« 第32回 RC航空ページェント | トップページ | 第1回 F3K ごっこin ARF »

2018/11/04

飛行日誌 (ミツバチ)

  RC航空ページェントに参加してお弁当も食べたらやる事が無い (笑
運営に携わっているキムラさんには申し訳ないけど皆でミツバチへ移動しました。

尾島から下道で約1時間。
途中コンビニ寄って到着したら誰も来ていない・・・。
私が一番最後に尾島を出たのに???
もしかして目的地が変更になったのかも?

誰かに連絡しなきゃと思っていたら遠くから砂埃を舞い上げて軍団が近寄ってきます。
私が1番乗りだったようです。
Googleナビで来ただけなのに一番乗りって事はGoogleナビ最強なのか?

Dsc_0230

↑尾島から流れてきた我々以外に誰も来ていませんでした。
何となくARFに似ている・・・
こんな良い場所、どんどん使った方が良いですね~。

到着するとすぐに321が始まります。
皆さんやる気満々ですね (笑

でもこのメンバーで飛ばせる事ってとっても有難いのです。
皆さん選手権レベルの方たちですから。
私の知らない世界を見せてくれます。
相手にならないのは分かっているけど、混ぜてもらって飛ばさないとレベルの差が測れません。
臆することなく投げますよ (笑
でもね~何度投げても何も変わらないんだな~
アーベントの空は奇跡を生まないんです (笑

一緒に飛ばした中で私が一番ランチ低いわけで、それでも健気に投げるとこりゃ限界超えるなって気がしました。
限界とは体のね (笑
実際、左のお尻の筋肉がピキっ!と言いまして、投げるたびに違和感を覚えるように・・・。

Dsc_0229

↑私のFire Blade2.5の様で私のではありません。

私の機体がランチ上死点に達しようかという時に後ろからバンジーか?
って勢いで狙い撃ちしてくる物体があります。
そして、5mくらいの至近距離を追い抜いていくんです。
何度かそれが繰り返されました。

                  私 : また抜かれたよ~!
抜いて行った人: いやいや、たまたまだから

それを嬉しそうに言われたら確信犯でしょう。
その嬉しそうに抜いてく人の機体が↑のFire Blade2.5です。
とってもその機体はオーラを放っています。

Dsc_0227

↑何の変哲も無いSnipeはヒラキさんの機体です。
でも、何か違いますよね。

Dsc_0228

↑スタビライザーが左にしか有りません。
左のスタビライザーはブームにネジ止めされています。

Dsc_0231

↑周りからはSnipe改じゃなくてSnipe変態だなんて言われていましたが
ヒラキさんの中では立派な理論が有ります。
理論は・・・・なんでしたっけ? (笑

多分空気抵抗の軽減とテールの軽量化ですね。
軽量化に関してはネジの重さがどれだけ影響するかビミョウです。

ヒラキさんといえば以前は左右で主翼の長さを変えて重量物を外側に持って行きランチ高度を稼ぐ機体を作ったり、ブームを主翼に埋め込むような中翼を作ったり独創的アイデアで機体を改造していました。

今回の機体についてヒラキさん曰く有害抵抗軽減によりランチ高度は数メートルに及ぶという話。
飛んでいる姿は壊れた状態の様に見えますが?!、飛行姿勢はいたって普通。
スタビが片側でも問題なく飛ぶんですね。
面白い所に目を付けたと思います。

ネジ止めのスタビライザーは強度が気になります。
ヒラキさんもそう思っている様で、日本屈指のハードランチャーヒラモト氏に耐久テストの依頼です。
それを受けてヒラモトさんもやる気十分 (笑
端で見ていると壊す気満々のような・・・

いつもは履物はテキトーなのにしっかりランチ用のシューズに履き替えてるし
ちぎり投げなんかより全然助走つけて力入れてます。
「これでどうだ!」って言うランチはそうそう見られないです。

そんなランチ動画、youtubeにもアップされていないだろうから
初公開ですよ。

↑どう見ても機体を労わっているように見えない渾身のランチ (笑
その証拠に少し引っかけてますもんね。
力が入っている証拠です。
そこも貴重な部分です。

動画の機体は同じ変態仕様でFlitz2です。
※変態仕様じゃなくて、改造でした。

現場で見ている者としては、まぁびっくりする高度ですよ。
アーベントの中上がる空気じゃ無いのにとんでもない高さまで上がります。
いや~良い物見せて頂きました。

今度一緒に飛ばす時、私・・・後から投げるわ。

|

« 第32回 RC航空ページェント | トップページ | 第1回 F3K ごっこin ARF »

飛行日誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第32回 RC航空ページェント | トップページ | 第1回 F3K ごっこin ARF »