« Aigis 胴体製作 ③ | トップページ | Aigis 胴体製作 ④キャノピー »

2017/08/14

Aigis 主翼製作 ⑤ 動翼隙間調整

実は、朝も少し作業しています。

仕事行く前によくやりますよね・・・。
10時集合なので少し余裕があります。
その時の作業を少し書いておこうかな?
内容は胴体に主翼が付くかどうか? (笑

だって、ネジ止めですからナットと位置が合わないとそりゃ大変なわけですよ!

いざ胴体に固定となるとちょっと緊張しますよね。

前縁側のネジを止めました。
両翼の間隔は何度も確認しているのでハマります。
問題は前縁側と後縁側のナット位置です。

恐る恐るキャップビスを入れて行くと、その先にナットを感じます。
すんなりネジ込むことが出来ました。
先ずは一安心。

次にフラップとエルロンの仮止め。
動翼の両端に隙間があるので出来るだけ減らしたく、スクラップバルサで幅を調整しました。

それぞれのギャップ0.8mm程度(多分・・・www)

Dsc_1061

↑フラップの胴体側

Dsc_1060

↑エルロンとフラップの間。

フラップとエルロンが上がると干渉します (笑
実際はフラップは下げるだけなので問題ありません。

Dsc_1062

↑エルロン翼端側。

3か所こんな具合に仕上げました。

朝から何やってんだろう・・・ (笑

|

« Aigis 胴体製作 ③ | トップページ | Aigis 胴体製作 ④キャノピー »

Aigis (sky-modeling)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Aigis 胴体製作 ③ | トップページ | Aigis 胴体製作 ④キャノピー »