« Fire Blade2.5 初飛行 | トップページ | 飛行日誌(GT) »

2018/07/30

Fire Blade2.5 ブレーキ設定

Dsc_4919

完成した時はブレーキの動作量が少なめでした。
多分エルロンホーンが長い事が原因と思っていたのです。

しかし、サーボの可動範囲が少なく見えたので、もう一度プロポの設定を見直す事に。

プロポでエンドポイントをどんなに広くとってもサーボのメカ的な動作範囲を超えることは有りません。

ハンドランチのブレーキはエルロンのニュートラル位置からエルロンが一番下がった位置までがブレーキの動作範囲です。

この部分を増やすにはどうするかです。
私の認識が間違えていたことも相まって上手く動作させる事が出来ていませんでした。

問題はサブトリムです。
ニュートラルから、エンドポイントまでを0~100とするなら、サブトリムをエンドポイントと逆にずらしていくと、そこをエルロンのニュートラルとし仮にサブトリムの値を30とするなら、30+100で130の動作量を確保出来ることになります。

Fire Blade2.5の初めの設定時、なんとサブトリムを逆にずらしてニュートラルを設定したので、通常よりもっと動作量が少なくなっていたのです。

今はサブトリムが「160」程エンドポントとは逆にズレた位置にニュートラルを合わせたので動作量を増やすことが出来ています。
これで画像の様な位置までブレーキが降りるようになりました。

製作前にサブトリムの最大値250の内、150くらいにずらした位置でニュートラルを設定しておくとブレーキの動作量確保に困らないと思います。

250の内150としたのはニュートラルを合わせるための調整範囲を確保するためです。

実際にリンケージする前に動作確認することをお勧めいたします。

以上ですが、ハンドランチを組む方なら皆さんやっている事かも知れません。

今回私自身間違えていたので文章にしておきました。

一応、この事例は14SGでの話なので他の機種、メーカーでは確認しておりません。

|

« Fire Blade2.5 初飛行 | トップページ | 飛行日誌(GT) »

Fire Blade2.5」カテゴリの記事

コメント

なっかーさん、こんにちは

トリムミックスでオフセットを取った方がいいみたいです。
サブトリムは左右サーボのセレーションずれを補正するだけ。
調整幅がサブトリムとトリムミックスではぜんぜんちがいます。

何を今更当たり前じゃん!って思われそうですが、
お恥ずかしい話、最近、メーカー製作のRTFモデルをいじくりまわしてて自分の中で釈然としました。

投稿: オザワ | 2019/02/27 06:57

おはようございま~す。

トリムミックスの動作量はサブトリムより多い様ですね~
やってみたらとんでもなくニュートラルをずらせました (笑
この辺の
設定項目って似通った動きをするものが多いので迷っちゃいますよね。

あらかじめサーボの動作量を限界まで設定するとニュートラルからエンドポイントまでが動作範囲になると思います。
私のFire Blade2.5が問題になったはセレーションずれを補正する向きが問題でした。
とりあえず今回のFire Blade2.5はサブトリムの補正数値だけでブレーキ量が確保できたのでOKにしちゃいました。
あと問題はニュートラルが大幅にずれていくとブレーキと反対側の動作量が少なくなってしまいます。
その辺どう対処しましょう・・・。
ハンドランチのディファレンシャルはエルロン持ち上げ側を多く設定するのがほとんどなのでその時の動作量はニュートラルからエンドポイントまでと規制が入ってしまいます。

なかなか難しいですね (笑
これだって言うのが自分の中でサブトリムのセレーションずらしだったのですがトリムミックスが良いですかね~。

あとトリムミックスでニュートラルを出すと各コンディション全てにトリムミックスによるニュートラル調整が必要になりますか?

そうだ、
16SZだとオフセットって言うのも有るのですよね?
それも使えるそうですがどんな感じでしょう?

投稿: なっかー | 2019/02/27 08:19

そうなんです。全コンディションで同じ値をトリムミックスに入れる必要があります。
オフセットは使ったことないので、また研究しておきます!

正解はないように思いますが、ハンドランチの拠り所となるnakalogなら色んな意見が集まるかなぁ〜って思ってコメントさせていただきましたー

投稿: オザワ | 2019/02/27 18:26

追伸(笑)
動翼ホーン高さ、サーボの動作角で動かせる全体のエルロン動作量は決まるはず。
なので、アップ側の動作量を増やせばブレーキ量は減ってしまいますが、
どちらも円運動で差動が影響するはず…
差動量はロッドの長さでホーン同士の角度差で変わると思いますが、そこはあまり考え過ぎず、(考え過ぎると寝れなくなる?)
①サーボホーンは基本的にトリム関係オール0で90度付近、
②エルロンアップ側のエンドポイントで望むアップ量になるようにロッド長さ決定
③トリムミックスでエルロン面一に調整
この時、左右のトリムミックス量が同じになるようにサブトリムで微調整
例えば、L48R52だったらLR50で面一になるようにサブトリムを入れるみたいな…
ロッドの長さが同じで機体製作の精度が高ければ、舵を切った時の動きは左右同じになるはず。
④全コンディションに同じトリムミックス入れて
⑤T2でコンディション毎にキャンバー設定
左右の動作量に差があったらトリムミックス

という感じでブレーキ量は結果次第、
②でブレーキ量を優先したらアップ量は結果次第、
期待結果が得られなければ、動翼ホーンを低くするか、サーボほを大きくするか…

こんなんで、大体は大丈夫なんじゃないでしょーか。

投稿: オザワ | 2019/02/27 19:25

貴重な情報をありがとうございます。
「メーカー製作のRTFモデル」ってprogressですよね?
ブレーキ量は確保出来たのですか?
トリムミックスで下げられるようになったという事はサーボ的にはまだエンドポイントに到達していなかったという事でしょうか????

フタバを使ってハンドランチをやっている人が少ないのでなかなか有益な情報って見かけないですね。
そこそこ出来ちゃうからでしょうか。

何か問題にぶち当たると解決するため新しい事が発見できます。
今回はprogress様様ですね!

投稿: なっかー | 2019/02/27 19:35

そう、New PROGRESSでの話です。
ホーンの付け替えとロッド出口の切り込みをヒンジラインまで延長して無事ブレーキ量は確保できました。
エルロンサーボX08Hはトレイに載っているので本来はネジで取り出せるはずなのですが、トレイと一緒にサーボも接着されちゃってたのが想定外でした。
仕方ないので、ホーンのネジを外すL字ドライバーを作って、ハズキレンズかけて、大変でしたー(笑)

実は今回のやり方、今まで自製作した機体は全部同じ方法だったんです。
よく意味もわからず、なんとなく経験と感でやってたことが釈然としました。
ということで、PROGRESS様様なんですが、やっぱり自分で作らないとダメですね〜
飛びはバッチリなので大満足してます。
今度、飛ばしてみて下さい!

投稿: オザワ | 2019/02/28 07:11

リンケージの製作手順の情報ありがとうございます。
これだけ順序だてて作業していけば上手く行きそうですね。
アップ側を先に設定するのは良いアイディアかもしれませんが製作する上でアップ側ってエンドポイント付近をリンケージ無しで決まった位置に固定しておくのは難しそうですね。

アップした位置からダウンまでのプロポで設定可能な最大動作域がブレーキの位置になると思います。
機体ごとにビルダー推奨のアップ値が違うのでブレーキの出方はそれに準ずると言う事になりますね。
組み上げる人の中にはブレーキから合わせる人がいたりして・・・。

毎度作る機体は同じスケールの物だし同じ方式なのでサーボホーンとエルロンホーンは基準となるサイズを決定しておくと迷いがなく組み立てられると思います。
例えばサーボホーンの(x08の場合)二つ目の穴を使ったらエルロンホーンの穴位置は◯mmとか、サブトリム(トリムミックス)はいくつに合わせておくとか。
毎回その辺がまちまちなのが失敗の原因だったりします。(自分の事ですが汗)

まぁ、トップドライブとか異常にホーンが小さい場合は憶測の中で組み立てられてしまいますけど・・・。

ただ、ハンドランチって完成機なのですが組んだ人の感性で結構違う機体に仕上がるのも面白いと思っています。
いろいろやってみるしかないのでしょうね~(笑
もう少ししたら立て続けに組むようになりますので今回の事例を参考にさせていただきます。

※progresseのサーボは大変でしたね(汗
プロポでどのように対応したのかと思っていました。
やはり付け替えないと無理ですよね。
納得致しました。

投稿: なっかー | 2019/02/28 12:22

ひとつ書き忘れました。
エンドポイントはMax近くまで広げておく必要がありました。
私は控えめに130にしました。

投稿: オザワ | 2019/02/28 19:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Fire Blade2.5 初飛行 | トップページ | 飛行日誌(GT) »