« Fire Blade2.5 組み立て | トップページ | Fire Blade2.5 ブレーキ設定 »

2018/07/29

Fire Blade2.5 初飛行

Dsc_4905_2

製作記事の最後にいつも決まり文句があります。

「出来上がったら、飛ばしたい」
しかし、この機体の記事にはそれが無い・・・

そうです、組み立て記事を書いてる時、既に初飛行を済ませてしまっていたのです。
ご一緒したのはナカオさん、katoさん、ウエダさんです。

風速4mくらいでしょうか、先に飛ばしだしたウエダさんはSnipeにバラスト積んでのフライトだったようです。
少し風が強いけど先ずはノンバラで飛ばして見ます。
226.5gのCG70mmです。

確かに少し風に翻弄される場面もありますが226.5gは何とか耐えながら飛んでいます。
って言うより、思ったより風に強そうです。
一緒に飛ばしていたウエダさんが、ノンバラで平気なんだ~って感心していました。

飛ばした感じはとっても進入性が良い事。
速度が速いと感じる飛び方でした。
走らせながら風を捉えて空気中を切り裂くように駆け上がって行く様子は大変気持ちの良いフライトでした。

対照的にサーマルモードは走るわけじゃ無いけど浮力が、あっ、揚力が増す感じでフワーっと上昇していきます。
これも、停滞することなく飛んでいけるのでサークリングしながらの上昇も好感触。
ただ、やっぱりコケ易くはなるようでサーマルモードでは慎重に飛ばす必要がありました。

それぞれの印象はやはりアンダーキャンバーの少なさから来るものかもしれないです。
それにしても翼弦が長い機体の印象とは違かったのは確かです。
それは良い意味で予想外でした。

ランチについて・・・
例のラダーの形状。
ニュートラルが分かりやすいので、そこに合わせたらランチのオフセットは致しません。
垂直尾翼自身、左に振る揚力翼になっているので理論上はオフセットいらない事になってます。

もうそれに合わせたら自分で真っすぐ投げるしかないです。
最近、オフセットはエレベーター以外全て入れないようにしているから慣れて来てはいますけど。

ランチの時に感じる重さもSnipe 2とくらべてどう?って感じは有りません。
充分私でも投げ抜ける質感でした。
ペグも違和感ないかな・・・

荒れた空気中をビュンビュン飛び回るFire Blade2.5はなかなか楽しい機体でした。
これで私もSnipe以外の機体と使い分けて楽しむことが出来るようになりました。

まだほんの味見程度のフライトでしたのでそんなにどこがどうって言えませんが飛ばし込んでSnipe 2と比較とかできたら良いですね。
Dsc_4906

↑katoさんに撮ってもらいました。
エルロンのホワイトが飛ばしていてとても目立ちます。
裏面のストライプより目立つので飛ばし易いです。

|

« Fire Blade2.5 組み立て | トップページ | Fire Blade2.5 ブレーキ設定 »

Fire Blade2.5」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Fire Blade2.5 組み立て | トップページ | Fire Blade2.5 ブレーキ設定 »