« 今、周りでは・・・ | トップページ | 11/23 ヨットの集い(近所の川) »

2014/11/18

ブラスター3

 初めに言っておきます。
私のでは有りませんhappy02

当医院、常連のヒラノさんの機体です。
ハンドランチに目覚めてから半年?(まだ4ヶ月だったかな?)
いきなりELFから始めると言う最短なハンドランチ道を歩んで来ましたが
この度フルサイズデビューですsmile
っで、組むのは私なんですね・・・。coldsweats02
実は再三お断りしたんです。
だって、ハンドランチのフルサイズは組んだ事ないしこんな高価な機体を失敗したら洒落にならないですから。
最終的には押し切られ期限無しでお預かりする事になりました。
そして、最近、仲間内でのフルサイズ流行。
そろそろ組んであげないとな~って事で本日少し進めました。

Dsc_1620
↑説明書で一番初めに出てくるのがホーンの取り付け。
胴体と接着する部分はサンドペーパーで荒らしておきます。

Dsc_1621
↑エルロンの動作が左右同じになるよう、0.8mmのカーボンロッドをホーンの穴に差込み
ホーンの位置を揃えます。
これはどちらかのブログで見た方法ですね。

Dsc_1622
↑エポキシをフィレット状に盛って見ました。
これはきむらクラフトさんで紹介されてました。

Dsc_1623
↑メカレイアウトが良く解らないです(笑)
とりあえず組説通りに並べてみました。
しかし、1品足りません。
受信機が無いんです(汗)
ヒラノさんに用意して貰えるまでこ以上の作業は出来ません。

Dsc_1627
↑少しは予習しておこうと思いリンケージの仮置きです。
本当はキット標準で作ろうと思っていたので白いチューブを50mm間隔に
貼り付けてガイドとする予定でした。
しかし、仕上がりを思い浮かべたらまるでウミヘビのようなこ姿を連想してしまいました。
それは見たくないので手持ちのポリイミドチューブを通してみます。
内臓予定のリンケージはキットに付属の0.8mmカーボンロッドです。
手持ちのポリイミドチューブは内径0.8mmとまるっきり一緒なので
多少曲がりがあると渋くなってしまいます。
どんなにストレートにしてもやはり渋さは残ります。
もう少し余裕のある内径1.0mmへ変更しようと思います。

Dsc_1628
↑キット付属のものはfutabaのホーンには細すぎです。
1.0mmでは細いので1.1mm?1.2mm?これも用意しないと。

Dsc_1626
↑ペグの取り付け。
初めに瞬間接着剤で止めて、外周はエポキシで固定しました。
ノックピンも入れます。

Dsc_1625
↑リンケージがまだなので完成では有りません。
見てくれは良い感じ。
全体のバランスがいいですね。
ついsnipeに目が行っていましたがブラスターもカッコイイです。

Dsc_1629
↑作る部分が無くなったので暇つぶしにkatoさんのマルチコプターでも
飛ばしてみました。
足が折れてしまったので昨日お預かりして直しました。
これも良く飛びますね~。

|

« 今、周りでは・・・ | トップページ | 11/23 ヨットの集い(近所の川) »

ブラスター3」カテゴリの記事

コメント

緑色のシギが1年1ヶ月の長旅を終えて到着しました。
翼が113.6g,尾翼が5.89gと6.34gでした。
体重250g位で出来そうです。

投稿: ココ | 2014/11/22 17:31

2機目到着しましたか~。
いいですね~。

このブラスター3は270gで仕上がりそうです。
20gの差ですね。
あとは振り抜きの抵抗ですね。
Snipeはするっと抜けますよね~。
ブラスター3の初飛行が楽しみです。
(自分のじゃないのにwww)

投稿: なっかー | 2014/11/22 19:52

270gですか。もっと軽いと思っていました。

投稿: ココ | 2014/11/22 20:31

重心合わせに8gのウエイトが必要になりました。

投稿: なっかー | 2014/11/23 01:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今、周りでは・・・ | トップページ | 11/23 ヨットの集い(近所の川) »