« GTRC F3Kの練習会 | トップページ | 書類提出 »

2019/03/03

12K 二段ランチスイッチ

前から気になっていた12Kを触る機会が有りまして、どんなもんでしょう?って事ですが
オペレートはほぼ14SGと同じ。
一切違和感なし。
不評のタッチセンサーがエンコーダー(ダイヤル)とプッシュスイッチで確実な操作性。
そして、私好みの軽量 (笑
なかなか良いプロポです・・・。

FASSTが使えれば (涙)

私の持っている受信機は全てFASSTなんです。
なんて事は前にも書いた覚えが有ります。
そういうレガシー遺産をお持ちでない方は12K良いと思いますよ。
値段も14SGよりちょっと安い。
これからハンドランチやる人にはお勧めなプロポです。

今のハンドランチは2段ランチがほぼ当たり前な時代。(私の周りだけかな?)
この2段ランチを可能にするには2段ランチ専用のコンディションを作り操作できるスイッチを付けなければなりません。
このスイッチは14/18MZ用のカスタマイズ・補修パーツとして売られているものでフタバ純正で手に入ります。

スイッチの種類は↓の通り。

SW 1 ショートタイプ2ポジション BT2281

SW 2 ショートタイプ3ポジション BT2283

SW 3 ショートタイプ2ポジション モーメンタリ BT2285

SW 4 ショートタイプ2ポジション モーメンタリ リバースタイプ(正面側)BT2292

SW 5 ショートタイプ3ポジション モーメンタリ BT2287

SW 6 ショートタイプ3P トグル/モーメンタリ ノーマルタイプ BT2289

SW 7 ショートタイプ3P トグル/モーメンタリ リバースタイプ(正面側)BT2294

SW 8 ロングタイプ2ポジション BT2282

SW 9 ロングタイプ3ポジション BT2284

SW10 ロングタイプ2ポジション モーメンタリ BT2286

SW11 ロングタイプ2ポジション モーメンタリ リバースタイプ(正面側)BT2293

SW12 ロングタイプ3ポジション モーメンタリ BT2288

SW13 ロングタイプ3P トグル/モーメンタリ ノーマルタイプ BT2290

SW14 ロングタイプ3P トグル/モーメンタリ リバースタイプ(正面側) BT2295

SW15 プッシュスイッチ

SW16 3ポジショントグル ロックタイプ

この中で2段ランチに使えるのはトグル/モーメンタリ。
SW 6,7 ショートタイプ
SW13,14 ロングタイプ
ノーマルとリバースが有りますが、基板の種類で分かれているだけでスイッチは同じものです。

Bt2295

↑画像は説明のために反転して載せただけです。
同じスイッチを使い、違う基板でノーマルとリバースに分けています。

ここからは私個人の責任でスイッチを交換していくので決して真似しないで下さい。
もし行った場合は当然自己責任という事になるのでご承知置きを。

Dsc_1055

↑裏蓋を開けただけの画像。
各サイトでこの手の画像が内部を知るのに大変役立ちました。
12Kの内部画像はまだ何処にも見つけられなかったのでUPしておきます。

Dsc_1058

↑専用ナットは専用の工具で外します。

Dsc_1062

↑12KはLD用ボリュームもSA,SB基板に取り付けられていたので外します。
ツマミは差し込んでいるだけなのでこじれば外せます。
ボリューム固定の専用ナットはボリュームのシャフトが長いので専用工具が使えません。
ピンセットで適当な幅を作り回して外しました。

Dsc_1061_2

↑交換するスイッチは基板から外します。
ハンダ吸い取り工具を使うのが定石ですが、横着して3端子に熱を入れて外しました。
万力に咥えて作業すると簡単です。

12k_pin

↑スイッチのセンターを入れ替える必要が有ります。

ランチスイッチで使うSFは18SZ、16SZ、14SG、12K全てが2ポジションのプログラムしか組まれておりません。
こればかりはどうにもならないので3ポジションのスイッチ回路と入れ替えます。
一番使用頻度が少ないと思えるSBと交換するのが私の定番となっています。

SFとSBスイッチのセンターピンからコードを追いかけ切断してクロスさせます。
スマートに基板からピンを抜く手も有りますがなかなか引き抜くには手強くコードの長さも足りなくなりそうです。
素直に切断した方が作業は早いです。

Dsc_1066
 
  ↑ごちゃごちゃして解り難いですが切断された状態です。
SFのスイッチを外す時も固定しておいた方が外しやすいのでSAをSFの穴位置で固定して奥と作業がし易いです。
ここもハンダ吸い取り器を使わずに済ませちゃいました・・・。

コードをクロスさせたら終了です。
後は組み上げて動作を確認します。

全行程50分で終わりました。
14SGだと内部スペースが広いのと、やり慣れているので30分で出来ます。


<設定の注意事項重要!!>

当然、スイッチはSFからSBへ変更になりますがこの時の動作がグラフィックとは逆さになります。


※今回の記事は私の体験談を載せたに過ぎませんスイッチ交換を促すものでは有りません。
スイッチ交換は自己責任でお願いいたします。
また、回路の変更によりメーカーの保証が受けられなくなる可能性も有ります。

|

« GTRC F3Kの練習会 | トップページ | 書類提出 »

12K (FUTABA)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« GTRC F3Kの練習会 | トップページ | 書類提出 »