« Aigis 主翼1段目製作 ② | トップページ | Musette練習会に参加。 »

2017/08/06

Aigis 主翼1段目製作 ③

Dsc_0829

主翼1段目が完成です。

急に完成しちゃった感がありますが、上面プランクしてエルロンをフラップを切り出して完成になりました。

後縁プランクはノグチさんから木工ボンドだと反ってしまうと驚かされ、瞬間接着剤かセメダインCが良いと教えられました。

しかし、セメダインCの4時間乾燥は長くて作業に支障をきたします。
せっかちな私には待てません! (笑

治具にぴったり貼り付いているのを良いことにタイトボンドでマスキングテープを使いバンバン貼り付けて行きました。
乾燥後テープを剥がしてみると、見事1直線です。
なんかほっとしました・・・
Dsc_0782

↑フラップを切り出すのはちょっと勇気がいりますがレーザーでけがき線が入っているのでそれに合わせて刃を入れれば難なくカットできるはずです。
あっ、カット出来なかったんだ・・・

実はリブが中に入っているのでリブをカットしないといけません。
リブは木目に沿って直角にカットするので硬いです。

なんと組説に、ニッパーを使うように書いてあります。
ここでリブをニッパーで切り離せって事なんですね。

切り離したフラップと主翼にはWP-15やWP-16で蓋をしていきます。

最後にWP-14を貼って面出しして完成です。

しかし、私は上手く作れていませんでした。
主翼取り付けベースに主翼を仮止めすると、前縁側に隙間が出来てしまいました。
隙間が無くなるまで削っていたらベースにネジ止めすると前部後部均等に隙間が出来てしまいました。

しょうがないので左右に1mmのバルサを貼り付け再度仕上げを行い満足行くレベルに仕上げることが出来ました。
一時はどうなることかと思いました(汗

主翼の接合部をきっちり合わせる為削ることは想定できるのでネジ4本での固定方法に多少疑問もなくはないです。
だけどノグチさんはピッタリ入ったと言ってたっけな~
私が下手だったのでしょうか・・・(泣

ズレてしまった原因は究明しないといけません。
まず、カンザシの取り付け状態です。これが曲がっていたら主翼が開いてしまいます。
組み上げるときはこの部分十分注意が必要です。
私の機体のカンザシ取り付け部がいつ曲がってしまったか分かりませんがカンザシを挿入するアルミパイプの固定に注意が必要なのだと思います。
 

|

« Aigis 主翼1段目製作 ② | トップページ | Musette練習会に参加。 »

Aigis (sky-modeling)」カテゴリの記事

コメント

後縁、真っ直ぐに仕上がって良かったですね(^^)
私はタイトボンドでもうまく行かず、最近はゼリー状瞬間ばかり使っています。

投稿: ポルコ | 2017/08/06 18:57

治具に乗せてがんじがらめにテープ留めしたのが効いたみたいです(笑

投稿: なっかー | 2017/08/06 22:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Aigis 主翼1段目製作 ② | トップページ | Musette練習会に参加。 »