« 連日の飛行日誌 | トップページ | 飛行日誌 ARF »

2017/04/14

Snipe SNT 飛行日誌

このところずっと天候が悪く飛ばせないでいました。
今日もそれほどコンディションが良いわけでは無かったのですが
いささか飛ばしたくなって午前中だけ風が弱そうなので出向いてきました。

1492166832335

↑飛ばしたのはこちら。
いつものSNT。
何となく気に入って飛ばしてます。
飛ばしにくいんですけどね・・・ (笑

Dsc_0191

↑今回、メカ積み直しをしました。
サーボコードの整列と受信機の前後を向き替えました。
先日組んだ「ヒラノ機でやった載せ方と同じ。

コードに余裕が出てツンツンにならないのです。
あとサーボを縛っているPEラインがオレンジからグリーンに変わりました。
自分としてはオレンジの方が良かったな・・・・。

今回このサーボコードの都合でプロポのファンクションを変更しました。
最近、コネクターの挿しやすさでチャンネルを決めちゃうのでそういうことが発生します。

そうしたらなんとチャンネルを変えてもエンドポイントは通し番号のままだったのです。

例えばエレベーターとラダーを入れ替えたつもりでいてもエレベーターのエンドポイントがラダーのエンドポイントの数値として残ってしまうのです。

これからはファンクションで割り当てを変えたら良く確認したほうが良いです。

それは自分か~~~~?! (笑

どうにも風が強くて軽量なSNTでは不向きです。
風に押されて綺麗に旋回なんて無理 (笑

ギッタンバッコンしながら風下に流れていくだけで飛ばしていても面白くない。
それでも昇天しちゃうのは悪い気はしないかな (笑

でもね、I田さんの調整中というSNは強風の中でも良い感じに旋回するんです。

まぁ、そういう風に操縦しているのだと言われれば身も蓋も無いのですが・・・

やっぱりSNが良いのかな~、自分のSNはあんな旋回出来たかな?
そう思いながら今記事を書いているのでした (笑

Dsc_0194

↑その調整中というSNがこちら。
I田さんのお知り合いの機体。
JPNナンバーは消しておきましたよ。

Dsc_0193

↑I田さんが貼り付けたギザギザのアルミテープ。
良いかもしれないって言ってましたよ。
多分、今後これが剥がされることは無いでしょう (笑

そうだ、もう一つネタが有りました。
最近、ラジコンを始めたという方がいます。
それもいきなりハンドランチから・・・
凄いです。
一番初心者に向かないカテゴリーですから。

機体は↓

Xsv2minidlg11jpgpagespeedicytm1qohz

ラジコン1で売ってる商品みたいです。
ELFと同じ規格ですね。
似たようなラダー機を私も持っています。

私の機体との違いは、ラダーレスなんです。
生粋のエルロン機 (笑

これにプロポがフタバのT6K。

これまたハンドランチには不向きです。
設定が手狭なんです。

私が出会う前にI田さんとナカオさんがこの機体とプロポに挑戦したそうな・・・。
時間が無かったようであまり手間をかけられなかったらしいです。

少し時間を掛けて私が取りあえず設定を行いました。

T6Kは廉価版といえどもコンディションが2つ作れます。
それにノーマルを合わせると3パターンの設定が可能です。

1ランチ、2クルーズ、3サーマルと十分な内容が確保できます。

一応覚書で設定内容をずらずらと書いておこうかな。

コンディションは「1」より「2」が優先するので、どこにスイッチが有っても優先したいランチモードをコンディション2で設定します。
クルーズはノーマルで、サーマルはコンディション1で設定しました。

スイッチはいつもの場所の「スイッチC」を使って手前がランチ、奥がクルーズとサーマル。
クルーズとサーマルは「スイッチD」を使い奥がクルーズ、手前がサーマルです。
優先順位の関係で「スイッチD」はどちらに入っていても「スイッチC」の手前でランチモードに入ります。

コンディションでランチの時の右オフセットとラダーダウン。
クルーズのニュートラルとサーマルのエルロンちょい下げはトリムMIXを使って設定です。

T6Kでは「トリムの個別」が出来ないので、各コンディションのトリムはすべてこのトリムMIXの中で行わなければいけません。
ある程度T6Kを熟知していないと飛ばしながらの調整が進まないかもしれませんね。

バタフライを使ってブレーキも設定できました。
でも、実際はブレーキをかけてもフルサイズのようには機能させるのが難しい。
外乱によって簡単にコケてしまうからです。

ブレーキはクルーズもサーマルも独自に設定できたのは良かったと思います。
(効果はそれほどでもないけどね・・・)

最後に設定のオプションです (笑
ラダーからエルロンにプログラムミキシングを入れます。

テスト飛行の時一生懸命ラダー打っているのに旋回しないんです。

あっ、ラダーないんだっけ・・・

そんなオチだったので、ミキシングでラダースティックでエルロンも動くようにしました。
これがラダー機だったらその反対をしますね。
エルロンスティックからラダーにミキシングです。
ELFやマイクロはそうしてます。
これで、フルチャンネンル機の気分で飛ばせます。

トリムを合わせて初心者さんに飛ばしてもらったけど、そんな簡単に飛ぶわけ無いですよね。
練習していただきましょう。

いつしかフルサイズを飛ばせるようになれたら良いじゃないですか~!


|

« 連日の飛行日誌 | トップページ | 飛行日誌 ARF »

snipe」カテゴリの記事

飛行日誌」カテゴリの記事

コメント

T6Kファームアップデートで
6chから8chになるみたいですよ
大型UPDATEはちょっと怖いですけど・・・
あとスロットルによってタイマーの進行が変わるとかあって
いいですね

投稿: あかね | 2017/04/18 13:47

あかねさん

T6KのV2.0はなかなか盛りだくさんですね。
チャンネル数が増えるってSBUSならではの変更かと思います。

そしてタイマーについてですね (笑
これはもう笑っちゃう感じです。
スティックの位置で消費電流可変を想定してタイマーの速度を調節するって話ですよね。
確かに風の強い日とかは電流消費が激しいかもしれませんけど
それを踏まえて早めに降ろすのが今までのやり方でした。
実際、「タイマー遅らせ」がどれくらい信憑性高いか興味が有りますね。
ただ、スティックの位置とタイマー遅らせ量のアジャストは大変そうです。
飛ばす物によっても違いが多そうだし。
アカネさん一度試してください!

投稿: なっかー | 2017/04/18 20:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 連日の飛行日誌 | トップページ | 飛行日誌 ARF »