2019/09/15

MarineCup 2019 (御殿場 東山湖)

  なんと年間2戦もMarineCupに参加してしまいました。
ハンドランチが出来ないという事も有ったのでラジコンやるにはヨットでも何でも手を出すってところでしょうか。
MarineCupはゆる~いイベントなので肩ひじ張らずに参加できるのが良い所。
ちょっと都合つくなら参加しても良いかなって思えるレベルが良いと思います。

今回の会場は東山湖という東名御殿場インターから5分もかからない好立地条件。
東山湖の入り口交差点にはミニストップまで完備?されているという親切さ (笑
お昼をミニストップで調達し、現地に着くともう皆さん来ていました。
私が一番遅かったみたいです。

到着するとやはりMarineCupの雰囲気が有りますね~。
皆さん和気あいあいで大変フレンドリーです。
この日初めてお会いしたMNさんやAKさんとも楽しく話がはずみます。
MNさんはハンドランチもやられている方で、XX Lightの方でした。
丁度この日ハンドランチの静岡大会が開かれており昨日はそちらに行って来たそうです。
私も参加したかったなぁ。
AKさんは5年前くらいにお会いしたことが有るって言われました。
どうもホビキンヨットを走らせに猿ヶ島へ行った時にお会いしていたようです。
王禅寺でご一緒したYTさんとも再会出来ました。
MarineCupで知り合いが増えて行くのも楽しいです。
また来年、ここで会えるのを楽しみにしています。

Dsc_1086
↑  富士山をバックにヨットレースなんて気持ちいいですね。
 絶景でした。
そう言えば5月に行ったハンドランチの大会も富士山麓で眺めが良かったです。

» 続きを読む

| | コメント (6)

2019/09/14

近所の川でヨット

  翌日にMarineCupの御殿場大会が有るので参加者4名で練習です。
来年のオリンピックでカヌーが江戸川区の臨海公園付近で競技を行うらしく
この佐近川にカヌー教室らしきものが設立されてます。
それに伴いブイなどが方々に設置されています。
それは、まんま今迄ヨットを走らせていた場所であり、ここが使えなくなると佐近川でヨットをやる面白みの半分にも満たない事に。
でもそんな事言ってもしょうがないので端に避けていつもの半分くらいのスペースで走らせることになりました。

Dsc_1067
↑  なのでピットもいつもの反対側。
参加者はナカオさん、まーさん、Kmrさんと私の4名です。

午前中は良い風が吹いておりなかなか速度も出て楽しかったです。
往路はフォローで4艇が全く同じスピードで並走する場面が何度も見られます。

しかし、復路で差が出ます。
1回の判断ミスが後々まで響いて順位に現れます。

Dsc_1078
↑  スタート直後のダッシュ!
これくらい風が有ると楽しいです。

Dsc_1079
↑  夕方の風が無くなってから私のヨットはあまり調子が良くは有りません。
やはりナカオさんのカーボン艇は動き出しが良いです。
グダグダになった私のヨットは対岸に接岸しました・・・ (泣

Dsc_1081
↑ 対岸まで歩いて行きヨットを川の中央に向けて走らせて元の位置まで歩いて戻ります。
その間ナカオさんが自分のヨットで私のヨットの向きを修正してくれていました。

がっ!
戻ってみるとまるっきりさっきと同じ場所にいヨットがへばりついています。 (汗
ナカオさんが介助してくれていたけど上手くコントロールできなかったそうです。
今度はまーさんも加わりヨットをヨットで小突いて何とか脱出することが出来ました。

Dsc_1080
↑ その様子を遠くから眺めているKmrさんです。
Kmrさんはヨットを走らせるのが今回で2回目。
序盤はたどたどしい操縦で大幅に遅れていたけど、回を重ねるごとに周りのペースと変わらない走り。
トップゴールこそなかったけど私は一度負けております・・・・
kmrさんって素質有るんじゃないでしょうか!
明日のMarineCupが楽しみです。

明日に向けて今日は何も準備しません。
なんか疲れちゃいました・・・
まーさんに至ってはヨットのセッティングを維持するためセイルを付けたまま車に積み込んでおりました。
夕凪になったので私は駐車場の上に行きマイクロを飛ばして終了としました。

| | コメント (2)

2019/09/13

ハンドランチ復活・・・!?

  3か月振りに投げちゃいました!
ずっと怖かったけど状態が安定して来たので良い頃合いかと・・・。

久しぶりに投げたら気持ち良かった~

違和感ゼロ (笑

ランチ高度も大して変わっていなかったみたい。
もともと高くないけどさ。

今日、投げちゃうことはGTRCメンバーにLINEで宣言していました。
もう、朝から準備に余念が有りません。
Musette積んでSnipe SN積んで・・・。

MD途中のKS橋を渡っている時、ふと嫌な事が頭をよぎります。
Snipeは積んだよ、でも翼を積んだか覚えがない・・・
信号待ちになるのをまってガバっと後ろを見ると

Dsc_1046 
↑が~~~ん!
翼が無いじゃないですか・・・ (笑
飛ばし方忘れたとかそそういうレベルの話じゃないですよ、翼忘れてますよ。

もう引き返すのも面倒なのでMusetteで我慢しちゃおって思いました。

MDに到着してすぐにMusetteを飛ばします。
いつもより風が無いのでナントか飛ばせてます。
この勢いでもっと練習したいけど、次はいつ飛ばせるか分からないのが悩みの種。
そろそろポルコさんと朝練再開したいな。

そうこうしているとこの日のお供、Katoさんが到着。
私にSnipeの翼を貸してくれました。
同じ機体でもエルロンリンケージの違いで本来のセットは出ませんが、現場合わせで何とか飛ばせます。

Dsc_1047
↑ ノーズコーンがオレンジのSnipe SNの出来上がり。
先日までの暑さが嘘のように涼しい気候。
Tシャツで出かけていた私は寒いくらい。
katoさんはしっかりGTRCパーカーで武装していました!

曇っていたので気流はどんな感じ?
思ったけど悪くありません。
東からの風がグランドを横切り川へ抜けて行きます。
東北東に機体を走らせると空気を上手くはらませ上昇します。
この感じを味わうと、またまたハンドランチ熱が上がっちゃうな~。

楽しい時間はあっという間に過ぎて、病み上がりだし腰も気遣って早々に打ち止めです。
このまま復活にこぎつけるか、様子を見てみましょう。

※ UDさんコルセット貸してくれてありがとうございました。

| | コメント (4)

2019/09/08

第22回 GTRCミーティング

  前回は椎間板ヘルニアを患っている最中で私は欠席でした。
そして今回は万全の体調でこの日を迎えることが出来ました。

珍しく今回は前日からわくわくするものが有り楽しみであります。
それは、完成したばかりの疾風とkatoさんに仕上げた飛燕10を飛ばすから。
ちょっと残念なのが参加人数が少なめだったこと。
皆さんいろいろ用事があるようでまずは私用を優先して頂きたいと思います。
ラジコンはまた出来ますから無理に都合付けなくても良いのです。
実際、次回の予定は10/4だしその一月後は11/8に開催が決定しています。

今回の参加者はkatoさん、ポッキーさん、まーさん、よっつさん、ケイゾウさん、私の6名です。
尾島を6人で貸し切りって贅沢ですよね (笑
GTRC名物「みんなでランチ」で、滑走路がガラ隙です。
なんて贅沢なというか勿体ないです。

天気予報では午前中は静穏微風、午後から3mと言う感じ。
心配していた午後からの風もそれ程強くなく、最後はハンドランチで締めくくるという
GTRCミーティングのコンプリート状態です。

この先はまーさんから提供の画像を含めてお届けします。

R1100 
↑吹き流しを見てもらうと分かりますが、風が無いです。
今のうちに飛ばしましょう!

» 続きを読む

| | コメント (31)

2019/09/04

疾風 (ハイペリオン)

 5月に御殿場へハンドランチの大会に参加した時、抽選の賞品でこの電動機が展示されていました。
この機体を獲得したのはHRKでお願いして譲っていただきました。
HRKさんありがとうございました。

電動機ですが、エンジン載せられないかサイズを確認しましたがなかなか載せられるものが有りません。
機体が1500mm相当なので46クラスかと思われますが、それには防火壁からカウルの先端までの距離が足りません。
カウルからエンジンが飛び出しているのも格好悪いので、今回は諦める事にします。
丁度その頃尾島でいつも飛ばしているお気に入りのコルセアを落としてしまいました。
疾風の為に落としたんじゃないかと思われるくらいタイミングよくコルセアのメカが全て余ったのです。
これは移植するしかない。
渡りに船と言う感じで疾風を仕上げていきます。

Dsc_0930
↑ 引き込み脚のカバーがピッタリ収まるように加工しました。
しかし、いろいろな部分が干渉して脚自体が上手く収まりません。
タイヤカップが浅くて引き込んだ状態で支柱が少し翼からはみ出るんです。
はみ出た状態でカバーを付けたら大そうな抵抗になると思われます。
しっかり収まるようにするには細いタイヤにすればいいのですが丁度いいものが見つかりません。
この部分はタイヤを手に入れたら完成させようと思います。

Dsc_0935
↑エレベーターにコの字を入れます。
挿し込む位置をマークして穴を開けようとしたら既に空いていました。
ハイペリオンさんここまでやってくれるのですね。
ちょっと脱帽。

Dsc_0936
↑コの字をエポキシで接着なのは分りますが、ヒンジも「AB」の指示が。
ついでなのでヒンジもエポキシで取り付。
ちょっと動きが硬いけど、ギコギコ動かしていたら柔らかくなってきました。
問題なし。
水平尾翼はエポキシでっと思いますが、こちらは瞬間接着剤で着けちゃいました (笑

Dsc_0944
↑大戦機と言えば日の丸です。
こんなデカいデカールを貼るのは難しい・・・?

Dsc_0945
↑ 右の缶の箱に中性洗剤を溶いた水を入れてデカールを濡らし接着面に乗せると
ニュルニュルと動いて位置の修正が可能になります。
また、気泡も入らないので一石二鳥。
大きなステッカーも怖くないですよ。

Dsc_0931
↑ かなり保管状態にあったと思われる疾風です。
尾輪のピアノ線が粉吹いてます。
クリーナーとサンドペーパーで磨いてみましたが7割程度しか綺麗にならなかったですね。

Dsc_0933
↑ ラダーに連動して動くように取り付けです。
この辺はオーソドックスな手法です。

Dsc_0937
↑ コルセアから降ろした?
降ろしたというとまだコルセアが現存しているように思うけど、墜落して木っ端みじんですから。
そのコルセアに使っていたモーターも実は木っ端みじんにしたFMSのOLYMPUSに着いていたモーターなんです。
使い回されてますね (笑
これだけ使ってあげたら本望です。

安易に考えていたモーターの取り付け。
十字マウントを使わずに直に取り付けられそうに思っていました。
しかし、現物をあててみるとピッチが合いません・・・。
他に余計な大きな穴が開いていてずらして開けることも出来ません。
しょうがないので十字マウントを使って取り付ける事にします。
本当なら防火壁を上張りして十字マウントをしっかり付けたいところですが
何だろう?そんな気力も無く
3点留めで良いんじゃない?って悪魔の囁きです。

Dsc_0940
↑ このように付きました。
モーターで隠れてますが十字マウントの下側は固定されていません。
なかなかしっかり付いているので平気じゃないですかね?

Dsc_0938
↑付属のスピンナーを使います。
なんとアルミ製でした。
ハイペリオン、大判振る舞いですね。
しかし、モーターがハイペリオン純正じゃないのでこのスピンナーが取り付けられません。
どうやらセンターシャフトにアダプターを付けてネジ止めする仕様らしいです。

Dsc_0939 
↑このままじゃ青いスピンナーが使えないのでコルセアに使っていたテトラの砲弾型スピンナーに
タップを立ててスピンナー取り付け用の加工をします。
大事に取っておいてもいつ使うか分からないので役に立つ時に使ってしまいましょう。

Dsc_0942
↑ 見事に付属のスピンナーが付きました。
零戦に使いたい時は茶色に塗れば良いですね。

Dsc_0943
↑ 手前の排気管はエポキシで接着しました。
キャノピーはネジ止めです。
改めて疾風の風防が後方寄りなんだと気づきます。
今回、適当なパイロットがいないので無人で飛んでもらいます。

Dsc_0946
↑ ほとんど出来上がったので主翼の延長コードを製作中です。
後から見つかったのですが、コルセアで使っていた延長コード4本有りました(汗
無駄な事しちゃった・・・

Dsc_0975
↑ バッテリー室とESC。
ESCは固定する場所が無かったのでマウントを作ってタイラップ止めにしました。
最近、小さな機体ばかり触っていたので今回は広々してやり易いです。

Dsc_0948 Dsc_0950 Dsc_0949_20190903224301 Dsc_0951

コルセアも好きだけど日の丸付いているのもカッコよく感じます。
このグラス胴も良く出来ています。
ハイペリオンの機体ってしっかりしている事が分かりました。

出来たら飛ばしたいです。
今週の金曜日は尾島です。
そこでロールアウトしちゃいます。
楽しみがまた一つ増えました。

| | コメント (4)

«テトラ飛燕09