« マイクロ用バルサ比重表 | トップページ | 16SZ »

2019/07/17

14SGが故障

2012年12月購入。

6年と7か月使いました。

その間、修理は電子トリムのスイッチを交換したくらい。
自分の不注意で右側上部をプロペラで壊したことが有るけどそれは故障とは言いません。
14SGはホント良いプロポです。

しかし、とうとう変な事が起きました。
Img_20190704_110920

↑ 電源を入れる度この表示が出るようになりました。

どの項目を開いても起動画面でパワーモードを表示するスイッチは見当たりません。

お手上げとなりFUTABAのサービスセンターへ電話です。

直ぐに故障という判断が下されます。

私:RF ONにすれば使えそうなんですが・・・

F:何分、空を飛ぶものなので何かあってもイケませんので、送ってください

電話する前に気付いたのがファームのバージョンが6.0で古いままでした。

サービスセンターの人に「バージョン上げると直ったりしませんか?」

「それは、無いです」あっさり言われました (笑

送る事を約束して電話を切りました。

Img_20190704_111351

↑ それでも一応上げてみました (笑

6.0から一気に8.0。
7.0もあったのでしょうか?

Image_20190716231901

↑ 「追加・変更内容」はピトー管を使って速度が測れるそうです。
これは意外と良いんじゃないでしょうか?

テレメトリー使えるようになった頃高度計が楽しかったけど

最近は最高速が何キロ?なんて楽しんでいるからタイムリーなセンサーかも。

Img_20190704_115703_20190716232301  

↑ 14SGを修理に出そうと箱を出して開けてみると・・・

  スイッチが出てきました~~
最近、エンジン機で使うから妙に嬉しい (笑
それも充電コネクター付き!
この時ばかりは14SGが壊れてちょっと得した気分。
箱の中にはメモ書きを入れておきます。
故障の症状はもちろんですが、「SFのスイッチはハンドランチで使うのでそのままにしておいてください」的な内容を添えました。

以前、純正に交換されて帰ってきた経緯があります。

14SGがおかしくなったタイミングでOZさんから面白い情報が・・・
BBさんのハンドランチに特化した16SZ改の話です。
軽量化したらかなり軽くなったようです。

Img_20190703_184939

↑ 早速私の14SGの全備重量を量ってみました。

私の14SGはかなり軽いと思っていたのにBBさんの16SZは私のより100g近く軽いのです。
2年ほど前に16SZが発売された時、勝手に重いだろうと決め込んでいたのが大間違い。
実は軽かったのです。

14SGが壊れたタイミングでこんな情報?

日頃14SGの後継機種が無いなぁって思っていたところに私の重要項目である重量についてクリヤしていたのです。

でもまぁ、14SGはGTRCのデフォルトプロポなので使えるようにしておかないと他の人達にも支障をきたします。

サービスセンターに電話したその日のうちにコンビニで発送手続きを済ませました。

その、数時間後サービスセンターにメールを書いてる自分がいました。

内容は、「発送の時、BT2290のスイッチを2個、同梱してください。」

それは2段ランチ用のスイッチじゃないか?

それが欲しいって事は・・・・

気持ちがあっちに傾いてしまったのか~!

|

« マイクロ用バルサ比重表 | トップページ | 16SZ »

14SG(Futaba)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マイクロ用バルサ比重表 | トップページ | 16SZ »