« Fire works miniS 完成・・・ | トップページ | 1/18 プチオフ会 午前の部(怪獣公園にて) »

2015/01/19

FireWorks miniS インプレ

 完成した翌日怪獣公園にてロールアウトを実施です。
自分の製作ミスで依頼人に渡すことが出来なくなってしまった。
なのでこの機体は自分の物にすると決めてしまいました。
そうとなればもう飛ばしちゃうしかないでしょう。
もともとFireWorks miniSは持っていても良いと思っていた機体なので
自分としては何の問題も無し。
ただ、製作ミスのブームが壊れないことを祈るだけ(笑)

機体の仕様は前記事で書いたとおり。
また書いちゃう?

全備重量145g
バッテリー2S200mA 14g
サーボ D47
レシーバー Frsky TFR6
CG 72mm

こんな仕様からスタートです。
ロールアウトには最高の無風状態。
風が有ったら控えようと思ったけどまるで飛ばしちゃえと言わんばかりの
好条件。
この機体はいつも作りなれているELFの様にいきなり投げたりしません。
だって信用無いから(笑)
散々書いてきたけど主翼と尾翼の取り付け角がきっちり設定できないんです。
最終的に目見当で位置を合わせて作り上げてしまいました。
なので、動翼のニュートラルが合っているか心配なんです。
見た目はか~~~なり良さそうですけどね。(笑)
よって、きちんとグライドテストから始めます。
(誰かさんはそのまま飛ばしちゃいますけどね~!www)
各動翼をニュートラルにして前に押し出すように投げます。
少しダウン気味ですが真っ直ぐスーッと伸びます。
この時点で、もう飛ぶ予感がしてきました。
一度のグライドテストで仮想トリムを打ち込んで軽くSALってみます。
一度でトリムが合う訳もなく、まだダウン気味か。
3投、4投していくとランチ、ディスタンス共にトリムが合ってきます。
既に進入の良い感じや、滑空の良さは感じてます。
さて、フルランチ(私のフルランチじゃだかが知れてますが・・・)です。

1,2,3,4,のビュ!

これ変な意味はありません。
ランチの練習していた時に助走のタイミングを口で表すとこうなるんです。
これに1歩多くしたり減らしたりして機体のサイズを調整します。
あまりこういうのって皆さんやら無いかな???
だって、軽量なマイクロのランチでで助走が多くてもね~(笑)
っで、FireWorks miniS思いっきり投げてみました。

20150118_015
↑またカネゴンから画像を拝借してきました。

ほ~~~っ!
良いじゃないですか~~~!
無音で機体が登っていきます。
あっ、これは間違った事を書いてしまいました。
ランチの音って私はいつも聞こえないんです。
他の人のはとっても気になるけど自分のは解りません。
なので、FireWorks miniSに限って無音ではないんです。
投げてる本人は無音に感じているので妙に良く上げっている気がします。
二段ロケットのように加速する感じです。
高度計は付けていないけど、45mはオーバーしているでしょう。
風が合ったら50mに行っちゃいそう。
それはELFに30g仕込んだ時以上かも知れません。
全備重量145gがどれほどの滑空をするかも興味の有る所です。
ELFに30g載せたら全備重量は130g。
それより15g重いわけです。
しかし、翼面積はFireWorks miniSのほうが多く翼面荷重からしたらFireWorks miniSの値が小さそうです。
ランチ後、上支点からの滑空はやはり速いです。
その速さに追いつく為にELFに30g仕込んだのですよね。
しかし、走っている時のFireWorks miniSは沈下が少なく30g仕込んだELFより
確実に高度を維持できます。
さて、ここで面白いことが起きました。
走らせると少し頭が下がるというか突込み気味に飛びます。
それは水平尾翼の揚力尾翼の効果なのか???
同じ様な効果に主翼取り付け角の前下がりが有ります。
実際、尾翼の取り付けが信用なら無いのでそのせいなのかとも疑います。
この突込み気味を押さえようと若干トリムをアップに設定すると
速度が落ちても特別な操作せず機体が安定していました。
実はELFも揚力尾翼らしきものになっていますがその速度域の違いからか
FireWorks miniS程効果を感じられません。
スピードを出したFireWorks miniSの揚力尾翼は効果を感じられたと言えそうです。

製作前から気にしていたブームが短くなったことによる舵の効き不足ですが
うちわの様な垂直尾翼のおかげで一切そういう兆候は見られませんでした。
どちらかと言うと舵効きすぎで、ELFから乗り換えても全然問題ないくらいの
効き具合です。
製作前にでっかいラダーを見てカットしても平気だろうと思っていたんです。
スピードが乗ると舵もよく効くので良い感じにスティックに反応します。
その感じは結構私の好きな感じでもあります。
ただ、スピードを殺すのに一苦労で、ハンドキャッチはかなり前からアプローチして
地面すれすれから引き上げてフレアー掛けて取るのですが
なかなかスピードが落ちないんです。
結構な勢いで突っ込んできます。
そうなるとMiniQと言うエルロンバージョンもいいなぁと思えてきます。
重心に関しては初期設定の72mmのままで飛ばし続けました。
指定は62mm?らしいのですが72mmでも前が軽すぎる感じはしませんでした。
どちらかと言うともう少し重心を前にしても良さそうなくらいに感じました。
その辺はおいおいテストしてみたいと思います。

唯一問題があるとしたらペグでしょうか?
私の掴み方と形状が合いません。
メーカーの動画を見ると全く掴み方が違うようでした。
手の甲を前にして掴むようなんです。
それならなんとなく理解できる形ですね。
しかし、今更そんな持ち方で投げたくないのでペグの形を何とかしなくてはいけません。

ランチは上がるし、滑空も良いとなるとこれはちょっと凄いです。
いままでELF最強説を唱えてきた私としてはどうしたもんでしょう(笑)
まして、この機体は最新鋭って分けじゃなく、ELFの方が後発なんですよね。
ちょっと調べまして信憑性低いですがFireWorks miniSが2009年、ELFが2010年。
あら?1年しか違わないんですね。
私が始めてELFを見たのが2012年でした。
どっちにしても5年以上前の設計だったわけで、フルサイズのように年がら年中
新作が飛び出してくるのを思うと1mクラスって人気ないんですかね~。
そう言えば競技会とか開催しているなんて聞いたことないですもんね。
意外とこの辺ってユーザーが多かったりしないんでしょうか?
フルサイズ持っている人も結構1mクラス持っていそうですよね。
これで私の手持ちに1mクラスが3機揃っちゃいました。
どれも違う特性で楽しめそうです。

|

« Fire works miniS 完成・・・ | トップページ | 1/18 プチオフ会 午前の部(怪獣公園にて) »

Fire works miniS」カテゴリの記事

コメント

模型飛行機の設計をしたことのあるかたなら極普通のアドバイスだと思いますが設計者の意図にそぐわない改造をしてその機体は良くないと評価する方が希にいらっしゃるのでついつい書いてしまいました。
お気に触ったのならごめんなさい。

私自身は完成機やキットはまず最初の一機目はそのまま組み立てて、それで気に入らない所はそれから手を加えるのが礼儀かなと思いまして。
外に向かってその機体の評価を公表するのでなく、素材として扱う個人的な楽しみの範疇のものであるのならそれはそれで良いと思います。

でも満足いくようなフライトが出来たようで良かったです。

揚力尾翼に関して補足させていただくなら
FF機の規定で総翼面積というものがありまして
これは主翼も尾翼も含めた面積で、限られた面積の翼で主翼にも尾翼にも揚力を持たせたいという意図から考えだされた物です。
主翼の空力中心から異様に後退した重心位置になるのもその為です。
この規定が無い物であれば、最小限度の大きさの尾翼で済ませるなら考慮するようなものではないと思います。

投稿: 通りすがり | 2015/01/20 00:27

アドバイスに関しては好意的にお聞きしますので
問題ないですよ。
不特定の方が読むことの出来る場に公開しているのでいろいろな意見があって当たり前です。
そんな方々が興味を持って読んでいただけるならそれでいいかなと思っています。

ご心配されている、設計者の意図にそぐわない改造について私も同意権です。
基本性能を見極めずに弄り出すのは設計者に対し失礼とも言えます。
私が今迄書いてきたものを読んでいただければそういうスタンスだとご理解頂けるかと思います。
メーカー製のキットの製作記事もアップしておりかなり忠実に製作していると自負しています。
その反動で自作機は試行錯誤の連続ですが・・・。
今回のFireWorks miniSに関しては苦渋の決断と言いますか、エルロン機とラダー機なのにその辺の違いが製品に反映されているように思えなかったので思い切った行動に出た次第です。
文中でも気にしている場面があったと思います。

外に向かって機体の評価をする事に関しては
やっちゃってますね(汗)
誰でも見る事が出来るところで何かを書くという事はそういう事だと思います。
今は何のしがらみもなく思ったことを書けることが楽では有りますが、だからといってあまり迷惑?(営業妨害)になるような内容は極力控えています。
でも、良い所や悪い所は自分の思った事を書きたいしそれが個人のブログの面白い所だと思っています。
一緒に飛ばす人達との会話の延長線が今のスタイルですね。

たまにはこう云う事を書いてここを読みに来る方に私のスタンスを解って頂くのもいい機会かとおもいました。

揚力尾翼についてご説明ありがとうございます。
最終的には最小限の尾翼の大きさで飛ぶ機体には必要無いと解釈してよろしいのでしょうか?
FF機では主翼、尾翼共に揚力を発生させる発想のようですがラジコンのハンドランチではそれ以外に別の効果を勝手に期待しているかもしれませんね。

長々と書かせてもらいましたが
また、気になる事があったらコメントして下さいね。

投稿: なっかー | 2015/01/20 01:46

Miniが気に入ったようですね。私の機体は150g,重心67mmで飛ばしていますが、頭を突っ込む姿勢は最初がそうでしたので尾翼の後縁を少しUPに作り直して良くなりました。ペグはそのままの方が変に力が入らないような気がします.
Vortex2はまだ飛ばしていません。

投稿: ココ | 2015/01/20 18:25

尾翼は初めからフライングテールならいいのにって思いました。
重心5mmも前なんですね。
今度一緒に飛ばしてください。
どう違うか知りたいです。
以前はELFと飛ばしていて勝負にはなっていたと思いますが飛びっぷりが違うので比較になりませんでしたね。
実は今日、ヒラノさんの分を注文したのですが
エルロン機が気になっちゃってヒラノさんのをエルロン機にしちゃおうかと思いましたよ(笑)
だって、ハンドキャッチの突っ込み速度速すぎでしょ(笑)
それ以外にもサーマルは気にせずグリグリ出来て楽しそうです。
エルロン機、良いですね~。

投稿: なっかー | 2015/01/20 20:41

エルロン機はどうなんですかね?たしかにスピードがあるのでハンドキャッチは難しいですね。もう1機をフライングテールに改造してみようかな。電圧降下のダイオードに余分があれば6個譲って下さい。私の購入したダイオードは電圧降下が少なくて使えませんでした。

投稿: ココ | 2015/01/20 21:19

ダイオード差し上げます。
今度お渡しします。
ついでが有るようでしたら取りに来ていただいてもいいです。

1mの機体でエルロン機といってもブレーキは多分難しいでしょうね。
グラグラしそうです。
でも、きっちりブレーキが使えるなら手軽に飛ばせるサイズで良いと思います。
サーマルはラダー機のようには反応はしないかも知れませんけどね。

投稿: なっかー | 2015/01/20 21:40

ダイオードありがとうございます。ELFの尾翼があるのでフライングテールのマウントを作ってみます。

投稿: ココ | 2015/01/20 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Fire works miniS 完成・・・ | トップページ | 1/18 プチオフ会 午前の部(怪獣公園にて) »