2012/10/19

ムサシノ模型飛行機研究所 スバル09号



 もう1年前くらいになるけど、船橋のフタバ模型で一機だけ在庫していた
キットを格安で購入してきた。
格安とは1/10くらいの値段(笑)

フタバ模型専門店は以前は飛行機も扱っていたけど
今はクルマオンリーなので、その頃のキットが1機だけ残っていたのだろう。
確かに20年位前はトイレの入り口横の棚に何機もキットが置かれていたのを
覚えてる。
その頃の商品かもしれない。

ここのお店の会長さんは飛行機が趣味でお店に展示されていた
飛行機は全て会長さんの物だと思う。

今でも飾られているのかな。

そしてこのスバル09号。
「号」って何よ?って感じで、呼び方からして古さを感じる。
この機体はスケール感など二の次で超安定な飛行性能を追求されている。
そもそもムサシノ模型飛行機研究所とはそう言うメーカーのようだ。
最近のキットのようにプラパーツは一切入っていない。
キャノピーですらカクカクのバルサで再現される。

しかし、このキットはビギナー向けのベストセラーとして今でも売られている。
いわゆる現行機種なのだ。
いくら一機しか残っていないからと言って現行機種をかなり値切って
買ってきてしまった(笑)

箱の割りにズッシリ重いその中身はバルサのダイカット。
先日購入したテトラのキットと同じ切り出し方法。
こちらも、製作するにあたり精度による問題など一切無いと思える。

ただ、この機体の名前の通り、09エンジン機なのだ。
私は電動オンリーなのでこの機体を電動化しなくてはならない。
そして、エルロンが1サーボなので2サーボ化もしくわ、フラップも
追加しようなどと企んでいる。
またキャノピーも丸みを持たせたいとか、ノーズギヤを可動式にしたい。
(初の3輪式)

その辺を形にしようとするとなんか手が付けられなくて
1年も経ってしまった。

しかし、せっかくのベストセラーモデルなだけに、オリジナルを忠実に
作るのも良いかなと思っている。




| | コメント (0)