« SALPetraの組みたて | トップページ | シルキーウインド・パンサーがやって来た。 »

2017/10/02

SALPetraを飛ばした

Dsc_1762

すごい勢いですね。
昨日、出来上がって今日飛ばしました。

何より日程が上手く噛み合ったという事が大きいのですが。

昨晩、完成して重心を合わせる段階で、製造元の指定重心が分からず適当に合わせておきました。
適当とは適して当たっているってことです (笑

翼面積を見て翼弦を見てこの辺!って感じで。

やっぱり適当じゃん!
ってなりそうですがそういう場合はカタカナで書くといい加減を表すデキトーに変わります。  (笑

冗談抜きにして、想定重心は75mmにしてしました。
そして、寝る間際に買い付け元のブログに製造元のデータを発見しました。
そこに載っていた重心は77~80mmです。

まぁ、付かず離れずの値です (笑

ノーズにウエイトを押し込む作業が大変だったので今更調整したくありません。
テールに1gも載せれば3mmくらいは変わるのでそれで対応しようと思います。

先ずはオーナーのkatoさんにジャベってもらいます・・・

操縦は私ね (笑

想定トリムはそこそこ合ってます。
次にkatoさんが軽くランチ。
ロールアウトで自分以外の人にランチしてもらってもトリムなんて合わないですね (笑
すぐに自分がランチすることにしました。

Flitz2の時はあっさりランチの設定が済んだけどSALPetraはちょとゴネました。

ランチのトリムを取りながらディスタンスのトリムの方がどんどん煮詰まっていくという変則的な進行状況でランチのトリムが合った時には、ほぼ調整終了みたいな感じです。
250g近くになったこの機体のランチはやはり私にはギリギリの重さです。
10回くらいしか投げてないのに、既に指先に小さなが豆が。

そしてランチ高度は残念ながら良く上がると言われる機体より5mは下回っていそうでした。
しかし、ディスタンスは期待していた通りのすばらしさ。

何て言いますか空気の上を滑る感じ。
上手く滑りっぱなしにすると滞空時間が稼げます。
これってSALPeterから受け継がれた特性なんじゃないでしょうか。

実は一つ仕込んだことがあります。
TS1002のホーンの長さとラダー、エレベーターのホーンのレバー比がどうにも舵角不足を招いて、フル舵角でもあまり動翼が動かないのです。
ポッドを小さくしたせいですね。

一度組み上げたリンケージをやり直してまでも改善したくて、エレベーターとラダーホーンに穴を追加してリンケージを再度行いました。
これで、Snipeなどで設定した時の舵角と同じくらいになりました。

飛ばして見るとエレベーター、ラダーともにキレキレです・・・

悪い方向で (笑

こんなに効かなくてもいいんじゃないってくらい効いてます。
ホーンの内側に穴を追加する必要があったかどうかは分かりませんが、徐々に舵角を減らしていったのは事実です。

エルロンは初めからリンケージはいじり様が無いのでプロポでの調整だけですが
やはり舵角を減らしていく方向でした。
SALPetraの上反角って思ったより少なくて見た目はSnipe並み。
飛んでいる時はあまり感じないのですが、手元近くまで高度が下がると地面効果からか乱流による影響が凄く、機体が左右に振られます。
結構、ハンドキャッチするのに神経使います。

一通りの設定が済むと遠くで様子をいていたI田さんがベンチを立ち上がりマウンドに近寄ってくる監督の様に、こちらに歩いてきます。

ピッチャー交代を告げるかのようにランチャー、交代です。
なんと監督自らランチャーです。

操縦もしたら?って言ったら、ランチだけで良いです・・・
控えめな監督です (笑

控えめなのは態度だけで投げると目立ちすぎなくらい高度が高い。

え~~~、SALPetraってこんなに上がるんですね。
この時、テールを振ってないか見てほしいと言われたけど自分には良くわかりませんでした。

その後、、とうとう監督自ら操縦者交代を告げ自らランチ、操縦を行います。
感想は・・・
ちょっとした事で化けそうな機体。
でした。

この時は少し風も出てきて5mくらいは吹いていたでしょうか?
重心75mmですが少しきつい感じ。
でも製造元の推奨重心はもっと後ろ。
これより後ろは考えられないです。
微風時の設定の事なんでしょうかね。

しばらくすると↑田さんが登場。
(I田さん、↑田さん・・・表示が似ていてわかりにくい。U田さんにしようかな?)

U田さんは元祖SALPeterのオーナーですが、SALPeterの泣き所がテールブームだったようで
ランチの時にケツを振るそうです。
U田さんのSALPeterはテールブームを補強しています。

SALPetraもケツを振るかと聞かれたけど私にはいまいちピンと来なくて、I田さんが投げているのを見ても直ぐ様上空へ上がってしまうので一瞬の出来事で良くわからないのです。

そこへヒラノさんがランチャーとしてSALPetraを味見し始めました。

今度は分ります。
ケツを振っています。
もろに振っています。
I田さんのハードなランチは見えなかったけどヒラノさんのスローランチだと振り方もスローに現れ良くわかるんです。
ヒラノさんのランチがスローなわけじゃなく、I田さんと比べるからスローに見えるんです。

このケツ振りは対処しないとダメなのかなぁ。

その後、みんなで3・2・1をやりました。
私もSNTで参加。
ランチ高度で優っても、SALPetraに負けることしばしば。
機体の性能って一長一短で面白いです。
まぁ、SALPetraを高く上げられたら良いのかもしれませんが。

SALPetraは良い機体だという事は確かですね。

|

« SALPetraの組みたて | トップページ | シルキーウインド・パンサーがやって来た。 »

SALPetra」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SALPetraの組みたて | トップページ | シルキーウインド・パンサーがやって来た。 »