« SERA DS 尾翼の固定 | トップページ | SERA DS 初飛行 »

2017/12/04

SERA DS 完成

Dsc_0351
Dsc_0352
Dsc_0355

なんとな~く、それっぽく出来ました・・・
イメージカラーに似せたので一目でSERA DSと分かるでしょう?

デカールはヤマダ電機でステッカー用の用紙を買ってきて作りました。

しかし、いろいろ比較すると純正のデカールを買うのが一番良かった気もします。
だって、製作時間とかそこそこかかるし、仕上げがどうしてもね。

白が打ち出せないのが何とも・・・・
まぁ今回は白無しのデザインだったから良かったですが・・・

でも、自分で作れたのは楽しかったかもしれないです。

そうだ、 Aigisのデカールも何か考えてみよう。

Dsc_0361

↑この機体、絶対に重心で悩むだろうなと思ったのでメカ位置は最後まで決めませんでした。
決め打ちで固定しちゃうとやり直しになるのは目に見えていたし。

案の定、かなりな前重心。
それを見て一斉にメカ類を後退させます。

先ず、そこそこ重いESCを一番後ろへ移動。
各コード類は随時延長。

受信機が重心位置付近に陣取り。

エルロンのコネクターは延長を付けて胴体内で接続しようと思ったけど、タイトなので諦め。
胴体から主翼側に延長コードを引きずり出して、接続したらまた押し込む方式に変更。
胴体の中ではコードがグニャンッグニャンになっているはず (笑

そして、バッテリーは特等席。
コネクターの付け外しがあるからスペースを確保しておきたいところ。
この底面にはマイクログラスを貼りたい。
強度を持たせないとバッテリーをグイグイ押したりすると底が抜けちゃいそうです。

小細工したのは、モーターのコードを抑え込む所。
モーターのアウター缶にコードが擦れないようにバルサで抑え込んでみました。
これならコードが浮き上がってきませんね。

3S1P 1000mA バッテリーを積んで重心はほぼ指定の20㎜。
SERA DSの重心位置はカンザシから前縁側に20mmです。
SERAの胴体が半端に太く、スカイモデリングの測定機に入りません。
それじゃ~と今度はポルコ製の測定機に載せると翼弦が足らず測定不可能・・・・
結局指先測定機になってしまった (笑
実は今回バッテリーを3S1P600mAにする予定でした。
手持ちのバッテリーはJSTのコネクターだったのでXT60に替えてフルスロットルにすると満充電にも拘わらず、回転が下がってきます。
放電能力に問題ありです・・・

急遽3S1P 1000mAに変更。
これで飛ぶなら文句ありません。
容量が多いにこしたことありません。
今回は飛行機みたいに飛ばす予定ですから!

フルスロットルにすると回転が落ちず、電圧も高い位置でキープできています。

電流を測定すると21.3A。
ペラが7.5×4で、まずまずの消費電流です。
ESCも30Aですしね。
バッテリーはこれに決定。
Dsc_0363

↑キャノピーのトリムライン。
結局塗りになってしまいましたって事で・・・
今ならフィルムで行けそうな気もします。
そうだ、Aigisのキャノピーで試してみよう (笑
 
Dsc_0358

↑テールのリンケージ。
付属のピアノ線がね・・・長さピッタリなんです (汗
エルロンのリンケージに使ってから残りをテールに入れてみたら、1㎝も余らない。

エルロンホーンにはL字だけで差し込みます。
mamuさんは外れないからL字だけって書いてあったけど、ヘタレな自分はちょこっと抜け防止の細工しました。 (笑

リンケージの取り出し口はピアノ線を差し込んだ穴だけなので目立たず綺麗です。
あっ、Vテールのヒンジもただの白フィルムね。
それも表からだけ。

Dsc_0359

↑ポルコさんに褒められた裏面 (笑
確かにすっきりしてます。

Dsc_0364 Dsc_0367

まだ、プロポの設定で悩んでます。

飛行機みたいに飛ばすとなるとJ2スティックの割り振りが難しくなります。
グライダーならモーターはスイッチ一発なんですが、飛行機もおり混ぜるとスロットル操作とブレーキをJ2スティックでやりたいです。

スイッチで切り替えるとあたふたしそう・・・
慣れかな??? (笑

それからブレーキが良くわからない。
いままでハンドランチはフラップとして設定していたからエルロンを下すフラッペロン。
でもSERA DSの説明書ではエルロンを上げてブレーキを設定する様に書かれてます。
いわゆるスポイロン?

飛行機始めた頃に作ったOK模型のペパーミントが翼端エルロンでSERA DSと同じでした。
あの頃はエルロンを上げるとふんわりする気がしていたのでコンディションのサーマルではエルロンを上げていました。

翼端エルロンになるとブレーキを効かせるのにフルエルロンと動作が反対になるのですね。
何となく無尾翼機のエレベーターと同じ考えでしょうか?

とりあえず設定は跳ね上げておきましたので、実際に飛ばしてどう動くのか確認してからエレベーターのミキシングをしたいと思います。

諸元

全備重量  441.0g (3S1P1000mA含む)

バッテリー無しで 358.5g

消費電流  21.3A
プロペラ 7.5-4

組説では電動仕様は400~500gなのでほぼ標準って仕上がりですね。

|

« SERA DS 尾翼の固定 | トップページ | SERA DS 初飛行 »

SERA DS」カテゴリの記事

コメント

完成おめでとうございます。
速そう。

投稿: まー | 2017/12/04 08:40

カッコいいですね~
自分もこの機体飛ばしましたが、初日に壊してしまいました。
DSじゃないSERAが作りかけになっているので再開するかな~

投稿: Taka | 2017/12/04 09:28

まーさん
有難うございます。
ぐだぐだ文句言いながら完成しました。
次作るときはもっと上手く作れそうな気がします。
キットってだいたいそんな感じですね(笑
でも違う機体を作りたいからセラはおしまい。
まーさんのセラはいつ作るのかなぁ?
1月の尾島までまだ間に合いますよ😁👍

投稿: なっかー | 2017/12/04 11:46

Takaさん
作りかけ持ってるの~?
じゃあ作らないと(笑

一度ARFのセラを見せてもらったこと有りますね。
あれが壊しちゃったセラですか?
あのとき壊してたかなぁ?
そもそもあの機体がノーマルかDSだったか覚えてません(T-T)

投稿: なっかー | 2017/12/04 11:50

セラDSは、2機在りました。
両方共短命でしたね~

投稿: Taka | 2017/12/04 12:55

セイリングは2回飛ばしまして温存してます。折角の分割翼なのに組んだまま。だってケーブル繋ぐの大変なんだもん。胴体前半太いのに重心の関係からガラガラ。逆に狭い主翼取付部がギチギチ!!おかしくない??

投稿: mamu | 2017/12/04 14:03

Takaさん

DS、2機つぶしましたか !
やるなぁ (笑
それではノーマルセラ完成させないと!

投稿: なっかー | 2017/12/04 22:41

mamuさん

セイリングはサーマル機だと思いますが、他のメーカーのサーマル機と違い中翼なのが珍しいですね。
そこがSERAらしいし魅力かも。

mamuさんのSERAはフラップ付きだから主翼にコネクター4個。
ちょっと面倒ですね。
4Pコネクターに変えるかすれば多少楽になるかもです。

胴体がガラガラ (笑
SERAはかなりショートテールのロングノーズだからモーターだけで重心取れちゃいそうです。
なのんで他のメカは全て重心あたり (笑
私のSERA DSはESCが多分後縁より後ろかも知れません。
その作業が面倒かもしれないけど (笑

投稿: なっかー | 2017/12/04 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SERA DS 尾翼の固定 | トップページ | SERA DS 初飛行 »