« SERA DS の舞い | トップページ | 2018/02/23 飛行日誌 »

2018/02/12

T12K (Futaba)

14SGのカテゴリーに仕分けましたが後継プロポになりそうという事でそうしてみました。

Img_12k01
↑これがFUTABAの新製品T12Kです。

何ともチープな印象ですが、変にゴテゴテしていない分好印象?
その辺は好みの問題ですね。
まぁ、高級感という点ではちょっと落ちるかなぁ。

なんでまたこのようなプロポに目を向けたかと言いますと、14SGを手にしてからかなりの年月が過ぎたわけですよ。

Img_01
http://nakker.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/14sg.html#comments

2012年12月の記事だから5年前になりますね。
確か発売されて間もなく買ったと思います。
そろそろ不具合が出てもおかしくないような・・・。

61lqvzaqpml_sl1000_

その前に使っていたのが8FG。
飛行機で初めて買ったプロポ。
(本当は中学生の時にロジテックの4CHを持っていました)

8FGの機能は今の14SGの前身でプログラムもそっくりです。
その14SGが今も現行という事はそのプログラムとオペレートはかなり完成されていたと言えます。
実際、8FGで設定するにあたり不都合を感じたことは有りませんし、私がやりたいと思えるパラメータは全て装備していました。
ただ、何故か使用中に停電になったんですよ (笑
マイクロSALだから全然問題無いのですが機体はその都度破損。
修理に何度か出しましたが改善される事なく、いささか見切りを付け14SGに移行したわけです。

この8FGを手に入れたのが2011年3月。
そのころから今のハンドランチ事情の設定が網羅できたのは素晴らしいですね。

14SGはちょこまかファームアップがあり機能が追加されそれはそれでプロポが良くなっていくって感じが嬉しです。

8FGとプログラム、オペレートが酷似していますがちょっとした部分が使い勝手を向上させていました。
ディスプレイの大型化、リターンキーなんかはもう8FGには戻れないって思えるほどです。
まぁ、決定的に違ったのはテレメトリーですけどね。
ランチ高度を計れたのはハンドランチをやるうえで面白かったです。
その分、価格が上がってしあったのはしょうがないいですかね。

8FGは新品のTRセットで27800円だったようです。
当時の自分の記事に書いてありました。
テレメトリーを必要としないならメッチャ安い!
ハンドランチを始める人に勧めるプロポが高価な物ばかりになってしまった今、入門機として残しておいて欲しかった機種です。

14SGの後継として名乗りを上げたのが↓

Img_01_1

16SZ。
タッチパメルでカラー液晶の高級機。
それでも先行発売されている18SZの廉価版です。

デザイン的には黒でまとまり感が好印象です。
どうやら、FUTABAは高級機にはシルバー塗装を与えたがるようです。
使う側としてはシルバーより高級感はデザインと品質で出してほしいところ。

16SZが14SGの後継機となるはずなのですが、いかんせんハンドランチに特化した使い方としてあまり必要のない高機能ばかりなのです。

ハンドランチはどうしても使い方が荒くなります。
ランチするときには振り回しますし、時には投げちゃったり、持ったまま転んり・・・
そんな使い方をするのにカラーの液晶でタッチパネルってゴージャスすぎる気がします。

忘れていけないのが重量。
私は軽いこともプロポの選びの重要な点です。
重いプロポはランチの時振り回せないのです。
それはランチのしにくさに繋がりランチ高度の低下となってしまいます。
これ以上ランチが上がらなくなったら夢が無くなります (笑

っで、12Kが発売されたのですが、当初6Kの12CH版だろうと思っていました。
なので商品発売まで気にも留めていなかったのです。

しかし、発売されて改めてその姿を見るとどうも怪しい・・・
14SGに似ています  (笑
スイッチの配置、数も全て同じ・・・

ちらっと説明を読むとフライトモードが・・・なんて書いてあります。
フライトモード?
フタバではコンディションだろう!
なんて突っ込みを入れたいところですが、もしかしてコンディション設定できるのか?
気になったので取扱説明書をダウンロードして熟読 (笑

なんだこれ~
中身、14SGのプログラムのままです。
って事は7年前の8FGの直系モデル。

なんと14SGからデータ移行出来るとまで書かれてます。
それ程中身のプログラムは同じって事です。

どう見ても外見はチープです。
でも先にも書いたように、黒で精悍な印象も無くはない。
ディスプレイは小さくなったが解像度は同じだろうし、ドットも変わらない。
その分バッテリーの持ちも良くなるはず。

8FGの時から14SGへ受け継がれた悪評のタッチセンサーがなんとダイヤル式のプッシュボタンに変わってる。
これは、性能ダウンというより上方向修正。

気になる重さがどこにも出ていません。
この見てくれはかなり軽いのでは?と勘ぐってしまいます。
それはとっても大事な部分なので現物を持ってみたいところ。
何処かにバッテリー抜きの重量、出ていないかなぁ。

そうそう、バッテリーがなんとアルカリ4本の6V使用。
ニッケル水素なら5セル。
私の今のバッテリー事情はエネループの750mA5セルだからそのまま移行できます。
バッテリー充電し忘れてもアルカリ買ってくると使えるなんてそれはそれで使い勝手良いです。

さて、良いことずくめに書いていますが新鮮味に関しては無いでしょうね (笑

気にるお値段。

飛行機用TRセットで税込み38610円でした。

7年前の8FGにテレメトリーが付いて1万円アップと思えば納得でしょうか。

FUTABAでハンドランチを始めたいと思ったらこれしかないですね。

因みに受信機もハンドランチ用として良さそうなのが↓

http://www.radicon1.com/item/CoronaR4SF/

これのケースを外せば5g下回るでしょう。
いつも使っているCORONA FASSTの受信機と同じ重さです。

あぁ、ここまで互換性が高いように書いてきましたが受信機の方式を見てもらえば分かりますが電波方式に難があります。

T-FHSSもしくわS-FHSSなんです。
FASSTには対応していないので、今までの受信機が全て使えません (笑

あぅ、なんてオチだぁ

|

« SERA DS の舞い | トップページ | 2018/02/23 飛行日誌 »

14SG(Futaba)」カテゴリの記事

コメント

やっぱり、fasst使えないと、変えられませんね。

投稿: kato | 2018/02/13 11:39

私はドローン系が全部FHSSなのです。
処理速度が速い??
違いは判りませんが(^_^;)
通信方式が2種類あるのは困りますよねー
高級機はどの方式も互換ですが

投稿: mamu | 2018/02/13 13:59

そうですね~
FHSSだと今となってはフタバからJRに乗り換えるくらいの壁を感じます。
FASSTだけが使える方ってなら良かったのですが…。
新規のお客さんには何ら関係ない事なので問題ないのでしょうね。

違うプロポを何台も持つほど器用じゃないので交換するなら全部移行してしまいたいと思うし。

今の必要事項を考慮すると8FGはやはり良かったのかなぁって思います。

投稿: なっかー | 2018/02/13 14:53

フタバの受信機はどのプロポで使えるものなのか難しいですね。もうJRは新機種は出ないし、私は今後どうするのか?たまに考えたりします。
コンデションに限ってはフライトモードのほうがイメージがあっていると思うのですが。それ以外はJRよりフタバの用語のほうがわかりやすい気がします。

投稿: まー | 2018/02/14 00:13

フタバ側からするとJRも難しく感じます (笑
今となってはどっちもどっちでしょうか・・・

最近、JRからフタバに変更される人が多いと聞きますね。
新機種が望めないのでは手持ちの物が壊れたら終わりですものね。

おいおいその辺は考えたらよろしいかと思います。
16SZは十分な性能だと思うし、良いとこ取りなら14SG。
廉価版で通すなら12Kって感じでしょうか。
何とも悩ましいラインアップだと思います (笑

フタバのコンディションに対して、JRのフライトモード。
私もコンディションって全然イメージ湧かないです。
英語では機体の状態をそのように言うのでしょか。

フライトモードは日本人的な英語に感じます。
とってもとっつきやすい (笑

今回、12Kでマルチコプターの設定持フライトモードという単語が使われているようです。
多分コンディションとは違う意味合いで用意されたのだと思います。

12Kがだんだんと格好良く見えてきました。
一番外形が落ち着いているし、パーツの配置もスタンダードで良い感じです。

ハンドランチ用に1台いかがですか?


投稿: なっかー | 2018/02/14 00:41

グリップが薄くなっているようで小さいボディーはいいですね。
ふるさと納税でFUTABAプロポ貰っちゃうってのはどうですかw

投稿: あかね | 2018/02/15 18:02

薄くなったのでしょうかね~?
持ちやすかったら良いですよね~。

あかねさんが以前言っていたオープンソースのプロポも最近、気になっては来ています。
でも、使いこなせる気がしない・・・ (笑

投稿: なっかー | 2018/02/15 23:23

T12K~お値段的にもすごーく気になりますね~♪w
ちびへり君はT10J使ってますので
ステップアップにいいなぁ~と(*^-^)

エアプレーンはお安いお手軽なDX6eを
使ってますが、ボディの形状やSWの配置など
絶妙なフィット感で双葉より使いやすいです。
テンションスプリングを変えたり、ステックの長さを
調整したりはしてますけどね( ̄ー+ ̄)
でも違反ですから・・・(小声www)
スペクトラムはメチャ良いのになぁ~♪
DX8が気になります♪
早く技適取って欲しいですね。

投稿: ローラ | 2018/02/23 09:00

ローラさん
お久しぶりです。
ミニヘリ、飛行機と楽しんでおられるようですね。
プロポもDX6eを使うんですね。
私の選択肢には入っていない機種です。
って言うか、全然知らないですね・・・ (笑

フタバ以外にも視野を広げると候補が増えて楽しそうです。

投稿: なっかー | 2018/02/23 19:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SERA DS の舞い | トップページ | 2018/02/23 飛行日誌 »