« 14SGのタイマー設定 | トップページ | simuraのバッテリー »

2013/01/29

simura胴体製作

  先日のプチオフ会に間に合わなかったsimuraの続きです。

翼は完成したので胴体の仕上げになります。
Dsc_3227_2

受信機とバッテリーの搭載はこのようにしました。
一番の問題はこの胴体をどうやって主翼に固定するか?

接着してしまうとサーボの交換が出来なくなってしまうのでちょっと考えます。

Photo_3

主翼の前部に穴を開けネジを通して胴体を固定することにしました。
その時のネジ穴は使っているとどんどん広がってしまいそうなので
カーボンロッドを適当な長さに切って、スリーブとして埋め込みました。
カーボンロッドの切断位使用したノコが↓です。

Pirania

カッターで切ったりしていたのですがカーボンロッドの繊維が直ぐにバラけて
しまい使い物にならなくなります。
このピラニアⅡでザクザク切断しました。
なんでも切れるんです(笑)

Doutai_3

胴体の固定用ネジの下穴を開けておく。
ネジ穴が崩れないように瞬間接着剤で周りを補強しあました。

これで、サーボが壊れても取り外しができるのし、
胴体が壊れても作り直しが可能です。

   

|

« 14SGのタイマー設定 | トップページ | simuraのバッテリー »

alula コピーのsimula」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 14SGのタイマー設定 | トップページ | simuraのバッテリー »