« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018/09/23

第2回 上里カップ

なんと、上里カップなるものに参加してきましたよ。
秋山会長からのお誘いも有ったし、5月の納豆大会が面白かったし
参加しても良いかな~って感じで行ってまいりました。

Dsc_0031

↑フィールドは最高でした。
先週行った新しいミントも良かったけど(ミツバチ・モデル・エア・フィールド)
ここはとっても広いです。
風も綺麗に流れています。

Dsc_0029_2

↑私は滑り込みの参加なので総勢26名の中のゼッケン26番。
関係者、参加者のクルマがずらーっと並びます。

Dsc_0035

↑私の持参した機体達。
事前に天気予報で微風と分かっていたので最軽量なSNTも持って行きました。
後は手慣れたSnipe2とFire Blade2.5。

朝一の練習で久しぶりに飛ばすSNT。
調子良かったら1日通してこれで行こうと決めてました。
でも、ビミョウなんです。
悪くなかったけど真っすぐ飛ばないんです。
左に曲がってく。
ラダーでトリム合わす?エルロンで合わす?
どっちもどっちだけど、ラダーはすでにランチオフセットを入れてるからこれ以上は入れたくない。
じゃ、エルロンでと思い合わせてみると左右でかなりズレちゃう・・・。
見た目でとっても気分悪いし翼型が左右で変わるのは性能的にどうなの?です。
飛びは悪くなかったけど、どうもトリムが気になってSNTは練習だけにとどめました。

結局、選んだのはSnipe2です、
でも、このSnipe2が思った程飛ばない。

今回の競技タスク。

1ラウンド目  タスクA

>最終飛行だけが有効で3分飛んでも次が2分だったら2分が結果になってしまう。  MAX5分まで。

2ラウンド目  タスクC

>3分MAX同時投げ。今回初めての試みという事でジャッジはフィールド外で計測。選手への助言が出来ません。

3ラウンド目 タスクF

>6回まで投げられて良いタイム3つ有効。MAX3分。

4ラウンド目 タスクG
>10分以内に2分MAXを5投。

5ラウンド目 タスク I

>10分以内に3分20秒MAXを3回有効。

6ラウンド目 タスクK

>1分から始めて30秒増。1分、1分半、2分、2分半、3分、(3分半あったかな?)

ざっとこんな感じです。


1ラウンド目
からいきなり飛びません。
飛ぶ人と飛ばない人の差が激しい。
私は飛ばない人でした (泣
MAX5分なのに2分半くらい。

2ラウンド目
3分クリアするだけだけどサーマルらしきものに触れることなく一度も3分クリアできず。

3ラウンド目
ここからFire Blade2.5にスイッチ。
でも飛びが怪しい・・・・
ジャッジに付いてくれたヒラモトさんが「このブレード飛びが変だ」とご指摘を受けます。
ペコペコしながら飛ぶのを抑えながら飛ばし1回だけ3分クリア。

4ラウンド目
2分を5回だから楽勝?
いやいやそんな事なく、何故か決められた時間が長くても短くてもその手前で降りてくるのです。
でも、それってハンドランチのあるあるだと思います。

ここで昼食タイム。
調子悪いFire Blade2.5を調整します。
そうそう、今迄セッティングでスタビライザーに紙を挟んでいたのです。
それを外してきたのを忘れていました。
それで変な飛び方していたんですね。

あとはヒラモトさんにアドバイスされたことを踏まえてチョコチョコと・・・・
1gノーズに足した程度ですが。
でも良い感じになったと思います。

5ラウンド目
ウエダさんを助手に従え最高のアドバイスの元MAX3分20秒をクリアしてなんと1000点獲得!
いわゆる一人勝ちです (笑
Fire Blade2.5飛ぶじゃ~!

6ラウンド目
前のグループから風が出始めて、私の時には一気に強風。
風速5mを超えるほど。
機体に悩みます。
Snipe2ならバラスト詰めるけど、調子の上がったFire Blade2.5に少ないがバラスト入れてどうだろう?
Fire Blade2.5は風に強い時が有ったし。
競技始まる前に少し飛ばした感触は良かったです。
これならいけると思ったら、またハンドランチあるあるです。
30秒増々が飛びきれない。
そして、最後はフィールド内に戻れず場外扱いで終了。
点数伸びないだろうな~って、そんなの気にもならない始末です (笑
1000分率でやってもグループごとの点数は気象の違いで変わるって感じでしょうか。
その分良い時も有るし半々ですかね。

今回の結果は25名中23位でした。
いつもこんなリザルトです。
ここからなら伸びしろ有るんじゃ?って思うけどすでに伸び切ってるような・・・?

感じたことは飛ばす環境やレベルも大事だし競技に出ないと競技向けの飛ばし方も分からない。
今迄のスタンスじゃ競技会は対応できないって言うのが実感です。
そういう所フクロウさん(スダさん)はきっちり判断される方です。
競技志向の中に入っていき、競技に向けた練習をする。
それが結果に表れてます。

もう遠い所へ行っちゃったな~って感じです。
どちらかというと応援したくなりますね。 (笑

Dsc_0036
↑Hiroさんの機体。
初めて9か月?とは思えないラインナップ!
その中のprogressを飛ばさせて頂きました。

260gでしたっけ?
私には十分ヘビー級。
でもSnipeにバラスト入れて290gとか投げられるんだけど、progressは重く感じます。
そこへウエダさんが変わって投げます。
ウエダさんの印象は重さ程重さを感じない・・・・でした。
明らかに投げ方の違いなんでしょうか?

Snipeしか投げられない体になってしまったのか・・・・
(Fire Blade2.5は投げられてます)
実際、私の場合有るんですよ投げられない機体って。
CX4は完全に無理だし、翼弦の広いちょい前の機体達は全然投げられません。
ランチの仕方修正しようかな~。

そうそうprogressのインプレ。
これも私の飛ばしているレンジではない物でした。
ただ、DRの違いだけだと思います。
もっとスティック倒せば良いだけだったのかな・・・
どっちにしても投げきれないランチ高度からは難しかったです。

貴重な体験をさせて頂きありがとうございました。
最近の自分の機体がどうも怪しい・・・ (笑
あっ、でも先週ウエダさんに飛ばして貰ったら普通だっって言ってたっけ。
悩むな・・・・
Dsc_0032

↑ARFから参加のヒラキさん。


Dsc_0033

↑毎度おなじみサトケンさんです。
いつもとっても好意にして頂いております。
そして、今回も私負けております (泣
来週の静岡大会も頑張って下さい。

Hiroさんの先生のババさん、一日お付き合いして頂きありがとうございました。
楽しく過ごさせて頂きました。
また何処かでご一緒できるのを楽しみにしております。

そうだ、大事な事を・・・・
今回の優勝者はセキネさんでした。
おめでとうございます。

景品のFutaba帽子をFutabaタオルと交換して頂きました。
チャンピオンの帽子を手に入れたので私にも運が向いてくるかも (笑

皆さん疲れ様でした。

| | コメント (10)

2018/09/18

Fire Blade2.5 kato機初飛行

Dsc_0060

出来上がって1週間以上経ったけど、ロールアウトです。
なかなか二人の都合が合わないのでこの日がチャンスでした。
手前がkato機、後ろが私のです。

水色も綺麗です。

プロポの設定は全て家で済ませてきたので、現地では微調整だけ。

ほとんど手間を掛けません。

次はグライドテスト。
とっても良い伸びのグライドを見せて即終了。
katoさんにもう投げちゃうの?って言われたけど
はい、投げちゃいます。

軽く投げて、いきなり昇天。
ロールアウトってこのケース、ホント多いです。

3投くらいでそこそこランチのトリムが合います。
同時に3つのコンディションも当たりを付けます。

これだけの作業で私の機体と同じくらいの飛びになりました。
そりゃ、同じになります。
現時点の自分のFire Blade2.5のデータを入れ込んでいるのですから。

自分の機体と同じような操縦感で違和感なく飛ばせます。
再現性が有るって事は機体が良いって事ですね。



katoさんと変わって飛ばしてもらいます。
良い具合に飛ばしていました。
これで私の引き渡しも終了。

Dsc_0061

↑ポッキーさんは最近の身内流行りのFlitzを持って来てくれました。
それもFlitz1のレギュラーです。
この機体も良い機体だった覚えが有ります。
久しぶりにプロポ設定を見直して飛ばして見ると、3mの風であれど少し影響を受けやすい感じ。
Flitz1の良かった印象の時って、風が穏やかな日でしたね。
バラスト入れてないから何とも言えないけど、素性はなんとなく分かります。
ラダーがもう少し効くと良いんだけどなぁって気がしました。

しばらくkatoさんポッキーさんが321で遊んで、さて私もと思いFire Blade2.5を持ち出して2投したら雨だって・・・・
自分の機体は飛ばせなかったけど皆の機体を沢山飛ばしているから満足しちゃっいました。

今度は週末の上里カップまで飛ばせないなぁ。
どんな週末になるやら・・・ (笑


| | コメント (2)

飛行日誌 (ARF)

Dsc_0052

昨日、MINTに行って来たばかりで今日はARF。
私の連休はこれで完結いたします!

またMINTに行っちゃおうかと思ったけど、ここはARFに留めておきました。
相変わらず飛ばし放題なARFです。
ちょっと風が有って厳しいコンディションの中飛ばしたたら昨日の良いイメージは一切無く終始ドタバタなフライトで30分飛ばしてクルマに引きこもり。

そうこうしているとヒラノさんが登場。

ヒラノさんも2日連続。
ヒラノさんはARFに連続出勤です。

私が前から飛ばしたと言っていたFlitzとFlitz2を持って来てくれました。

MINTでアキヤマさんからFlitz2を飛ばさせてもらったので大体の印象は分かりました。
でも上手く飛ばせなかったなぁ・・・
セキネさんやカジロさんのFlitz2が良すぎるのかも。

っで、ヒラノさんのFlitzから飛ばさせてもらいます。

Dsc_0055_2

↑白い翼の機体って無いですよね。
なんか突然変異で白くなったようなそんな印象です。

このFlitz、ヒラヒラ飛んでどうにもコントロールできない程。
既にARF特有の風が吹き始めてしまったようです。
先日、MDであんなに良かったkatoさんのFlitzの面影は一切なし。
同じFlitzとは思えない飛びです。
少し重心を探ってはみましたが良い所は見当たらず。
バラストも無いので諦めてFlitz2にチェンジ。

この機体は超軽量です。
190gだったと思います。
でも230g程のFlitzより良い飛びしちゃいます。
ランチも上がるしね。

このコンディションでなければもっと飛ぶんだろうなという気配は有りました。
何よりランチが高いです。
それは私も魅かれちゃうところ。
しかし、風に翻弄される事は同じです。

最後に自分のFire Blade2.5をまた飛ばして見ます。
あら?
飛ばし易いじゃないか!

Fire Blade2.5ってやっぱり風の中は強いんだなって再認識。
そう言えば似たような機体が有ったっけ。
サルペトラ!
あの機体も風の中良い感じに飛ぶんですよね。
また飛ばして見たいなぁ
ポッキーさん持って来て~~~~~

今日は小屋でヒラノさんとしゃべっている時間が一番長かった気します。

Dsc_0057

↑2日連続で投げまくって疲れたかも・・・。

| | コメント (3)

2018/09/17

飛行日誌(MINT)

Dsc_0043

前日、秋山会長からLINEです。
明日の予定は?って
ARF行きます?って返信したら、ミントの総会へのお誘いでした。

総会じゃ、行かないとな・・・・

いやいや、自分ミントの会員じゃないし (汗

でも、新しい所に移ったという事で様子も知りたかったので同行する事にしました。

到着するや、コメントを寄せて頂いてるHiroさんにお会い出来ました。
まさかこんな早くご対面とは思いませんでしたね 。
でも、いつかはめぐり合う運命だったと思います (笑

いろいろお話もさせて頂き楽しかったです。
マイクロSALも見て頂けたし。
地元ではムサシノホリデイを作るような話が有ると言っていました。
実は私の方でもホリディαの話が出ていまして、ノグチさんと、ホリディαどうかなぁ?って言っていたところです。

HiroさんのBAMFとプログレスを拝見させてもらいました。
とっても綺麗に出来ていて私じゃちょっとあそこまで出来ないなぁって感じです。
今はBAMFを組むのに悩んでいます。

参考に画像も撮らせて頂きました。
アドバイスありがとうございました。

そんな、話に夢中になっていたらF3Kやりますよ~ってアナウンスです。
まだ、到着してマイクロしか投げてないのに・・・・

でも、良いんです。
だって結果はね! (笑
分かっているし。
このメンツ凄すぎるよ~

っで私は一向に上達してないもの。

持って行った機体はSnipe2とFire Blade2.5です。
選んだ機体はSnipe2でした。
だって、風があまりなかったから・・・・

内容は3分20秒を3回のタスクと、4分3分2分1分を飛ばし切るタスクです。

結果、3分20秒の方は3回の内2回クリア。
残りはランチで他の機体を避けて高度ロスが響き2分20秒で着陸。

4321分は2分で下すはずが5秒足らずクリアできず。
残りの3分に挑戦中シンクにつかまりギリギリ場外。

そんなもんですよ (笑

Dsc_0044

↑こんな感じで本当の競技会の様に始まりました。

Dsc_0045

↑セキネ会長です。
フライトも快調でした。
セキネさんのFlitz2は素晴らしい飛びでしたね。
何か秘密ありそうだなぁ。

Dsc_0046

↑いつも元気なカジロさん。
ムードメーカーですよね。
カジロさんがいると楽しさ倍増です。

Dsc_0047

↑プログレス使いのクリタさん。
クリタさんとプログレス鉄板です。
Dsc_0049

↑さて、総会。
内容は割愛させて頂き、新規会員募集の段階で成り行きで私も新たに会員にして頂きました。
どちらのクラブも持ちつ持たれつって事で皆で協力し合いましょう。

ここでは明かしていませんでしたが、私今年度からARFの副会長と会計を仰せつかっておりまして、その節は会費など多くの方にご協力して頂きましたので私も協力したいなと思った次第です。

実は私が休日朝練に行く所と新しいミントは意外に近く30分も掛からないで付いてしまう場所なんです。
せっかく会員になったのだから飛ばしに行こうかな。

フィールドも最高ですしね。

今迄(YN)からARFまで移動していたのを考えたらかなり時間短縮です。
そりゃそうです、さいたまから千葉までですから。

この日は総会だから人が沢山いましたが、普通に休日はどうなんでしょう?
人がいるなら飛ばしに行きたいですねぇ。
ん~~~~、ARFも行っておきたいし難しい選択だ・・・

ハンドランチ、だんだんと顔見知りの方も増えてきて楽しいのですが事フライトに関しては一気にレベルの高さを思い知らされております。
そりゃしょうがないですよね。
だって、日本のトップフライヤーの方たちと飛ばしちゃおうって言うんだから。
何やっても敵わないですよ (笑

夕暮れの3分MAXの連投ではいささか参りました。
タイム計測はサンダーバードのオープニングのカウントダウンがエンドレスに流れます。
ず~っと3分MAXが続くんです。

Fire Blade2.5で参加していましたが、全然無理なんです。
アーベントの中飛ばしていましたが皆さんが3分飛ぶの飛ばないの言っている中、2分しか飛べません。
この違いはランチ高度が低いってだけじゃ説明付きません。

ウエダさんに飛ばして貰ったら、機体はOKらしいです。
ちょっと前を重くして若干走るようにしたら飛ばし易くはなりました。

そのアーベントがきつくなってからは勝手に後ろ重心へ変えてしまいました。
周りで飛んでいる機体に速度を合わせてみます。
それでもまだ速すぎ・・・

っとそこへ再度ウエダさんです。
いつもいろいろ教えてくれるウエダさんの次なるコーチング。

もっとフラップ下げろや!
(こんな言い方しないです。とっても丁寧な言葉で教えてくれます・・・ゴメンなさい)

サーマルモードでしか効かないフラップ増量レバーを目いっぱい下げて飛ばして見ます。
飛んでる時もウエダさんのコーチングが入ります。

機体の速度や滞空性能が周りの機体に合ってきました。
言われるがままに飛ばしていると
なんと3分MAX飛びきれたじゃないですか!
皆さんと同じフライト時間をクリアできました。

アーベントでは定番のセッティングなのに自分の中でモノに出来ていなかった事が残念です。

Fire Blade2.5がいけないんじゃなくて良かった・・・
自分が使いこなせていなかっただけ。

今日、いろんな人と飛ばして見て痛感です。
まだまだ足りないものが多過ぎ。

このレベルはもう一人で飛ばしていては限界なのかな?って思えます。
見極める基準が無いと自分の軸がぶれそう。

もうちょっと頑張らないとね。

って、そうこうしているうちに来週は上里カップなる大会に参加する事に(汗
こんな状態で大会に出て良いのかな?
でも、参加すればレベルアップの役に立つはず。
地元の皆にフィードバック出来たら良いと思います。

Dsc_0048

↑今回も流しのおじさん来てました。
飛ばしていると、哀愁漂うギターの音色が心に滲みます。

復帰したアキヤマ会長にBAMFとFlitz2をお仮りして飛ばしました。
どっちも特徴的で楽しかったです。
(漠然としたコメントでスミマセン)




| | コメント (8)

2018/09/16

飛行日誌 (YN)

Dsc_0024_6

今日はソロ活動です。
ポルコさんは訳有りの自宅待機?
この隙にだし抜いて一人で上手くなってやろうって魂胆です(笑
ラジコンが一夜にして上手くなったら皆さん苦労しないですよね(汗

ソロフライトのときは細心の注意が必要です。
何をやらかすか分からないなで…。

天気も良く微風とこれ以上ないコンディション。
もう、真夏の暑さも収まりましたしね。
何より体が楽です(笑

フライトの方はどうだったか?
まぁ、一人なので5パックなんて一気に飛ばしたらあっという間です。
なので、休憩いれながらじっくり楽しみます。

毎回飛ばす度に進歩がないので実は今回ちょっとだけシミュレーターやって来ました。

いつもわからなくなる背面のラダー。
それを克服しないといつになってもとっちらかったままです。

かなりな確率で逆に舵いれてますから!
一度頭の中で整理しようと思ったのです。

今日はその効果が現れるか気になるところ。

始めの角宙から上手く舵が当たりました。
って、いきなり修正舵って下手クソの象徴か…。

いつもとっちらかる箇所は角宙の上辺の背面部分とコブラロールの頂点の背面。

それなりに頭を整理した甲斐もあり成功率が上がってきました。
通して飛ばせた成功率じゃなく、当て舵を間違えない成功率ね(笑

このまま一気に飛ばし込みたいところだけど、それが出来ないのが今の私の環境です。
この環境を一度打破しないと先には進めないなぁ。
それはハンドランチも感じているところです。

Dsc_0034_2

↑一人遊びで時間が有ったのでセルフィしてみました。
誰もいないから良いけど一人ニヤけて撮っているのも変ですね (笑
まぁ、たまには記念に撮っておこうかなって。

最後はマイクロで仕上げです。
コンディション良いんだもん、上がりますよね。
楽しかったです。

Dsc_0038

ひとしきり遊んだ後はいつものように第2ラウンドの場所へ・・・
でもそれはARFではありません。
新生ミントです。
それはまた別の記事で書きます。

| | コメント (8)

2018/09/14

Fire Blade2.5 kato機

Dsc_0006

2機目のFire Blade2.5です。(Flightcompではそう記されています)
依頼人はkatoさん。
私がNETで売っていると煽りついポチってしまった機体です (笑

それじゃ、責任取って私が組むしかないです・・・。

機体は爽やかなブルーです。

今回のロットは私の機体とはかなり違う所が有り驚きです。

Dsc_0108

↑エルロンリンケージ。
前ロットはクレビスをカーボンパイプに挿し込んでいましたが今回はボールエンドをネジ付きのアルミパイプにネジ込んでアルミパイプをカードンパイプに被せます。
ねじ込み式ボールエンドにしたことで長さ調整が可能になり前ロットの様に一発勝負で接着しなくて良くなりました。
また、カーボンパイプにアルミパイプを被せることでカーボンパイプが裂けることが防げます。
この部分は良い事尽くめ (笑

Dsc_0106
は↑なんとエルロン側も変わっていました。
前ロットはボールリンク式だった物からスタンダードなSnipeで見慣れた物に変わってます。
ピアノ線をL字に曲げたもので抜け防止も同じ仕様です。

画像では解り難いですが
写っているのは私の主翼でエルロンホーンの長さを比較できます。
このロットのホーンは長さが短かくなっています。
その為前ロットでブレーキの動作域確保に不満が有りましたが
今回は、それも解消しフルブレーキからエルロンを動かすと多少上下できる余裕が取れました。
その少しの動作がフルブレーキからの操縦に役立ちます。

Dsc_0113

↑ボールは小型の物に変更されています。
あまりかたくなく、簡単に付け外しが出来ます。
フライト中に外れないか少し不安ですが、無理に力が入らなければ平気でしょう。

※画像中のサーボホーンの長さは間違えです。
この位置じゃなくひとつ内側の穴を使います。

私は組んでから間違えに気付きました・・・ (泣

Dsc_0101

↑なんの画像か解り難いですが、バラスト押さえの説明です。

穴の中に見える10mm程度のカーボン製パイプがそうです。
前ロットはこれをセンターに接着するのが意外と大変だった覚えが有ります。
エルロンホーンと干渉するので気を遣う所でした。

しかし、このロットでは接着済み。
ここまで作っていてくれると助かります。
発見した時嬉しかった~ (笑

Dsc_0112_3

↑黒い貝のようなパーツが入っていました。
何だか分からなかったけど、前縁の胴体と主翼を面一にするパーツです。
私の機体では接着されていましたね。

いろんな部分が製作済みだったりするのに、これは別体パーツで自分で接着するようになっています。

なんて事ないパーツですが接着の位置決めは主翼を胴体につけノーズコーンも挿した状態で瞬間接着剤にて固定すると正しい位置に接着出来ます。
それによりノーズコーンの抜き差しがスムーズに出来ます。

くれぐれもノーズコーンに接着剤が周らないようにしましょう (笑

Dsc_0114

↑Fire Blade2.5で初めて目にしたダブルトーションバー。
私が勝手にそう呼んでいます (笑

2本掛けるとかなり強いので、私の機体ではエレベーターだけダブルにしました。
所がこのロットではすでにトーションバーが装着されています。
それも、エレベーター、ラダー共にダブルで・・・。

まぁ、結構硬いのですがメーカーがそうして来たのだからそれが良いのでしょうね。
通電しないと、トーションバーに引っ張られていつも舵が切れっぱなし (笑
全体図を撮影する時バッテリー繋いでいないので尾翼が曲がってます。

Dsc_0121

↑何かと気を遣く水平尾翼と垂直尾翼の固定。
Flitzなどは水平尾翼のバイロンすら自分で接着でした。
その為、主翼を仮止めし何度も位置を確認して接着しました。

でも、このロットは水平尾翼はバイロン固定済み、垂直尾翼はブームに挿し込むタイプで割かし簡単な方ですが、もっと簡単に出来ており、挿し込み口が6角になっており、正確に垂直に取り付けられます。
これは大変素晴らしい手法です。

反対にこれでズレていたら修正は困難極めると思われますが。
どちらにしても、作業時間短縮になってますね。

Dsc_0123

↑もう4巻き消費した太刀魚のハリス。
自分の機体では手持ちを切れせていたので使えませんでしたが、あらかじめ購入しておいたのでこの機体には「間に合いました。
やはり、細くて軽量でそれでいて強力い良い事尽くめです。
左に写っているのがFire Blade2.5に入ってきたワイヤーです。
なかなか太い (笑

Dsc_0104

↑付属のバラスト。
私の機体に入っていたもの(26.38g)と全然違います。

そもそも重さが違います。
40.12gも有ります。
シュリンクまで被っているし。
な~んか淫靡な絵面の思える人はスケベな人です。

いきなり40gのバラストも重そうなので20gが有っても良いですね。

Dsc_0003

↑ペグはkatoさん指定のSnipe1用。
純正のペグでも問題なかったのですが、手慣れた物を使いたかったのでしょうか。

取り付けには多少ロハセルを深く掘る必要が有りましたが簡単な作業なのでボルトオンで付くのと変わりません。
奥まで掘るか、ペグを切断するかどっちも手間は似たようなものです。

Fire Blade2.5は初めから切り欠きがされていますから手間が掛かりません。

Dsc_0004

↑ギャップシール。
私のFire Blade2.5にはギャップシールが付属していませんでした。
でも、今回の荷物には2機分入っているのです。
多分、shopさんが1つは私宛に入れておいてくれたんですね (笑
違うか~!

ギャップシールは本当にギャップを埋めるだけの幅で反り上がったりする幅は有りません。
今迄ギャップシールってなかなかちゃんと機能しているものを知らないので期待しちゃいます。
音もなく発射できるのでしょうか?

問題のブレーキも良い感じに降りております。

Dsc_0005

↑メカ済み終了。
私の機体とまるっきり同じにしています。
他の搭載例を試すのも面倒だし問題なく機能しているので採用です。
サーボホーンのネジは付けていません。
これだけ幅に余裕があると、ホーンを外すことが出来ます。

ノーズ先端に受信機とバッテリーが収まります。

Dsc_0008

翼端のギャップシールのラインが目立ってイマイチですが、もしかして翼端まで貼らなくていいのかな?
折角だから全翼貼りたいですね。

諸元

サーボ KST X08N 4個
受信機 R4FA(CORONA)
バッテリー 380mA 1セル

重量 ウエイト無し、バッテリー無し224.0g

CG 80mm→ノーズに7.68g追加70mm
バッテリー120g

全備重量 242.0g

今回のロットは私の物より重くてびっくりです。
何が重いのか調べてみたら主翼でした。

この機体     121.0g
私の機体    107.5g

13.5gも違いました。もしかしてライトじゃなかったのかな?

でも、問題ないでしょう。
出来上がった感じはすこぶる良好で舵の動きも設定も良い感じに仕上がっています。
多分、直ぐに良く飛ぶと思います。

出来たら飛ばしたいですね~。
ロールアウトはkatoさんと待ち合わせていて火曜日夕方予定。
天気良いと良いですね。


| | コメント (0)

2018/09/11

飛行日誌 (YN)

今日は、YNへ行ってきました。

飛ばすものはいつものMusetteではありません。

先週、初めにポルコさんから「新作飛ばすよ~」って連絡が有り
その機体の鑑賞です。
機体はカシオペアの「アルウインド2.0」
http://www5b.biglobe.ne.jp/~koichi-h/public_html/kenteikai1.htm

最近出た新製品だと思います。
F5J2000をも視野に入れた機体の様です。

特徴は当然ながら無尾翼機ってところ。
グライダーで無尾翼機って珍しいです。

私が飛行機始めた頃、怪獣公園に来ていたクニさんが発砲の無尾翼機を飛ばしてたのを覚えています。
あの頃はグライダーとかあまり興味なかったっというか飛行機のジャンルが良くわかっていなかったですね。

それでも見様見真似で私も何機か無尾翼機作っていました。
http://nakker.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-77fa.html
その頃、いろいろ探りながら無尾翼機飛ばしていたので、アルウインド2.0には興味が有ります。

当時の自作機は電動機として飛ばしていたのでグライダー的な要素は皆無でした。

当然コンディションなんて知らなかったのでただモーター回して飛ばしていました。

今回のアルウインド2.0はグライダーとして飛ばすのでコンディションが気になります。 モーターオンでは当然コンディションが必要です。 それ以外にグライダーの定番3モード。

スピード、クルーズ、サーマルです。

普通の機体はフラッペロンで翼型を変えたら水平尾翼のエレベーターで機体の水平状態を保ちます。

しかし、無尾翼機には水平尾翼が無い。

翼型を変化させても機体を水平に保てるものが無いのです。

エルロンを上げ下げするという事はエレベーターをUPにしたりdownにするのと同じことです。

鳥にはショートテールですが尾翼があるし、翼を前進させたり後退させて重心移動などを行いバランスを取っています。それで翼の形を消えても飛んでいられるのだと思います。

だとするとそれら可変出来る機能を持たないアルウインド2.0はコンディションを設ける事ができなそうです。

無尾翼機は大体がUPトリムでバランスします。 しかし、理想の翼型を再現するならUPトリムは最小限にしたいところ。

それは重心との兼ね合いかと思われます。

効率の良さそうな翼型に設定できたらそれで飛ばすのが一番かと思われます。 あとはエルロンがあるのでフラップとの複合技で何か発見はないでしょうか?

Dsc_0098

↑ポルコさん作のアルウインド20.。
翼端の配色がこってます。

無尾翼機だけどラダーが設定されています。
どう使うんでしょ?
重心から距離の短いこの尾翼は効果あるのでしょうか?・・・。
そして、この機体にはフラップが付いています。

エルロンとフラップはエレベーターの時だけリンクして動く設定でした。

飛ばしてみた感じではまったりした飛びかたでした。 翼端のエルロンだけで舵を切ろうとするせいでしょうか?

ラダーも有るので使ってみたけど想像通りの効き具合で、単独で動かすというより、エルロンの補助的な動作に効果が有るかもしれません。

この日がロールアウトなので浮けば成功って感じで良かったと思います。

一発目から満足な飛びは期待しない方が良いです。

色々試しながら無尾翼機の魅力が見つけていけたら楽しいと思います。


Dsc_0099

自分の機体じゃないけどやってみたいこと。

1)モーターオン用のコンディションの設定。

2)エルロンフラップリンクによるエルロン動作。

3)デファレンシャルの設定。

4)フラップのUP側の動作領域確保。

5)重心調整。

まだ他にもあるけどこの一機でかなり遊べそうです。

ただ、無尾翼機で遊ぶには普通のグライダーの経験もある程度有った方が理解しやすいかもしれないです。

ちなみに無尾翼機のブレーキはフラップ下ろしただけでは強烈downなので、エルロンを跳ねあげてバタフライにするんですね。

| | コメント (2)

2018/09/02

飛行日誌 (MD)

今日はARFへいくつもりでした。
機体を準備してクルマに積み込もうと玄関出たら・・・
雨じゃないですか。
前日の予報では午後からだったと思うのですが、まぁしょうがない。

諦めて家でPCいじってたらいつの間にかお昼です。

雨が止んだらしく、ヒラノさんがMDへ行くとLINEが。

ちょっとでも飛ばしたくて、お誘いに乗ってMDに行ってきました。

Dsc_0050

↑到着すると程なくしてノグチさんも来ましたよ。
Snipe SNです。
3人とも紺のGTRC Tシャツで気が合いましたね。

Dsc_0049_2

雨上がりの湿度の高いコンディションです。
風は微風。
折角微風ならとマイクロSALから飛ばします。
先週もこんな順序だったような・・・

マイクロは良い状態をキープしています。
なんてったって先週katoさんにリベンジしましたからね (笑
今日のマイクロ相手はヒラノさん。
ヒラノさんはまだ飛ばし切れないみたいで、飛行時間がちょっと短いです。
もっと、飛ばし込んで慣れちゃいましょう。
マイクロ、もっと飛ぶはずですよ。

1パック(25分)飛ばしてマイクロは十分楽しめました。
あまり時間も無いのでフルサイズにチェンジ。
微風ならば・・・・
選ぶ機体はアレ、じゃないですよね。

先週の結果からFire Blade2.5は厳しい選択。
なので、今日はSnipe 2を選びました。
私にはFire Blade2.5かSnipe 2の選択肢しかありません。
ヒラノさんはFlitzを持っているのでFlitzを飛ばして欲しかったなぁ。
このコンディションならFlitzが良い飛びするのは先週分かっているのです。

でも、Snipe SNのようです。
Snipe SNならノグチさんと同じ機体です。
これは真っ向勝負ですよ (笑

ヒラノさんのSnipe SNは先週、3~4mくらいの風の中いろいろセッティングを模索していた時、ちょっと良さそうなセッティングに出くわしました。
以前から言われていたことですが、私はほとんど無視していたセッティングです。
でも、意外と良いんです (笑

ヒラノさんのSnipe SNが良かったのでその同じセッティングを一緒に飛ばしていたナカオさんのSnipe2に入れ込んでみました。

でも、ナカオさんのSnipe2ではうまく機能しなかった。
何でだろう・・・?
ナカオさんの機体はナカオさん設定なのでチョコチョコ私の設定と違います。
その辺が原因なのかな???

ヒラノさん、katoさん、ポッキーさんの機体は内容が全部分かっていて自分の機体と何ら変わらない設定です。
良くも悪くも私の癖が入っています。
そういった所が再現性にも関係有るのかも知れないです。

はたまた、ヒラノさんのSnipeだけに良かったのか?
その辺も確かめたくて今度は自分のSnipe2に変更を入れ込んでみました。

入れ込むと言っても、ちょっとトリムをいじるだけですが (笑
ホントそれだけ・・・っで、飛ばして見ると
あぁ、いい感じ。

この感じはヒラノさんのSnipe SNと似ています。
って言うかFire Blade2.5に似ています。

伸びのあるグライドにコケ難い旋回が出来てる。
やっぱり私の癖が浸み込んでいるんだな (笑

初めに設定を試したヒラノさんはその設定を忘れてしまったようで、いつものモードで飛ばしています。
先週設定したモードで飛ばして貰うと、良い滑空をし始めます。
そしてコケ無いのが良いです。
ヒラノさんが別人のような飛ばし方に見えます。

今迄と全然違う飛ばし方になっちゃうけどそれでも飛ぶって面白いです。
何年もSnipe飛ばしてきてこういうセッティングも有効だと思えるようになったことが嬉しいです。
何変えても分からないのはつまらないですから。
もっと事例を増やしたくて、今度はノグチさんのSNにも似たような設定をお願いしました。
ノグチさんはJRなのでこれまた私には手の出せない領域。

設定してもらって飛ばした感想は悪くなかったみたいです。
katoさんとポッキーさんのSnipeにも入れ込んでみちゃおう。

私のハンドランチの設定が今回のも含めて少し変わってきているからフィードバックしたいところですが
フィードバックするには機体が多過ぎるなぁ・・・・

| | コメント (2)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »