« マイクロの焼き直し | トップページ | ホリディαのその後 »

2019/04/20

BAMFを飛ばして見る

画像が無いのが残念。
HNさんのBAMFを初飛行以来に飛ばしました。

先週BDでBAMFについてかなり飛ばし込んでいるITさんからセッティングの方向性を聞いておいたので近々飛ばせたら良いなって思っていた矢先。
今日、MDへ音信不通だったHNさんが何の前触れもなく現れたのです。
それもBAMFを持って!

そして、なんとITさんも来たじゃないですか!
こりゃ、又聞きでセッティングするよりITさんにセッティングしてもらっちゃった方が最新のセッティングが出来て好都合じゃないですか (笑
親切なITさんは早速飛ばしてくれてるみたい。
その頃、私はホリディαを飛ばしてご満悦・・・ (笑

ひとしきりホリディαで遊んだ私はやっとBAMFの方へ顔を突っ込みました。
ITさん、HNさんと3人でセッティングをしてみます。
先にデータを持っているITさんから有益な情報を貰いながら取り込んでいきます。

BAMFと言えばあのスタビですよ、バイロンですよ。
妙にダウン側にオフセットされているのです。
間違えてこのようになっていると云う声も聞きます。
でも設計者の何らかの意図があってそうしていると思いたいところです。
私は当初、翼弦がの短くアンダーキャンバーを持たないBAMFにクルーズないし、サーマルモードを設定するにはかなりフラップを下す必要があると思いました。
フラップを下すことによる頭上げをスタビライザーのダウンセットでエレベーターのニュートラルを維持しているのかと考えたのです。

しかし、飛ばしだすと気になるのはとエレベーターのトリム位置。
どしても各モードでアップに入ります。
何より気になるのはzoomの時の各動翼です。
エルロンは弱下がり、エレベーターはまだアップ。
今迄のハンドランチ機とは明らかに設定が逆です。
しかし、構造上違うのは1箇所です。
バイロンがダウンオフセットしているという事だけ。
始めに思った「設計者の何らかの意図」と言う思いは少し薄れ、いつものようなセッティングでどうなるのか見てみたい。
zoomはフラップ1mmでも上げたいだろう!
それの方が抵抗ないだろうって事です。
その時のスタビはニュートラルで。
それを実現するにはBAMF禁断のスタビにカイモノです。
ダウンセットなので前に紙を挟んで急場の調整をしてみます。
紙を1枚じゃ足りなくて3枚まで入れてみました。
これでzoomではフラップ1mm上げ、スタビ「0」です。
が、トリム一コマくらいは調整で動かします。

これで飛ばして見るとzoomが綺麗に伸びて行きます。
抵抗感ない気がします。
従来通りの設定も悪くないって事です。
この前の設定はやっぱり真っすぐ上がると言ってもオフセットが入っていると引きずっていたのでしょうか。
zoomが決まれば各フライトモードのエレベータートリムを合わせれば飛んじゃいます。

zoom主体でスタビを調整したのでスピード、クルーズは0でしたがサーマルはダウン方向ですね。
各モード共、過度にエレベーターアップでバランスさせないので飛びがスムーズに見えます。
ただ、実際飛ばすのはクルーズだったりサーマルモードだったりする訳でこちらを主体に設定をしていかないとダメなのかもしれません。
今更そこを気にする?
何のためにzoomに拘ってセッティング詰めてきたの?
そうは言ってもzoomで合わせたエレベータートリムがあまり変わらないので問題ないですね (汗

まぁ、普通の機体のセッティングにしただけと言えばそれまでですがそうすることでBAMFの素性が見えて来たとも言えるのかなと。
ここまで来たので重心を少しいじりたいし、バラストも用意しないと。

もう少し飛ばしてみたいので次HNさんと飛ばす時が待ち遠しいなぁ。

今回はITさんと一緒にセッティング出来て楽しかったです。
セッティングを詰めるにあたりITさんのアドバイスを理解できたのは私にとって良い事でした。
自分がトンチンカンだとガッカリしちゃいますもんね。

|

« マイクロの焼き直し | トップページ | ホリディαのその後 »

BAMF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マイクロの焼き直し | トップページ | ホリディαのその後 »