« 続・ホビキン | トップページ | マイクロSAL用のメカ »

2012/05/31

ソフィアを入手


千葉の飛行場所で厚意にしていただいているナカオさんより格安で譲っていただいた。
本当はそんなつもりじゃなかったのかも?(笑)
もしかして、私の勘違いで譲っていただける運びになったのかも知れない。
もしそうだとしたら御免なさい。
場合によっては返却いたしますので。(笑)

それにしても本物のSALが手元にある。
これは大変なことだ。
だって、自作じゃ出来ない機体だし、買ったら高いし。
これからそれらしいSALを自作しようとする中で本物の飛びを体験できるのは
大変ありがたい。
本物を知らずに何を目標にすればいいのか解らないからだ。
なのである意味到達点のような機体があればやり易いと思う。

さっそく8FGのセッティングを入力していく。
各データはナカオさんに直接教えてもらってその場で入力してきたが
実際の動作量のデータは私がどこに入力するのか解らなかったので
頂かず終いだった。

その後こちらのサイトを参考にした。
http://park19.wakwak.com/~m-kimura/

こちらが8FGの設定ページhttp://www.geocities.jp/m_kimura_1962/sub9fg/sub9sf/sub9s.htm

以前はこのサイトを見てもイマイチ理解できなかったが、今はなんとなく
何を言わんとしているのか位は解るようになった。
ちょっとだけグライダーの事解ってきたかも(笑)

ペパーミントの設定の時も参考にさせていただいたが肝心のところが
良くわからずいい加減な設定のままだった。
しかし、大きく前進したのが「コンディション」の本当の使い方が昨日の晩に
解ったのだ(笑)
それも偶然。
これで、各フライトモードごとの設定もやりやすくなった。
俄然やる気も出て来る。

まだ完璧に設定できていないが、飛ばせる内容は入力できたので早めの帰宅が
出来たので千葉の芝のある飛行場所へ行って来た。

初めての本格SAL機に緊張は隠せない。
先ずはグライドテストで投げてみる。
風に煽られ飛んでいってしまう(笑)

もう投げてしまったのと変わらないので、SAL投げしてみた。
っと、その前に投げることに関しての前情報。
怪獣公園でカネゴンのマイクロSAL風やKさんのSALを投げたことはあるが
まぁ、へたくそだ(笑)

ろくに投げられない。
カネゴンの機体については投げた時点で背面飛行を始めるし(笑)
たまに上手く投げられても力の入れ所がダメなんだろう、たいして上がらない。
実はこんなことを言うのもなんだが投げたりするのは意外と得意な種目なのだ。
フォームなんかも見た目でそこそこ真似られてどんな競技も格好は良かったり
するのだ。

なのに、このSAL投げは全然勘所が解らない。
何度投げても、思うように行かずその度ぶつぶつ言っているようだ。

そんな経緯を持ちながら、本格SALを投げてしまおうというのだから
緊張しないわけが無い(笑)

手に持って上に掲げても翼の下側を引きずってしまうのはご愛嬌。

2,3歩助走して回転して

シュパッ!

右にそれていく。
でも投げられた。

ちょっと面白くなって投げまくる。

そのうち一直線に上空へ吸い込まれるようになった時
これは、たまらない。
飛ばすのが目的じゃなくて、投げるのが目的になっている私のSAL遊び。

得意なはずの投げる動作は一向に上手くならず。
上手くいったり左右にそれたりとしながらも、投げまくった(笑)
これは、健康的だ。
ひねる動作も入ってなお結構。

たいして疲れないと感じて20分の運転で帰宅。
車から降りる時右半身が筋肉痛に襲われた。

ナカオさん、このような機会を与えて頂いきありがとうございました。

↑芝の上で私の挑戦を待つソフィア(笑)
いろんな方向に投げられて大忙しなのだ。

http://model-sailplane.dialog.jp/index.html

http://model-sailplane.dialog.jp/molded%20glider1.html

|

« 続・ホビキン | トップページ | マイクロSAL用のメカ »

SALグライダー ソフィア」カテゴリの記事

コメント

とても状態の良いソフィアですね!!
自分も2機飛ばしていた事があります。
大切に練習してくださいね。

投げるコツですが、高く上げようとして、リリースの前に上方向へ腕を振り抜くのは失敗します。
機体の設定にもよりますが、水平かやや上方向にリリースします。リリースする瞬間、手首はひねらずに真っ直ぐにリリースです。ペグにかけている指、二本で押し出します。
たぶん今まで以上にランチ高度が稼げるはずだし、腕も痛くなりません。

最後に機体の各モード設定をきっちり仕上げる事が大前提のお話です。
ランチモード、サーマルモード、スピードモード、ランディングモード、せめてこの4モードは、きっちりと設定しないと、すぐにテール部分(垂直尾翼)を壊してしまいます。

投稿: 焔 | 2012/05/31 23:22

お疲れ様でした。私も午前中に高洲で飛ばしましたがサーマルが有り、楽しめました。投げるときは腕が体より90度遅れるぐらいに意識して投げると腰のひねりがきいて高度が稼げます。練習あるのみです。

投稿: ナカオ | 2012/05/31 23:34

>焔さんおはようございます。

モグラに続き今度はSALです。
飽きさせないでしょ?(笑)
次から次へと楽しいです。

しかし、このSALはスポーツ色が強いですね~。
これからの季節は厳しいんじゃないかと思うのですが
みなさんやってるんでしょうか?
出来たら寒くて凍える時期にやったら温まったのかな
って思いました。

投げ方のアドバイスありがとうございます。
水平ですね。
そして、押し出すと。
何度か指に引っかかって左に投げてし合ったことがありました。
力の入れ所が違いますよね(爆)

先ずはきっちり投げられるようにならないと、空の上の話は
出来ないのでひたすら練習しようと思います。
華麗に投げてる姿を披露出来るようになるかな~?(笑)

投稿: なっかー | 2012/06/01 09:22

>ナカオさん

この度はいろいろとお世話していただきありがとうございました。

投げるのはホント難しいです。
コツを掴むまで時間が掛かりそう。
練習あるのみですね。

只今の到達距離20mといった感じです(笑)
ここから倍くらいに伸びるようになったら良いですね~。

投稿: なっかー | 2012/06/01 09:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続・ホビキン | トップページ | マイクロSAL用のメカ »