慣れるのに3パック程要します。
慣れた頃には大会が終わっちゃう。

だけど今回はそんな事気にしません。
アキュラシーが飛ばせて大会に参加出来れば目標達成みたいなもんなんです。
後は翌日、大会の雰囲気を楽しめたらと思うのです。

遠いので当然この日は宿泊です。
カシオペアさんで予約して頂いたホテルに皆で移動。
ホテルの外見と部屋の雰囲気は全然違くてとってもモダンな良いお部屋でした。

夕食は親睦会を兼ねた食べ放題のしゃぶしゃぶ。
最近、ダイエット?っで、食べる量を控えていましたが目の前のご馳走にタガが外れます。
お肉も沢山頂きましたし、ソフトクリームを見たら食べたくなるし。
ソフトクリームを全員が食べるという事で私が盛り付けしましたが、慣れない事もありどれも大盛ソフト (笑
そんなこんなで楽しい親睦会でした。

大会当日。
天気は最高です。
しかし、風は左から・・・
って事は左にテイクオフ。
この日も苦手な方向での演技です (汗

目慣らし飛行と言うのが有って、練習出来ない代わりに上手い人のフライトを見てイメージ掴んでねって事なのでしょう。
これに関して初心者の私には目慣らしって必要なのか解りませんが、あまりに素晴らしい演技過ぎてあんな風に飛ばせないよ~っと戦意喪失どころか意気消沈 (笑
そんな事もあって一切緊張しない一日でした。
クルマの時もそうでしたが練習で出来ない事が本番で出来るはずもなく練習で出来たことは本番で出来ないのが当たり前。
どれだけ本番で出来るようにするかが練習だと思ってます。
今の私は練習が疎かなので本番に向けて何が出来ようか?
そう思うと緊張すらしないのです。

皆さん順次演技を行っていきます。
上手な人から順番なので、それはそれは素晴らしい演技が続きます。
私の番が来るまで全ての人が上手に見えます。
実際、上手なんですけど・・・

1回目のフライト
助手は私には勿体ない助っ人mamuさんにお願いしました。
スポーツマンの演技を助手の方とやる事も初めてで何をサポートしてくれるのかも解っていません。
手始めのサポートはスタートの合図から (笑
何言うのか良く分からないのでお願いしちゃいます。
mamuさんの
Take off now!
の高らかな合図でアキュラシーが滑走を始めます。

前日トリム調整が出来ている事ですんなりテイクオフ出来ました。
水平を保って上昇しながら90度右ターンもう一度水平にして奥から飛行ラインに合わせるよう手前に戻りながらハーフリバースキューバンエイトで演技の開始。
今回は飛行場奥行きの問題からPターンは禁止でした。
私は練習でずっとPターンを入れ練習して来たのでちょっと違和感が有ります。
話によると最近はPターンってあまりやらないそうなんです。
今度から練習で省こうと思います。

四角宙返りは機体の恩恵をもろに感じながらなんとかこなせました。
演技は全てmamuさんの指示で舵を入れて行きます。
その時初めて助手の方のお仕事が解りました (笑
適切なタイミングで演技の始まりを教えてくれるのでとっても飛ばし易いです。
がっ!一度だけ私がミスりました。
2回正宙返り時です。
mamuさんのカウントダウンより一つ早く演技を始めてしまいました。
私だって中央から演技を始めることは解っています。
でも、3、2、1の1でアップを引いてしまいました (笑
mamuさん的には3、2、1、0でアップだったようです。
ちょっとした行き違いですね (笑
多分、一度でも一緒に飛ばしていたら間違わないミスだったと思いおます。
しかし、焦る事もなく笑っちゃったくらいでなんとか2回宙返りをこなしました。
それ程大きなミスもなく(自分としては)最後の演技コブラロール1/2ロールスに入ります。
ここで大きなミスです。
中央の頂点で色気を出してほんの少し修正舵を入れたら逆でした・・・・  (汗
機体が奥に向いてしまいあたふたします。
ここで左テイクオフの逆向き演技の苦手な部分が露呈したって事ですね。
でも、私にしてみれば上出来なんです。
Musetteを飛ばしたってなかなか最後まで演技が出来ないのですから。
無難に着陸してとっても満足感の高いフライトが出来たと感じました。
手綱を引いてくれたmamuさんには感謝ですね!
へなへな飛ばした割に素点で23/39位、十分すぎる結果です。

午後から2回目の競技開始。
1回目は緊張しないって言いましたが、2回目の方がもっとリラックスしていたので少しは緊張していたのでしょうか?
中盤まで良い感じに進んで行きます。
私の出来る限界の演技です。
しかし、2回逆宙でまたもやミス。
ここで色気出してまた軽く修正舵入れてしまい機体が迷子に・・・。
曇天と逆光で機体は真っ黒で何気に遠いし。
多分、アキュラシーを信じて侵入姿勢のままダウン打っていればそれなりに逆宙返りが出来たと思います。
初めての機体と言う事が余計な操作をさせたのでしょうね。
グダグダになってしまいましたが最後まで飛ばす事が出来ました。

得点は更新出来なかっただろうなぁ~って思ったら10点ほど上乗せされています。
やはり2回目は慣れてくるのでしょうか?
だけど上がったと思ったら順位は3つ落ちました。
皆さん2回目の伸びしろが大きかったようです。

順位を気にするような結果でも無いのですが演技をするだけじゃなく何処に得点源が有るのか見極める必要があると思うようになりました。
要は得点は減点法なので満点からどんどん減らされていく訳で減らされないような正確性のある演技をしないといけないって事です。
全体の構成もそうだけど一つ一つの精度も上げたないとなぁと思うのでした。

そうそう、もう一つ知らなかったことが有ります。
採点した内容を記入したジャッジペーパーなるものを頂いてきました。
各演技の点数が書かれているのはもちろんですが、その右隣に係数という項目が有るのです。
係数は1~3まであってこの係数に点数を掛けて得点になるらしいです。
例えば係数3の演技は得点3倍って事らしい。

テイクオフ シークエンス 2
四角宙返り                    3
1/2リバースキューバンエイト 1
2回ロール                     3
ストールターン              2
2回 正宙返り                 3
1/2スクエアループウイッズ1/2ロール 1
2回逆宙返り                  3
スプリットS                  1
コブラロール1/2ロール   3
ランディング                 3

こんな感じですが、これを見ると何をしっかりやらないといけないか分かります。
反対に何をミスっちゃいけないかも分かります。
今回の採点方法は各演技ごとに2ラウンドの良い方を採用しているので同じ演技でミスらなければ
得点的には「良い所取り」で自己のベストって事になりますね。
私もミスったのが違う演技なので、これ以上無いって形で集計されています。 (笑

これを知ったから対策が出来るのかと言うと今のレベルじゃ困っちゃうのですが、飛ばしている時のプレッシャーは変わります。
って、悪い方向の知識が増えてしまいました~ (汗

直ぐにでも練習して次の大会に出たいと思っている今日この頃 (笑

Dsc_1442
↑ 前日、到着後すぐに機体を組んではみたが小雨交じり。
テントにて待機中。

Dsc_1439
↑ 雨も上がり練習飛行の順番待ち。
日頃、好き放題飛ばしている私には無縁の行事。
でも、並ぶの嫌じゃありません。
並んでいる間ラジコンの話で時間潰れますから。

Dsc_1444
↑ 順番を待つ私のアキュラシー。
初飛行はどうでしょうね?

Dsc_1436
↑ この日ロールアウトのポルコさん自作の「飛燕スポーツ70」
設計からバルサ、ベニヤのレーザーカット、3Dプリンターで小物作りと全部自分で作り上げた機体です。
キャノピーだけフライトホビーさん委託でしたかね。
しかしその型も3Dプリンターで作り上げているので完全自作と言っていい機体です。

仕上がりも迷彩の塗装で完璧!
私も自分でこういう機体作ってみたいです。
ポルコさんがここまで出来るようになるのに数年しかかっていないのです。
やはりやる気とその人の能力の高さなんですね。
羨ましい限りです。

Dsc_1449_20191024234101
↑こちらもポルコさんの機体で自作のコントラユニットが載っています。
70サイズのコントラは何処にも製品化されておらず唯一このポルコンだけです。

※ポルコンは初めmamuさんがポルコントラと呼んでいましたが長いのでポルコンになった次第です。
古くはロボコンみたいなもんですかね (笑

Dsc_1447_20191024234101
↑ K泉さんのファンタジスタ。
まだトリム調整しただけの新品です。
塗りのキャノピーもカッコ良いです。

Dsc_1456
↑ 親睦会です。
カシオペアのKTさんとご対面~。
この左にテーブル2列分がカシオペア御一行の席でした。

Dsc_1458
↑ 福知山の駅にSLがライトアップされていました。
駅前にSLなんて、ここは新橋か!?

Dsc_1460
↑ 当日の記念撮影。
ポルコさんのファンタジスタと飛燕スポーツ70。

Dsc_1461
↑ K泉さんは朝から作業です。
多めにしたサイドスラストを元に戻したようです。

Dsc_1467
↑ 開会式の様子。
並んでいる機体は多分参加機の半分くらいですね。
カシオペア機は当然最前列へ !

Dsc_1464
↑ 純競技機が並ぶ中飛燕スポーツ70は異色です。
このまま大戦機シリーズで展開するのも面白そうですが?
個人的にはコルセアでお願いしたいです。

Dsc_1463
↑ ずっと奥まで参加者で埋まっています。
カシオペアスタント大会は人気あるのですね。
選手権レベルじゃ無く緩い感じが良いと皆さん言っていました。
参加しやすい大会とはこういう大会を言うのでしょうか。
初参加にもかかわらず私も楽しく参加させて頂きました。

Dsc_1469
↑ 1回目の飛行前のアキュラシー。
もう、なるようにしかならん! (笑

Dsc_1462
↑ 素点でトップのmamuさん機。
スタント機で参加されている中で唯一高翼のまったり系で参加です。
まったり系の機体はパターンには合っているような気もします。
後はmamuさん独自チューンが各所に入っていればこその~素点トップの機体なのでしょう。

Dsc_1475
↑ 商品も順位も根こそぎ持って行くmamuさんでした・・・。

Dsc_1472
↑ 参加した証です。

皆さんお疲れ様でした。
そして、お世話になりました。

| | コメント (6)

2019/10/18

70クラス用バッテリー

Dsc_1380 
↑アキュラシーのバッテリーを3本だけ揃えました。
1本がそれなりの値段しますから3本だけ。
アキュラシーに取り付けられていたコネクターが6mmタイプ。
いつもはXTを使うのですが今回初めてピンタイプ。
取り扱いが良いのかどうか解りませんが接点容量は高そうです。

Dsc_1419
↑ バッテリーにコネクターを付けて、尚且つ充電用のアダプターも2本。

これでアキュラシーを飛ばせる準備が出来ました。

| | コメント (0)

2019/10/14

ハンドランチ徐々に・・・

 本日、タカさんのホームグランド「グリーン」さんへお邪魔する予定でしたが
先日の台風の影響で飛行場が使用できず、ぽっかり予定の開いたところへARFでハンドランチのお誘いです。
ARFは千葉の中心部、高台にあるので増水の影響は一切ありません。
方々の飛行場で甚大な被害にあわれ飛ばす事が出来なくなった方々はホームの飛行場が復旧できるまで
ARFで飛ばされてはいかがでしょう?
お待ちしております。

Dsc_1384_20191014174901 
 朝から小雨模様の天気でしたが雨の止む隙を狙って321の開始です。
最近、飛ばしていない私にはメンバーが濃すぎですがそんな事も言っていられず
がんがん飛ばさないと練習になりません。

Dsc_1392
↑ HRKさんのジャケットはF3Bの文字が刻まれております。

Dsc_1393_20191014174901
↑ 先日、ランチ高度で10m差を付けられたKJRさんも参加。
あれから数日じゃ私のランチが良くなる訳もなく今回も10mの差は埋まらず・・・。
ランチってホント難しい。
腰を痛める前にあんなにいろいろ改良しながらフォームを作ったのに3か月で全て忘れてます。
何をどうしたか覚えていないので投げながら再構築。
体のひねり方、回転のスピードなど徐々に思い出してきました。
先日はFire Bladeを飛ばしましたが今回はSnipe SNTです。
どうもSnipeの翼の方が上がる気がするんです。
Snipeを選んだのはそれだけの理由です (笑

後はこれに体力がついて来れば良いのですが。
多分、一番初めに私がバテてしまっているなぁ。

Ud
↑  この日、絶好調のUDさん。
本命の機体はVortex3ですが、私がSnipeを飛ばしているのを見て?
Snipeを用意してきました。
そのSnipeがバカっ飛びしまして、この日のUDさんが一人勝ちです。

5本先取を何度やったか?
皆さんそれぞれトップを取って楽しめたと思います。
しかし、今回もARFの風は面白かった。
まるでエレベーター。
2Fのボタンを押すと2Fに連れて行ってくれる、そんな感じです (笑
まぁ、その反対もあってボタン押してもいないのに1Fに降ろされたり。
その辺は逆手に取って楽しんじゃったもん勝ちですかね~!

Dsc_1385_20191014181601


↑ HRKさん、UDさん、KJRさんが小雨の中321をやっています。
IWTさんと私は雨が止むまで待機中~。

Dsc_1391_20191014174901
↑ 飛ばしているといきなりHRKさんが見えなくなりました。
この穴に落ちたのです・・・ (汗
腰まで隠れるほどの深さです。
驚きましたね~。
近々アカルさんが埋めてくれるそうです。
怪我しないで良かったです。

Dsc_1388
↑ 小雨の中、我が物顔で闊歩していたのがコイツ。
何匹も見かけましたよ。
そうそう、私の柿(勝手に私のにしています)は台風でもまだ落ちてませんでした。
青すぎるのでもう少しもぐのを待ちましょう。

| | コメント (0)

2019/10/12

ランチ高度が・・・

 先日、徐々にハンドランチ復帰を目指し飛ばしに行きました。
丁度そこへ約束したわけじゃないけどKJRさんとIWTさんが登場。
久し振りにお会いできて嬉しかったです。

突然の登場には訳があって来週に控えた日本選手権へ向けての調整みたい。
選手権用の機体を前日に入手したようでその初飛行が目的らしい。
1週間前となる今週末は台風19号の影響で練習できないと見込んだのか
急遽MDでロールアウトの様です。

Dsc_1370
↑ ロールアウトの機体はPROGRESS。
Light+って言うのかな?
グレードは忘れてしまいました。
Lightの硬化版みたいです。
暫くハンドランチから離れていたらデザインも新しくなっていましたね。
一番初めのデザインは地味で人気なくて次はとってもカラフル。
そして今回は地味と言えば地味だけど私は気に入りました。
まぁ、私の物じゃないので私が気に入ってもね (笑
表面の仕上げが綺麗でFB並みのつるつる感。
PROGRESSってどんどん良くなっている気がします。

飛ばしているのを端で見ていると良く飛ぶなぁって感じ。
実際、毎回サーマルを外さないフライトは流石です。
KJRさん、IWTさんの腕も良いのは確かですが。
それにしても飛び過ぎです。
KJRさんのランチも力強いし。

Dsc_1372
↑ 折角なので私も飛ばします。
持って行った機体はFire BladとSnipe SNT。
コンディションも良さそうなのでFire Bladを組みます。
本当はSnipe SNTを選ぶところですがFire Bladの素直な飛びも好きなのです。
しかし、飛ばして見るとへんてこな動きばかり。
ランチは定まらないし、エレベーターも変な動きをします。
放置していた期間が長すぎてX08がへそを曲げているみたい。
かなり手間が掛かったけど何とかトリム調整完了。
(X08は動かしていると正常になってきます。)

KJRさんが一緒じゃ、始まりますよね・・・321。

復帰後あまり気にしていなかったけど自分のランチ高度が低いらしい。
IWTさんから腰をかばって投げているって言われたけど
自分では意識していないけど・・・
自然と怖くてそういう投げ方になってしまったのか?
それもショックだったけどもっとショックなことは
ランチが40m上がってないんじゃないかな・・・?だそうです。
一人で投げていた時はこんなもんだろうって思ったけど
端で見てもらうとかなり低いらしいのです。
確かにKJRさんより低いなぁとは感じていたけど・・・。
KJRさんは高度計が付いているので数値ではっきり高度が分かります。
50~53mらしいので40mの私はそこから10m低いって事ですね・・・
これじゃHRMさんから30m置いて行かれちゃう。
世界戦行ってまた強くなって帰って来たと聞きました。
今年中に追いつく気でいたのになぁ。
今年が無理なら来年中には追いつきたいかなと
何の根拠もない70mランチ・・・ (笑
(言うのは自由だ!)
40mのままじゃ大会に出るのも気後れしてしまうから練習しないと。
復帰戦はいつになるやら・・・

| | コメント (0)

2019/10/08

OLYMPUSを飛ばして

  先日、尾島でOLYMPUSを飛ばしてきました。
結果は・・・・
思ったより飛ばせませんでした。
もう少し飛ばせるかと思ったのですが前回フライトから数日でリセットされたようです。
尾島の記事でも書きましたが、OLYMPUSを飛ばす時はよっつさんがいろいろアドバイスしてくれます。

一番困った事は距離感です。
演技を行うにはどの辺が適切か分からないのです。
その都度よっつさんが近すぎ~と教えてくれます。
飛行エリアは中央から左右60度ずつ。
80m前方で演技を行い高度100m強まで使います。
いつもは1.2mクラスのMusetteを飛ばしているのでつい近場を飛ばしてしまいがち。
OLYMPUSだとワンサイズ大きな機体になるからもう少し遠目の80m先を飛ばさないといけないようです。
幾ら機体が大きくなったからと言って慣れない距離が怖くてしょうがないのです。

何が怖いかって機体が見えないのです。
機体の傾き加減が分からない。
すっごく見えていないと修正が出来ないと思っているので。
視力はメガネで何とか補えていると思うが端の方へ行った時、多少歪んで見えていそうな気もしてます。
ここがちゃんと解っていないと機体がどっかに向いて行っちゃいうところです。
80mも先を平面で飛ばす人の凄い事に改めて敬意をはらいます。

Pターンからして機体が遠くて不安になるのですが(そこから?)
その後水平飛行に移るも真横に飛んでいるのか解り難い・・・。
ハーフキュ―バンエイトのハーフロールも何処で止めて良いのか姿勢が解らない。
スクエアループの昇る姿勢が向こう向きすぎなのか手前に向いているのか、はたまた上昇進路が向こうなのか
手前なのかこれも解り難い・・・
もうこれ以上書いてもダメな事ばかりなので割愛します (汗

あまりに出来ない失意と裏腹に悔しいです (笑
ここまで下手クソかってくらいダメだから。

何かヒントをもらいたく角倉さんのスポーツマンの記事を読んでいたら
ハーフキューバンエイトの高さは角宙より低かったんだ!
フレームアウトしないためのヒントかも。

OLYMPUSをチェックしていたらいろいろ気になるところが有ります。
先ずはバッテリーホルダー。
これはスライド式で重心を調整出来るようになっているが軽くスライドしてしまう。
飛ばした後に見るとスライドしまくって重心がかなり後ろにずれていたので
ズレないようにネジ止めしました。
こんなのも手の内に入らない要因かも知れませんね。

Dsc_1327
↑  水平尾翼の翼端がフニャフニャになっていたのでカーボンスパーで補強しました。
EPOなので折れたり割れたりしないのですが腰が無くなってしまいます。
酷いと風圧で負けているかも。
飛ばない要因がここにも・・・。

風圧の影響を心配したら今度はカナライザーが気になりだします。
こちらも意外と柔らかい。
多分、この手のクラスでは複葉機を除いてダントツにデカいカナライザーだと思います。
このカナライザーは複葉機の利点も兼ねていそうですが如何せん柔らかいのです。
柔らかいからどう影響が出るかと言われても分かりませんが自分の意思に少しでもそぐわない動きをするとしたらそれはダメでしょう。

Dsc_1351
↑  たまたま自分の壊してしまったOLYMPUSのカナライザーを取っておいたので試しにそれをカットしてみました。
かなり小さくしたつもりでもアキュラシーの小ささには敵いません・・・。
小さくしたことで浮きが悪くなるかもしれないし、曖昧な飛びが変わるかもしれないし。
それは飛ばしてみて初めて分かる事ですね。

Dsc_1342
↑  キャノピーが透明なのでディテールがぼやけてるなってずっと思っていました。
いつか着色してやろうと思っていたので昨晩シュー!っとひと吹きしてやりました。
スモークグレーと、ピンクとブルーの中で何色にしようか迷いましたが
無難にブルーです。

Dsc_1343
↑  前から気に入っていなかったパイロット。
え~~~い!っとばかりマッキーでいたずらしてやりました。
後からこんな変なヤツ乗せなきゃ良かったと思ったりしてます・・。

Dsc_1341
↑  カナライザー小さくしてキャノピーがブルーになったら多少格好良くなった?
自画自賛ですね・・・はい。

| | コメント (16)

2019/10/06

第23回 GTRCミーティング

秋の良い季節に沢山飛ばそうと月一開催を企てたGTRCミーティングです。
三か月連続の2回目が無事開催出来ました。

1週間ほど前から台風18号の動向が気になりだします。
3日前は全日雨模様・・・
なんでこんなピンポイントに雨になる?ってくらい狙いすました台風野郎!
しかし、日が経つにつれ台風が反れて行きYahoo!天気予報も天気マークが出るほど。
朝方家を出る時に雨が降り出し四つ木を通過する頃には大雨 (笑
舘林インター辺りでは天気予報通り小雨に。
現地に着くと雨も上がり日中日差しが暑いくらいの陽気となりました。
まぁ、何と言うかGTRCミーティングの晴天ジンクス復活ですよ!

R1189

続きを読む "第23回 GTRCミーティング"

| | コメント (13)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »