« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018/10/28

F3K タスクC

追加になったタスクはCとE。

今回取り上げるのはタスクCです。

以下、日本模型航空連盟のスポーティングコードより抜粋

タスクC (同時投げタスク)
グループのすべての競技者は機体を同時に、主催者の音響合図から3 秒以内に、
発航しなければならない。最大飛行時間は180 秒とする。
公式計時係は、その競技者の個別の飛行時間を、音響合図の時点からではなく、5.7.6 と
5.7.7 に従い、機体の発航の時点から計時する。音響合図から3秒より後に発航した場合、
その飛行は0 点となる。
主催者は、3~5 回の発航回数を、競技が始まるより前に発表しなければならない。
各飛行の間の準備時間は、着陸時間の終了後、最大60 秒間とする。競技者は、この間に
テスト飛行を行ってはいけない。
各競技者の各飛行の時間全てを合計した後、それを正規化して、このタスクの最終得点を
計算する。作業時間の設定は不要。
例)
競技者A: 45+50+35 秒= 130 秒 = 812.50 点
競技者B: 50+50+60 秒= 160 秒 = 1000.00 点
競技者C: 30+80+40 秒= 150 秒 = 937.50 点

タスクCはいつも遊んでいる321に似ています。
合図とともに皆が同時投げで3分リミットで終了。
それを3~5回行うという物。
先日の日本選手権では5回もやったそうですね。
なかなか5回も3分飛ばすの大変です。
勝ち負けの付き方ははっきりしてます。
3分のコールがあるまで飛ばしちゃえば良いんですから・・・・

っと書いてみましたが、ちょっと待ったデス。
↑の文面からすると、スタート合図がされてから3秒以内に投げないとその回は0点になってしまいます。
そして、機体を投げた時点で計測を開始すると有ります。
って事はタイムアップまで飛ばしたから3分クリア~なんて喜んでいると
開始から3秒後ギリギリ手前に投げた人は177秒になってしまいます。
開始の合図とともに投げられる練習が必要かと思います。

あっ、もしかして開始合図より先に投げれば損する向きだから良いのかも???
ストップウオッチでは182秒になっていても180秒に計上されるって事なのか?
う~~~ん、これはまた分からない事が発生しましたね (笑

前回の「私の知らない事」で問題にした部分についてきむらさんに丁寧に解説して頂きましたが
スポーティングコードに下記の様に載っておりました。
ちゃんと読んでいない私が行けませんでした。

5.7.1.1.
計時係 主催者は、いつでも十分に同時飛行が可能となるよう、公式計時係を十分な人数用意しなけ ればならない。
公式計時係は、どのような内容であっても、競技者やその助手を補助すること を認められない。
競技者と助手は、作業時間中、自分の記録を見ることができる。
公式計時係は、飛行を観察するために発航着陸エリアの内側または外側どこにいてもよい。 彼らは、全てのパイロットまたはその飛行を妨げてはいけない。

5.7.1.2.
助手 各競技者につき一人の助手を認める、機体が発航着陸エリア外に着陸した場合にその機体 の回収を行う場合を除き、その者がフライトに身体的に関わることは認めない。
発航着陸エリア内で作業時間中、競技者を補助することができるのは助手のみとする。
作業時間終了後、競技者と公式計時係は、飛行成績にサインをしないといけない。もし競技 者が、サインしない場合、このラウンドの記録は、0 点となる。

| | コメント (8)

2018/10/27

F3K タスクF

今回はタスクFです。

内容は下記の通り日本模型航空連盟のスポーティングコード」より抜粋です。

タスクF (6 回のうち3 回) 作業時間中、競技者は最高6回まで飛行してかまわない。1回の飛行の最大飛行時間は、 180 秒とする。飛行時間の長いものから3 番目までの飛行時間を、各飛行の上限を 180 秒として合計したものを得点とする。作業時間: 10 分

意外とシンプルかも。
作業時間10分から逆算すると最長3分を3回記録するのでランチ時間を差し引くと40秒くらい時間が余ります。
それが一番いい成績の場合。
ランチの時間を競うタスクじゃないので開始も自分の間で良いし、投げるのも慌てなくて平気です。
でも、タイムアップ3分前で、まだ3分の記録が欲しい場合は10秒前くらいに降ろして急いで投げる必要が出て来そうです。
その辺はどうするのか自分で判断する必要が有ります。

まぁ、タスクFはとにかく3分目指して飛ばせばいいって事でしょう。
それが3つ揃ったら満点です。

私の知らない事・・・
競技会ではジャッヂが着きますがタイム計測だけ行うのでしょうか?
選手にアドバイスなんて有りなんですかね。
私の今迄参加させてもらった大会は練習会やローカル大会なのでジャッヂはセルフジャッヂと言って空いてるグループの選手が行っていました。
そうなると当然知人同士だと選手と会話が有りあっちだこっちだとなります。
でも、それって個人競技では変ですよね。

気流を読むのも競技の一つだとしたらジャッヂしている人に教えてもらうなんて
有り得ない行為です。
日本選手権だと専任のジャッヂが用意されるようなので無言でタイムキーパーをされているのでしょうか・・・。

※私は飛ばしながらがんがんに教えてもらいたいです (笑
ウエダさんがいるととっても心強いんです。

| | コメント (2)

F3K タスクG

タスクネタも第3回目! (笑
今回はタスクGです。

↓前回同様「日本模型航空連盟のスポーティングコード」より抜粋です。

タスクG(最長5飛行)
作業時間中、各競技者は何度飛行してもかまわない。飛行時間の長い5番目までの飛行 時間を合計する。 1回の飛行の最大飛行時間は120 秒とする。作業時間: 10 分

これまた忙しいタスクです。
私としてはF3Kのタスクっぽくて面白いと思うのです。

先ず、抑えて置かないといけないのは作業時間が10分って事。
これにMAX2分を5回までの時間を集計するって事。

機体を降ろした時点から拾って投げて時間はカウントされません。
なので2分を5回で10分丁度なんて無理な話なんですね。
多分、降りた時点から投げる間の時間が競われると思えばよろしいかと思われます。
トップフライヤーの間では「ちぎり投げ」と言われて手元に着た機体のペグをつかみそのままランチします。
ヒラモさんがそれをやるときはあまりに速いので計測係二人掛でした。
でも、大抵の方は降ろして拾って投げてなのでその時間を競う形でしょうか。

ただ、それも2分飛ばせたらの話で意外と2分って長いのです。
3分飛ばせと言われると3分45秒飛ぶのに2分飛ばせと言われると1分45秒しか飛ばない (笑
ハンドランチのあるあるですね。

2分ってずっと書いていますが実際は2分に投げる時間分を引いても良いのです。

開始から3秒→1分50秒→ランチ10秒(計2分)→1分50秒→ランチ10秒(計2分)→1分50秒→ランチ10秒(計2分)→1分50秒→ランチ10秒(計2分)
最後は全部飛びきって10分でタイムアウトです。

機体を拾ってからランチの時間が分かっていれば何秒飛ばせばいいか見当がつきますね。
私も計った事ないので知りたいです。

こんな感じでよろしいでしょうかね~。

※ハンドランチでは作業時間って云うみたいですけどピンとこないですね。
直訳から来ているのかな?
何かを作るってイメージや、仕事をするって感じです。
私としては「制限時間」でよろしいと思うのですが・・・

似たような感覚で携帯電話も違和感ありましたね。
日ごろ携帯なんて言葉を使う機会ないのに、変な呼び名付けましたよね。
ハンディフォンでHPって記すのも有るけどよっぽどそっちの方がカッコいい。
今はスマホに変わってケータイって聞かなくなったから気にならなくなったけど。
そうもう一つあった、サッカーの「1節」「2節」。
日本のスポーツじゃないんだからそんなに和のテイストいらないなぁって。
当時、それ聞くたびにガッカリしてました。
野球選手より(スタイル、ユニフォーム)カッコいいイメージあるのに。

まぁ、ラジコン以外の事を書くのは趣旨から外れるのでここまでにしときます。


| | コメント (3)

2018/10/25

F3K タスクD

タスクAについてコメントを頂いたことで理解が深まり大変有意義でしたね!
※自己満足しました (笑

やはり私の知識が足りない事も露呈したところでタスクDに関して
アキヤマさんからダウンロードしたらとのアドバイスを頂き↓に載せさせていただきます。

日本模型航空連盟のスポーティングコードより抜粋

各競技者は、各目標飛行時間のため何度飛行してもかまわない。各競技者は、最初に、30 秒以上の飛行を達成しなければならない。これの達成以降は、各目標飛行時間を、続いて 15秒ずつ増やさなければならない。従って飛行時間は、それぞれ、30 秒;45 秒;60 秒; 75 秒;90 秒;105 秒;120 秒のちょうどか、それ以上とならなければならない。目標飛行時間 は最大120 秒とする。達成されたすべての目標飛行時間を合計して、得点に計算される。 作業時間: 10 分

これは私も一度やりましたがなかなか忙しく楽しかったです。
何より開始の設定タイムが短いのが良い (笑
だって30秒なら絶対クリアできるでしょ?
いつものお遊びではやらない内容なのでここぞとばかりに選んでみました。

10分間のうちに全部のタイムを順にクリアしていかないといけなくて
クリア出来るまで何度投げても良いと言うけどので作業時間10分なので
あまりつまずいていると時間が無くなってしまいます。

投げるロスを入れずに全部のイムを合計するとこめ※8分45秒(訂正)。
残り※1分15秒(訂正)の中でランチの時間とやり直しの時間を何とかしないといけません。
問題は後半でしょうか・・
120秒をギリギリでクリア出来ないともう一度120秒にチャレンジするには時間が足りなくなりそう。
その辺考えながら飛ばして見ると焦る気持ちと諦める気持ちの境目が面白そうですね (笑

ここで得点の採点方法ですが、仮に最後のチャレンジタイムが達成できない時はその達成できないタイムを含めた物が得点になるのでしょうか?
まぁ、↑のぶんめんを見るとその様ですが・・・・。

※タスクを二つ増やそうという話が出ました。
追加タスクはEとCです。

| | コメント (3)

2018/10/23

F3K タスクA

11/5にやるF3Kっぽい飛行会でタスクを決めています。
あまり深い意味は無く、いつも321で飛ばし切りの滞空競争ばかりなので
時間で切るタスクなんて良いんじゃないかと選んだまでです。

予定しているタスクは

A、D、G、F、なんですが、内容が分からないと当日困るのでちょっと予備知識を入れておこうかと思います。
当日説明受けても良いんだけどとりあえずblogネタで書いちゃう (笑
来られる人はネタに参加して下さいね。

初めのタスクAはどんなの?

簡単に済ませちゃうなら木村クラフトさんの所に「F3Kルール解説」ってコンテンツが有ります。
そこ見ちゃえばタスクだけじゃなくF3Kについてとっても詳しく書かれています。
競技会に出られるなら一度見ておくととっても勉強になると思います。

っで、タスクAですが・・・

10分の間に何度投げても良いけど最後に投げたフライトが得点になるってタスクです。

2分飛べた~って思って、もう一度投げたら1分だった~としたら得点は1分になっちゃうって事。
1度の最長時間は3分って決まってます。
なので3分飛んだらもう飛ばす必要は無いって事です。
2分半だとビミョウです。もう一度飛ばしてもっと得点を稼げそおう。
欲出すと、良い事ないですよね ~(笑

タスクAは開始の合図とともに投げる必要は無いんですよね?
自分の間で良かった気がします。

知ってる人教えて下さい。

結局私も良く分かっていませんね  (笑

この流れでタスクあと3つ書きますからね。

| | コメント (7)

2018/10/21

11/5(月)ARFでF3Kごっこ

平日ですがARFへ飛ばしに行こうと思います。
その際、簡単ですがF3Kらしい事をやろうって事に。

いつもは321で滞空勝負しかしませんが、たまにはもっとゲーム性の高いF3Kを楽しんでみようって事に。

いつものお仲間でのF3Kごっこですが全くのF3Kの初心者がF3Kってどんなものなの?って感じでやりたいと思います。

興味のある方いましたら一緒にやりませんか。
レベルがどうとか一切なし。

F3Kといえばタスクですね。
それも当日始める前に皆が理解した上で開始できたらと思います。
なので、良くわからなくてもOK。

今の所予定しているタスクは

A、D、G、F

時間が有ったら増やしても良いかもしれませんが初めてなので余裕を見てやりたいと思います。
余った時間はフリーフライトで。

あくまでお遊びの延長なのでよろしくお願いいたします。


| | コメント (3)

2018/10/20

飛行日誌 (MD)

Dsc_0084

天気のはっきりしない前日からkatoさんと

明日どうする~?

朝になったら雨は降っておらず、天気は好転に向かいそう。
午後には加藤さんが用事あるから朝から飛ばしに行きました。

なんとkatoさんもFire Blade2.5です。
2機並べて撮影。
水色がkato機。

早速、飛ばして見ます。
前回設定した空戦フラップはそのまま。

曇り空のビミョウなコンディションでサーマルは期待できないけど
上手く風に乗せて行けば上げられることが出来ます。
それって空戦フラップのおかげかな?
かなりな確率で上げることが出来たので機体のセティングは前進しているのかと思います。

結構、調子良いと思えたのでkatoさんに飛ばして貰うと
katoさんも好感触の様子。

前回のセッティングデータを元にkato機にも設定を施しました。
つい最近の事なので手順は覚えておりチャチャっと完了。

似たようなフィーリングで飛ぶようになりました。

Dsc_0082
その後、ヒラノさんも登場。
ヒラノさんはSnipe2を飛ばすらしい。

すでに機体は組み上がり飛ばす準備をしていました。

ヒラノさんSnipe2、組めるようになったの~って聞いたら

隣で、katoさんが

代わりに組んだ~。

と言っています。
なんだそう言う事だったのか (笑

ヒラノさん、しばらく飛ばしていない機体は私の所に持って来てトリムを合わせろと言います。
そう言うのも分からなくも無い。
第一投はとんでもないランチになることが多い。
飛ばさない期間が長すぎなんでしょうね。

ほとんどトリムの合わせ直しから。

飛ばして見ると空戦フラップのイメージから抜けられずこの機体にも空戦フラップを設定しちゃいました。
側にいたヒラノさんが気付かないうちに設定終了 (笑

Snipe2も空戦フラップは有効でした。
ヒラノさんは知らずに飛ばしていたけど、以前より確実にフライト時間は伸びてます。

3人揃ったところで321。
バラスト積んでいない時のFire Blade2.5はとっても調子良く飛びました。
しかし、風に合わせてバラストを入れて飛ばしたら急にポテンシャルダウン。

ポテンシャルダウンというより、風の中をバラスト入れた飛ばし方が出来ていないだけなんです。

バラスト入れた勢いで一気に上空へ持って行き、風下で滞空する。
そこまでは良いです。
しかし、そのポジションが何ともビミョウなんです。
手元まで帰ってくれるかギリギリ。

そうなると戻したくてしょうがない衝動にかられます。
帰還できず何度か嫌な思いしていますからね・・・・ (汗

そして戻ってくるとkatoさんがまだ前方で浮いているという図式。

負けっちゃったのね・・・・ (泣

それにしてもいつもより帰還しにくい気がします。
もしかして空戦フラップが邪魔しているの?
それは帰宅してから思った事なので、実際には比較出来ていませんが
あまりに戻りが悪かったよなぁ・・・

Dsc_0083

バラスト積んだ時の浮きの悪さは重いのだからしょうがない。
その変わり安定性を手に入れ風に乗せて飛ばさないといけない。
それが出来ないんじゃ、ハンドランチの面白さは味わえない・・・・
言い過ぎかもしれないけど、自分としてはそうやりたいところです。
Fire Blade2.5のバラスト入れた時の設定をいろいろ探ってみたけど
昨日の時点で分かったことを覚書きで書いておきます。
自分が忘れちゃうからね。

フラップ多め(感覚的です)
重心72~3mm
空戦フラップ少な目。(感覚的に)

フラップ大目にした時、空戦フラップをガッツリ入れるとコケ易くなるし、アップの舵角も増えてしまう印象でした。

フラップ大目の時は空戦フラップ無しか少な目で良さそう。
それ以上降ろしても限度を超えちゃう。
前回書いた、ブレーキになっちゃうって感じでしょうか。

この日は久しぶりにランチも練習。
最近、あまり調子が良くなかったので自分判断で修正です。
いつの間にかフォームが変わって、ギクシャクしだす。
そして、高度も低く・・・・
ダメですね (笑

kotoさんに321は高度で負けちゃうって言われるけど、katoさんも充分上がってましたよ。
全然、問題なし (笑

ヒラノさんはkatoさんの機体をランチした時パワフルでしたね。
最近では見れない程の力強さを感じました。
なにやら筋トレしているんですって。
私もやらないとって思うのですが辛いのは苦手なんです・・・

Dsc_0080

↑MDへ行く途中のセブンイレブン脇に柿が沢山なっていました。
手の届く位置にあるけど人様の木なのでもいだら犯罪?ですよね。
しかしこれだけ見事に実を付けていても誰も穫らないという事は渋柿なんでしょうか?

そうそうARFの柿はとっても甘くて美味しいのです。
去年は10個くらい食べちゃいました (笑
っで、今年も食べちゃおうとしたら・・・・
もう虫様が中に入り込んじゃってる。

甘柿にしか虫はたからないというので美味しい証拠なんでしょう。
今年は虫に先を越されたました。

| | コメント (2)

2018/10/16

飛行日誌 (MD)

Dsc_0058

前回に続きMDです。
この前、ARFでヒラキさんとアキヤマさんから

空戦フラップ使ってないの~!

って驚かれたのでそれを試したくて行って参りました。

空戦フラップ、使ってはいますがランチ後の上死点でダウンに合わせて使うくらいです。

空戦フラップっていうのが有ることを知った時一度は設定して飛ばしたことは有りますがその頃はまだ飛ばす事もままならない状態でしたので良いのか悪いのか判断つかず、お蔵入りしていた項目です。

空戦フラップの話題になり、普通に使ってるって言われちゃったら試さないわけにいかないです。
ハンドランチ始めた頃と比べどれだけ違いが分かるようになったかそれを知るのも面白いところです。

14SGの設定は簡単です。
エレベーターからキャンバへミキシング掛けるだけ。
それもプロポに組み込まれたミキシング機能で事足ります。
一応スイッチで入り切り出来る様にしておきました。

どれだけフラップ動かせば良いんだろう?
先ずはテキトーに当て込んだ動作量で飛ばします。

エレベーターを引くとアップが増えただけのように感じます。
ん?そんな事ないな風下への回り込みが高度ロスしてないかも?

徐々にフラップの動作量を増やして見ます。
機体全体が持ち上げられるような動きが増します。
でも単にエレベーターアップ量が増えたようになってしまい、飛ばし難くなって来たのでフラップ動作量はそのままにエレベーターの舵角を落としみます。
サークリングが綺麗に回れるようになってきたかな~。

もっと先の領域も試しておきたくて、フラップ動作量を何処まで増やせるかもやってみます。
ある所から旋回時の飛行速度が遅くなることがわかりました。
フラップが抵抗になるようです。
抵抗になりだすと上昇していく感じも薄れ、サーマルに入っていそうなのにその場で旋回しているだけになっています。

フラップの動作量を少しずつ変えながら、ブレーキが掛からないけど持ち上がり感のある所を探って行きます。
こんなもんかな~ってところで空戦フラップを入り切りしてみます。

切ったらビックリ!
エレベーターを引く量が増えてます。
そして、風下での落ち込みが気になります。
調整している間にもう空戦フラップに慣れてしまったようです。
常時入れていないと不安になってきます (笑

ほとんど設定が出来上がったか?って時に変な事思いつきました。
フラップを下すってブレーキで使うJ2スティック下げればいいんじゃない?
エレベーターとフラップを2本のスティックで同時に下げてたら同じ効果が得られそう 。

っで、やってみました・・・・

難しかったです (笑
飛ばせなくはないけど、正確にコントロールしきれません。
なので却下・・・

Fire Blade2.5で試していたのですがフラップ少し下げた状態のモードで飛ば、しエレベーターアップの時はもっと降りるって設定が良い感じでした。
微風でのフライトだったのでサーマルモードっぽいのが良かったのかもしれないです。

ラダーと空戦フラップのコンビネーションはなかなかいい感じで飛びましたよ!
ちょっと新鮮な感じです。

Dsc_0045

↑Musetteです。
4本飛ばしてきました。
何となく飛ばせるようになってきた気がしますが妙に当て舵が多過ぎるような気もします。
アップを引くと傾く方向が分かってきたからでしょうか?そんな箇所がいくつかあります。

本来なら機体の調整できっちり飛ぶようにするのかもしれませんが、なかなかそんな良い状態にはならないものなのか?って思うようになったのも事実です。
以前はあまりにきっちり飛ぶイメージを追い過ぎていたのかも。

いや~、この機体とっても気に入っております。

そうだ今度「電動機の集い」に行っちゃおうと思っています。
mamuさんも来るって言うし、角倉さんにもお会いできるしいろいろ勉強してきます。

Dsc_0046

↑大ベテランのアキノさん。
今日もノウハウいっぱいの機体を飛ばしていました。
私より30歳くらい年上なんです。
ずっと現役で飛ばせるなんて素晴らしい~!
私もそうなりたいです。

| | コメント (0)

2018/10/13

ブルゾンとパーカー

秋のうちに冬支度。
っという事で、上着とパーカーを作ることにしました。

去年作ったTシャツが好評だったので調子こいて2種類行っちゃいます。
次回のGTRCミーティングに引き渡し予定です。

続きを読む "ブルゾンとパーカー"

| | コメント (3)

2018/10/10

飛行日誌 MD

飛行日誌 MD
今日はMDです。
連休は家の用事やらで一切ラジコンに触らず過ごしました。
尾島に行ってから少し疲れちゃったかな?
でも、時間と共にまたやる気は起きてくるもので天気が良くて時間があるとなれば~?
行かない手は無いですね!(笑

折角なのでMusetteも持っていきました。
電動機ぎ妙に飛ばしたいんですよね~
何か一皮むけそうな皮っかむりのまんまのような、ビミョウな状態のせいでしょうか。
ムズムズしてしょうがないんです(笑

musetteは2パック、背風で飛ばしました。
離陸で自分の方に向って来てビックリ!
ちょっと難しい風だったけどなんとか飛ばし切れました。

最近、パワーが無くなった気がしてバッテリーを新調したけどあまり変わらないなぁ。
モーターかESCがダメなのでしょうか?
今度誰かのやらせてもらおうっと。
なので、そのうちMDで一緒になれそうな方持ってきてくださいね。(笑

飛行日誌 MD

ハンドランチはFire Brade2.5一本です。
ポッキーさん、ナカオさんは軽量snipe 2。
ナカオさんは機体の調整中であまり321には参加してこなかったのでほとんどポッキーさんと勝負です。

この日のコンディションは東の微風から3m位。
ハンドランチには絶好です。

風のあるときのFire Blade2.5は好調です。
逆に風が無くなると苦戦します。
でもそれはフラップ降ろすことで克服できたはずなのに・・・

そんな時はポッキーさんのsnipe 2が調子良いです。
シレーっと滞空しています。
20gの差だけじゃないように感じます。
今度から微風の時はsnipeのlightを出そうっと。

もう、ポッキーさんに良い思いはさせないよ!

| | コメント (0)

2018/10/06

ご連絡~

第20回 GTRCミーティング開催のご案内。

節目の20回目となる今回は特別なイベントでもあるのか?

ナイナイ (笑

いつも通りカテゴリーに一切拘らないGTRCのミーティングとなります。
内容は、当ブログの記事を見て頂ければほぼお分かりになるかと思います。

お知り合いで参加してみたいという方、ご連絡ください。
コメント欄に伏字で投稿が出来ます。

開催日時  11月30日(金) 9:00~16:00
フライトミーティング 9:00
参加費:当日参加された人数で 割ります。(ほぼ2千円になる見込み)

| | コメント (19)

2018/10/02

第19回 GTRCミーティング

R0771 

このところ天気が不安定でしたが、GTRCミーティングは最高の秋晴れでした。

一日を通して飛ばしまくり~~~!

今回は残念ながら参加出来なかったのはナカオさんだけでほぼいつものメンバーが揃いました。
そこに、今回から参加のヨツモトさんとオイワケさんの2名を加えて合計12名と最近にしては多い人数でのミーティングとなりました。

人数が多いと賑やかで良いですね。

続きを読む "第19回 GTRCミーティング"

| | コメント (21)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »